O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

良い大人になったら郊外へ

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Carregando em…3
×

Confira estes a seguir

1 de 4 Anúncio

良い大人になったら郊外へ

Baixar para ler offline

少子高齢化を迎え、「大人」が多くなっていく。

そんな中「大人の街」という場所は郊外にこそあり得るのではないでしょうか。若いころとは違い自分の生活に金銭的にも仕事的にも余裕がでてきます。自分の好きなこと、やってみたかったことにゆっくり時間をかけて楽しむ。

そんな都心とは違った、ゆっくりとした質のいい大人の暮らしは郊外でこそあり得るのではないでしょうか。

少子高齢化を迎え、「大人」が多くなっていく。

そんな中「大人の街」という場所は郊外にこそあり得るのではないでしょうか。若いころとは違い自分の生活に金銭的にも仕事的にも余裕がでてきます。自分の好きなこと、やってみたかったことにゆっくり時間をかけて楽しむ。

そんな都心とは違った、ゆっくりとした質のいい大人の暮らしは郊外でこそあり得るのではないでしょうか。

Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Quem viu também gostou (9)

Mais de toride_art_estate (20)

Anúncio

Mais recentes (20)

良い大人になったら郊外へ

  1. 1. 郊外に住む。 良い大人になったら郊外へ。 取手市とは ... 地域の中央部を南北に水戸街道 (国道 6 号) が通り、 利根川の水運とあいまって、 古くは宿場町だった。 また、 1970 年代から 1980 年代にかけて東京都心のベッドタウン として開発され人口が増加。 1995 年をピークとして以降、 都心回帰現象の影響や子供が成長して家を離れるケースも多く見受けられ、 人口は減少傾向に推移している。 「都心に近く、 安く土地を買える」 という郊外 ・ ベッドタウンの利点は、 現在のニーズに応えられていないのではないだろうか。 少子高齢化を迎え、 「大人」 が多くなっていく。 そんな中、 「大人のまち」 というのは 「郊外」 だからこそ成り立つのではない だろうか。 若いころとは違い自分の生活に金銭的にも仕事的にも余裕がでてくる。 自分の好きなこと、 実はやってみたかった ことに、 ゆっくり時間をかけて楽しむ。 そんな都心とは違ったゆっくりとした質のいい暮らしを郊外で。 大人のまち:郊外のブランド化を図る。 蓮田未来 ・ 砂庭陽子 ・ 坂本香織
  2. 2. 安くて広い、 DIY できる寮に住む。 取手キャンパスの寮として、 空き家を学生に提供する。 →アートの手が加わった空間を、 次の借り手へ。 アパートではなく、 空き家を学生の寮とする。 DIY ができ、 広く、 大学の管理下にあることで 学生たちは安心。 1 年間しか取手にいない大学生にとってプラスとなることが多い。 また、 その物件は次の学生や、 新たな家族の空間へなる。 芸術大学生の残したアートな空間 が残る家が完成する。 大学生 質の高い豊かな生活を。 余裕が生み出すもの →文化に対する興味。 etc. 音楽 ・ 絵画 ・ 写真 ・ 映画 仕事に追われている 20 代〜30 代では出来ない、 落ち着いた生活をしたい人たちの町に。 都会とは違った暮らしを求める人たちは郊外に住むというブランド化を図る。 若いころには できなかったことを始めることができる。 40〜60 代 → http://torideartestate.jp 取手アート不動産より 空き家に学生たちが住み、 手を加えていく。 http://hokuohkurashi.com 北欧暮らしの道具店より コーヒーや食器などの生活用品にこだわれる、 余裕のある暮らし。 1軒家を建てる余裕はない。 でも広いところに住みたい。 取手市にある空き家に住んでみる。 →長期休暇に家族でゆっくり取手で生活してみる。 都心に近いからこそ、 子どもの夏休みに家族で滞在する。 お父さんは朝早く出勤してみる。 子どもやお母さんは都心とは違うゆっくりとした生活を送れる。 20〜40 代 →
  3. 3. 東京藝術大学の学生 先端芸術表現科 女子 3 人 大学入学と同時に入居。 新しくはないが、 部屋数が多く自由に使える一軒家を選ぶ。 6 畳の和室をそれぞれの自室として使用。 8 畳の和室はアトリエとして改装。 時々アトリエを自分たちの作品を展示する場としてと開放。 家の中に在学中の作品を複数残し、 卒業。 子どもを育てるためにゆったりした空間を探し、 都内から引っ越す。 夫は職場を変えずに 1 時間かけて都内に通勤。 妻は絵を描いたり小物を作ったりすることが趣味。 子どもが小さいため、家の中での生活が主。 前住民の学生が改装したアトリエを趣味で作ったものを売るお店として使用。 過去の住人 住み方の例 ①: 学生から引き継ぐ住居 暮らし方 暮らし方 現在の住人 30 代夫婦  夫 : 会社員 妻 : 主婦 子ども : 0 歳と 3 歳 →表現の幅を制限しない     広々自由な暮らし 子育てと趣味を中心に    地域とつながる暮らし
  4. 4. 50 代夫婦 夫 : 会社員 妻 : パート 都会の喧騒から    離れた終の棲家 70 代夫婦 夫 : 元会社員 妻 : 主婦 大人な秘密基地    の週末ハウス 住み方の例 ② 暮らし方 今まで暮らしてきた家から自分たち合った大きさの住宅に住みたいと考える。 新たに一軒家を建てる金銭的余裕はないため空き家を終の棲家として改装する。 農業経験はないが庭や畑で半自給自足で手軽に菜園を始めたり、 趣味で手芸や工芸を 始めたりなどアクティブな暮らしを送る。 子供たちが独立し、 時間と金銭に余裕ができ始める。 空き家の別荘では大きなスクリー ン、 良い音響を備えたミニシアター、 防音設備を兼ね備え、 若い頃にやっていたバンド をもう一度始めてみる... など、 自宅ではできない遊びを楽しむための場所。 暮らし方 住人 住人 住み方の例 ③

×