O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
MEDICAL
MULTI-STAKEHOLDER
DIALOGUE PROJECT
Since 2014
みんなの大学
やまなし4th
2014.3
想い
背景
現在、医療をとりまく問題には、大きな変換が必要とされています。以前の急性期
中心の「治す医療」から、高齢化・慢性疾患による「寄り添う医療」へ。そして、
患者の立場からは、「病気とどう付き合って行くか?」「看取りとは?」「健康に
対する安心...
医療の風通しを良くしたい
それぞれの立場の仮面をいったん置いて、
皆の現在・将来のために
対話し・感じ・つながっていく
場を作りたい。
僕らの武器
対話
なぜ
Multi-Stakeholder Dialogue
なのか?
医療に限りませんが、現代社会が抱えている問題は、様々にお互いが絡み合い
連鎖しています。
丁度、ルービックキューブのように一面だけ えようとしても、裏面ではそれ
に連鎖して問...
「もし、あなたが問題の一部でなければ、
あなたはソリューションの一部になれな
い。」
(ビル・トバート)
憧憬
憧憬(≠Vision)
皆が普段縛られている「良い・悪い」「∼すべき」という判断
を保留した対話の場。そこから共創造されるものは、必ず、そ
れぞれの予想の範囲を軽く超えます。
我々は、皆さんと一緒にそんな場を創っていきます。
そんな僕らが、見え...
それぞれの存在が、
それぞれにとってGIFTである。
2014.6
第1回医療MSD開催
2014.6.28〜29@本郷MUS
1st Day
Check in
「今の自分を象徴するもの」
医療を取り巻く問題の全体像と
自分の立ち位置を再現
1st Dayグラフィックレコード
2nd Day
1日目を終え、2日目の今の気持ちを歩きながら、シェア。
皆で話し合いたいテーマを出し、
それぞれのテーマでアクションプランを創造
アクションプランをシェア
今日から出来るSmallStep
第2回医療MSD開催
2014.10.11〜13@山梨・清泉寮
私の思いから、私達の想いが
生まれる3日間
解決のkeyは、すでに皆が持っている。
Positive
core
Resource
ありえないつながりをつくる
~Create Improbable Bonds~
社団法人 Dialogue
第3/4回医療MSD開催
2015.1.17〜18/2015.6.27〜28@横浜
日本の医療"今と未来" 
~話す、聴く、感じる、創る~
3rd
3rd
私達の想いと実現する力を
繋ぐ。
4th
4th
Community Organizing
People,Power&Change
今後の予定
次回開催概要
日時:2015年10月10日(土)∼10月12日(月・祝日)
場所:山梨県 清里 清泉寮
URL:http://www.seisenryo.jp/index.html
*今回は、清里の素晴らしい自然に囲まれ、美味しい料理を食べなが...
Whole Elephant Bar(WEB)開催
2015.9.15
Whole Elephant Bar
Vol.0 緊急開催!
WEB Vol.1緊急開催
「安保法案について考える」
2015.8.19(水)
19時∼@四谷
(株)オーセンティックワークスセミナールームABC
   
Learning Journey
Thank you
2015.8,8みんなの大学やまなし発表
2015.8,8みんなの大学やまなし発表
2015.8,8みんなの大学やまなし発表
2015.8,8みんなの大学やまなし発表
2015.8,8みんなの大学やまなし発表
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

2015.8,8みんなの大学やまなし発表

625 visualizações

Publicada em

2015.8.8みんなの大学やまなしで、社団法人ダイアログの活動を紹介させて頂きました

Publicada em: Saúde e medicina
  • Login to see the comments

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

2015.8,8みんなの大学やまなし発表

  1. 1. MEDICAL MULTI-STAKEHOLDER DIALOGUE PROJECT Since 2014 みんなの大学 やまなし4th
  2. 2. 2014.3
  3. 3. 想い
  4. 4. 背景 現在、医療をとりまく問題には、大きな変換が必要とされています。以前の急性期 中心の「治す医療」から、高齢化・慢性疾患による「寄り添う医療」へ。そして、 患者の立場からは、「病気とどう付き合って行くか?」「看取りとは?」「健康に 対する安心とは?」…。 現代・および未来の医療を取り巻く問題について、医療者とか患者とか垣根を越え て共同体における生活者として皆で考え実践していく事が必要と考え、我々はそれ ぞれの立場で「対話の場」などを作ってきました。 しかし、お互いの歩み寄りで開かれる場もやはり、各々の立場の仮面(判断や評価) を被ったままの議論の域を出ないという感想を持っていました。 皆、それぞれの立場から一生懸命、この国の医療について真剣に考え、動いてくれ ています。 でも、どこかでエネルギーが分断、滞ってる。 そんな印象でした。 エネルギーも滞れば、どこかに無理が来て 腐ってしまいます。 「医療の風通し」を良くしよう! これが、きっかけでした。
  5. 5. 医療の風通しを良くしたい
  6. 6. それぞれの立場の仮面をいったん置いて、 皆の現在・将来のために 対話し・感じ・つながっていく 場を作りたい。
  7. 7. 僕らの武器
  8. 8. 対話
  9. 9. なぜ Multi-Stakeholder Dialogue なのか? 医療に限りませんが、現代社会が抱えている問題は、様々にお互いが絡み合い 連鎖しています。 丁度、ルービックキューブのように一面だけ えようとしても、裏面ではそれ に連鎖して問題が起こります。 一見、無関係に思える人でも実は当事者なのです。 このような複雑な問題は単独の専門職だけでは、解決出来ません。 Multi-Stakeholder Dialogueでは、医療に関係する様々な人々 (国民全体ということになります)の縮図を 再現します。 それにより、より広い合意形成・立場を 超えたパートナーシップが形成され、 より効果的なアクションプランへと 結びつきます。
  10. 10. 「もし、あなたが問題の一部でなければ、 あなたはソリューションの一部になれな い。」 (ビル・トバート)
  11. 11. 憧憬
  12. 12. 憧憬(≠Vision) 皆が普段縛られている「良い・悪い」「∼すべき」という判断 を保留した対話の場。そこから共創造されるものは、必ず、そ れぞれの予想の範囲を軽く超えます。 我々は、皆さんと一緒にそんな場を創っていきます。 そんな僕らが、見える憧憬(Visionとは言いません。)は、 皆さんが れるエネルギーを停滞させていたもの……不安や 判断の呪縛からの解放。そして既存の枠組み・固定概念、全て が場に解放され、そこから生まれ出でる世界。 それぞれの存在が、 それぞれにとってGIFTである。 そんな憧憬。
  13. 13. それぞれの存在が、 それぞれにとってGIFTである。
  14. 14. 2014.6
  15. 15. 第1回医療MSD開催 2014.6.28〜29@本郷MUS
  16. 16. 1st Day
  17. 17. Check in 「今の自分を象徴するもの」
  18. 18. 医療を取り巻く問題の全体像と 自分の立ち位置を再現
  19. 19. 1st Dayグラフィックレコード
  20. 20. 2nd Day
  21. 21. 1日目を終え、2日目の今の気持ちを歩きながら、シェア。
  22. 22. 皆で話し合いたいテーマを出し、 それぞれのテーマでアクションプランを創造
  23. 23. アクションプランをシェア
  24. 24. 今日から出来るSmallStep
  25. 25. 第2回医療MSD開催 2014.10.11〜13@山梨・清泉寮
  26. 26. 私の思いから、私達の想いが 生まれる3日間
  27. 27. 解決のkeyは、すでに皆が持っている。
  28. 28. Positive core
  29. 29. Resource
  30. 30. ありえないつながりをつくる ~Create Improbable Bonds~ 社団法人 Dialogue
  31. 31. 第3/4回医療MSD開催 2015.1.17〜18/2015.6.27〜28@横浜
  32. 32. 日本の医療"今と未来"  ~話す、聴く、感じる、創る~ 3rd
  33. 33. 3rd
  34. 34. 私達の想いと実現する力を 繋ぐ。 4th
  35. 35. 4th
  36. 36. Community Organizing
  37. 37. People,Power&Change
  38. 38. 今後の予定
  39. 39. 次回開催概要 日時:2015年10月10日(土)∼10月12日(月・祝日) 場所:山梨県 清里 清泉寮 URL:http://www.seisenryo.jp/index.html *今回は、清里の素晴らしい自然に囲まれ、美味しい料理を食べながら、 より深いダイアローグを行いたいと思っております。特に今、抱えている 深刻な問題を解決できる場になるよう意図しております。 *詳細な時間、参加費などについては近々にお知らせします。 市民中心の医療へ   医療システムを“変える”が   “始まる”三日間
  40. 40. Whole Elephant Bar(WEB)開催 2015.9.15
  41. 41. Whole Elephant Bar Vol.0 緊急開催! WEB Vol.1緊急開催 「安保法案について考える」 2015.8.19(水) 19時∼@四谷 (株)オーセンティックワークスセミナールームABC    
  42. 42. Learning Journey
  43. 43. Thank you

×