Anúncio
Anúncio

Mais conteúdo relacionado

Similar a C班プレゼン_小田原シャレットWS(20)

Anúncio

Mais de urbandesignsupport(20)

Último(20)

Anúncio

C班プレゼン_小田原シャレットWS

  1. 2015小田原シャレットワークショップ   市民会館周辺グループ 明日の小田原の見え方 Cグループ   横浜国立大学大学院M1 雨宮   関西大学大学院M1 銅田   東京大学大学院M1 茅野   福井大学大学院M1 間谷   弘前大学B4 佐渡
  2. 1 概要
  3. 概要:小田原とは 小田原城 海・山・産業
  4. 概要1:  現在の市民会館 市民会館 二の丸の堀 国道一号線 海 小田原駅 天守閣 概要:市民会館跡地の利用方法
  5. 概要:歴史の変遷   1632年     ・小田原城の近代化工事により   東海道江戸口の付け替え。   ・東海道から大手門へと続く   御成道の整備。   ・この時代の町割りは   現在まで続いている。   大手通り 御成道
  6. 1940年     ・三の丸に市役所が移設。   ・同時に、三の丸に   市民会館が開設。   市民会館 旧市役所 概要:歴史の変遷  
  7. 市役所の移転 1976年     ・市役所の移転。   ・歓楽街の衰退。   ・街の中心性を失う。   概要:歴史の変遷  
  8. 2015年現在     ・新たに芸術文化センターの開設。   ・市民会館の移転。     ・城内図書館の分設。     市民会館跡地 芸術文化センター 概要:歴史の変遷  
  9. 2 コンセプト  
  10. 小田原の顔となる場の設計 コンセプト
  11. 3 着眼点  
  12. A. 歴史の継承     B. 城との繋がり     C. アクティビティ 着眼点  
  13. 大手門 三の丸の水壕 御成道 対象敷地 二の丸の水壕 A.歴史の継承   観光客を中心として正規のルートを辿り、歴史を感じさせる。
  14. 再現イメージパース 観光客を中心として正規のルートを辿り、歴史を感じさせる。 提案建築物  城壁、大手門の再現
  15. A. 歴史の継承     B. 城とのつながり   C. アクティビティ 着眼点  
  16. 国道一号線からの見え(歩道橋から) B. 城とのつながり 国道一号線からの見え(歩道から)
  17. B. 城とのつながり 二つのビューポイント
  18. A. 歴史の継承     B. 城とのつながり   C. 新たなアクティビティ 着眼点  
  19. C. 新たなアクティビティ 「引き入れたプログラム」 ・図書館(メイン) ・資料館 ・インフォメーションセンター 核となる施設の提案 一階の機能
  20. 書架 ファブラボ グットビューカフェ コーヒースタンド 学習室 コンピュータ 書架 搬入動線 メイン動線 お城への道 建物エントランス C. 新たなアクティビティ 二階の機能 「新たに組み込むプログラム」 ・グットビューカフェ ・コーヒースタンド ・学習室 ・ファブラボ ファブラボ:(3Dプリンタや工作機械を備えたワークショップ施設)
  21. 3 提案  
  22. 城へのアプローチと建築形態 国道一号線からは、天守閣が見える 近づいていくと、城山の見え方が変化する 中に入ると、石垣が見えて次第に天守閣が見えてくる 二の丸の境界 三の丸の境界 スロープ状の構造 大屋根 広域での城の見え方を意識 建物内での城の見え方を意識 15m 9m 対象敷地 天守閣
  23. お堀端通りからの抜け(国道一号線へ) ガラスの壁面 文化創造芸術センターとの広場空間の繋がり 大手門への道
  24. 1Fから見た天守閣(内観)
  25. 歩道橋から見た天守閣と計画(外観) アイストップとなるとともに、城への眺望を促す
  26. 小田原市ホームページ    h-p://www.city.odawara.kanagawa.jp/darc/item/489/   参考URL ご清聴ありがとうございました。
Anúncio