O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

負けない組織の原則を知る ~仕事の型を身につけよう~

151 visualizações

Publicada em

第109回 名古屋アジャイル勉強会のワークショップ資料
https://nagoyaagile.connpass.com/event/107712/

  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

負けない組織の原則を知る ~仕事の型を身につけよう~

  1. 1. 負けない組織の原則を知る ~仕事の型を身につけよう~ 2018/11/30(金) 第109回 名古屋アジャイル勉強会 You&I
  2. 2. ジコ、ショウカイ。 H/N: You&I(読み:ユーアンドアイ) SNS: @you_and_i 出身: 生まれも育ちも名古屋市 年齢: Around Fourty 本職: 商学部出身の職業プログラマ 言語: C++, C#他 所属: プログラミング生放送勉強会 名古屋支部長 名古屋アジャイル勉強会 わんくま同盟 名古屋勉強会 負けない組織の原則を知る 2
  3. 3. ATTENTION 本資料は名古屋アジャイル勉強会 のサイトにて公開致します。 資料の内容について全ての メモを取る必要はありません。 ワークショップ内容に集中して 頂ければ幸いです。 負けない組織の原則を知る 3
  4. 4. ATTENTION 各テーブルに1部ずつ、 本資料を印刷したものを 用意しております。 必要に応じて、 資料を見返すのに ご利用ください。 負けない組織の原則を知る 4
  5. 5. AGENDA 1. 負けない組織とは 2. ワークショップ 3. まとめ 負けない組織の原則を知る 5
  6. 6. 1. 負けない組織とは 負けない組織の原則を知る 6
  7. 7. 1. 負けない組織とは •近年スポーツ界隈において、選手を 駒として捉えて監督が細かく指示を出 すやり方ではなく、選手は常に自分が 何を成すべきか考え、自発的に行動 できるようにする指導方法が主流です。 •そして、それを実現しているチームは、 粘り強く・手強く・手堅くと成果を出し ています。 負けない組織の原則を知る 7
  8. 8. 1. 負けない組織とは •常に自分が何を成すべきか考え、自 発的に行動できるようにする事は、一 般的な会社組織においても重要です。 •その実現は一朝一夕で成せるもので はありませんよね? •でも実現できたらそれはコアコンピタン ス(組織の強み・長所)になり得ます。 負けない組織の原則を知る 8
  9. 9. 1. 負けない組織とは •スポーツでは常勝軍団のような表現が ありますが、組織においては負けない 組織という表現が適切かと考えます。 •ここで言う「負けない組織」とは、プロ ジェクトを常に大成功させるのではなく、 限られたリソースで手堅く(予算内・期 限内で)プロジェクトを達成するイメー ジです。 負けない組織の原則を知る 9
  10. 10. 1. 負けない組織とは •負けない組織の仕事のやり方には何 らかのパターン・型・ルーチンのようなも のがあるのではないか?を考えてみる のが本日の勉強会のテーマです。 負けない組織の原則を知る 10
  11. 11. 1. 負けない組織とは •パターン言語は、1970年代に建築分野 において、クリストファー・アレグザンダー氏 によって考案された理論です。 •アレグザンダー氏は住民参加型の町作り を実現する為には、建築家が持つ設計 知識を住民と共有する必要があると考え、 設計知識を253種の「パターン」として記 述し、それらを関連付け・体系化して「パ ターン言語」を生み出しました。 11負けない組織の原則を知る
  12. 12. 1. 負けない組織とは •パターン言語はある領域において「何を」 「なぜ」「どのように」作ると良いのかを言 語化したものです。 •パターン言語の各パターンは、以下の形 式で記述されています。 • 行動に「名前」が付いていて、 • どのような「状況」で、 • どのような「障害」がありそれを放置すると、 • どのような「問題」が起きやすく、 • どう「解決」すれば良いか。 12負けない組織の原則を知る
  13. 13. 1. 負けない組織とは •パターン言語とは、単に先人の知恵(パ ターン)を利用する事では有りません。 •パターン言語とは、以下の活動の事です。 • 自分達の活動からパターンを見い出し、 • パターンの組み合わせ方にもパターンを見い 出し、 • パターンを言語化(名前付け、状況・問題・ 解決の定義)していく。 13負けない組織の原則を知る
  14. 14. 確認 •ここまでの説明についてご理解頂けま したでしょうか? •表明じゃんけんで理解度をお知らせ 下さい •グー :お前は何を言っているんだ? •チョキ :大体理解した。次に進めてOK •パー :全て理解した。 負けない組織の原則を知る 14
  15. 15. 2. ワークショップ 負けない組織の原則を知る 15
  16. 16. 2. ワークショップ • 今日はグループワークを行いますので、最初 に自己紹介を行います。 1. お名前 2. 階段を上るときは、右足/左足どちらから? 3. 風呂ではどこから洗いますか? 4. 組織においては、リーダー/配下のどちら? 5. 組織で決められた手順や習慣で、これは良 いとかこれはおかしいと思っているものがあれ ば、簡単に紹介してください。 •一人2分を目安にお願いします。 負けない組織の原則を知る 1610分間
  17. 17. 2. ワークショップ:お題1 •皆さんがリーダーの立場で、職場に新 しく配属された社員に指示を出す場 合に、どのような準備をしたり指示を 出しますか? •箇条書き等で良いので、書き出してく ださい。 •上記お題にない設定や条件がある場 合は明記してください。 負けない組織の原則を知る 1710分間
  18. 18. 2. ワークショップ:お題1 •書いて頂いた内容を各テーブル内で 発表して共有したいと思います。 •一人2分程度で発表してください。 •一通り発表が終わったら、テーブル内 で発表内容について質疑応答を行っ てください。 負けない組織の原則を知る 1810分間
  19. 19. 2. ワークショップ:お題1の補足 •お題の「職場に新しく配属された社 員」を新入社員/中堅社員のどのイ メージで書きましたでしょうか? •新入社員の場合、どのイメージで書き ましたか? •仕事のやり方を覚えてもらう為、指示 通りにやってもらう •自分で考え、一人で作業できるように する 負けない組織の原則を知る 19
  20. 20. 2. ワークショップ:お題1の補足 •このシチュエーションで利用できる型・ ルーチンの一例。 •ゴール設定・・・レジリエンス •SECIモデル・・・作業理解 •朝会・・・進捗把握, 作業支援, コミュニ ケーション •当人に状況を説明させる+傾聴・・・コ ミュニケーション •心理的安全性 負けない組織の原則を知る 20
  21. 21. 2. ワークショップ:お題1の補足 •ゴール設定 •作業指示を出す場合には、達成目標 を決めましょう。アジャイル開発では「完 成の定義」と呼ばれるものです。 •達成のレベルについても設定しましょう。 例) 失敗、小成功、成功、大成功 •失敗した場合のリカバリ方法についても 事前に検討しましょう。(レジリエンス) 負けない組織の原則を知る 21
  22. 22. 2. ワークショップ:お題1の補足 •SECIモデル(読み:セキモデル) •アジャイル開発手法の一つ「SCRUM」の 名付け親である野中郁次郎・竹内弘 高両先生の提唱するSECIモデルにおい て、新しい知識は暗黙知と形式知の相 互作用によって創出されるものと定義さ れています。 負けない組織の原則を知る 22
  23. 23. 2. ワークショップ:お題1の補足 •SECIモデル(読み:セキモデル) •一般的に、西洋人は形式知を重視す る傾向があり、日本人は暗黙知を重視 する傾向があります。 •形式知と暗黙知は完全に別々のもの ではなく、相互補完的なものです。 •人間の知識が形式知と暗黙知の相互 作用を通じて創造され拡大していくのは 「知識変換」と呼ばれます。 負けない組織の原則を知る 23
  24. 24. 2. ワークショップ:お題1の補足 暗黙知 形式知 言語化しがたい知識 言語化された明示的な知識 経験や五感から得られる直接的知識 暗黙知から分節される体系的知識 身体的な勘所、コツと結びついた技 能 明示的な方法・手順や事物について の情報を理解する為の辞書的構造 現時点の知識 過去の知識 主観的・個人的 客観的・組織的 情緒的・情念的 理性的・論理的 アナログ知・現場の知 デジタル知・コードの知 特定の人間・場所・対象に限定され る 明示的な情報により、時空間を超え た移転、再利用が可能 身体経験を伴う共同作業により共有、 発展増殖が可能 言語的媒介を通じて共有・編集が可 能 負けない組織の原則を知る 24
  25. 25. 2. ワークショップ:お題1の補足 •SECIモデル(読み:セキモデル) •「知識変換」には4つのモードがあります。 1. 共同化(Socialization) 2. 表出化(Externalization) 3. 連結化(Combination) 4. 内面化(Internalization) •SECIモデルは、この4つのモードによる形 式知と暗黙知の相互変換がスパイラル 的に行われると定義しています。 負けない組織の原則を知る 25
  26. 26. 2. ワークショップ:お題1の補足 負けない組織の原則を知る出典 : 野中 郁次郎+紺野 登, 知識創造の方法論, 東洋経済新報社, (2003) p.57 26
  27. 27. 2. ワークショップ:お題2 •ここまでの説明を踏まえて、お題1で作 成して頂いた手順をより良いものに、 修正してください。 負けない組織の原則を知る 2710分間
  28. 28. 2. ワークショップ:お題2 •書いて頂いた内容を各テーブル内で 発表して共有したいと思います。 •一人2分程度で発表してください。 •一通り発表が終わったら、テーブル内 で発表内容について質疑応答を行っ てください。 負けない組織の原則を知る 2810分間
  29. 29. 3. まとめ 負けない組織の原則を知る 29
  30. 30. 3. まとめ •今日の勉強会でやったこと •皆さんの現場でのやり方の整理 •指示出しする場合の型・ルーチンの紹 介 •最後に一つ補足・・・ 負けない組織の原則を知る 30
  31. 31. 3. まとめ •リーダーの心構え •組織の文化は無形です。それを形成す るのは、リーダーの役割です。 •リーダーの振る舞いは、配下社員に実 によく見られています。配下社員はリー ダーの鏡です。 •組織を変えるには、まずリーダーが変わ る必要があります。 負けない組織の原則を知る 31
  32. 32. 3. まとめ •リーダーの心構え • トラックナンバー(ハネムーンナンバー)を意識 して、作業内容の属人性を排除して平準 化しましょう。 • 他人の作業を手伝う意識を持たせるには、 普段から全員が作業内容を共有しましょう。 • 現在の作業人員が減っても作業が継続で きるように、作業手順の形式知化や自動 化を進め作業者の余力を作りましょう。 負けない組織の原則を知る 32
  33. 33. 3. まとめ •リーダーの心構え •働きアリの法則は有名ですが、落ちこぼ れを出さないように改善してこの割合を 減らす事はできます。 負けない組織の原則を知る 33
  34. 34. 3. まとめ:確認 •今回のワークショップについてご理解頂け ましたでしょうか? •表明じゃんけんで理解度をお知らせ下さ い • グー • お前は何を言っているんだ? • チョキ • 大体理解した。復習しつつ実践に繋げたい。 • パー • 全て理解した。早速明日から実践する。 負けない組織の原則を知る 34

×