O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

ヒトと社会を理解するための計算社会科学(社会情報システム学シンポジウム 基調講演資料)

1.117 visualizações

Publicada em

第23回 社会情報システム学シンポジウム 基調講演資料
http://www.ni.is.uec.ac.jp/ISS/

Publicada em: Ciências
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Responder 
    Tem certeza que deseja  Sim  Não
    Insira sua mensagem aqui

ヒトと社会を理解するための計算社会科学(社会情報システム学シンポジウム 基調講演資料)

  1. 1. 1
  2. 2. 2
  3. 3. タイトル TITLE 3
  4. 4. タイトル TITLE 4
  5. 5. タイトル TITLE 5
  6. 6. 6    
  7. 7. 7
  8. 8. 8
  9. 9. 9
  10. 10. 10
  11. 11. 11
  12. 12. 12 •  • 
  13. 13. 13
  14. 14. タイトル TITLE 14
  15. 15. 15
  16. 16. 16 •  •  R. A. Hill, R. I. M. Dunbar, "Social network size in humans", Human Nature, Vol. 14, No. 1, pp. 53-72, 2003. 他にもE-mail, Facebook などで検証。同じ傾向 •  ダンバーのIC2S2の講演動画 https://www.youtube.com/watch?v=pjsYPocCqyQ クリスマスカードのネットワーク (オフラインネットワーク)
  17. 17. 17
  18. 18. 18 •  •  Barabási, Albert-László; Albert, Réka. (1999). "Emergence of scaling in random networks". Science. 286 (5439): 509–512.
  19. 19. 19
  20. 20. 20 •  •  普遍的な現象としての 社会的分断の理解へ
  21. 21. 21 •  •  • 
  22. 22. 22      
  23. 23. 23      
  24. 24. 24 Masanori Takano, Kazuya Wada, and Ichiro Fukuda, "Lightweight Interactions for Reciprocal Cooperation in a Social Network Game", SocInfo, 2016 Masanori Takano, Kazuya Wada, and Ichiro Fukuda, "Environmentally Driven Migration in a Social Network Game", Scientific Reports, 5, 12481; doi: 10.1038/srep12481 (2015). Masanori Takano, Kazuya Wada, and Ichiro Fukuda, "Reciprocal Altruism-based Cooperation in a Social Network Game", New Generation Computing, Vol. 34, No. 3, pp. 257-271, 2016.
  25. 25. 25
  26. 26. 26 お互いに協力 お互いに高い利得
  27. 27. •  •  •  – 
  28. 28. 30 • 血縁選択 (Kin Selec*on) • 直接互恵性 (Direct Reciprocity) • 間接互恵性 (Indirect Reciprocity) • 空間互恵性 (Spa*al Selec*on) • マルチレベル選択 (Mul*level Selec*on) ref: David G Rand and Mar*n A Nowak, “Human coopera*on”, Trends in cogni*ve sciences, Vol. 17, No. 8, pp. 413-25, August 2013.
  29. 29. 31 • 血縁選択 (Kin Selec*on) • 直接互恵性 (Direct Reciprocity) • 間接互恵性 (Indirect Reciprocity) • 空間互恵性 (Spa*al Selec*on) • マルチレベル選択 (Mul*level Selec*on) ref: David G Rand and Mar*n A Nowak, “Human coopera*on”, Trends in cogni*ve sciences, Vol. 17, No. 8, pp. 413-25, August 2013.
  30. 30. 32    
  31. 31. 33 ́ et. al. [2012],   Wang et. al. [2012], Peysakhovich and Rand [2013]
  32. 32. 34
  33. 33. 35
  34. 34. 36 URL: hTp://vcard.ameba.jp 期間: 2013/3/25∼2013/4/8 イベント: たすけて!マイヒーロー – お花見編 – (レイドタイプのイベント) 対象: 期間中、一度でもイベントに参加(攻撃)した & 5人以上のアクティブメンバーが所属するギルドに所属する プレイヤー
  35. 35. 37 •  •  •  •  •  • 
  36. 36. 38 •  Cooperate Defect Cooperate -, - 1, 3 Defect 3, 1 0, 0 Cooperator get 1 point. Defector get 3 point.
  37. 37. 39   • 
  38. 38. 40 攻撃する 攻撃しない 攻撃する - 1, 3 攻撃しない 3, 1 0, 0 2人でボスを倒している場合を考えると… 他の誰かが攻撃してくれることを待つ リーダーゲームに似たジレンマを持つ この状況で攻撃する行動を協調的行動として、プレイヤーの 協調行動 に ついて調査する 利得は有利さ(1円あたりに獲得したイベントポイント)と考える レイドボスのHPが残り少しの場合 攻撃 HP 遭遇したユーザや 救援を依頼された ギルドメンバー 「攻撃力 > 残りHP」なので、 「攻撃力 > ダメージ」。そのため攻撃力より少 ないイベントポイントを獲得。
  39. 39. 41 •  • 
  40. 40. 42 •  目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの
  41. 41. 43 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの •  > 0
  42. 42. 44 目的変数 既存メンバーの •  •  説明変数 新参者の > 0 > 0
  43. 43. 45 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの •  •  > 0 > 0
  44. 44. 46 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの •  • 
  45. 45. 47 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの
  46. 46. 48 •  •  目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの > 0 > 0
  47. 47. 49 •  •  •  •  •  • 
  48. 48. 50 •  •  •  • 
  49. 49. 51 •  •  •  •  •  • 
  50. 50. 52 Masanori Takano and Ichiro Fukuda, "The critical effect of social grooming costs on structures of social relationships", under review.  arxiv: https://arxiv.org/abs/1605.07305 高野雅典, 一ノ瀬元喜, "社会関係の強さに基づく社会的グルーミング戦略の適応性", 第13回ネットワーク生態学シンポジウム, 3, 2016.
  51. 51. 53
  52. 52. タイトル TITLE•  •  •  54
  53. 53. タイトル TITLE•  •  55
  54. 54. タイトル TITLE•  •  56
  55. 55. •  •  •  •  •  57
  56. 56. 58
  57. 57. 59
  58. 58. •  •  60
  59. 59. 61 •  •  •  Null
  60. 60. 62
  61. 61. 63 ー 75%ile ー 50%ile ー 25%ile
  62. 62. •  •  64Individuals Social Grooming
  63. 63. 65
  64. 64. 66 0 50 100 150 200 0 20 40 60 d v
  65. 65. •  •  •  •  67
  66. 66. •  •  •  •  68 •  • 
  67. 67. 69
  68. 68. 70 •  • 
  69. 69. 71
  70. 70. 72 •  • 
  71. 71. 73        

×