O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

yume60どうしてかわいいラブドールがこんなに抜け出せないのだろうか.pdf

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio

Confira estes a seguir

1 de 6 Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Mais de yumedoll (20)

Mais recentes (20)

Anúncio

yume60どうしてかわいいラブドールがこんなに抜け出せないのだろうか.pdf

  1. 1. どうしてかわいいラブドールがこんなに抜け出せないのだろうか。 かわいいラ ブドールに恋した原因は? 感情が出口を見つけられなかったのかもしれないし、 失われた痛みが強すぎ ta のかもしれない。 多くの人は寂しさを紛らわす方法はラブドールを選んで、服 を着たり、化粧をしたり、写真を撮ったりして、まるでそれらが本当に生きて いて、 自分と日常生活中のささいなことをリアルかわいいラブドールに分かち 合っています。 映画『リアルラブドールの恋』では、男性主人公のラスは長年孤独な両親と一 緒に住んでいたため、長い間、自分の性格にも変化が生じ、真人と付き合うこ とを恐れ、 肌に触れることさえも灼熱感を覚えていた。そこでラスはシリコン ラブドールのビアンカを彼女として購入し、 自分を説得することに成功しただ けでなく、周りの人々もビアンカが実在の個体だと信じ始めた。また、英ドラ マ「ブラック・ミラー」では、恋人の交通事故で急逝した傷に耐えられないヒ ロインが、 バーチャルサイトを通じて考えがあり、話すことができるもう一つ 彼を注文しました。 ラブドール セックス 動画
  2. 2. 似たような話は小説、映画、ドラマの中では珍しくなく、そのの原因は、現代 人が疎外化した社会の中で、どのように「複製」を通じて痛みに直面し、孤独 を癒すかを検討することであり、別の角度から言えば、ネットワークの発達に より、 バーチャル関係の構築は非常に楽になり、かえって真正な人間交流が難 しくなり、人々は拒絶されることを恐れ、人と約束することができない、相手 が異なる意見を持っているときも、 私たちはどのようにコミュニケーションを 通じて互いの溝を乗り越えるべきか分からない。すると、話すことができず、 従順なラブドールが、最も完璧な慰め方になったようだ。
  3. 3. 衣装の展示から寂しさの慰めまで 1990 年代初期、彫刻芸術家のマットは人形 人やドールのデザインを始めました。彼の考えは最初はとても単純で、人形や ラブドールを服飾店に提供し、 それらを通じて服を展示し、店内の販売量を向 上させたいと思っていた。その後、服飾店のほかに、「人間の姿」でモデルを 注文する注文を受けたが、今から 20 年以上が経ち、マットは米カリフォルニ ア州のラブドール会社 Abyss Creation で毎年約 400 人の実写ラブドールオーダ ーの注文を受けることができ、 別の主要な収入源となっています。ネットワー クが発達するにつれ、 ラブドールについてフォーラムもネット世界で急速に成 長しています。 ラブドールフォーラムでは、他の数万人の利用者と人形の使用 経験を共有し、 世俗的な世論の批判的な目を免除し、ラブドールの家庭生活写 真を自由に共有し、アップロードします。
  4. 4. 多くの購入者はラブドールに服や化粧品を購入するが、 その中で 10%未満の人 だけがラブドールを「家族」とみなし、毎日の気持ちに合わせてラブドールの 姿や位置を変えている。 ラブドールの世話をしているだけでなく、友人の立場 でお互いの関係を尊重している。 これらのラブドールは特別な個性があるよう です。 同時に、社会大衆が自分とラブドールとの関係をどのように見ているの かを気にします。
  5. 5. ラブドールを作るのには時間がかかり、スタッフは体の細部ごとに、体つき、 顔の形、目と髪色を含めて作らなければならない。厳密な制作プロセスで、ラ ブドールの販売価格が高いです。 ラブドールを持つ出発点はそれぞれ異なって います。 ラブドールを持ちことがけして悪いことではない、 心と体の 「寂しさ」 は、いつかどこかに限らず、全人類の普通的な状態である。リアルなかわいい ラブドールがそばにいてくれていいことではないでしょうか?
  6. 6. ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------- ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------- お読んでいただき誠にありがとうございます。 Yumedoll ラブドールより ラブドールにつきましてご質問などございましたら、 ご遠慮なく下記の連絡先 までお問い合わせくださいませ。 050-5893-6326 service@yumedoll.com yumedoll.com

×