O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

ペパボ福岡支社におけるRubyの活用事例

15.030 visualizações

Publicada em

ペパボ福岡支社における
Rubyの活用事例
@Ruby・mrubyビジネスセミナーFUKUOKA2015

Publicada em: Tecnologia
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/2Qu6Caa ♥♥♥
       Responder 
    Tem certeza que deseja  Sim  Não
    Insira sua mensagem aqui
  • Sex in your area is here: ♥♥♥ http://bit.ly/2Qu6Caa ♥♥♥
       Responder 
    Tem certeza que deseja  Sim  Não
    Insira sua mensagem aqui

ペパボ福岡支社におけるRubyの活用事例

  1. 1. GMOペパボ株式会社 技術基盤チーム アドバンスド・シニア
 近藤宇智朗 2015/03/11 Ruby・mrubyビジネスセミナーFUKUOKA2015 ペパボ福岡支社における Rubyの活用事例
  2. 2. こんにちは
  3. 3. me
  4. 4. ❌パペボ 💮ペパボ
  5. 5. ❌うずら 💮うづら cf.
  6. 6. ! 使ってます
  7. 7. 福岡のサービス紹介
  8. 8. minne > 国内最大(当社調べ)の
 ハンドメイドマーケットサービス > Web、アプリ(iOS/Android)の展 開 > 2012年1月リリースの
 Railsサービス
  9. 9. Ruby技術要素 > Ruby on Rails(4.1.9) > Ruby (2.1.5) > Puppet (3.7系) > Serverspec (2.x) > Capistrano (3.x) > Fluentd(td-agent 2.x/Fluentd 0.10.x) > Ruboty, Thor による自作ツールなど…
  10. 10. ムームードメイン > 国内老舗の
 ドメイン取得・管理サービス > ムームーメールという
 独自ドメイン利用可能
 メールサービスも
  11. 11. Ruby技術要素 > Ruby on Rails(4.1) > Chef(開発環境構築) > Capistrano(3.x)/Webistrano > Capybara
  12. 12. ロリポップ! > こちらも国内老舗の
 レンタルサーバーサービス > 今年で14周年! > 何十台ものサーバを扱う
 社内でも最大級のサービス
  13. 13. ビジネスプラン始めました
  14. 14. Ruby技術要素 > Puppet(2系/3系アップグレード中) > Capistrano(3.x) > mod_mruby > (Serverspec) > (Ruby on Rails導入中…)
  15. 15. Ruby事例のご紹介
  16. 16. Ruby on Rails の利用
  17. 17. Ruby on Rails > 以下のサービスで利用
 (比較的大きなもの抜粋) > minne(Webアプリ、API、管理画面) > ムームードメイン(スマホ向けサイト) > ムームーメール > ロリポップ!(一部API)
  18. 18. Ruby on Rails > minne:3.0から∼
 ムームードメイン: 3.2から∼ > 継続的なアップグレードを実施
 →大きなものは4.0/4.1までキャッチアップ > 途中、Asset Pipelineの有効化など
 Yak刈りもありました…… > 引き続き4.2系のキャッチアップ予定
  19. 19. Puppetによる インフラのコード化
  20. 20. Puppet > 構成管理言語の一つ、Ruby製 > ペパボはPuppetのハードユーザ > ほぼ全社のプロジェクトで採用 > 福岡では主にロリポップ!/minne
  21. 21. Puppet or Chef > ペパボでは原則Puppetを利用 > ノウハウが社内に蓄積されている > 枯れた挙動、安定感 > 内部DSLでなく専用言語の安心感
 「やりたいことを確実にやる」 > 一部、Chef/Itamae/Ansibleも適 材適所で利用している
  22. 22. Serverspec > サーバの状態を検査するツール > 元々作者の宮下氏がペパボに在籍し ていたこともあり、社内でも普及し ている > Puppetとともに活用中
  23. 23. Puppet+ServerspecによるインフラCI > minneの事例
 Puppet + Docker/Drone.io + Serverspec
  24. 24. Puppet+ServerspecによるインフラCI Puppetの
 コードをプッシュ Drone.io のジョブで 素のDockerコンテナを作成。 そのコンテナにPuppetを適用、 Serverspecも流す ※merge後のCIが成功したら、
 Puppet masterに自動でマニフェストを配備 (Continuous Delivery)
  25. 25. Capistranoによる デプロイ
  26. 26. Capistrano以前 > 手動デプロイなんて…… > 目視チェック/Excel > あらゆるタイプのミス > 上長のチェックが云々
  27. 27. Capistrano > デプロイ(リリース)の手順を
 自動化するコマンドラインツール > Ruby製、もともとRoRに特化 > ロリ/ムー/minneで最新の
 3.x系を利用中 > WebistranoというWebラッパーもある
  28. 28. PHPのデプロイにも導入 > ディレクトリ構成さえあわせれば
 PHPでも基本問題なし > 結果的にただの自動化以上のメリット > 秘伝のタレ化していた手順の形式知化 > stagingなどの環境導入、整備 > デプロイと言うフロー自体の見える化
  29. 29. デプロイの記録 > capistrano-github-release
 プラグインの
 開発
 (OSSです) > ワークフロー
 の高速化
  30. 30. CMによる 高負荷対応
  31. 31. minneのCM対応 > おかげさまで好評のTV CM > 技術的には=負荷のスーパー急増
  32. 32. 行った対応 > よりRailsらしくする!
 アプリケーションを12factor対応 > ログのFluentd化 > サーバのOSアップグレードと構成のリファイン > Rubyによるサーバ操作の
 ラッパーツールを作成(Thor) > などなど……
  33. 33. 期間 > 基盤改善チームは3名(!!) > @hsbt
 @udzura(発表者)
 @yano3 > 期間は11月末∼2月半ば(CM放映 日)
 さ、、3ヶ月(他にも業務が……)
  34. 34. その結果
  35. 35. 結果 > CM前後のテレビ(全国ネット含む)特 集や、CM自体の放映にも関わらずサーバ ダウンはなかった > 特別なことは少なく、
 「Railsらしく」していっただけ > Rubyと、そのエコシステムの力で
 アクセス増を乗り切ることができた
  36. 36. その他のRuby導入 事例
  37. 37. CapybaraによるE2Eテスト自動化 > ムームードメインのE2Eテストを
 Capybara + Phantomjsで作成 > 既存のPHPアプリケーションの
 E2Eテストも書くことができる
  38. 38. mod_mruby/ngx_mruby > ロリポップ!:
 ホスティングのリソース制御で
 mod_mrubyを検証中 > minne:
 ngx_mrubyを用いた動的な
 画像変換サーバの導入予定
 →もともとカラメルで使われていたものの進化版
 →複数のサイズの画像、WebPなどへの対応
  39. 39. rubotyによるChatOps > minneその他でrubotyを利用した
 Slack(かつてIRC)ボットを運用 > 定期的なJobの登録 > 言及を拾ってくれる > 文化作り
  40. 40. 研修での活用
  41. 41. 研修におけるRubyの活用 > Rails Tutorial
  42. 42. Rails Tutorialの活用 > 新卒研修での利用 > 一部第二新卒研修でも > 非常にまとまった && 更新され続ける
 リソース > Railsを通じて、Web開発の基本を身 につけられる
  43. 43. 総括
  44. 44. Rubyは不可欠な技術 > 自社でサービスを開発、運営することに必要な > スピードの向上 > 柔軟な仕様変更への対応 > 技術的ブランディング > などの維持のために、Ruby on Railsの存在と豊 富なRuby製ミドルウェアは非常に力になっている > エンジニアもRubyに触れられるとモチベーショ ンが高まる
  45. 45. 参考サイト > GMOペパボ攻勢の裏側にあった「技術的負債を抱えない開発 体制づくり」3つの布石 > http://engineer.typemag.jp/article/pepabo-dev
  46. 46. Rubyを全力で使える仕事あります > GMOペパボは
 福岡/東京ともにエンジニアを
 募集中です。 > アプリケーション/インフラ両方です! > 詳細は:
 http://pepabo.com/recruit/ career/
  47. 47. ペパランチョン > カジュアルにエンジニアの話を聞ける制度です
 福岡ではガレリア様のご協力のもと開催中! http://pepabo.com/recruit/pepaluncheon/
  48. 48. ご清聴 ありがとうございました!

×