O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

コンビニサプライチェーンを用いたCSR企画書

794 visualizações

Publicada em

Twitterやってて思いつき、某コンビニに提案したら、様々な大人の事情で却下された企画の要旨の部分だけを公開。
誰か頑張って実現させてください。

本スキームのプロセス
1. 地域ごとのCV店舗にtwitterアカウント(今ならLine@もよいか)を持たせ、店舗の商品(加工食品を想定)在庫情報を発信できるように準備する。
2. 人力、もしくはPOSデータと連動させて、期限切れ直前の商品在庫数をソーシャルメディアのアカウントから人力/自動発信。
3. 値引き率は在庫数によって定率設定する。(80%、半額など 残り時間に応じて変更なども)
4. アカウントを登録しているユーザーが受信し、CV店舗来訪を促進し購買行動をする。時間切れ間近のセール商品は数と時間が限られているため強い来訪インセンティブが生まれる。来訪者はセール商品単体を買うことは少ないためクロスセルの期待ができる。
5. 上記インセンティブにより来訪者は増加し商品が売れ、時間切れ廃棄となる食品が減少する。CVフランチャイジーは売り上げゼロで損失計上するしかなかった商品で店の日次売り上げを増やすことができる
6. それでも余った商品は近隣でセカンドハーベスト事業やこども食堂(この企画を考案した時には誕生していなかったが)へ。食材回収は事業者側で行う(CV店舗に来訪する)

本スキームの実現できること
・先進国の課題でもある食材ロス問題に率先して取り組み、消費者からの支持を得ることで競合との差別化、ブランド確立
・本部の運用手間がほとんどかからずにCVフランチャイジーとの連帯感を生むことができるため、新規出店検討者への大きなメリット創出、また他CVフランチャイジーの契約更新時乗り換えモチベーションの創出(業界シェアの増大)
・メディアとしても美談として報じやすい取り組みのため、多くのメディア露出機会の創出
・CV店舗と近隣地域の消費者とのチャンネルを通じて、新たな事業機会の下地に

CV本部の大人の事情については、ここでは書かない。

Publicada em: Negócios
  • Entre para ver os comentários

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

コンビニサプライチェーンを用いたCSR企画書

  1. 1. コンビニサプライチェーンを用いた CSRについて ARCHIT 安藤直紀 2009年7月21日 ●●●●●●様
  2. 2. フードサプライCSRの仕組み 地域社会と共生するCVに求められる企業倫理として ・食糧廃棄率の低減 ・貧困の撲滅 が実現できます。 オニギリ〇個 ○○弁当○個 タイムセール! ① 個別店アカウントで期限切れ 間近の食品情報を配信 自宅や職場近くのユーザー が任意の店舗アカウントをフォロー あるうちに買おう 価格インセンティブによる来訪動機 付け、クロスセルと期限切れロスの 改善を達成 フードシェルターやセカンドハーベスト サプライヤー(後述)が近隣の 店舗アカウントをフォロー ② 時間内に来店 配給食材の安価な調達、もしくは無償確保 貧困家庭やホームレスに食事配給 廃棄せずに済んだ! 配給のための食材を 取りに行こう
  3. 3. フードサプライCSRの効果 消費者や外部団体の力をほぼ無償で借りることができ、また新たな資材投入 をすることなく、社会問題を解決できます。 あの企業は真面目に 社会問題に取り組んでいる 農林水産省の課題意識と一致した 取り組み http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/ zyunkan_sigen/index.html 某社ロゴ エシカル(道徳性の高い)な企業イメージの確立 店舗の売り上げ達成に 本部が協力してくれる! フランチャイジーの好印象獲得 食糧廃棄率の低減 貧困家庭やホームレスに対する食事 配給で欠食改善 外部団体の活動による貧困撲滅 消 費 者 か ら 得 ら れ る 信 頼 社 会 の 中 で の 必 要 性 向 上

×