O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル

LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル

  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル

  1. 1. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 1 / 24 LoRaWAN Bluetooth トラッカー LBT1 日本語マニュアル Document Version: 1.0 Image Version: v1.0 Version Description Date 1.0 Release 2020-Nov-20 1.0-JP 和訳 2020-Nov-20
  2. 2. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 2 / 24 1. イントロダクション................................................................................................................................................4 1.1 LoRaWAN Bluetooth トラッカーLBT1 とは...................................................................................................4 1.2 仕様.............................................................................................................................................................................5 1.3 特徴.............................................................................................................................................................................5 1.4 アプリケーション .....................................................................................................................................................6 1.5 ハードウェア変更ログ ..........................................................................................................................................6 2. LBT1 の利用方法? ..........................................................................................................................................7 2.1 LBT1 をアクティベイト ..........................................................................................................................................7 2.2 どのように動作するか? .......................................................................................................................................8 2.3 LoRaWAN server (OTAA)クイックガイド .......................................................................................................9 2.4 ペイロードアップリンク.......................................................................................................................................12 2.4.1 ペイロード分析.........................................................................................................................................12 2.4.2 TTN 用ペイロードの追加 .....................................................................................................................14 2.5 ダウンリンクペイロード .....................................................................................................................................15 2.5.1 一般のダウンリンクコマンド:..............................................................................................................15 2.5.2 LBT1 用特別コマンド.............................................................................................................................15 2.6 LED ステータス ....................................................................................................................................................16 2.7 ボタン機能 .............................................................................................................................................................16 2.8 USB ポート機能...................................................................................................................................................16 2.9 ファームウェア変更ログ ...................................................................................................................................17 3. ケーススタディ ...................................................................................................................................................17 3.1 インドアポジション用に Mapwise を利用....................................................................................................17 4. AT コマンド使用 ................................................................................................................................................18 4.1 AT コマンドにアクセス.......................................................................................................................................18 4.2 共通 AT コマンドシークエンス .......................................................................................................................20 4.2.1 マルチチャンネル ABP モード ( SX1301 チップ/LG308 使用).............................................20 5. アップロードファームウェア............................................................................................................................21 6. FAQ.......................................................................................................................................................................22 6.1 LT LoRa パートの周波数レンジは?..........................................................................................................22 6.2 LoRa 周波数帯域/リージョンの変更は?..................................................................................................22
  3. 3. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 3 / 24 6.3 USB プログラムケーブルのピン配置は?...................................................................................................22 7. トラブルシューティング ....................................................................................................................................22 7.1 何故 US915 /AU915 帯域で TTN にジョインできない?....................................................................22 7.2 入力コマンドでなぜ AT_ERROR になるか?...........................................................................................23 7.3 何故空のペイロードになるか?.................................................................................................................23 8. 注文情報.............................................................................................................................................................23 9. 梱包情報.............................................................................................................................................................23 10. サポート..........................................................................................................................................................24 11. 参照.................................................................................................................................................................24
  4. 4. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 4 / 24 1. イントロダクション 1.1 LoRaWAN Bluetooth トラッカー LBT1 とは? LBT1 は、長距離/低消費電力の LoRaWANBluetooth トラッカーです。 LBT1 は、最も近い iBeacon 端末の情報をスキャンして、LoRaWAN ワイヤレスネットワーク経由で LoRaWAN ネット ワークサーバーに送信します。 LoRaWAN ネットワークサーバーには、LBT1 トラッカーの場所を 追跡するために、ビーコンの位置マッピング情報を事前に構成する必要があります。 LBT1 は、人や物の屋内測位を対象としています。 LBT1 には、動作検出機能があり、歩行ス テップを検出して値をアップリンクすることができます。 LBT1 は、1000mA の充電式リチウムイオンバッテリーと充電回路を搭載しており、短いトラッキ ングのアップリンク間隔でリアルタイムトラッキングをターゲットにしています。
  5. 5. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 5 / 24 1.2 仕様 マイクロコントローラー  MCU: STM32L072CZT6  Flash:192KB  RAM:20KB  EEPROM: 6KB  Clock Speed: 32Mhz 共通 DC 特性:  Supply Voltage: 5V via USB port or Internal 1000mAh battery  Operating Temperature: -40 ~ 85°C LoRa 仕様:  Frequency Range,  Band 1 (HF): 862 ~ 1020 Mhz  168 dB maximum link budget.  High sensitivity: down to -148 dBm.  Bullet-proof front end: IIP3 = -12.5 dBm.  Excellent blocking immunity.  Built-in bit synchronizer for clock recovery.  Preamble detection.  127 dB Dynamic Range RSSI.  Automatic RF Sense and CAD with ultra-fast AFC.  LoRaWAN 1.0.3 Specification バッテリー:  1000mA Li-on Battery power 電力消費:  Sleeping Mode: 20uA  BLE Scanning Mode:  LoRa Transmit Mode: 125mA @ 20dBm 44mA @ 14dBm 1.3 特徴  LoRaWAN 1.0.3 Class A  STM32L072CZT6 MCU  Frequency bands KR920/US915/IN865/EU868/AS923/AU915  Bluetooth iBeacon scanning  Walking steps counter  Power Monitoring
  6. 6. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 6 / 24  Charging circuit via USB port  Tri-color LED, Alarm button 1.4 アプリケーション  物流&サプライチェーンマネージメント  アセットトラッキング  人員動態管理 1.5 ハードウェア変更ログ リリース: LBT1 v1.0 – 2020.11.21
  7. 7. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 7 / 24 2. LBT1 の利用方法 2.1 LBT1 をアクティベイト LBT1 には 3 つの動作モードがあります。 ディープスリープモード-1:LBT1 では LoRaWAN がアクティブ化されていません。 このモードは、 バッテリー寿命を節約するために出荷に使用されます。 ユーザーは針などを使用してサイドボ タンを押し、デバイスをアクティブにする必要があります。 ディープスリープモード-0:LBT1 では LoRaWAN がアクティブ化されていません。 このモードは、 バッテリー寿命を節約するための保管に使用されます。 ユーザーは、アラームボタンをダブル クリックするか、針などを使用してサイドボタンを押してデバイスをアクティブにすることができま す。 キープアライブモード:このモードでは、LBT1 は LoRaWAN センサーとして機能して LoRaWAN ネットワークに参加し、iBeacon の UUID と ADDR を LoRaWAN サーバーに送信します。デフォル トの間隔は 7 分です。 各スキャン/ tx / rx の間に定期的に LBT1 は、STOP ステータス(IDLE ステータス)になります。STOPモードでは、デバイスの消費電力はディープスリープモードと同じ です。 ウォーキングモード:このモードでは、LBT1 は iBeacon の UUID と ADDR をはるかに短い間隔 で LoRaWAN サーバーに送信します(スキャン時間を除く 10 秒間隔)。 LBT1 はデフォルトでディープスリープモードに設定されています。 アラームボタンは、さまざま なモードに切り替えるために使用されます: アラームボタンの アクション 機能 結果: 2 回の高速にアラ ームボタンを押す アクティブデバ イス または ウォーキングモ ードに入る --LBT1 がディープスリープモード-0 の場合、キープアラ イブモードに切り替わります。 緑色 LED が 5 回速く点滅 し、デバイスがアクティブになり、LoRaWAN ネットワーク への参加が開始されます。 正常に参加すると、緑色 LED が 5 秒間点灯し、振動します。 --LBT1 がキープアライブモードの場合、ウォーキングモ ードになります。 アラームを 15 秒 間押す ウォーキングモ ードを終了 アラームボタンを押すと、緑色 LED が点灯し、15 秒後に 赤色 LED が 5 秒間点灯します。これは、LBT1 がウォー キングモードを終了し、キープアライブモードに入るとい う意味です。 注記:デバイスをアクティブ化にした後、非アクティブ化するには 2 つの方法があります。 a)AT コマンドを使用する(USB-TTL アダプターが必要) b)ダウンリンクコマンド(0x0901)を LoRaWAN ネットワークサーバーを経由
  8. 8. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 8 / 24 2.2 どのように動作するか? LBT1 は、LoRaWAN(OTAA)クラス A エンドノードとして機能しています。 各 LBT1 には、世界的 にユニークな OTAA キーと ABP キーのセットが付属しています。 ユーザーが登録するには、 LoRaWAN ネットワークサーバーに OTAA または ABP キーを入力する必要があります。 LBT1 は、LoRaWAN ネットワークに参加し、データの送信を開始します。 各アップリンクのデフォルト 期間は 7 分です(AT + TDC タイマー)。
  9. 9. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 9 / 24 2.3 LoRaWAN ネットワークサーバー(OTAA)接続クイックガイド 通信費無料のパグリックLoRaWANネットワークサーバー The Things Network(TTN)に参加する 方法の例を次に示します。 以下はネットワーク構造です。このデモでは、LoRaWAN ゲートウェ イとして屋内8チャンネル LoRaWAN ゲートウェイ LG308 を使用します。 LG308 は、すでに TTN に接続設定されています。 あと必要なのは、LBT1 を TTN に登録するこ とです: ステップ 1: LBT1 の OTAA キーを使用して TTN でデバイス登録をします。 各 LBT1 には、下記のようなデフォルトのデバイス EUI が付いたステッカーが付属しています。
  10. 10. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 10 / 24 これらのキーを TTN コンソールに入力します。 下記はスクリーン画面です。 アプリケーションメニューに APP EUI を追加します: APP KEY とでバイル EUI を追加します
  11. 11. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 11 / 24 ステップ 2: アラームボタンをダブルクリックして LBT1 をアクティブにします。 ステップ 3: LBT1 は、LG308 ゲートウェイによる LoRaWAN 有効範囲内で TTN ネットワークに自 動的に参加します。 参加が成功すると LBT1 は、近接した有効な iBeacon 端末の情報をスキャ ン開始し、TTN にメッセージをアップロードします。 LBT1 が、3 回のスキャン(3 回 x 5 秒/スキャン)で有効な iBeacon を見つけられない場合、 iBeacon 端末の uuid と addr をすべて 0x00 を入力してアップロードします。下記は、TTN コンソ ールで iBeacon 端末の情報を TTN にアップロードしているスクリーン画面です。
  12. 12. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 12 / 24 2.4 アップリンクペイロード 2.4.1 ペイロード分析 トラッカーのモードは、それぞれペイロードが違います: MODE=1(ディープスリープモード) サイズ (bytes) 2 1 2 1 5 値 BAT Alarm + Steps Steps 0x01 MODE Last 5 bytes of UUID MODE=2(キープアライブモード) サイズ (bytes) 2 1 2 1 32 12 値 BAT Alarm + Steps Steps 0x02 MODE iBeacon UUID iBeacon ADDR MODE=3 サイズ (bytes) 2 1 2 1 12 4 4 2 4 値 BA T Alarm + Steps Step s 0x03 MOD E iBeacon UUID iBeacon MAJOR iBeacon MINOR iBeacon Measure Power iBeacon RSSI
  13. 13. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 13 / 24 MODE=3(ウォーキングモード) サイズ (bytes) 2 1 2 1 12 4 4 2 4 値 BAT Alarm + Steps Steps 0x03 MODE iBeacon UUID iBeacon MAJOR iBeacon MINOR iBeacon Measured Power iBeacon RSSI
  14. 14. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 14 / 24 注記:  BAT: 事例 1:0x4B45&0x3FFF⇒3901(mV).  Alarm: これは、ペイロードの 3 番目のバイトの最上位ビットです。このビットが 0 の場合、通 常のアップリンクメッセージであり、このビットが 1 の場合、アラームによってトリガーされる アップリンクメッセージです。  Steps: 3 バイト目と 4、5 バイト目の 0〜6 ビットがステップを構成します。 歩くと増えていき ます。下記範囲になります: 最小:0b(000 0000 0000 0000 0000 000)= 0 最大:0b(111 1111 1111 1111 1111 1111)= 0x(7F FF FF)= 8,388,607  MODE: ペイロード形式を定義します。  UUID: 電波状態一番強い iBeacon 端末の uuid  ADDR: 電波状態一番強い iBeacon 端末の addr  MAJOR: 電波状態一番強い iBeacon 端末の MAJOR 値  MINOR: 電波状態一番強い iBeacon 端末の MINOR 値.  Measured Power: 電波状態一番強い iBeacon 端末の電力  RSSI: 電波状態一番強い iBeacon 端末の RSSI(電波強度) 2.4.2 TTN でペイロードフォーマットを追加 TTN では、使用するとカスタムペイロードを追加できるため、わかりやすく表示されます。 [アプリケーション]-> [ペイロード形式]-> [カスタム]-> [デコーダー]ページで、デコーダーを追加 します。下記リンクよりファイルをカット&ペーストして TTN コンソールに貼りつけます。 http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_End_Node/LBT1_LoRaWAN_BLE_Trac ker/Decoder/
  15. 15. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 15 / 24 2.5 ダウンリンクペイロード LBT1 は、LoRaWANダウンリンクコマンドによる構成をサポートします。 さまざまなプラットフォームで それらを使用する方法を確認するには、次のリンクを参照してください: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Use_Note_for_Server ダウンリンクのコマンドには 2 つのパーツがあります: 2.5.1 一般的ダウンリンクコマンド: これらのコマンドは下記の構成となっています。 一般的なシステム設定:アップリンク間隔 プロトコルと無線関連コマンド これらのコマンドの詳細説明は、ダウンリンクコマンド wiki にあります。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=End_Device_Downlink_Command 2.5.2 LBT1 専用に設計したコマンド 注記: 上記コマンドは、る LBT1 用に設計するためのものです: ダウンリンクコマンド FPort Code ペイロードサ イズ (bytes) 機能 TDC (Transmit Time Interval) Any 01 4 事例: 0x0100012C (set time to 300s (0x12C)) Set AT+BLEMASK Any Dynamic Set BLE scan mask 事例: 0x04 Set AT+MOD Any A1 2 事例: 0xA101: AT+MOD=1 0xA102: AT+MOD=2 0xA103: AT+MOD=3 Set payload MODE Set AT+SLEEP Any 09 2 デバイスをディープスリープモードに 設定します。デバイスがディープス リープモードの場合、ユーザーはア ラームボタンをダブルクリックしてア クティブにする必要があります。 事例: 0x0901: AT+SLEEP=1 事例: 0x0900: AT+SLEEP=0
  16. 16. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 16 / 24 2.6 LED ステータス 前述 2.1 を参照。 2.7 ボタン機能 リセットボタン: このボタンを押すと、デバイスが再起動します。 デバイスは OTAA ネットワークへの参加を再度処理します。 赤色アラームボタン: アラームボタンの アクション 機能 結果: 2 回の高速にアラ ームボタンを押す アクティブデバ イス または ウォーキングモ ードに入る --LBT1 がディープスリープモード-0 の場合、キープアラ イブモードに切り替わります。 緑色 LED が 5 回速く点滅 し、デバイスがアクティブになり、LoRaWAN ネットワーク への参加が開始されます。 正常に参加すると、緑色 LED が 5 秒間点灯し、振動します。 --LBT1 がキープアライブモードの場合、ウォーキングモ ードになります。 アラームを 15 秒 間押す ウォーキングモ ードを終了 アラームボタンを押すと、緑色 LED が点灯し、15 秒後に 赤色 LED が 5 秒間点灯します。これは、LBT1 がウォー キングモードを終了し、キープアライブモードに入るとい う意味です。 注記:デバイスをアクティブ化にした後、非アクティブ化するには 2 つの方法があります。 a)AT コマンドを使用する(USB-TTL アダプターが必要) b)ダウンリンクコマンド(0x0901)を LoRaWAN ネットワークサーバーを経由 2.8 USB ポート機能 LBT1 の USB インターフェースには以下の機能があります: デバイスの電源を入れます バッテリーを充電します の UART コンソールにアクセスする のファームウェアをアップグレードします
  17. 17. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 17 / 24 2.9 Firmware Change Log 下記にて LBT1 のファームウェア変更ログをご参照いただけます。 http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_End_Node/LBT1_LoRaWAN_BLE_Tracker/ 3. ケーススタディ 3.1 屋内測位用に Mapwize を使う *ネットワーク構成図 手順につきましては、下記 URL を確認してください: ↓ http://wiki.dragino.com/index.php?title=Mapwize
  18. 18. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 18 / 24 4. AT コマンドを使用 4.1 AT コマンドアクセス LBT1 は AT コマンドをサポートします。 ユーザーは、以下のように USB-TTL アダプターを使用 して LBT1 に接続し、AT コマンドを使用できます。 PC では、ユーザーは LBT1 のシリアルコンソールにアクセスするためにシリアルツールのボー レートを9600に設定する必要があります。 LBT1は、電源を入れるとシステム情報を出力し、ユ ーザーは AT コマンドを送信できるようになります:
  19. 19. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 19 / 24 下記は利用可能なコマンドです。AT コマンドマニュアルの詳細は次のとおりです。 http://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_End_Node/LBT1_LoRaWAN_BLE_Tracker/DRAGINO_LBT1_AT_Comm ands_v1.0.pdf AT Command Manual AT+<CMD>? : Help on <CMD> AT+<CMD> : Run <CMD> AT+<CMD>=<value> : Set the value AT+<CMD>=? : Get the value General Command AT: Attention AT?: Short Help ATZ: MCU Reset AT+TDC: Application Data Transmission Interval Keys,IDs and EUIs management AT+APPEUI: Application EUI AT+APPKEY: Application Key AT+APPSKEY: Application Session Key AT+DADDR: Device Address AT+DEUI: Device EUI AT+NWKID: Network ID(You can enter this command change only after successful network connection) AT+NWKSKEY: Network Session Key Joining and sending date on LoRa? network AT+CFM: Confirm Mode AT+CFS: Confirm Status AT+JOIN: Join LoRa? Network AT+NJM: LoRa? Network Join Mode AT+NJS: LoRa? Network Join Status AT+RECV: Print Last Received Data in Raw Format AT+RECVB: Print Last Received Data in Binary Format AT+SEND: Send Text Data AT+SENB: Send Hexadecimal Data LoRa network management AT+ADR: Adaptive Rate AT+CLASS: LoRa Class(Currently only support class A AT+DCS: Duty Cycle Setting AT+DR: Data Rate (Can Only be Modified after ADR=0)
  20. 20. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 20 / 24 AT+FCD: Frame Counter Downlink AT+FCU: Frame Counter Uplink AT+JN1DL: Join Accept Delay1 AT+JN2DL: Join Accept Delay2 AT+PNM: Public Network Mode AT+RX1DL: Receive Delay1 AT+RX2DL: Receive Delay2 AT+RX2DR: Rx2 Window Data Rate AT+RX2FQ: Rx2 Window Frequency AT+TXP: Transmit Power AT+SLEPP: device is in Deep Sleep Mode Information AT+RSSI: RSSI of the Last Received Packet AT+SNR: SNR of the Last Received Packet AT+VER: Image Version and Frequency Band AT+FDR: Factory Data Reset AT+PORT: Application Port AT+CHS: Get or Set Frequency (Unit: Hz) for Single Channel Mode AT+CHE: Get or Set eight channels mode, Only for US915, AU915, CN470 4.2 共通 AT コマンドシークエンス 4.2.1 マルチチャンネル ABP モード(SX1301chip/LG308 使用) デバイスが OTAA 経由でネットワークに参加していない場合: AT+FDR AT+NJM=0 ATZ デバイスがすでにネットワークに参加している場合: AT+NJM=0 ATZ
  21. 21. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 21 / 24 5. アップロードファームウェア ユーザーは、バグ修正または追加された新機能のためのファームウェアをアップロードできま す。 *ファームウェア場所: http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_End_Node/LBT1_LoRaWAN_BLE_Trac ker/Image/ *インストラクションアップデート: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Firmware_Upgrade_Instruction_for_STM32_base_product s#Hardware_Upgrade_Method_Support_List
  22. 22. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 22 / 24 6. FAQ 6.1 LT LoRa 部分の周波数帯域は? 異なる LBT1 バージョンは、異なる周波数範囲をサポートします。以下は、各モデルの動作周波 数と推奨帯域の表です: バージョ ン LoRa IC 動作周波数帯域 べスト周波数 推奨周波数 433 SX1278 Band2(LF): 410 ~525 Mhz 433Mhz CN470/EU433 868 SX1276 Band1(HF):862~1020 Mhz 868Mhz EU868/IN865/RU864 915 SX1276 Band1(HF):862 ~1020 Mhz 915Mhz AS923/AU915/ KR920/US915 6.2 LoRa 周波数帯/リージョンをどうやって変更する? ユーザーは、アップグレードする方法についての紹介に従うことができます。ダウンロードすると きは、必要なイメージファイルを選択してください。. 6.3 USB プログラムケーブルのピン配置は? Pin Color USB Pin UART pin ST-Link Pin 1 Red VCC N/A +5V 2 White D- (N/A) LGT-RXD SWDIO 3 Green D+(N/A) LGT-TXD SWCLK 4 ID (N/A) N/A 5 Black GND GND GND 7. トラブルシューティング 7.1 何故、US915 /AU915 帯域でネットワークに参加できない? これはチャネルマッピングが原因です。 以下のリンクをご覧ください: http://wiki.dragino.com/index.php?title=LoRaWAN_Communication_Debug#Notice_of_US915.2FCN470.2FAU915_Frequency_ba nd
  23. 23. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 23 / 24 7.2 AT コマンドが動作しない? コマンドを入力すると、ibeacon スキャンがシリアル入力と競合する可能性があるため、 AT_ERROR が表示されます。 特に、これが短いスキャン期間である歩行モードで。 この問題を克服するには、次のことができます: 1)txt ファイルにコマンドを入力してコンソールに貼り付け、コマンドの入力時間を短縮します。 2)最初に AT + FDR を実行して、デバイスを工場出荷時のデフォルトにリセットし、入力してみて ください。 7.3 何故、からのペイロードが取得される? LoRaWAN プロトコルに従って、モーションセンサーを含む場合の LBT1 ペイロードは 52 バイトに なります。 LoRaWAN サーバーは、AU915 / US915 帯域の DR0 でこのペイロードを破棄します。 したがって、DR0 で送信された各パケットは空のペイロードとして表示されます。 8. 注文情報 商品番号: LBT1-XXX XXX: は既定の周波数となります。  AS923: LoRaWAN AS923 band  AU915: LoRaWAN AU915 band  EU433: LoRaWAN EU433 band  EU868: LoRaWAN EU868 band  KR920: LoRaWAN KR920 band  US915: LoRaWAN US915 band  IN865: LoRaWAN IN865 band  CN470: LoRaWAN CN470 band 9. 梱包情報 パッケージには下記が含まれます::  LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker x 1  USB program cable x 1  USB recharge cable x 1  Sling x 1
  24. 24. www.dragino.com LBT1 LoRaWAN Bluetooth Tracker 24 / 24 寸法と重量:  Device Size: 85 x 48 x 15 cm  Device Weight: 50g  Package Size: 10 x 8.5 x 4 cm  Package Weight: 111g 10. サポート サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾ ーンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のス ケジュールでできるだけ早く回答されます。. お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明 し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。 support@dragino.com 11. 参照  LBT1 商品サイト http://www.dragino.com/products/lora-lorawan-end-node/item/165-lbt1.html

×