O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

[Japan Tech summit 2017] CLD 009

572 visualizações

Publicada em

[Japan Tech summit 2017] CLD 009 セッション資料

Publicada em: Tecnologia
  • Seja o primeiro a comentar

[Japan Tech summit 2017] CLD 009

  1. 1. Microsoft Tech Summit 2017本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、Microsoft Tech Summit 2017 開催日(2017 年 11 月 8日 - 9 日)時点のものであり、予告なく変更される場合があります。
  2. 2. Agenda
  3. 3. 本セッションの目的
  4. 4. Hyper-V + SOFS + 物理ディスクアレイ(iSCSI/FC/SCSI) Hyper-V(Failover Clustering) Hyper-V Host VM VM VM VM Hyper-V Host VM VM VM VM Hyper-V Host VM VM VM VM Hyper-V Host VM VM VM VM SOFS Node SOFS Node SOFS Node SOFS Node Storage(物理ディスク) Scale out fileserver(Failover Clustering) – VHDX ファイル配置先 Layer 1 Layer 2 Layer 3
  5. 5. Converged system with Hyper-V + SOFS servers + Storage Spaces Direct(S2D) Hyper-V(Failover Clustering) Hyper-V Host VM VM VM VM Hyper-V Host VM VM VM VM Hyper-V Host VM VM VM VM Hyper-V Host VM VM VM VM Scale out fileserver(Failover Clustering) – VHDX ファイル配置先 SOFS Node Disk Disk Disk Disk SOFS Node Disk Disk Disk Disk SOFS Node Disk Disk Disk Disk SOFS Node Disk Disk Disk Disk Layer 1 Layer 2
  6. 6. Hyper Converged system with Hyper-V + Storage Spaces Direct(S2D) Hyper-V Host VM VM VM VM Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk C:¥ClusterStorage¥Volume1 Hyper-V Host Hyper-V Host Hyper-V Host VM VM VM VM VM VM VM VM VM VM VM VM
  7. 7. ハード購入コストの削減 設計・構築コストの削減 保守費用の削減(ハード/ソフト) 監視、メンテナンスコストの削減(拡張性)
  8. 8. • フェールオーバー時の VM の偏りも考慮が必要 • S2D I/O に 10% 程度 CPU 負荷がかかることも考慮に必要
  9. 9. 仮想マシン4仮想マシン3仮想マシン2仮想マシン1 CPU のオーバーコミットについて
  10. 10. + +
  11. 11. • Nested Virtualization 利用時の注意点 ゲスト OS に Hyper-V をインストールし Nested Virtualization にする場合はゲスト内ゲストのメモリサイズ がホスト側で確保されるため、その分のメモリをホスト側で 確保しておく必要がある • S2D 利用時の注意点 各サーバーでキャッシュ ドライブ容量 1 TB (テラバイト) ごとに 4 GB の RAM が必要 • フェールオーバー時の VM 分のメモリサイズの考慮
  12. 12. 全 VM の AVHDX ファイルの合計 • スナップショット世代数 • AVHDX 最大サイズ = VM 内ドライブサイズ Hyper-V レプリカ用 VM サイズ(設定する場合) + 予備 + 将来拡張用サイズ 全 VM の VMRS/VSV ファイル(メモリサイズ)の合計 ※ 自動停止アクションでシャットダウン設定の場合は作成されない 全 VM の VHDX ファイルの合計 + + +
  13. 13. All-FlashSSD+HDD TM
  14. 14. 存在するドライブの種類 必要な最小数 すべて NVMe (同じモデル) 4 つの NVMe すべて SSD (同じモデル) 4 つの SSD NVMe + SSD 2 つの NVMe + 4 つの SSD NVMe + HDD 2 つの NVMe + 4 つの HDD SSD + HDD 2 つの SSD + 4 つの HDD NVMe + SSD + HDD 2 つの NVMe + 4 つのそれ以外のドライブ S2D 最小ドライブ数 1 ノードあたりに最低 4 台必要
  15. 15. - バスの種類が "SAS"、"SATA"、または "NVMe" であること => ATA 接続の SSD はサポート外 - SAS / NVMe のディスクがページ 83 (INQUIRY Device Identification VPD page) をサポートしていること - SATA のディスクはページ 80 (INQUIRY Device Identification VPD page) をサポートしていること 参照: https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/storage/storage- spaces/storage-spaces-direct-hardware-requirements
  16. 16. 回復性 障害の許容数 記憶域の効率 ノード構成 Two-way mirror 1 50% 2 ノード構成 Three-way mirror 2 33.3% 3 ノード構成 Dual parity 2 50% - 80% 4 ノード構成 Mixed 2 33.3% - 80% 4 ノード構成
  17. 17. Two-way mirror Three-way mirror 実効容量 50% 実効容量 33.3% ※ 効率は悪いが 2 ノード障害に対応 2 ノードの場合 3 ノードの場合
  18. 18. 実効容量 50% 実効容量 66.6% スケールアウトさせると実効効率が上がる 4 ノードの場合 6 ノードの場合
  19. 19. Hyper-V Host • 2ノード + キャッシュあり + 必要容量 4TB 1 TB SSD x 4 • ハード 2 台 • 1TB SSD ディスク 4 台 x 2 ノード = 計 8 台 • キャッシュ用 NVMe x 4 台 ※ サイズは常時アクセス される容量から換算する Hyper-V Host 1 TB SSD x 4
  20. 20. Hyper-V Host • 4 ノード + キャッシュなし + 必要容量 4TB 1 TB SSD x 4 • ハード 4 台 • 最低 4 台各ノードに必要 • SSD ディスク 4 台 x 4 ノード = 計 16 台 Hyper-V Host 1 TB SSD x 4 Hyper-V Host 1 TB SSD x 4 Hyper-V Host 1 TB SSD x 4 • 実効容量は 4 ノードは 50% => 16 台ディスクで 8 台分 • 8 台で 4TB なので 1 台は 500GB でよい トータル: 500 GB SSD ディスク 4 台 のハードを 4 台購入必要
  21. 21. 未サポート: RAID HBA コント ローラーまたは SAN (ファ イバー チャネル、iSCSI、FCoE) デバイス
  22. 22. WS2016 Hyper-V Host (with converged) Example 2 x 10GbE RDMA NICs VM(s)ホスト OS Host vNIC3 Host vNIC5 Host vNIC4 Software Defined Networking(SDN) を使い ホスト内で複数セグメントを仮想的に構築可能 RDMA(Remote Dynamic Memory Access) が 推奨
  23. 23. VM(s)ホスト OS Live Migration vNIC3 SMB(S2D用) vNIC4 必要 NIC 数 • 2 port 10Gb NIC x 2 • 4 port 1Gb NIC x 1
  24. 24. New-VMSwitch -Name "SETswitch" -NetAdapterName "SMB1", "SMB2" -EnableEmbeddedTeaming $true Remote Direct Memory Access (RDMA) and Switch Embedded Teaming (SET) https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/virtualization/hyper-v-virtual-switch/rdma-and-switch- embedded-teaming
  25. 25. ### クラスタの機能追加 $Nodes = ("SV497266A", "SV497266B") Invoke-Command $Nodes {Install-WindowsFeature Failover-Clustering -IncludeAllSubFeature - IncludeManagementTools} ### クラスタの検証 Test-Cluster -node $Nodes ### クラスタの作成 New-Cluster -Name TechSummit-CL -Node $nodes -NoStorage -StaticAddress <IP Address for Cluster> ### クォーラムの作成 Set-ClusterQuorum –FileShareWitness ¥¥DC497266¥Quorum ### S2D の構成 Enable-ClusterS2D ### S2D の仮想ディスクの作成および CSV ボリュームの作成 New-Volume -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName VMStoreDisk -FileSystem CSVFS_REFS -UseMaximumSize
  26. 26. ゲスト OS CPU 使用率 物理 CPU 使用率
  27. 27. • 異なる CPU のホストにライブマイグレーションする 可能性が将来あるならチェックをいれるべし
  28. 28. 静的メモリサイズ変更前 静的メモリサイズ変更後
  29. 29. Hyper Converged System のパフォーマンスカウンタ Hyper-V 関連カウンタ CSV 関連カウンタ S2D 関連カウンタ SMB 関連カウンタ 物理関連カウンタ
  30. 30. ¥Hyper-V Virtual Storage Device(*)¥*
  31. 31. ¥SMB Client Shares(*)¥* ### 物理デバイスカウンタ ¥Processor(*)¥* ¥memory(*)¥* ¥LogicalDisk(*)¥* ¥PhysicalDisk(*)¥* ¥Network Adapter(*)¥* ¥Network Interface(*)¥* ¥Process(*)¥* ¥System(*)¥*
  32. 32. カテゴリ イベントログ名 基本ログ システム、アプリケーション Hyper-V Microsoft-Windows-Hyper-V-XXX Failover Clustering Microsoft-Windows-FailoverClustering-XXX Storage Spaces Direct Microsoft-Windows-StorageSpaces-XXX SMB Microsoft-Windows-SmbXXX
  33. 33. 構成 障害の許容数 2 ノード構成 1 ノード障害まで耐久性あり 3 ノード構成 2 ノード障害まで耐久性あり 4 ノード構成 2 ノード障害まで耐久性あり
  34. 34. 同じ構成のハードをクラスタに追加することで拡張可能 Hyper-V Host Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Hyper-V Host Disk Disk Disk Disk Hyper-V Host
  35. 35. 2 -> 3 ノードに追加しても自動で 3 面ミラーにはならない 3 -> 4 ノードに追加しても自動で parity にはならない
  36. 36. ### Hyper-V, クラスタの追加 Install-WindowsFeature "Failover-Clustering", "Hyper-V" -IncludeAllSubFeature –IncludeManagementTools - Restart ### 同じ名前の vSwitch を作成 ### クラスタの検証 $NewNode = "<追加するノード名>" $Nodes = ("<既存ノード 1>", "<既存ノード 2>", $NewNode) Test-Cluster -node $Nodes -Include "Storage Spaces Direct", "Inventory", "ネットワーク", "システムの構成" ### クラスタの追加 Add-ClusterNode -Name $NewNode
  37. 37. ### 2 ノード -> 3 ノードに構成変更時は追加ボリュームの作成が必要 ### 3 ノード -> 4 ノードに構成変更時は追加ボリュームの作成が必要 ### 仮想ディスクの作成(自動で CSV ボリュームが作成されマウントもされる) New-Volume -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName "VMStoreDisk2" -FileSystem CSVFS_REFS - UseMaximumSize
  38. 38. ### 仮想ディスクのサイズ拡張 Get-VirtualDisk VMStoreDisk | Resize-VirtualDisk -Size 102400GB Get-VirtualDisk VMStoreDisk // 拡張されたことの確認 ### パーティションのサイズ拡張 $Partition = Get-VirtualDisk VMStoreDisk | Get-Disk | Get-Partition | Where PartitionNumber -Eq 2 $Partition | Resize-Partition -Size ($Partition | Get-PartitionSupportedSize).SizeMax ### パーティション拡張の確認 Get-VirtualDisk VMStoreDisk | Get-Disk | Get-Partition | Get-Volume
  39. 39. Hyper-V サポートのバックアップソフトの利用 Hyper-V Host VM VM VM VM Hyper-V Host VM VM VM VM Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk
  40. 40. Hyper-V レプリカを利用(VM のみレプリケーション) VM VM VM VM VM VM VM VM Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk
  41. 41. Storage Replica でブロックレベルレプリケーション VM VM VM VM VM VM VM VM Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk VM VM VM VM VM VM VM VM Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk SR はあくまで VSS を使用しないブロックレベルレプリケーション!
  42. 42. SR + 「運用チェックポイント」で Application 整合性も確保! VM VM VM VM VM VM VM VM Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk VM VM VM VM VM VM VM VM Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk Disk 運用チェック ポイント 運用チェック ポイント
  43. 43. https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/virtualization/hyper- v/plan/should-i-create-a-generation-1-or-2-virtual-machine-in-hyper-v https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/virtualization/hyper-v/hyper-v- feature-compatibility-by-generation-and-guest
  44. 44. クラスタグループセット(Web) クラスタグループセット(DB) クラスタグループセット(DC)
  45. 45. ### クラスタグループの作成 New-ClusterGroupSet -Name WebServers New-ClusterGroupSet -Name DBServers New-ClusterGroupSet -Name DCServers ### クラスタグループへ VM グループの追加 Add-ClusterGroupToSet -Name WebServers -Group "VM1" Add-ClusterGroupToSet -Name WebServers -Group "VM2" Add-ClusterGroupToSet -Name DBServers -Group "VM3" Add-ClusterGroupToSet -Name DCServers -Group "VM4" ### オンライン時に 5 秒待つ設定 + 一番最初に起動するグループに Global をセット Set-ClusterGroupSet -Name WebServers -StartupSetting Online -StartupDelay 5 Set-ClusterGroupSet -Name DBServers -StartupSetting Online -StartupDelay 5 Set-ClusterGroupSet -Name DCServers -StartupSetting Online -StartupDelay 5 Set-ClusterGroupSet -Name DCServers -IsGlobal 1 ### 起動順序(依存関係)の設定 Add-ClusterGroupSetDependency -Name WebServers -Provider DBServers Add-ClusterGroupSetDependency -Name DBServers -Provider DCServers
  46. 46. コストの削減による競争力のある提案が可能 設計・構築量削減による構築遅延リスクの低減 優れた拡張性による安心のできる運用 カットした時間・リソースを他のビジネスへ分配
  47. 47. ■  https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/virtualization/hyper-v/hyper-v-on-windows-server ■  https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/storage-spaces/hyper-converged- solution-using-storage-spaces-direct ■  https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/storage/storage-spaces/storage-spaces- direct-overview ■  https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/networking/sdn/software-defined- networking

×