SlideShare uma empresa Scribd logo
1 de 51
Baixar para ler offline
JMRX勉強会 2011.9.24




リサーチ業務に応用できる
プレゼンストラテジー
リサーチのプレゼンを
少しでもクリエイティブに!
はじめに                          1

       本日はJMRX牛堂様からのご依頼で
   「リサーチ業務に役立つプレゼン指南的な…」
          ことをお話しします
            しかし、
全ての皆様に共通の問題解決手段をお話するのは不可能です…



今日は皆様と「プレゼン」についての課題発見・共有ができ
             個人
    明日からの改善のヒントになれば幸いです
             レベル

             チーム・組織
              レベル
             会社レベル
           業務分野・業界レベル
本日のプログラム                        2

                    時間配分

 Ⅰ.自己紹介

 Ⅱ.課題共有

 Ⅲ.プレゼンの基本

 Ⅳ.改善策

   補足(時間に余裕があれば)

 Ⅴ.質疑応答

                   〜20:00終了予定
3




Ⅰ.自己紹介
何してる会社なの?                              4

・主に 企業様のブランディングやプロモーションのコンサルティング、
 それらの実施企画・制作 をやっております

・実施分野はショップ、展示会、企業展示施設等の
 プロデュース・空間デザインや社屋の企画 などが多いです
 また、CI、企業パンフレット、ホームページ、映像等の企画・制作
 もやってます

・また、商品企画、技術企画 のお手伝いなどもしています
                     会社概要

 社名   :株式会社idealShip(アイディアルシップと読みます)
 所在地 :東京都千代田区紀尾井町3-29
 設立   :2006年6月
 関連会社:トリニティ㈱(デザインコンサルティング&リサーチ)
何してる会社なの?                                                                                                                  5




            Mitsui Fudosan Milano Salone 2007                                   Stanley Milano Salone 2007




企業ブランディングのための“コミュニケーション” のお手伝いをしています



     これら自体が企業にとっての“プレゼン”
                 Panasonic Milano Salone 2008                                   Panasonic Milano Salone 2009




                Panasonic Milano Salone 2010    Toyota Design Exhibition 2009                                  Hotel Reception 2011




 プロジェクトの一環でリサーチに関わる機会はとても多いです
…で、あなたは誰?                     6


   ・平野 幸司

   ・静岡県浜松市出身 1971年生まれ

   ・元々は設計事務所で建築や内装の設計を
    していました
    その後広告会社に転職、約9年在籍の後
    2006年に独立し現社設立

   ・日常の生態は…
     Facebook ⇒ 平野幸司
     Twitter   ⇒ @idealship
7




Ⅱ.課題共有
さて今日の本題です、まずは課題の共有から               8

         リサーチ業務プレゼン“あるある” !

・始まりのときの空気がなんかサムい…
・開始して3分くらいでもっとサムくなる…
・イキナリ、説明してるところよりずっと後の紙を見始める…
・隣の人とボソボソ話し始める(なんか、笑ったりしてる)…
・そのうち、誰かが目を閉じ始める…
・身内にも目を閉じ始めてる奴がいる…
・ガチャガチャ、出たり入ったり、携帯イジイジ…
・プロジェクターで説明してても誰も見やしねえ!
・「何か質問ありますか〜?」って聞いても「シーン…」
・質問があっても「今それ言うか〜?!」という“そもそも論”的なものが多い…
・リサーチのみのお仕事なのに「で、御社だったらどうしますか?」
 と、究極的判断を求められる…
課題の考察 〜業務分野・業界&会社レベル〜              9

           プレゼン以前の根本的課題…
1.受注形態が安定していない(クライアント直ではないことも多い)
2.プロジェクト全体の中でのリサーチ業務のポジションや目的
  が明確にされていないこともある
3.業務の性質上、提供情報が刺激的ではない(ことが多い)
4.業務の性質上、断定的な考察は述べにくい
5.最終報告の段階で、既に結果予測がされてしまっていることがある
6.しっかりとした報告環境が与えられることが少ない
7.報告の場があればまだよい、製本した資料のお届けで終わり…
  メールで納品!なんてことも多い
8.兎に角、オリエンから報告まで時間的余裕が全く与えられない…

       ナカナカ自力で解決できないことが多いですが、
        できることから改善していくしか無いですよね
課題の考察 〜チーム・組織レベル〜            10

         身に覚え、ないですか!?
1.資料を作った人しか内容を理解できていない
2.メンバー間で報告における課題の共有がされていない
3.メンバー間で、誰をプレゼンター(メイン&サブスピーカー)
  にするか、事前に話し合いされていない
4.一度もリハーサルをしていない
5.プレゼン開始時、相手にプレゼンプログラムを
  伝えていない
6.プレゼン中に連携(アイコンタクト)がとれていない
7.終わってからの振り返りや反省会は皆無…
個人的な課題…                      11

      なかなか克服できないですよね…

1.そもそも、人前で話すなんて苦手
2.逆に話し好きすぎて、止まらない…
3.緊張しやすい、手汗で紙がふやけるレベル…
4.話す内容が途中で頭から飛んでしまう…
5.時間配分のコントロールが苦手
6.人の目を見るのが苦手で下を向いてしまう…
7.「えーっと…」「要するに…」「まあ…」連発など、
  特定の話し方の癖が出てしまう
8.変な手癖(ペン回し等)が出てしまう…
プレゼンの課題はフクザツ!                 12




             個人
             レベル
  どのレベルも直ぐに簡単には解決できないものばかり…
            チーム・組織
             レベル
            会社レベル

          業務分野・業界レベル




     しかし、客観的に課題を認識し、
 チーム・組織・会社でそれを共有するところから
       少しづつ解決が始まります
ところで、リサーチの根源目的                                     13

       そもそも何のためにリサーチしているのか?

           リ
                                     GOAL!
                                  「やりたいこと」
               3.競合との差別化            の実現
 リ              (または領域創造)
                                      (製品化等)


2.イノベーションの注入
 (技術・ビジネス
  モデル・サービス内容)
     聞き手が欲していることに応えられているか?
                                 4.対象(利用者等)
                                 の細かなニーズの反映

     START!
   誰かによる            1.対象マーケットの
                                               リ
  「やりたいこと」            価値観の汲み取り
    の発案                           リ
14




Ⅲ.プレゼンの基本
人を魅了するってどういうこと?                    15

      人が何かの対象を魅力的に感じるための3つの価値




  ①表層価値       ②経験価値        ③背景価値
外観や体裁等視覚により    将来時間を     対象の背景に存在し、
 この3つの価値の総和で人の魅了がなされている
    短時間で      共有することで     将来享受できる
  感じられる価値       得られる    (だろうと想像できる)
            (だろうと想像できる)      価値
                 価値
人を魅了するプレゼンって?                                 16

      “魅了するための価値訴求”別プレゼン要素
   ①表層価値        ②経験価値           ③背景価値
   外観や体裁等       将来時間を共有         対象の背景に存在し、
   視覚により        することで           将来享受できる
   短時間で         得られる            (だろうと想像できる)

   感じられる価値
                (だろうと想像できる)     価値
                価値




・身なり         ・誠実感             ・会社の
・表情          ・説得力を感じ           規模や実績
・身振り&動作       させる話し方           ブランド
・喋り方&声       ・段取りや            ・プレゼンター
              時間配分             の経歴や実績
・資料の体裁
             ・説明順序             知見など
・プレゼンの
 環境や形式       ・内容そのもの…

 自分(自社)の得手不得手が何か?客観的な評価が必要
17




Ⅳ.改善策
身なり                        18




 服装などはまあ普通にきちんとしてればよいと思います…

      むしろ自分の気持を盛り上げるために、
        イイものを身につけたほうが
          いいかもしれません


           <注意>
  ただ行き過ぎた“自分らしさ”みたいなのは、
 意味がないですし、ノイズになるのでやめましょう
プレゼン資料                              19


            極力シンプルに      ①メッセージライン(主文)
                          は言い切り型&
                          最小限の文字数で




②詳細説明は最低限                   ③表は着目点を明確に

            ④グラフは色味を抑え
             主張しすぎない
プレゼン資料                             20


       レイアウトとコピーにこだわる

           ①大胆で明確な構図(左ビジュアル・右文章)



②見出しコピー
 をキャッチーに



                             ③読ませる工夫
プレゼン資料                      21


       レイアウトとビジュアルにこだわる
①見出しコピー
 をキャッチーに




②極力ビジュアル化

                     ③インデックス類は
                      まとめて
プレゼン資料                22

文章を羅列する場合でも箇条書きは極力つかわない
プレゼン資料                         23

集計データの報告においては
・総括を端的に先に述べる
・表やグラフは着目点にインデックスをつけ考察と対応させる
プレゼン資料                24

    極力シンプル且つ最小限の言葉で
     (お手本:ニュース番組)
時間配分                              25


      プレゼン時間配分は「3分の2型」

               説明          質疑応答




「つかみ」⇒「概要」⇒「総括」⇒「詳細」⇒「まとめ」


  つ
      概
  か       総括    詳細   まとめ
      要
  み
参考:映画づくりにおけるシナリオ構成            26


       映画づくりの基本“三幕構成”


     発端         中盤      結末
    (状況設定)   (対立や葛藤)   (解決)


             時間配分

      1        2        1

  プロットポイント(物語の転換点)を仕込む

      特に最初のほうの出来事を
“インサイティング・インシデント(誘引する事件)”
          といいます
参考:映画づくりにおけるシナリオ構成                  27


       映画づくりの基本“三幕構成”


     発端           中盤          結末
    (状況設定)     (対立や葛藤)       (解決)


                   時間配分

      1             2         1


      つ
          概
      か       総括        詳細   まとめ
          要
      み
ストーリー&演出              28


    ちょっとの“もったいつけ”
       結論はドカーンと
    根拠や理屈はあとから熱く細かく
改善策まとめ                              29


     身なりは自分のためにも“キチンと”

       見せる情報はシンプルで簡潔に
(できれば、スライドでのプレゼン資料と配布資料を別のものにしたほうがいい)


         資料は着目点を明確にする

    説明は与えられた時間の3分の2程度に

       ストーリー配分をよく考えて、
        最初のほうの盛り上げが肝心
30




補足
インフォグラフィックいろいろ   31

コーヒーの分類
インフォグラフィックいろいろ   32

インターネット普及状況
インフォグラフィックいろいろ    33

現代のコミュニケーション手段分類
インフォグラフィックいろいろ       34

Facebookのグローバル登録者分布
インフォグラフィックいろいろ     35
イギリスでのゲーム普及について調査
インフォグラフィックいろいろ   36
アメリカの倒産企業比較
インフォグラフィックいろいろ   37
本で最も多くでてくる単語
インフォグラフィックいろいろ     38

FacebookとTwitter比較
インフォグラフィックいろいろ   39

CO2排出量の国別比較
インフォグラフィックいろいろ   40

レゴ社の歴史
グラフ&図表 いろいろ   41
42




      ところで
   世界で最も完成された
プレゼンテーションが求められる人
    ご存知ですか?
43




2009年9月にニューヨークで開かれた国連総会
44
45
各国首脳(134組)との写真撮影でほぼ同じ笑顔を浮かべていたオバマ大統領
8枚並べてみました
48




8枚重ねてみました
49




11枚重ねてみました…
50




Ⅴ.質疑応答

Mais conteúdo relacionado

Mais procurados

ユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーション
ユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーションユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーション
ユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーション
Masanori Kado
 

Mais procurados (16)

Final presentation
Final presentationFinal presentation
Final presentation
 
素敵なプレゼン資料を作るためのKnow-Howてんこ盛りセッション:プレゼン道場 Ver 2.2
素敵なプレゼン資料を作るためのKnow-Howてんこ盛りセッション:プレゼン道場 Ver 2.2素敵なプレゼン資料を作るためのKnow-Howてんこ盛りセッション:プレゼン道場 Ver 2.2
素敵なプレゼン資料を作るためのKnow-Howてんこ盛りセッション:プレゼン道場 Ver 2.2
 
Team cu final_presentation
Team cu final_presentationTeam cu final_presentation
Team cu final_presentation
 
プレゼンの技術 1 考え方
プレゼンの技術 1 考え方プレゼンの技術 1 考え方
プレゼンの技術 1 考え方
 
描く技術
描く技術描く技術
描く技術
 
パワーポイントの品質と生産性を向上させるデザイン・テンプレート
パワーポイントの品質と生産性を向上させるデザイン・テンプレートパワーポイントの品質と生産性を向上させるデザイン・テンプレート
パワーポイントの品質と生産性を向上させるデザイン・テンプレート
 
エスノグラフィック・デザインアプローチ
エスノグラフィック・デザインアプローチエスノグラフィック・デザインアプローチ
エスノグラフィック・デザインアプローチ
 
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedeeしょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
 
良いプレゼンテーションのための5項目
良いプレゼンテーションのための5項目良いプレゼンテーションのための5項目
良いプレゼンテーションのための5項目
 
ユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーション
ユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーションユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーション
ユーザーストーリー:ファースト・ジェネレーション
 
アイデアの分類(「発展のためのグルーピングであれ」)
アイデアの分類(「発展のためのグルーピングであれ」)アイデアの分類(「発展のためのグルーピングであれ」)
アイデアの分類(「発展のためのグルーピングであれ」)
 
伝わるプレゼンをする方法
伝わるプレゼンをする方法伝わるプレゼンをする方法
伝わるプレゼンをする方法
 
自己紹介スライドショー201606
自己紹介スライドショー201606自己紹介スライドショー201606
自己紹介スライドショー201606
 
研究発表のためのプレゼンテーション技術
研究発表のためのプレゼンテーション技術研究発表のためのプレゼンテーション技術
研究発表のためのプレゼンテーション技術
 
超簡単でハイセンスな表紙スライドの作り方
超簡単でハイセンスな表紙スライドの作り方超簡単でハイセンスな表紙スライドの作り方
超簡単でハイセンスな表紙スライドの作り方
 
ユーザーストーリー作り(DevLOVE道場第二回)
ユーザーストーリー作り(DevLOVE道場第二回)ユーザーストーリー作り(DevLOVE道場第二回)
ユーザーストーリー作り(DevLOVE道場第二回)
 

Semelhante a Jmrx資料20110924

120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用
120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用
120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用
謙次 野村
 
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
Takanori Kashino
 
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
Takanori Kashino
 
プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018
義広 河野
 
ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料
manglobe
 
ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用
Kei Harada
 
2012科学教育学会
2012科学教育学会2012科学教育学会
2012科学教育学会
Miho Namba
 
PWC 第4回スライド(111120)
PWC 第4回スライド(111120)PWC 第4回スライド(111120)
PWC 第4回スライド(111120)
zoesuke8592
 
エンジニアのプレゼンスライド作成入門
エンジニアのプレゼンスライド作成入門エンジニアのプレゼンスライド作成入門
エンジニアのプレゼンスライド作成入門
Tomoaki Imai
 

Semelhante a Jmrx資料20110924 (20)

197x 2nd Lt Up
197x 2nd Lt Up197x 2nd Lt Up
197x 2nd Lt Up
 
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
 
120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用
120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用
120913【横浜市受託事業】就職フェア事前説明会用
 
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
 
サイト制作がスムーズになるクライアントコミュニケーションのコツ
サイト制作がスムーズになるクライアントコミュニケーションのコツサイト制作がスムーズになるクライアントコミュニケーションのコツ
サイト制作がスムーズになるクライアントコミュニケーションのコツ
 
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
 
プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018
 
ロジカルプレゼンテーション
ロジカルプレゼンテーションロジカルプレゼンテーション
ロジカルプレゼンテーション
 
研究・論文執筆の指導について
研究・論文執筆の指導について研究・論文執筆の指導について
研究・論文執筆の指導について
 
ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料
 
ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用
 
2012科学教育学会
2012科学教育学会2012科学教育学会
2012科学教育学会
 
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキアジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
 
雑談から始まるファシリと場づくり 導入編
雑談から始まるファシリと場づくり 導入編雑談から始まるファシリと場づくり 導入編
雑談から始まるファシリと場づくり 導入編
 
eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門
 
PWC 第4回スライド(111120)
PWC 第4回スライド(111120)PWC 第4回スライド(111120)
PWC 第4回スライド(111120)
 
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawaJasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
 
エンジニアのプレゼンスライド作成入門
エンジニアのプレゼンスライド作成入門エンジニアのプレゼンスライド作成入門
エンジニアのプレゼンスライド作成入門
 
パラダイス振り返り:Game×Learning×job20110615
パラダイス振り返り:Game×Learning×job20110615パラダイス振り返り:Game×Learning×job20110615
パラダイス振り返り:Game×Learning×job20110615
 
ゼロからできたはじめてのカタチ~UX デザインの研究とアプローチ 
ゼロからできたはじめてのカタチ~UX デザインの研究とアプローチ ゼロからできたはじめてのカタチ~UX デザインの研究とアプローチ 
ゼロからできたはじめてのカタチ~UX デザインの研究とアプローチ 
 

Mais de Shigeru Kishikawa

2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料
2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料
2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料
Shigeru Kishikawa
 
Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語
Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語
Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語
Shigeru Kishikawa
 
無題の添付ファイル 00094
無題の添付ファイル 00094無題の添付ファイル 00094
無題の添付ファイル 00094
Shigeru Kishikawa
 
無題の添付ファイル 00060
無題の添付ファイル 00060無題の添付ファイル 00060
無題の添付ファイル 00060
Shigeru Kishikawa
 
jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726
jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726
jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726
Shigeru Kishikawa
 
リサーチャーとマーケター原稿2012326
リサーチャーとマーケター原稿2012326リサーチャーとマーケター原稿2012326
リサーチャーとマーケター原稿2012326
Shigeru Kishikawa
 
Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)
Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)
Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)
Shigeru Kishikawa
 
2012年2月度Jmrx勉強会資料
2012年2月度Jmrx勉強会資料2012年2月度Jmrx勉強会資料
2012年2月度Jmrx勉強会資料
Shigeru Kishikawa
 
2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料
Shigeru Kishikawa
 
20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)
20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)
20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)
Shigeru Kishikawa
 
Jmrx2011年10月度
Jmrx2011年10月度Jmrx2011年10月度
Jmrx2011年10月度
Shigeru Kishikawa
 
jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]
jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]
jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]
Shigeru Kishikawa
 
【公開】Jmrx勉強会資料 110723
【公開】Jmrx勉強会資料 110723【公開】Jmrx勉強会資料 110723
【公開】Jmrx勉強会資料 110723
Shigeru Kishikawa
 
Jmrx講演資料0723(配布用)[1]
Jmrx講演資料0723(配布用)[1]Jmrx講演資料0723(配布用)[1]
Jmrx講演資料0723(配布用)[1]
Shigeru Kishikawa
 
2011年7月度Jmrx勉強会資料
2011年7月度Jmrx勉強会資料2011年7月度Jmrx勉強会資料
2011年7月度Jmrx勉強会資料
Shigeru Kishikawa
 
Making research more brainy 23 june 2011[1]
Making research more brainy 23 june 2011[1]Making research more brainy 23 june 2011[1]
Making research more brainy 23 june 2011[1]
Shigeru Kishikawa
 

Mais de Shigeru Kishikawa (20)

2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料
2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料
2012年10月度第33回Jmrx勉強会資料
 
開始原稿
開始原稿開始原稿
開始原稿
 
Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語
Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語
Jmrx presentation on mro cs to cps ver2c日本語
 
無題の添付ファイル 00094
無題の添付ファイル 00094無題の添付ファイル 00094
無題の添付ファイル 00094
 
無題の添付ファイル 00060
無題の添付ファイル 00060無題の添付ファイル 00060
無題の添付ファイル 00060
 
jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726
jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726
jmrx勉強会:抜粋(デコム)120726
 
リサーチャーとマーケター原稿2012326
リサーチャーとマーケター原稿2012326リサーチャーとマーケター原稿2012326
リサーチャーとマーケター原稿2012326
 
Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)
Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)
Esomar qualitative 2011(発表用 修正済み)
 
2012年2月度Jmrx勉強会資料
2012年2月度Jmrx勉強会資料2012年2月度Jmrx勉強会資料
2012年2月度Jmrx勉強会資料
 
ビッグデータ
ビッグデータビッグデータ
ビッグデータ
 
2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料
 
20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)
20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)
20111130 jrms発表資料(esomar発表報告)(配布版)
 
Jmrx発表資料
Jmrx発表資料Jmrx発表資料
Jmrx発表資料
 
Jmrx2011年10月度
Jmrx2011年10月度Jmrx2011年10月度
Jmrx2011年10月度
 
jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]
jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]
jmrx勉強会:抜粋(デコム)110831[1]
 
【公開】Jmrx勉強会資料 110723
【公開】Jmrx勉強会資料 110723【公開】Jmrx勉強会資料 110723
【公開】Jmrx勉強会資料 110723
 
Jmrx講演資料0723(配布用)[1]
Jmrx講演資料0723(配布用)[1]Jmrx講演資料0723(配布用)[1]
Jmrx講演資料0723(配布用)[1]
 
20110723 jmrx message_v2
20110723 jmrx message_v220110723 jmrx message_v2
20110723 jmrx message_v2
 
2011年7月度Jmrx勉強会資料
2011年7月度Jmrx勉強会資料2011年7月度Jmrx勉強会資料
2011年7月度Jmrx勉強会資料
 
Making research more brainy 23 june 2011[1]
Making research more brainy 23 june 2011[1]Making research more brainy 23 june 2011[1]
Making research more brainy 23 june 2011[1]
 

Último

【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス
【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス
【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス
Flyke1
 
COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】
COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】
COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】
Flyke1
 
営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf
営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf
営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf
ssuserfb441f
 
From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望
From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望
From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望
Osaka University
 
motto whitepaper 20240514forsaleshub.pdf
motto whitepaper 20240514forsaleshub.pdfmotto whitepaper 20240514forsaleshub.pdf
motto whitepaper 20240514forsaleshub.pdf
harukatakiguchi
 
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
AmeKazeTaiyo
 

Último (16)

【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス
【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス
【サービス紹介資料】株式会社フライクってどんな会社? - 企業の組織改革・DX推進を加速するフライクのサービス
 
株式会社Asobicaが提供するロイヤル顧客プラットフォームcoorum概要資料
株式会社Asobicaが提供するロイヤル顧客プラットフォームcoorum概要資料株式会社Asobicaが提供するロイヤル顧客プラットフォームcoorum概要資料
株式会社Asobicaが提供するロイヤル顧客プラットフォームcoorum概要資料
 
COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】
COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】
COMPANY PROFILE - 5分でわかるフライク - 【株式会社フライク会社紹介資料】
 
共有用_aio基本保守プラン_WordPressサイト_20240509.pdf
共有用_aio基本保守プラン_WordPressサイト_20240509.pdf共有用_aio基本保守プラン_WordPressサイト_20240509.pdf
共有用_aio基本保守プラン_WordPressサイト_20240509.pdf
 
Golfcart Vision_202407_09_mediaguide.pdf
Golfcart Vision_202407_09_mediaguide.pdfGolfcart Vision_202407_09_mediaguide.pdf
Golfcart Vision_202407_09_mediaguide.pdf
 
営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf
営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf
営業資料_会社概要(アフィ) _24051511111111111111.pdf
 
企業規模で選ぶフライクサービス | 大企業向け 部署横断+全体最適化システムコンサルティング
企業規模で選ぶフライクサービス | 大企業向け 部署横断+全体最適化システムコンサルティング企業規模で選ぶフライクサービス | 大企業向け 部署横断+全体最適化システムコンサルティング
企業規模で選ぶフライクサービス | 大企業向け 部署横断+全体最適化システムコンサルティング
 
株式会社Human Matureの会社紹介および事業紹介資料_20240514.pdf
株式会社Human Matureの会社紹介および事業紹介資料_20240514.pdf株式会社Human Matureの会社紹介および事業紹介資料_20240514.pdf
株式会社Human Matureの会社紹介および事業紹介資料_20240514.pdf
 
企業規模で選ぶフライクサービス | 中堅企業向け 業務フロー改善×システム導入コンサルティング
企業規模で選ぶフライクサービス | 中堅企業向け 業務フロー改善×システム導入コンサルティング企業規模で選ぶフライクサービス | 中堅企業向け 業務フロー改善×システム導入コンサルティング
企業規模で選ぶフライクサービス | 中堅企業向け 業務フロー改善×システム導入コンサルティング
 
intra-mart Accel series 2024 Spring updates
intra-mart Accel series 2024 Spring updatesintra-mart Accel series 2024 Spring updates
intra-mart Accel series 2024 Spring updates
 
From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望
From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望
From Generative AI to Cooperative AI: 協働AIのもたらす社会、2030年への課題と展望
 
ITツールで選ぶフライクサービス | Box 2Box初期設定・サーバー移行支援サービス
ITツールで選ぶフライクサービス | Box 2Box初期設定・サーバー移行支援サービスITツールで選ぶフライクサービス | Box 2Box初期設定・サーバー移行支援サービス
ITツールで選ぶフライクサービス | Box 2Box初期設定・サーバー移行支援サービス
 
ふりかえりを1枚で実施できる新フレームワーク(アジャイルレトロスペクティブズ2)
ふりかえりを1枚で実施できる新フレームワーク(アジャイルレトロスペクティブズ2)ふりかえりを1枚で実施できる新フレームワーク(アジャイルレトロスペクティブズ2)
ふりかえりを1枚で実施できる新フレームワーク(アジャイルレトロスペクティブズ2)
 
motto whitepaper 20240514forsaleshub.pdf
motto whitepaper 20240514forsaleshub.pdfmotto whitepaper 20240514forsaleshub.pdf
motto whitepaper 20240514forsaleshub.pdf
 
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
 
Broadmedia Corporation. 240510fy2023_4q
Broadmedia Corporation.  240510fy2023_4qBroadmedia Corporation.  240510fy2023_4q
Broadmedia Corporation. 240510fy2023_4q
 

Jmrx資料20110924

  • 2. はじめに 1 本日はJMRX牛堂様からのご依頼で 「リサーチ業務に役立つプレゼン指南的な…」 ことをお話しします しかし、 全ての皆様に共通の問題解決手段をお話するのは不可能です… 今日は皆様と「プレゼン」についての課題発見・共有ができ 個人 明日からの改善のヒントになれば幸いです レベル チーム・組織 レベル 会社レベル 業務分野・業界レベル
  • 3. 本日のプログラム 2 時間配分 Ⅰ.自己紹介 Ⅱ.課題共有 Ⅲ.プレゼンの基本 Ⅳ.改善策 補足(時間に余裕があれば) Ⅴ.質疑応答 〜20:00終了予定
  • 5. 何してる会社なの? 4 ・主に 企業様のブランディングやプロモーションのコンサルティング、 それらの実施企画・制作 をやっております ・実施分野はショップ、展示会、企業展示施設等の プロデュース・空間デザインや社屋の企画 などが多いです また、CI、企業パンフレット、ホームページ、映像等の企画・制作 もやってます ・また、商品企画、技術企画 のお手伝いなどもしています 会社概要 社名 :株式会社idealShip(アイディアルシップと読みます) 所在地 :東京都千代田区紀尾井町3-29 設立 :2006年6月 関連会社:トリニティ㈱(デザインコンサルティング&リサーチ)
  • 6. 何してる会社なの? 5 Mitsui Fudosan Milano Salone 2007 Stanley Milano Salone 2007 企業ブランディングのための“コミュニケーション” のお手伝いをしています これら自体が企業にとっての“プレゼン” Panasonic Milano Salone 2008 Panasonic Milano Salone 2009 Panasonic Milano Salone 2010 Toyota Design Exhibition 2009 Hotel Reception 2011 プロジェクトの一環でリサーチに関わる機会はとても多いです
  • 7. …で、あなたは誰? 6 ・平野 幸司 ・静岡県浜松市出身 1971年生まれ ・元々は設計事務所で建築や内装の設計を していました その後広告会社に転職、約9年在籍の後 2006年に独立し現社設立 ・日常の生態は… Facebook ⇒ 平野幸司 Twitter ⇒ @idealship
  • 9. さて今日の本題です、まずは課題の共有から 8 リサーチ業務プレゼン“あるある” ! ・始まりのときの空気がなんかサムい… ・開始して3分くらいでもっとサムくなる… ・イキナリ、説明してるところよりずっと後の紙を見始める… ・隣の人とボソボソ話し始める(なんか、笑ったりしてる)… ・そのうち、誰かが目を閉じ始める… ・身内にも目を閉じ始めてる奴がいる… ・ガチャガチャ、出たり入ったり、携帯イジイジ… ・プロジェクターで説明してても誰も見やしねえ! ・「何か質問ありますか〜?」って聞いても「シーン…」 ・質問があっても「今それ言うか〜?!」という“そもそも論”的なものが多い… ・リサーチのみのお仕事なのに「で、御社だったらどうしますか?」 と、究極的判断を求められる…
  • 10. 課題の考察 〜業務分野・業界&会社レベル〜 9 プレゼン以前の根本的課題… 1.受注形態が安定していない(クライアント直ではないことも多い) 2.プロジェクト全体の中でのリサーチ業務のポジションや目的 が明確にされていないこともある 3.業務の性質上、提供情報が刺激的ではない(ことが多い) 4.業務の性質上、断定的な考察は述べにくい 5.最終報告の段階で、既に結果予測がされてしまっていることがある 6.しっかりとした報告環境が与えられることが少ない 7.報告の場があればまだよい、製本した資料のお届けで終わり… メールで納品!なんてことも多い 8.兎に角、オリエンから報告まで時間的余裕が全く与えられない… ナカナカ自力で解決できないことが多いですが、 できることから改善していくしか無いですよね
  • 11. 課題の考察 〜チーム・組織レベル〜 10 身に覚え、ないですか!? 1.資料を作った人しか内容を理解できていない 2.メンバー間で報告における課題の共有がされていない 3.メンバー間で、誰をプレゼンター(メイン&サブスピーカー) にするか、事前に話し合いされていない 4.一度もリハーサルをしていない 5.プレゼン開始時、相手にプレゼンプログラムを 伝えていない 6.プレゼン中に連携(アイコンタクト)がとれていない 7.終わってからの振り返りや反省会は皆無…
  • 12. 個人的な課題… 11 なかなか克服できないですよね… 1.そもそも、人前で話すなんて苦手 2.逆に話し好きすぎて、止まらない… 3.緊張しやすい、手汗で紙がふやけるレベル… 4.話す内容が途中で頭から飛んでしまう… 5.時間配分のコントロールが苦手 6.人の目を見るのが苦手で下を向いてしまう… 7.「えーっと…」「要するに…」「まあ…」連発など、 特定の話し方の癖が出てしまう 8.変な手癖(ペン回し等)が出てしまう…
  • 13. プレゼンの課題はフクザツ! 12 個人 レベル どのレベルも直ぐに簡単には解決できないものばかり… チーム・組織 レベル 会社レベル 業務分野・業界レベル しかし、客観的に課題を認識し、 チーム・組織・会社でそれを共有するところから 少しづつ解決が始まります
  • 14. ところで、リサーチの根源目的 13 そもそも何のためにリサーチしているのか? リ GOAL! 「やりたいこと」 3.競合との差別化 の実現 リ (または領域創造) (製品化等) 2.イノベーションの注入 (技術・ビジネス モデル・サービス内容) 聞き手が欲していることに応えられているか? 4.対象(利用者等) の細かなニーズの反映 START! 誰かによる 1.対象マーケットの リ 「やりたいこと」 価値観の汲み取り の発案 リ
  • 16. 人を魅了するってどういうこと? 15 人が何かの対象を魅力的に感じるための3つの価値 ①表層価値 ②経験価値 ③背景価値 外観や体裁等視覚により 将来時間を 対象の背景に存在し、 この3つの価値の総和で人の魅了がなされている 短時間で 共有することで 将来享受できる 感じられる価値 得られる (だろうと想像できる) (だろうと想像できる) 価値 価値
  • 17. 人を魅了するプレゼンって? 16 “魅了するための価値訴求”別プレゼン要素 ①表層価値 ②経験価値 ③背景価値 外観や体裁等 将来時間を共有 対象の背景に存在し、 視覚により することで 将来享受できる 短時間で 得られる (だろうと想像できる) 感じられる価値 (だろうと想像できる) 価値 価値 ・身なり ・誠実感 ・会社の ・表情 ・説得力を感じ 規模や実績 ・身振り&動作 させる話し方 ブランド ・喋り方&声 ・段取りや ・プレゼンター 時間配分 の経歴や実績 ・資料の体裁 ・説明順序 知見など ・プレゼンの 環境や形式 ・内容そのもの… 自分(自社)の得手不得手が何か?客観的な評価が必要
  • 19. 身なり 18 服装などはまあ普通にきちんとしてればよいと思います… むしろ自分の気持を盛り上げるために、 イイものを身につけたほうが いいかもしれません <注意> ただ行き過ぎた“自分らしさ”みたいなのは、 意味がないですし、ノイズになるのでやめましょう
  • 20. プレゼン資料 19 極力シンプルに ①メッセージライン(主文) は言い切り型& 最小限の文字数で ②詳細説明は最低限 ③表は着目点を明確に ④グラフは色味を抑え 主張しすぎない
  • 21. プレゼン資料 20 レイアウトとコピーにこだわる ①大胆で明確な構図(左ビジュアル・右文章) ②見出しコピー をキャッチーに ③読ませる工夫
  • 22. プレゼン資料 21 レイアウトとビジュアルにこだわる ①見出しコピー をキャッチーに ②極力ビジュアル化 ③インデックス類は まとめて
  • 23. プレゼン資料 22 文章を羅列する場合でも箇条書きは極力つかわない
  • 24. プレゼン資料 23 集計データの報告においては ・総括を端的に先に述べる ・表やグラフは着目点にインデックスをつけ考察と対応させる
  • 25. プレゼン資料 24 極力シンプル且つ最小限の言葉で (お手本:ニュース番組)
  • 26. 時間配分 25 プレゼン時間配分は「3分の2型」 説明 質疑応答 「つかみ」⇒「概要」⇒「総括」⇒「詳細」⇒「まとめ」 つ 概 か 総括 詳細 まとめ 要 み
  • 27. 参考:映画づくりにおけるシナリオ構成 26 映画づくりの基本“三幕構成” 発端 中盤 結末 (状況設定) (対立や葛藤) (解決) 時間配分 1 2 1 プロットポイント(物語の転換点)を仕込む 特に最初のほうの出来事を “インサイティング・インシデント(誘引する事件)” といいます
  • 28. 参考:映画づくりにおけるシナリオ構成 27 映画づくりの基本“三幕構成” 発端 中盤 結末 (状況設定) (対立や葛藤) (解決) 時間配分 1 2 1 つ 概 か 総括 詳細 まとめ 要 み
  • 29. ストーリー&演出 28 ちょっとの“もったいつけ” 結論はドカーンと 根拠や理屈はあとから熱く細かく
  • 30. 改善策まとめ 29 身なりは自分のためにも“キチンと” 見せる情報はシンプルで簡潔に (できれば、スライドでのプレゼン資料と配布資料を別のものにしたほうがいい) 資料は着目点を明確にする 説明は与えられた時間の3分の2程度に ストーリー配分をよく考えて、 最初のほうの盛り上げが肝心
  • 32. インフォグラフィックいろいろ 31 コーヒーの分類
  • 33. インフォグラフィックいろいろ 32 インターネット普及状況
  • 34. インフォグラフィックいろいろ 33 現代のコミュニケーション手段分類
  • 35. インフォグラフィックいろいろ 34 Facebookのグローバル登録者分布
  • 36. インフォグラフィックいろいろ 35 イギリスでのゲーム普及について調査
  • 37. インフォグラフィックいろいろ 36 アメリカの倒産企業比較
  • 38. インフォグラフィックいろいろ 37 本で最も多くでてくる単語
  • 39. インフォグラフィックいろいろ 38 FacebookとTwitter比較
  • 40. インフォグラフィックいろいろ 39 CO2排出量の国別比較
  • 43. 42 ところで 世界で最も完成された プレゼンテーションが求められる人 ご存知ですか?
  • 45. 44
  • 46. 45