O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

Yurufuwa@Kashiwa.R.5

昔Kashiwa.Rで発表したスライドもあげてみました!

(問題ある画像を抜いたものになっていますf^_^;

  • Entre para ver os comentários

Yurufuwa@Kashiwa.R.5

  1. 1. yurufuwa.R
  2. 2. Package for Cute Graphs! *・゜・*:.。.  .。.:*・゜今回の⽬目標゜・*:.。.  .。.:*・゜・*   ! ⼥女女⼦子⼒力力の⾼高いグラフを作るためのパッケージを作ろう!   ついでに
  3. 3. Yurufuwa has no sense of pc!? ゆるふわ⼥女女⼦子の定義を 発⾒見見!
  4. 4. Default Graphs ≠Yurufuwa ついでに イメージ画像 ≠
  5. 5. ! yurufuwaplotでプロットしただけ で可愛いグラフにできたんです! すごいじゃない,実はパソコン得 意だったの? そう,パッケージならね!
  6. 6. Package for Cute Graphs! *・゜・*:.。.  .。.:*・゜今回の⽬目標゜・*:.。.  .。.:*・゜・*   ! ⼥女女⼦子⼒力力の⾼高いグラフを作るためのパッケージを作ろう!   ついでにグラフを⾊色々いじれるようになろう!  
  7. 7. >  plot(iris[,1],  iris[,2]) Package for Cute Graphs! >  yurufuwaplot(iris[,1],  iris[,2])        ???? ?
  8. 8. Outline! 可愛い画像を埋め込んだりしながらプロットしていく⽅方針   biOpsパッケージを利利⽤用   -‐‑‒120もの関数を持つ画像処理理に使えるパッケージ   -‐‑‒その前にlibjpegがなかったので,installしておきました   -‐‑‒-‐‑‒www.ijg.orgから最新版の”jpegsr8d.tar.gz”をDownload  &  Install
  9. 9. Outline!  点    飾り    フォント?    パッケージ
  10. 10. Kawaii = Macaron!? ! ! まかろんぽ し”ょしりょくほ°けもん おもさ  20g ねた”ん  まちまち ! し”ょしりょくのしょうちょうとしてあつ かわれるフランスのおかし.  メレンケ” にさとうとアーモント”のこなをませ”てや きあけ”たものか”いっは°んてき.
  11. 11. プロットの点に対応するもの をマカロンに   マカロンっぽいものを⾃自分で 描いてみました   遠⽬目で⾒見見ればマカロンな気も しなくもない   ⾃自分で焼き上げたマカロンの 画像などがあれば随時変更更で きるような仕様に Plot ぽいもの
  12. 12. >  library(biOps)   >  img  <-‐‑‒  readJpeg(“macaron.jpg”)   #このimgはRGBで指定した場合「⾏行行×列列×(r,g,b)」の⾏行行列列なの で,直接値を変えていくことが可能!   ! ! ! ! >  plot(img)   ! #しかもふつうのグラフと同様に描画可能   #便便利利ですね   ! >img2  <-‐‑‒  imgMedianShrink(img,  0.3,  0.3)   ! #適度度なサイズに縮⼩小なんかも楽々です   #⼤大体プロットの点の⼤大きさになるように縮⼩小します   ! >img3  <-‐‑‒  imgPadding(img2,  300,  250)   >plot(img3)   ! #300×250の画像に変換して確認してみます   #マカロンに⾒見見えない....   #....   >dev.off()   #⾒見見なかったことにして描画画⾯面をそっと閉じ,次に進みます ! ! ! ! (255,  255,  255) (255,  255,  255) (0,  0,  0)
  13. 13. Scaling Problem お⽬目当てのプロットになるように,画像を移しては合成し最後 にplotで軸を⾜足すという作業を⽬目論論む   ! x,y軸の値から画像上の位置を決める⽅方法がわからない   plot関数の中⾝身をいろいろ覗いてみたがわからず   ! 画像のrgb値を使ってx,yの値に対応するようplot関数を利利⽤用す ることに
  14. 14. どぅわどぅわ♪   ! ! ! ! ! ! ! ! ! ! ! >  plot.image  <-‐‑‒  function(x,  y,  imgObj,  xlim,  ylim,  add,  xlab,  ylab,  ssize  =  50,  ...)   {          ix  <-‐‑‒  dim(imgObj)[2];  iy  <-‐‑‒  dim(imgObj)[1]          px  <-‐‑‒  1.0/(xlim[1]-‐‑‒xlim[2])/ssize;  py  <-‐‑‒  1.0/(ylim[1]-‐‑‒ylim[2])/ssize          for  (i  in  1:iy)  {                  for  (j  in  1:ix)  {                          if  (max(imgObj[i,j,])  ==  255  &&  min(imgObj[i,j,])  ==  255)  next                          if  (!add)  {  xlab  <-‐‑‒  "";  ylab  <-‐‑‒  "";  }                          plot(c(x+(j-‐‑‒(ix/2.0+1.0))*px),  c(y+(i-‐‑‒(iy/2+1))*py),                                  col=rgb(imgObj[i,j,1]/255,  imgObj[i,j,2]/255,  imgObj[i,j,3]/255),                                  xlab=ylab,  ylab=ylab,  main="",  asp=1,  xlim=xlim,  ylim=ylim,  axes=add,  pch=".")                          par(new=T,  family="sans")                          add  <-‐‑‒  FALSE                  }          }   }   #適当 Main Script....
  15. 15. Macaron Plot! マカロン量量産計画  完了了   ! ! ! ! ! ! ! !
  16. 16. Font 埋め込みも考えたんですが,⾯面倒だったので今回はパス   デフォルトパラメータからsansに変更更して出⼒力力   -‐‑‒-‐‑‒serif,  sans,  mono,  symbolなんかがあります   ! >  par(family=”sans”)   ! #⼿手抜き!
  17. 17. Font
  18. 18. >  kirakiraplot()   ! #グラフ上で適度度に空いている領領域を⾒見見つけてきて,キラキラ画像 をプロットします  
  19. 19. Yurufuwa Colors! デフォルトのrainbow,   heat.colorsなんかに渡す引数のう ちのalphaのmaxの値を⼩小さくするだけ!   ! ! ! ! ! ! !
  20. 20. Yurufuwa Colors! ! ! ! ! ! ! ! ! ! #もしさらに⾊色のバランスをいじりたかったら...   >  rgb(1,0,1,1)   [1]  "#FF00FFFF"   >  rainbow(10)    [1]  "#FF0000FF"  "#FF9900FF"  "#CCFF00FF"  "#33FF00FF"  "#00FF66FF"  "#00FFFFFF"    [7]  "#0066FFFF"  "#3300FFFF"  "#CC00FFFF"  "#FF0099FF"   #この⽂文字列列を2⽂文字ずつ処理理してやればOK!   #as.hexmode(4278190335),  as.numeric(“0xFF0000FF”)で10進数と16進数の変換も簡単
  21. 21. Packaging! 1. パッケージ作成   ! ! ! ! ! ! ! 9. フォルダの中のDESCRIPTION,  rdファイルを修正   10. (R  CMD  check)  ←なぜか通らない   11. 「R  CMD  INSTALL  Yurufuwa」でインストール   12. library()でロード   >  ...関数を読み込んでおく...   >  package.skeleton("Yurufuwa",  c("yurufuwa",    ....),                                                                path=filepath)   Creating  directories  ...   Creating  DESCRIPTION  ...   Creating  NAMESPACE  ...   Creating  Read-‐‑‒and-‐‑‒delete-‐‑‒me  ...   Saving  functions  and  data  ...   Making  help  files  ...   Done.   Further  steps  are  described  in  '~∼~∼~∼/yurufuwa/Read-‐‑‒and-‐‑‒delete-‐‑‒me'. 省略
  22. 22. ! >  library(Yurufuwa)   >  yurufuwa(iris[,1],  iris[,2])   ☆大成功☆

×