O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
研究室紹介
知識情報システム主専攻
2015年10月19日(月)
高久 雅生
筑波大学・知識情報・図書館学類
(知識情報システム主専攻)
masao@slis.tsukuba.ac.jp
1
自己紹介
• 高久雅生(たかく まさお)
– 知識情報・図書館学類 准教授
• 主所属: 知識情報システム主専攻
– 2013年度に着任(3年目!)
• 前職: 物質・材料研究機構 エンジニア
• 前々職: 国立情報学研究所 研究員
– 東京都...
研究室の紹介
• 卒研生4名(うち1名は情報資源経営主専攻)
• 院生
– 研究生:1名
– 修士1年:3名(うち2名は留学生)
– 修士2年:1名
– 博士後期1年:1名
3
今年度は
総勢10名
その他、研究室の特徴
• 7D221共同研究室 (時井研究室と一緒)
• 全体ゼミ(院生+学部生) @ 隔週
• 個別研究指導(1対1) @ 毎週
• 卒業研究は「共同研究」
– 研究室のみんなと教員と、細かなところから
一緒に時間をかけて議論...
研究テーマ
• 図書館情報学と情報学の融合領域の真ん中を
扱う研究室
• 以下のような研究分野において、「ひとの知
的活動をアクティブに支援すること」を目標
に、システム的アプローチによる研究を行い
ます
– 情報検索,検索評価
– 情報探索行...
これまでの卒研テーマ
• 2014年度
– ボランティアマッチングのための体験談検索シス
テムの構築
• 2015年度(現在進行中)
– うろ覚えマンガの探索支援システムの構築
– OPAC利用ログを用いた文献検索システムの構築
– 計算機によ...
ウェブ情報探索行動
• 人による情報探索時の行動を記録、モデ
ル化して、探索支援に応用
– 探索過程の記録や探索記録からの知識発見、
探索者の知識変容の様子を捉える方法論
7
実験 分析 モデル化 探索支援
ふわっとCiNii関連検索システム
• 文書に基づく類似文書検索システム
– ウェブAPI活用による、電子図書館機能の提案
8
電子図書館, デジタルアーカイブズ
の主体的活用に向けて
• 郷土資料や貴重資料のデジタルアーカイ
ブズ,電子図書館として公開
– 活用のための仕組みが不足
– 活用促進のための枠組み
• 注釈付与,コミュニティ活用,ワークショップ等
9
OPAC, 図書館業務システム
• オープンソースの所蔵検索,図書館業務
システム: Next-L Enju
– 業務仕様の明確化,標準化が求められている
10
FRBR, RDAに基づく
次世代目録システム
• 学術情報や典拠情報の標準化,オープン
化の調査検討
– Linked Open Data(LOD)への対応
– 典拠情報リンキングのための分析
11
震災情報まとめサイト:saveMLAK
• 震災の中間支援プロジェクトsaveMLAK
– 共同入力に基づくウィキ情報とLOD(Linked
Open Data)を通じた活用
12
連絡先 (Contact)
高久 雅生(たかく まさお)
• 7D208研究室
• メール: masao@slis.tsukuba.ac.jp
• Twitter: @tmasao
• 研究室ウェブサイト
– http://www.slis.t...
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

研究室紹介・高久研究室

422 visualizações

Publicada em

研究室紹介:知識情報システム主専攻

Publicada em: Educação
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

研究室紹介・高久研究室

  1. 1. 研究室紹介 知識情報システム主専攻 2015年10月19日(月) 高久 雅生 筑波大学・知識情報・図書館学類 (知識情報システム主専攻) masao@slis.tsukuba.ac.jp 1
  2. 2. 自己紹介 • 高久雅生(たかく まさお) – 知識情報・図書館学類 准教授 • 主所属: 知識情報システム主専攻 – 2013年度に着任(3年目!) • 前職: 物質・材料研究機構 エンジニア • 前々職: 国立情報学研究所 研究員 – 東京都出身 – 図書館情報大学卒業,筑波大学修了 • 学類における講義担当 – 「統計」 – 「ディジタルドキュメント」(専門科目) 2 フレッシュな研究室です
  3. 3. 研究室の紹介 • 卒研生4名(うち1名は情報資源経営主専攻) • 院生 – 研究生:1名 – 修士1年:3名(うち2名は留学生) – 修士2年:1名 – 博士後期1年:1名 3 今年度は 総勢10名
  4. 4. その他、研究室の特徴 • 7D221共同研究室 (時井研究室と一緒) • 全体ゼミ(院生+学部生) @ 隔週 • 個別研究指導(1対1) @ 毎週 • 卒業研究は「共同研究」 – 研究室のみんなと教員と、細かなところから 一緒に時間をかけて議論しながら作り上げる – 教員による個別指導時間は約70時間/年 • (それ以外の決まりは特にありません) 4
  5. 5. 研究テーマ • 図書館情報学と情報学の融合領域の真ん中を 扱う研究室 • 以下のような研究分野において、「ひとの知 的活動をアクティブに支援すること」を目標 に、システム的アプローチによる研究を行い ます – 情報検索,検索評価 – 情報探索行動 – 電子図書館 – 学術情報提供、情報共有 – 専門図書館 5
  6. 6. これまでの卒研テーマ • 2014年度 – ボランティアマッチングのための体験談検索シス テムの構築 • 2015年度(現在進行中) – うろ覚えマンガの探索支援システムの構築 – OPAC利用ログを用いた文献検索システムの構築 – 計算機による英文読解問題の解答手法に関する研究 – 「考える力」を高める電子教材に関する研究 ※各自の興味関心に応じ、最初の2ヶ月くらいか けてテーマを検討します 6
  7. 7. ウェブ情報探索行動 • 人による情報探索時の行動を記録、モデ ル化して、探索支援に応用 – 探索過程の記録や探索記録からの知識発見、 探索者の知識変容の様子を捉える方法論 7 実験 分析 モデル化 探索支援
  8. 8. ふわっとCiNii関連検索システム • 文書に基づく類似文書検索システム – ウェブAPI活用による、電子図書館機能の提案 8
  9. 9. 電子図書館, デジタルアーカイブズ の主体的活用に向けて • 郷土資料や貴重資料のデジタルアーカイ ブズ,電子図書館として公開 – 活用のための仕組みが不足 – 活用促進のための枠組み • 注釈付与,コミュニティ活用,ワークショップ等 9
  10. 10. OPAC, 図書館業務システム • オープンソースの所蔵検索,図書館業務 システム: Next-L Enju – 業務仕様の明確化,標準化が求められている 10
  11. 11. FRBR, RDAに基づく 次世代目録システム • 学術情報や典拠情報の標準化,オープン 化の調査検討 – Linked Open Data(LOD)への対応 – 典拠情報リンキングのための分析 11
  12. 12. 震災情報まとめサイト:saveMLAK • 震災の中間支援プロジェクトsaveMLAK – 共同入力に基づくウィキ情報とLOD(Linked Open Data)を通じた活用 12
  13. 13. 連絡先 (Contact) 高久 雅生(たかく まさお) • 7D208研究室 • メール: masao@slis.tsukuba.ac.jp • Twitter: @tmasao • 研究室ウェブサイト – http://www.slis.tsukuba.ac.jp/takaku- lab/ – (面談可能な日程も掲載) • まずは面談を! – 質問等もどうぞお気軽に。 13 オープンラボ @7D221 (時井研と合同) 10/21(水)14:00-

×