O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

CCSRを実現するRDRA活用法

繰り返し開発の単位や価値の確認など、エンタープライズ系開発におけるプロダクトバックログやMVPの考え方をRDRAモデルを使って説明

  • Seja o primeiro a comentar

CCSRを実現するRDRA活用法

  1. 1. 1
  2. 2. • ㈱バリューソース 代表取締役 • 神崎 善司 • Facebook page:要件定義の散歩道 https://www.facebook.com/youkennotsubo?ref=hl • twitter:@zenzengood • モデリング好き • 表記法を考えるのが好き • 要件定義手法「RDRA」を定義 • 仕事 • RDRA導入支援 • 要件定義支援 • 既存システム可視化支援 • モデリング・要件定義セミナー 2
  3. 3. CCSRの進行イメージ 3 1回目のイテレーション 2回目のイテレーション 3層アーキテクチャ 最終的な範囲 要件 仕様 入 出 力 デ ー タ ア プ リ ケ ー シ ョ ン 入 出 力 実装 実 装 技 術 ド メ イ ン ドメイン
  4. 4. 繰り返し開発のイメージ 4 繰り返しのイメージ 実際は…
  5. 5. 今日の問題意識 5 エンプラではど の単位がいい? エンプラでのう まい切り方 大きな手戻りを起こさない 繰り返し開発の開始点は? 繰り返し開発 こんなわけないよね エンプラ:エンタープライズ系システム開発
  6. 6. 今日伝えたいこと 6 MVP MVP MVP MVP 開発単位 ビジネスコンテキ スト 組 織 業務 組 織 業務 倉庫 商品 金 サービス 会社 ビジネスユース ケース 組 織組 織 倉庫 商品 金 サービス 会社 状態モデル 状態 要求モデル バリエーション 条件 バリ エー ション バリ エー ション 条件 情報モデル 情報UC複合図 アクティ ビティ UC 画面 情報 イベント UC UC 情報画面 イベント 外部シス 大きな手戻りを起 こさない開始点 ドメ イン ドメ イン ドメ イン ドメ イン ドメ イン ドメ イン ドメイ ン リファクタリング 計画的な手戻り 要件定義 要件定義 要件定義 プロダクト バックログ
  7. 7. エンプラ系開発に適した単位 7
  8. 8. ビジネス上の価値の単位 物を運ぶ 会社 システム 商品を売る お金を回収する 価値・責務を 実現する単位 ビジネス要素との 相互作用がアク ティビティになる 関わるビジネス要 素によって業務フ ローは変わる ビジネスルール はビジネス要素 に起因する ビジネス要素 BUCをプロダクトバック ログの単位とする BUC BUC:ビジネスユースケース 8
  9. 9. BUCをプロダクトバックログにする 9 要件 プロダクト バックログ BUC BUC BUC 仕様 実装 BUC BUC BUC BUC BUC BUC 仕様 実装 BUC 仕様 実装 仕様化チームと実装のチームが違う場合 仕様化チームと実装チームが同じ場合 プロダクト バックログに BUCを積む 仕様化・ 実装 仕様化・ 実装 要件へのフィード バック 仕様化・ 実装 仕様化・ 実装 価値の単位をバックログとする 仕様化チーム 実装のチーム
  10. 10. BUCを単位とする理由 • BUCは管理単位として管理しやすい • BUC単位で関係部署と認識を合わせる • システムテスト・結合テストをBUC単位で行う • BUC単位でモデルを最新化する 10 保守開発案件 RDRA モデル 保守開発案件 • システムの今を伝える 情報モデル バリエー ション 条件 バリエーショ ン / 条件 ビジネス コンテキスト 組 織 組 織 組 織 業務 組 織 業務 ビジネス ユースケース 状態モデル 状態遷移 条件 UC複合図 業務フロー付き UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act バリエー ション 条件 バリエーション / 条件 UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベン ト UC 情報 画面 イベン ト Act Act • 価値・責務の単位なのでテスト がやりやすい UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベン ト UC 情報 画面 イベン ト Act Act UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベン ト UC 情報 画面 イベン ト Act Act テスト ケース テスト ケース テスト ケース • 関係部署で同じもの を見て認識を合わす UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベン ト UC 情報 画面 イベン ト Act Act テスター 情シス サービス企画 運用 サポート 開発 企画 マーケ UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act • 最新を維持する BUCの単位で 最新化する 価値 責務 価値 責務
  11. 11. 計画的な手戻りの考え方 MVPを使って手戻りを計画的に行う MVP:minimum viable product 顧客に価値を提供できる最小限の製品 11
  12. 12. 現実のMVPの考え方 MVPと言えば 車? 実際は MVP:minimum viable 車の基本構成は わかっている 何をするため の車を作るの 風と車体 道路と駆動系 車体と駆動系と ハンドル 12
  13. 13. MVPの最低条件 13 何をするための 車を作るの 乗せるもの? 走る環境は? システム価値 システム外部環境 システム境界 システム MVPになる最低条件の確保 MVP システムに価値 をもたらす視点 システムの使われ 方を示す視点 システムの入出力 を明らかにする視 点 システム化対象の 仕事上の情報と状 態 車体とエンジンと ハンドルの関係 仕様CCSR ・実装 ・実験 • 環境に適合する車とし ての基本性能の実験 • モックアップ • シミュレーション • 基本特性の確認 • IF仕様を満足するため 最低条件 MVP MVP MVP 「顧客に価値を提供できる最小限の製品」を届けるためにクリアすべきことがある
  14. 14. MVPをCCSRに当てはめる A 基本特性の確認 ・走って ・止まれて ・曲がれる 上記3つを実現するため に必要なことを確認する C 公道を走れるレベル 車道を走るための最低 限度の装備をもつ 実際に走って市販でき るレベルを確認 G 市販できるレベル ・カッコよく ・乗り心地よく ・雨でも乗れる 売れる車に仕上げた レベル B 試験コースで走れるレベル • 基本特性に従って実用的な 設計と実装を行う • 装備は走るために必要なも ののみ CCSR 関心の イメージ アプリケーション(仕様化・実装) MVP MVP 要件へのフィードバック 要件・ドメイン(仕様化・実装) ドメインのリファクタリング ~ 14
  15. 15. エンプラにMVPを当てはめる 顧客 商品を売る 物を運ぶ MVP コンビニ MVP MVP お金を回収する MVP 顧客は「コンビニ」 「もの」だけに絞る 個人、生鮮食料 品は後回し 最初は手処 理で行う MVP:利用できる最小セットのビジネスパラメータの組み合わせ MVPの価値は 「仕様」策定 の学習 物を運ぶ 会社 システム 商品を売る お金を回収する バリエーションは ビジネスパラメー タになる 15 もの 商品を売る
  16. 16. RDRAとは 16
  17. 17. 要件定義を仕組み化する 依存 システム価 値 システム外部環 境 システム境界 システム WhyWhyWhy アイコン アイコン アイコン アイコン システムに 価値をもた らす視点 システムの使わ れ方を示す視点 システムの入 出力を明らか にする視点 システム化 対象の仕事 上の情報と 状態 17 RDRAレイヤー
  18. 18. アイコンの関係 システム価値 システム境界 システム 外部システム 要求 アクター システム外部環境 利用シーン 業務フロー バリエーション 条件 業務 ビジネス ユースケース 業務 業務 業務 アクティビティ 画面 ユースケース イベント 情報 状態 状態 遷移 依存 18 BUC:ビジネスユースケース UC: ユースケース
  19. 19. ダイアグラムの関係 19 システム価値 システム外部環境 シ ス テ ム 境 界 シ ス テ ム 情報モデル バリエーション 条件 バリエーション / 条件 状態モデル 状態遷移 ビジネス コンテキスト 組 織 組 織 組 織 業務 組 織 業務 ビジネス ユースケース システム コンテキスト 目的 要求モデル 状態モデル 状態遷移 条件 UC複合図 業務フロー付き UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act 条件 UC複合図 業務フロー付き UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act UC複合図 業務フロー付き 条件 UC 情報 画面 イベント UC 情報 画面 イベント Act Act 仕事に流れが無い場合は アクティビティの代わり に利用シーンを置く
  20. 20. 要件定義をスムーズに進めるための進め方 要 件 の 組 立 フェーズ1:議論のベースを作る フェーズ2:要件の形を作る フェーズ3:ビジネスルールの明示 議論がブレないように全体 を作りこむ 精度よりも枠組みを出すこ とを優先する UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 ビジネスコ ンテキスト 業務 業務 ビジネス ユースケー ス トップダウン、ボトムアップ で要件を組み立てる 情報、状態、バリエーションで整合 性を高める アイコン相互の関係で精度を上げる モデル (複数のアイテム) 関係の個数 列ラベル 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 情 報 集 計 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 条 件 集 計 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 状 態 集 計 総 計 行 ラ ベ ル ※ コ ー ド 管 理 情 報 イ ン セ ン テ ィ ブ 情 報 異 動 管 理 定 義 情 報 異 動 情 報 管 理 会 計 情 報 契 約 通 知 情 報 経 理 情 報 事 業 所 情 報 取 消 件 数 情 報 手 数 料 計 算 結 果 情 報 手 数 料 計 算 入 力 情 報 手 数 料 集 計 情 報 手 数 料 補 正 額 情 報 手 数 料 補 正 情 報 手 数 料 明 細 情 報 受 注 件 数 情 報 受 注 情 報 住 所 情 報 商 品 プ ラ ン 情 報 代 理 店 情 報 直 販 コ ー ド 情 報 認 証 情 報 販 促 ツ ー ル コ ー ド 情 報 販 促 ツ ー ル 在 庫 情 報 販 促 ツ ー ル 情 報 販 促 ツ ー ル 棚 卸 情 報 販 促 ツ ー ル 発 注 情 報 非 勧 奨 情 報 部 課 情 報 利 用 者 情 報 ( 社 内 ) 利 用 者 情 報 ( 代 理 店 ) S F . o n e 向 け デ ー タ ス コ ー プ オ ー ダ 補 正 対 象 拠 点 課 金 条 件 経 理 デ ー タ ス コ ー プ 手 数 料 計 算 条 件 ス コ ー プ 商 品 代 理 店 業 務 ス コ ー プ A 代 理 店 業 務 ス コ ー プ B 代 理 店 業 務 ス コ ー プ C 目 標 達 成 型 カ ウ ン ト デ ー タ 条 件 利 用 者 権 限 ア カ ウ ン ト ロ ッ ク 期 限 切 れ 在 庫 不 一 致 在 庫 補 正 済 み 在 庫 有 削 除 済 み 支 払 対 象 申 請 棚 卸 中 棚 卸 突 合 完 了 停 止 登 録 中 廃 棄 発 送 依 頼 中 発 注 取 消 依 頼 中 発 注 取 消 受 付 発 注 受 付 済 み 販 促 ツ ー ル 登 録 済 み 販 促 ツ ー ル 登 録 中 否 認 保 留 利 用 中 サポート 2 2 2 1 4 4 6 3 1 25 2 2 1 1 2 29 QA対応 2 2 2 4 4 6 2 22 2 2 24 リクエストに対して返す 2 2 4 4 工事進捗の問合せに対応する 2 2 2 手数料の問合せに対応する 2 2 2 販促ツール情報を照会する 4 4 8 2 2 10 販促ツール届け出情報を修正する 2 2 2 販促ツール届け先情報を照会する 2 2 2 販促ツール発注状況を照会する 2 2 2 利用者問合せ対応 1 1 1 3 1 1 2 5 ロック解除・パスワード初期化希望の問合せに対応する 1 1 1 3 1 1 2 5 システム管理 3 2 3 1 2 1 1 13 13 システム設定 3 1 4 4 画面制御パターンの登録 1 1 1 各種コードの登録 1 1 1 代理店コードの禁則文字の登録 1 1 1 代理店利用者のID発行数の管理をする 1 1 1 マスタ更新 1 2 3 3 管理表反映 1 1 1 代理店構成変更処理 2 2 2 手数料関連チェック 2 2 2 事前チェック 1 1 1 日次チェック 1 1 1 他システムマスタ登録 3 1 4 4 局番情報更新 1 1 1 住所情報更新 1 1 1 直販情報取込 1 1 1 郵便番号情報更新 1 1 1 契約 2 10 11 23 4 4 2 10 33 契約通知 2 2 2 通知書を参照する 1 1 1 通知書を登録する 1 1 1 代理店登録 10 2 12 12 代理店権限を更新する 1 1 1 代理店権限を登録する 1 1 1 代理店取扱可能品目のデータを一括更新する 1 1 1 代理店情報のデータを一括更新する 1 1 1 代理店情報を一括取得する 1 1 1 代理店情報を照会する 1 1 1 代理店情報を登録する 1 1 1 代理店責任者を更新する 1 1 2 2 代理店責任者を照会する 1 1 1 代理店責任者を登録する 1 1 2 2 代理店利用者申請 9 9 4 4 2 10 19 代理店利用者の一括更新を行う 1 1 1 代理店利用者の一括取得を行う 1 1 1 代理店利用者の更新を行う 1 1 1 代理店利用者申請を行う 1 1 2 2 1 5 6 東西代理店利用者の一括更新を行う 1 1 1 東西代理店利用者の一括取得を行う 1 1 1 東西代理店利用者を更新する 1 1 1 東西代理店利用者を登録する 1 1 2 2 1 5 6 利用者を照会する 1 1 1 実績照会 1 1 5 1 8 1 3 4 12 手数料参照 1 5 6 2 2 8 情報 条件 状態 業務 BUC UC 関係の個数 列ラベル ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー ア ク タ ー 外 部 シ ス テ ム 外 部 シ ス テ ム 外 部 シ ス テ ム 外 部 シ ス テ ム 総 計 行 ラ ベ ル C B 代 弁 事 務 管 理 者 C B 代 弁 事 務 担 当 者 C B 督 促 業 務 担 当 者 C B 督 促 業 務 役 席 者 R G 保 証 会 社 管 理 者 R G 保 証 会 社 担 当 者 R S C B シ ス テ ム 管 理 者 R S 督 促 業 務 管 理 者 R S 督 促 業 務 担 当 者 支 店 担 当 者 保 守 担 当 者 e 内 容 証 明 ( W e b ) P B X 銀 行 ホ ス ト 保 証 会 社 シ ス テ ム システム管理業務 1 2 1 4 各種マスター情報の管理を行う 1 1 2 債務者の名寄せ/原債権移管を行う 1 1 2 銀行における延滞債権管理 6 1 1 5 1 1 1 16 初期延滞債権の督促 5 1 1 1 8 中長期延滞債権の督促 1 3 1 5 弁護士介入債権の督促 1 1 1 3 銀行における債権管理状況の把握 3 3 6 銀行債権の状況や推移を把握する 3 3 6 銀行における代弁管理 1 5 1 2 5 1 2 1 1 19 代位弁済事務 5 1 1 4 1 2 1 1 16 代位弁済事務準備 1 1 保証関係債権証書管理を行う 1 1 2 保証会社における競売/任売/分割回収/回収 4 14 4 4 26 競売手続きを行う 1 9 3 3 16 債務者からの回収 1 1 1 3 担保情報の登録/更新 1 1 2 任売手続きを行う 1 2 3 分割返済予定の登録 1 1 2 保証会社における債権管理状況の把握 1 1 2 求償債権の状況や推移を把握する 1 1 2 保証会社における債権発生/督促 1 2 3 RSの求償債権を確認/督促する 1 1 求償関係債権証書管理を行う 1 1 債権の時効管理を行う 1 1 保証会社における自己査定/償却/譲渡 4 2 2 1 1 10 債権の譲渡を行う 1 1 2 自己査定業務を行う 2 1 3 償却を行う 1 1 1 1 1 5 総計 1 5 11 1 10 21 2 3 12 1 3 2 1 7 6 86 ア ク タ ー 業務 BUC 外 部 シ ス テ ム 20
  21. 21. ビジネスルールを表現する • ビジネスルールの源泉 • ビジネス要素 • 情報モデル • 状態モデル • 導出 • ビジネス要素 ⇒ 概念 • ビジネス要素 ⇒ バリエーション • 情報モデル ⇒ 多重度が条件となる • 状態モデル ⇒ 条件の軸になる 蔵書の貸出 を登録する 情報モデル 貸出中 在庫中 貸出図書の返 却を登録する 蔵書 会員 貸出 図書 本 貸出 予約 状態モデル 図書館 貸 出・ 返却 蔵書 管理書架 蔵書 ビジネスコンテキスト ビジネス要素 バリエーショ ン 条件 会員 種別 21 条件 ・バリエーションの組み合わせ ・バリエーションと状態の組み合わせ
  22. 22. UC複合図 U C U C U C UC複合図 U C U C U C UC複合図 U C U C U C ダイアグラム毎の役割 コア表現 情報モデル 状態モデル 目的 システム コンテキスト 要求モデル 業務フロー 階層化してスコープを決める システム化の方向 性を求める システムの詳細化 22 ビジネスコンテキスト 組 織 業務 組 織 業務 倉庫 商品 金 サービス 会社 UC複合図 U C U C U C UC複合図 ビジネスユースケース 組 織 組 織 倉庫 商品 金 サービス 会 社 UC複合図 U C U C U C UC複合図 U C U C U C UC複合図 U C U C U C UC複合図 U C U C U C UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 バリエーション 条件 バリエーション 条件 整合性を維持する 階層化して大規模システムに対応 UC複合図 U C U C U C ビジネスユースケース 組 織 組 織 倉庫 商品 金 サービス 会 社 UC複合図
  23. 23. ビジネス表現からシステムにつなぐ BUC ビジネスコンテキスト 組 織 業務 組 織 業務 倉庫 商品 金 サービス 会社 ビジネスユースケー ス 組 織組 織 倉庫 商品 金 サービス 会社 情報モデル 情報 状態モデル 状態 バリエーション 条件 バリエー ション バリエー ション 条件 UC複合図 アクティ ビティ UC 画面 情報 イベント UC UC 情報画面 イベント 外部シ ステム 条件 ビジネス要素から情報、 バリエーションが洗い 出される ビジネス要素との 相互作用をUCと 入出力で実現する ビジネスを階層 化し業務フロー の単位を出す ビジネス要素 物を運ぶ 会社 システム 商品を売る お金を回収する 23
  24. 24. つじつまを合わせる考え方 24 コア表現でUC横断に整合性を確保する バリエーショ ン 条件 状態モデル 状態 UC UC UC UCUC UC 情報モデル 情報 状態は情報で 保持される UC複合図 UC 情報 UC UC 情報はUCで 変更される 状態はUC で遷移する UC:ユースケース コア表現 情報モデル 状態モデルUC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 バリエーション 条件 バリエーション 条件 整合性を維持する コア表現
  25. 25. 大きな手戻りを起こさない開始点 25
  26. 26. 手戻りを大きくするもの 26 AB 画面 条件 UC 情報 UC 情報 バリエー ション 条件 UC UC UC Aの変更はBの変更より も手戻りが大きい 情報モデル 状態モデルUC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 バリエーション 条件 バリエーション 条件 A A 手戻りを減らすために情報、 状態、バリエーションの精度 を上げる 情報、バリエーションの 変更は手戻りが大きい
  27. 27. 全ての仕様を把握しているわけではない ・システム化スコープを決める ・仕様化の土台を作る 要件定義のゴール 仕様 設計 実装 テスト 要件 仕様 設計 実装 テスト スコープ 依存 B 仕様 設計 実装 テスト 仕様 設計 実装 テスト C DA B D C 暫定仕様 正式仕様 実装して、使ってみて次 の仕様化の知見を得る 他のBUCに関わる部 分は暫定仕様になる 暫定仕様が出せるレ ベルの要件を定義 27
  28. 28. 何処まで要件定義を行うか 仕様 設計 実装 テスト ・システム化スコープを決める ・仕様化の土台を作る 要件 仕様 設計 実装 テスト 要件定義のゴール スコープ 依存 B 仕様 設計 実装 テスト 仕様 設計 実装 テスト C DA ビジネスコンテキス ト 組 織 業務 組 織 業務 倉庫 商品 金 サービス 会社 UC複合図 UC UC UC 業務 BUC UC 情報 状態 バリエーション UC複合図 情報/状態/UC 整合性確認 ビジネスユースケー ス 組 織組 織 倉庫 商品 金 サービス 会社ビジネスユースケー ス 組 織組 織 倉庫 商品 金 サービス 会社 情報モデル 情報 バリエーション 条件 バリエーション 条件 状態モデル 状態 UC UC UC UC UC UC UC複合図 UC UC UC UC複合図 UC UC UC UC複合図 UC UC UC UC複合図 UC UC UC スコープが 明確になる 整合をとる対象 が明らかになる 要件の詳細化 要件の精度を高める 28
  29. 29. 暫定仕様をコントロールする 29 ビジネスコ ンテキスト 組 織 業務 組 織 業務 倉庫 商品 金 サービス 会 社 ビジネス ユースケー ス 組 織組 織 倉庫 商品 金 サービス 会 社ビジネス ユースケー ス 組 織組 織 倉庫 商品 金 サービス 会 社ビジネス ユースケー ス 組 織組 織 倉庫 商品 金 サービス 会 社 UC複合 図UC複合 図 UC複合 図 UC複合 図UC複合 図 バリエー ション 条件 状態モデル 状態 情報モデル 情報 ドメイン 実装 (仕様) ドメイン 基本特性 (実行) MVP (BUC) MVP (BUC) 情報 状態 遷移 画面 ユースケー ス イベント 情報モデル 状態モデルUC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 バリエーショ ン 条件バリエーション 条件 トレーサビリティを 使って暫定仕様の影響 範囲を把握する 暫定仕様をRDRA に反映する 暫定仕様を把握で きるレベルで要件 の精度を上げる 計画的な手戻り 仕様 設計 実装 テスト 要件 仕様 設計 実装 テスト 手戻り 仕様 設計 実装 テスト
  30. 30. まとめ 30 アプリケーション(仕様化・実装) MVP (BUC) 要件へのフィードバック要件・ドメイン(仕様化・実装) ドメインのリファクタリング バリエーショ ン 条件 ドメイン 実装 (仕様) ドメイン 基本特性 (実行) MVP (BUC) MVP (BUC) 大手流通 コンビニ 顧客 情報、状態、UC で精度を上げる ドメインの仕様を 実装で確認する バリエーションをMVP のパラメータにする 情報モデル 状態モデルUC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 UC複合図 バリエーション 条件 バリエーション 条件 リリース後のフィード バックを仕様に反映する トレーサビリティ で計画的に手戻る

×