O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio

Confira estes a seguir

1 de 20 Anúncio

セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門

Baixar para ler offline

セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2022/next2022_index.html

「[N5] バイナリ生物学入門」講義
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2022/next2022_program_list.html#list_next5
の講義スライドです。

セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2022/next2022_index.html

「[N5] バイナリ生物学入門」講義
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2022/next2022_program_list.html#list_next5
の講義スライドです。

Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Mais de Yuma Ohgami (12)

Mais recentes (20)

Anúncio

セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門

  1. 1. [N5] バイナリ生物学入門 2022年8月9日(火)15:30~17:30 講師:大神 祐真
  2. 2. 5分でわかる「バイナリ生物学入門」 まずは、とあるイベントで発表したLTをご覧いただきます https://www.slideshare.net/yarakawa/daisytools
  3. 3. 改めて自己紹介 自己紹介として、どんなことをやってきたか簡単にご紹介します http://yuma.ohgami.jp/
  4. 4. 今日やること ● この講義の目的 ● 講義の進め方 ● 講義で使用する資料 ● daisy-toolsを使う前に ● 演習1、2、3、・・・
  5. 5. 今日やること ● この講義の目的 ● 講義の進め方 ● 講義で使用する資料 ● daisy-toolsを使う前に ● 演習1、2、3、・・・
  6. 6. この講義の目的 セキュリティ・ネクストキャンプの今年のテーマは「基盤技術の魅力」 > ネクストキャンプの主旨である「新たな価値を生み出し作る側になること」 > に対して、基盤技術はその重要な要素となります。 > ネクストキャンプで伝えたいことは、それ(基盤技術)を学ぶことの魅力です > 基盤技術に関する様々な学習材料(コンテンツ)を用意し、 > それらのコンテンツに実際に「触れて」いただくことで、 > 基盤技術を学ぶことへのきっかけを作り、魅力や面白さを知り、 > その有用性を考えていただきます。
  7. 7. この講義の目的 基盤技術を学び、そのレイヤーで今までに無いモノを作る事は 新しい価値を生み出し得る面白いものだ とわかってもらう
  8. 8. この講義の目的 セキュリティ・ネクストキャンプの今年のテーマは「基盤技術の魅力」 > ネクストキャンプの主旨である「新たな価値を生み出し作る側になること」 > に対して、基盤技術はその重要な要素となります。 > ネクストキャンプで伝えたいことは、それ(基盤技術)を学ぶことの魅力です > 基盤技術に関する様々な学習材料(コンテンツ)を用意し、 > それらのコンテンツに実際に「触れて」いただくことで、 > 基盤技術を学ぶことへのきっかけを作り、魅力や面白さを知り、 > その有用性を考えていただきます。
  9. 9. この講義の目的 セキュリティ・ネクストキャンプの今年のテーマは「基盤技術の魅力」 > ネクストキャンプの主旨である「新たな価値を生み出し作る側になること」 > に対して、基盤技術はその重要な要素となります。 > ネクストキャンプで伝えたいことは、それ(基盤技術)を学ぶことの魅力です > 基盤技術に関する様々な学習材料(コンテンツ)を用意し、 > それらのコンテンツに実際に「触れて」いただくことで、 > 基盤技術を学ぶことへのきっかけを作り、魅力や面白さを知り、 > その有用性を考えていただきます。 バイナリ生物学、 daisy-tools
  10. 10. 今日やること ● この講義の目的 ● 講義の進め方 ● 講義で使用する資料 ● daisy-toolsを使う前に ● 演習1、2、3、・・・
  11. 11. 講義の進め方 基本的に、講師が画面共有で資料を映しながら口頭で説明していく形式です 適宜演習を行いますが、 講師のシェル画面などを画面共有して一緒にやっていきます グループワークなどは無く、各々で手を動かしていただきます
  12. 12. 講義の進め方 独自なものである都合上、どうしても口頭説明が多くなります そういった形式が苦手な方は、聞きながらコードを読むとかもアリです この2時間x2コマで「バイナリ生物学」の世界観を楽しんでいただき、 基盤技術/低レイヤーならではの「自由さ」を体験していただきたい
  13. 13. 講義の進め方 2時間の枠の中で5分ほど休憩をとります 質問などあればいつでも良いですし、適宜質問のタイミングも取ります ● zoomのマイクオンにして口頭で ● zoomのチャット ● kintoneのこの講義のスペースのコメント欄 のどれでもOKです
  14. 14. 今日やること ● この講義の目的 ● 講義の進め方 ● 講義で使用する資料 ● daisy-toolsを使う前に ● 演習1、2、3、・・・
  15. 15. 講義で使用する資料 同人誌『バイナリ生物学入門』・『バイナリ生成環境「daisy-tools」実験報告』 (・『作って分かる!x86_64機械語入門』) → いずれも http://yuma.ohgami.jp/ で公開中 daisy-toolsソースコード → https://github.com/cupnes/daisy-tools
  16. 16. 今日やること ● この講義の目的 ● 講義の進め方 ● 講義で使用する資料 ● daisy-toolsを使う前に ● 演習1、2、3、・・・
  17. 17. daisy-toolsを使う前に ● 突然変異で進化した実行バイナリを評価時に実行することについて ● 数日以上の実行でメインプロセスがSegmentation faultに陥る事がある
  18. 18. 今日やること ● この講義の目的 ● 講義の進め方 ● 講義で使用する資料 ● daisy-toolsを使う前に ● 演習1、2、3、・・・
  19. 19. 演習 以降はdaisy-toolsリポジトリ内のドキュメントを参照しながら進めていきます https://github.com/cupnes/daisy-tools/tree/master/docs/exercise
  20. 20. お疲れ様でした。 明日もよろしくおねがいします。

×