O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

4E学科展2014中間報告

274 visualizações

Publicada em

The purpose of this slide is to explain my proposal of the exhibition in Koyo-festival2014 of Toyota National College of Technology .
This slide was made for the member of my part in 4E classmate on September 30 , 2014.

Publicada em: Educação
  • Entre para ver os comentários

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

4E学科展2014中間報告

  1. 1. 9月30日報告資料 電飾班の現状報告と目標について 質問は逐次お願いします!
  2. 2. 現在の成果報告
  3. 3. 言葉で説明すると LED駆動回路(今みんなに作ってもらってる回 路)を使って、LEDパネル(夏休みにみんなに 作ってもらったパネル)に、EXCELで作成した任 意の文字を表示させることができる。
  4. 4. 0 目次 1.展示概要 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 3.想定している展示の具体例の紹介 4.作業予定(回路・プログラム)
  5. 5. 1.展示概要 表示するもののイメージ
  6. 6. 1.展示概要(補足:LEDパネル) • 4枚1セットで縦に積み重ねる • パソコンとUSBで接続して、パソコンからコント ロールする
  7. 7. 1.展示概要(補足:フルカラーLEDタワー) 大きい箱を横向きに3つ積み重ね、奥に6Wフ ルカラーパワーLED(消費電力が普通のLEDの2 000〜4000倍)を取り付け、はこの手前に紙 を貼る。 大きめのダンボールもらってこんといかんかった
  8. 8. 1.展示概要(操作方法例) • ゲームパッド • スマートフォン • KINECT • カラーセンサ • 赤外線測距センサ
  9. 9. 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 LEDパネルの仕組み(3Dも類似) パソコン内では、2次元配列に0と1で 図形を描き、送りやすいように変換 (依頼するのはおそらくここまで) 1枚あたり マトリクス制御 PICがデータを受け取り、パネルに表示する 64バイトのデータ まずは部分ごとに説明 UARTさえ、UART通信さえできれば。。。
  10. 10. 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 LEDパネルの現状 ・ 表示データを事前にPICに入れておき、表示させ ることは可能 ・ UART通信(PCとPICの非同期通信)自体はでき ている。 ・ 64バイト(完全な表示データ)を送信すると、多 くの場合送信が失敗し、成功してもまともに表示さ れない。 →双方向通信でPCとタイミングを合わせてみます
  11. 11. 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 フルカラーパワーLED どのLEDのどの色を何%の明るさにするか
  12. 12. 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 照明の仕組み
  13. 13. 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 操作方法について ・ゲームパッド:ボタンを押すとキー入力として 検出し、プログラムで扱う事ができる。(ジョイス ティックのアナログ入力には対応していない)
  14. 14. 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 操作方法について ・スマートフォン:予定としては、スマホをシャッ フルするとパソコン側のファイルが書き換えられ るようにして、その変化をプログラムで読み込 むようにする予定。タップ操作に対応したり、展 示と連動して画面の色を切り替えたりできるよう にしたい。現在サーバー公開の段階で詰んでる。 これ解決すれば進む予定。
  15. 15. 2.仕組み、開発の流れと現状の紹介 操作方法について ・ KINECT:湯木さん頼みます。 ・ カラーセンサ:I2C出力。Arduinoで読み込ん でパソコンに送る。かざした色にフルカラーLED が変わったら面白いかな→むたさん ・ 赤外線測距センサ:アナログ出力。PICでA/D 変換してデータをPCに取り込む。フルカラーLED の出力操作や3Dマトリクス(説明)に活用予定。
  16. 16. 3.想定している展示の具体例 ・ auのCMをイメージした、スマホ連動のショー (スマホシャッフルしたらゲージが上がって全部消 灯したり、展示に連動して画面の色が変化したり。 今回の展示物をフルに活かす。あの動画の内容を 可能な限り実現したい(ゲージ操作とかも)) ・ BadAppleの動画をこのLEDパネル上で再生 (上BadAppleの理由) ・ FloRidaの曲に合わせてパネルに音量バーを表 示し、特殊な音に連動して照明、パワーLEDを点灯。
  17. 17. 3.想定している展示の具体例2 KINECT関係 ・ KINECT距離マスク表示 ・ KINECT距離データを元に3Dマトリクスに物体を 立体投影 ・ テトリスをゲームパッドで操作しLEDパネルに表 示 ・ スイヘーリーベのアルファベットをパネルに順次 表示(最悪UART成功しなくてもできる)
  18. 18. 4.作業予定(回路) • 2Dマトリクス駆動回路(9枚) • 3Dマトリクス駆動回路(横田) • パワーLED駆動回路(2枚) • パワーLEDケーブル・コネクタ取り付け(4本)2m • SSRケーブル・コネクタ取り付け(5m*4本) • ケーブル作成(VH:2,3,4m*2 、1.5mY字*4) • 赤外センサケーブル取り付け • SSRキット製作 • 3Dマトリクス、ハーネス取り付け • 照明用補助基板
  19. 19. 4.作業予定(その他) • KINECT • テトリス • 動画 • カラーセンサ開発

×