O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
国立公園とジオパークの連携によ
る自然環境の保全と活用の推進
目代邦康(公益財団法人 自然保護助成基金)
2015.1.10 「ジオパークでつながる人と地域」        
プラザヴェルデ 沼津                    
自然環境の保全プログラム
● 国立公園
– 1872年
– アメリカ合衆国で誕生
● ジオパーク
– 1997年
– ヨーロッパで誕生
国立公園の誕生
● 1832年:アーカンソー州ホッ
トスプリングス保護区.
● 1864年:ヨセミテ渓谷を公的
利用やレクリエーションのた
めに保護.州立公園.1890年
国立公園化.
● 1872年:イエローストーン国
立公園の設立.
● 「...
キリスト教的世界観における
「開発」と「保護」
● この霊域はすべての人類、すべての生物に自由
と幸福を与えるために神が創造されたもので、
決して私有物にしたり、少数の利益のために開
発すべきものではない.
● この地を国民のために永久に保存す...
日本にも国立公園を
● 1923(大12)年:内務省衛生局により16の公
立公園候補地が選ばれる.
● 1931(昭6)年:国立公園法.
● 1934(昭9)年:瀬戸内海,雲仙,霧島を指
定.
日本の国立公園制度の成立
● 風光明媚な既存の観光地が指定される.
● 外国人観光客の誘致,外貨獲得(1929年世界恐慌,
1931年満州事変,1933年国際連盟脱退).
● 荒廃した名所旧蹟の国家的な修復と大景勝地の
保全,遊覧所の拡充,交通...
多様化する日本の国立公園の意義
● 黎明期:日本を代表する景観を持つ観光地のリ
スト.
● 戦時中:「国民精神の涵養,鍛錬,体力向上」
の場.→レクリエーション機能.
● 戦後~現代:優れた自然の風景地の保護.生物
の多様性の保全に寄与.
→国...
世界遺産の誕生
● イエローストーン国立公園制定100周年.アメ
リカ世界遺産トラスト構想.
● 1972年 国連人間環境会議(ストックホルム会
議)で世界遺産条約成立.
● 人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」
→「国」から「人類」へ
→Lo...
自然保護の国際問題化
年号 組織・制度
1867年 イーストライディング海鳥保護協会設立
1872年 イエローストーン国立公園 世界最初の国立公園
1890年 ヨセミテ国立公園
1895年 ナショナルトラスト設立
1900年 アフリカの野生動物・鳥類・魚類の保存条約...
Only One Earth と Sustainable development
● 1972年 国連人間環境会議(ストックホルム会議).「かけが
えのない地球(Only One Earth)」.国連環境計画UNEP設
立.
● 1982年 U...
持続可能な開発
● IUCN(世界自然保護連合)(1980)「World Conservation
Strategy(世界自然保護戦略)」で概念の提示.(UNEP,
WWF)
● 国連 Brundtland委員会(1987)「Our Commo...
持続可能な発展のための仕組み
保全の対象 恩恵 禍い 保全 国際的な活動
生物多様性
biodiversity
生態系サービス
Ecological
service
生態系の保全
bioconservation
・MAB
・世界自然遺産
ジオ多...
制度の比較
運営主体 目的 保全の根拠 存在形態
国立公園 行政機関
場所を管理.
土地利用規制.
法令
制度・ルール
system, rule
ジオパーク
地域住民を中心
とした関係者
保全をベースにし
た持続可能な開発
(sustainab...
コモンズ
● Commons.共有地.入会地.共有資源.
● 共有資源の管理
1. 中央集権的な管理
2. 市場原理に任せる
3. 当事者による自主的なルールの策定と資源の
利用.
エリノア=オストロムの設計原則
● 2009年ノーベル経済学賞
● 長期持続型の制度研究に由来
するサステイナブルな資源管
理のための設計原則(Ostrom,
2005)
1. コモンズの境界が明確
2. 利用と維持管理のルールが
地域的条件と...
つづき
3. 集団の決定に構成員が参加
4. ルール遵守についての監視
5. 段階的な違反へのペナルティー
6. 紛争解決のメカニズム
7. コモンズを組織する主体に権利が承認
8. コモンズの組織が入れ子状
ジオパークをコモンズとして見た場合
1. コモンズの境界が明確 ○
2. 利用と維持管理のルールが地域的条件と調和 △
3. 集団の決定に構成員が参加 △
4. ルール遵守についての監視 ? 
5. 段階的な違反へのペナルティー ?
6. 紛争...
目代(2014)
協働のしくみ
国立公園とジオパークとの連携の形
ジオサイト
コモンズ
ジオサイト
コモンズ
ジオサイト
コモンズ
国立公園(地域制公園)
ナショナルトラスト
ジオパーク
ジオサイト
コモンズ
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

国立公園とジオパークの連携

997 visualizações

Publicada em

2015.1.10 伊豆半島GPシンポジウム

Publicada em: Meio ambiente
  • Seja o primeiro a comentar

国立公園とジオパークの連携

  1. 1. 国立公園とジオパークの連携によ る自然環境の保全と活用の推進 目代邦康(公益財団法人 自然保護助成基金) 2015.1.10 「ジオパークでつながる人と地域」         プラザヴェルデ 沼津                    
  2. 2. 自然環境の保全プログラム ● 国立公園 – 1872年 – アメリカ合衆国で誕生 ● ジオパーク – 1997年 – ヨーロッパで誕生
  3. 3. 国立公園の誕生 ● 1832年:アーカンソー州ホッ トスプリングス保護区. ● 1864年:ヨセミテ渓谷を公的 利用やレクリエーションのた めに保護.州立公園.1890年 国立公園化. ● 1872年:イエローストーン国 立公園の設立. ● 「風景,自然,史跡,および 野生動物を保存すること」
  4. 4. キリスト教的世界観における 「開発」と「保護」 ● この霊域はすべての人類、すべての生物に自由 と幸福を与えるために神が創造されたもので、 決して私有物にしたり、少数の利益のために開 発すべきものではない. ● この地を国民のために永久に保存するには国立 公園とすることが適当. 東(1948)「アメリカ国立公園考」淡路書房
  5. 5. 日本にも国立公園を ● 1923(大12)年:内務省衛生局により16の公 立公園候補地が選ばれる. ● 1931(昭6)年:国立公園法. ● 1934(昭9)年:瀬戸内海,雲仙,霧島を指 定.
  6. 6. 日本の国立公園制度の成立 ● 風光明媚な既存の観光地が指定される. ● 外国人観光客の誘致,外貨獲得(1929年世界恐慌, 1931年満州事変,1933年国際連盟脱退). ● 荒廃した名所旧蹟の国家的な修復と大景勝地の 保全,遊覧所の拡充,交通機関の利便化(村串, 2005) ● 自然の風景地を核として,場所の伝統や文化の authenticity(真実性)が作り出される制度(荒 山,1995)
  7. 7. 多様化する日本の国立公園の意義 ● 黎明期:日本を代表する景観を持つ観光地のリ スト. ● 戦時中:「国民精神の涵養,鍛錬,体力向上」 の場.→レクリエーション機能. ● 戦後~現代:優れた自然の風景地の保護.生物 の多様性の保全に寄与. →国家が保護・管理の責任を負う. →国家による国家/国民のための公園「制度」
  8. 8. 世界遺産の誕生 ● イエローストーン国立公園制定100周年.アメ リカ世界遺産トラスト構想. ● 1972年 国連人間環境会議(ストックホルム会 議)で世界遺産条約成立. ● 人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」 →「国」から「人類」へ →Local から Global へ
  9. 9. 自然保護の国際問題化
  10. 10. 年号 組織・制度 1867年 イーストライディング海鳥保護協会設立 1872年 イエローストーン国立公園 世界最初の国立公園 1890年 ヨセミテ国立公園 1895年 ナショナルトラスト設立 1900年 アフリカの野生動物・鳥類・魚類の保存条約 1946年 国連教育科学文化機関(UNESCO)設立 1948年 国際自然保護連合設立 1965年 アメリカ世界遺産トラスト構想 1971年 人間と生物圏(Man and Biosphere)計画設立 BR 1972年 国連人間環境会議 1972年 世界遺産条約 1980年 日本でBRに4ヶ所推薦 1992年 世界遺産条約日本批准 1997年 ユネスコ地球科学部がジオパーク提唱 2008年 日本にジオパーク誕生
  11. 11. Only One Earth と Sustainable development ● 1972年 国連人間環境会議(ストックホルム会議).「かけが えのない地球(Only One Earth)」.国連環境計画UNEP設 立. ● 1982年 UNEP管理理事国特別会合(ナイロビ会議) ● 1992年 環境と開発に関する国連会議(リオサミット,地球 サミット).→リオ宣言(持続可能な開発).アジェンダ21, 気候変動枠組み条約,生物多様性条約.
  12. 12. 持続可能な開発 ● IUCN(世界自然保護連合)(1980)「World Conservation Strategy(世界自然保護戦略)」で概念の提示.(UNEP, WWF) ● 国連 Brundtland委員会(1987)「Our Common Future」. – 「将来の世代の欲求を満たしつつ,現在の世代の欲求も満足 させるような開発」 「無限な成長」批判 – 環境問題と経済問題(南北問題)の接近 ● リオサミット(1992)でアジェンダ21に盛り込まれる. ● 日本が「ESDの10年」(2005~14)提唱(2002) ● 環境,開発,貧困,平和,人権,ジェンダー,保健・衛生問題を 包括.
  13. 13. 持続可能な発展のための仕組み 保全の対象 恩恵 禍い 保全 国際的な活動 生物多様性 biodiversity 生態系サービス Ecological service 生態系の保全 bioconservation ・MAB ・世界自然遺産 ジオ多様性 geodiversity 大地の恵み Geological service 自然災害 Geological hazard ジオ遺産の保全 geoconservation ・GP 文化多様性 cultural diversity 文化の保全 cultural conservation ・世界文化遺産 ・GP ・文化多様性世界宣 言 *文化の多様性に関する世界宣言(2001):文化的多様性は人類共通の遺産であり、現在 及び将来の世代のためにその重要性が認識され、主張されるべきである.
  14. 14. 制度の比較 運営主体 目的 保全の根拠 存在形態 国立公園 行政機関 場所を管理. 土地利用規制. 法令 制度・ルール system, rule ジオパーク 地域住民を中心 とした関係者 保全をベースにし た持続可能な開発 (sustainable development) 関係者の意思 運動 movement 「場」は共通していても,存在形態が異なる. 地域住民による地域資源の管理と利用→ コモンズの議論
  15. 15. コモンズ ● Commons.共有地.入会地.共有資源. ● 共有資源の管理 1. 中央集権的な管理 2. 市場原理に任せる 3. 当事者による自主的なルールの策定と資源の 利用.
  16. 16. エリノア=オストロムの設計原則 ● 2009年ノーベル経済学賞 ● 長期持続型の制度研究に由来 するサステイナブルな資源管 理のための設計原則(Ostrom, 2005) 1. コモンズの境界が明確 2. 利用と維持管理のルールが 地域的条件と調和
  17. 17. つづき 3. 集団の決定に構成員が参加 4. ルール遵守についての監視 5. 段階的な違反へのペナルティー 6. 紛争解決のメカニズム 7. コモンズを組織する主体に権利が承認 8. コモンズの組織が入れ子状
  18. 18. ジオパークをコモンズとして見た場合 1. コモンズの境界が明確 ○ 2. 利用と維持管理のルールが地域的条件と調和 △ 3. 集団の決定に構成員が参加 △ 4. ルール遵守についての監視 ?  5. 段階的な違反へのペナルティー ? 6. 紛争解決のメカニズム ? 7. コモンズを組織する主体の権利が承認されている △ 8. コモンズの組織が入れ子状 △ △:できつつあるか改善が必要.?:必要性がないか
  19. 19. 目代(2014) 協働のしくみ
  20. 20. 国立公園とジオパークとの連携の形 ジオサイト コモンズ ジオサイト コモンズ ジオサイト コモンズ 国立公園(地域制公園) ナショナルトラスト ジオパーク ジオサイト コモンズ

×