O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

LeSS Study LeSS Framework Overview

3.217 visualizações

Publicada em

LeSS Study #1
LeSS Framework Overview

Publicada em: Engenharia
  • Seja o primeiro a comentar

LeSS Study LeSS Framework Overview

  1. 1. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. LeSS Frameworkの概要
  2. 2. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. 2つのスケーリングフレームワーク n プロダクト全体にチームの注意を向けることに焦点 を当てている n LeSS:最⼤大8チーム(それぞれ8名) n LeSS Huge:1プロダクト数千⼈人まで
  3. 3. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. 基本は1チームのスクラムと同じ スクラムのプラクティスとアイデアを保持 n 1つのプロダクトバックログ n 1つの完成の定義 n 各スプリントの終わりに出荷可能な成果物を" インクリメント n 1⼈人の(全体の)プロダクトオーナー n 機能横断的なチーム n スプリント l  LeSSでは、全てのチームが共通のスプリントで共 通の出荷可能な成果物をデリバリーする
  4. 4. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n スプリントプランニング第1部 l  タイムボックス:1時間/1週間スプリント l  参加者:各チーム毎に2名+プロダクトオーナー n チームの代表者たちは、依存関係を特定し、連携を 議論論することによって、⾃自分たちでプロダクトバッ クログの割り振りを決定する
  5. 5. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n スプリントプランニング第2部 l  各チーム毎に実施する l  チーム間の連携に課題がある場合は、他のチーム のミーティングをオブザーブ出来る
  6. 6. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n デイリースクラム l  各チーム毎に実施する l  情報共有を⾼高めるために、他のチームのミーティ ングをオブザーブ出来る
  7. 7. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n チームの代表者たちは、情報共有と連携を⾼高めるた めに、週に数回開催することが出来る l  スクラムオブスクラム l  オープンスペース l  タウンホールミーティング
  8. 8. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n 全体的なプロダクトバックログリファインメント l  参加者:チーム毎に2名 l  次回実施するであろうPBIの分割に集中する Ø 軽量量な分析 Ø ⾒見見積り • チーム間で共通した⾒見見積りのベースラインを確 保するためにクロスチームで⾒見見積もる
  9. 9. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n プロダクトバックログリファインメント l  1チームのスクラムと同様に⾏行行う l  同じ場所にいるのであれば Ø 同じ時間、1つの⼤大きな部屋で実施する Ø 各チーム別の壁を利利⽤用するなど
  10. 10. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n スプリントレビュー l  参加者:各チームごとに2名+プロダクトオーナー +ステークホルダー l  複数のエリアがある⼤大きな部屋で実施 Ø エリア毎にチームの代表が、そのチームによっ て開発されたフィーチャーをデモし、議論論する Ø ステークホルダーは興味のあるエリアに訪れ、 チームはフィードバックを記録する l  最初と最後は、全体的なフィードバックと整合性 を⾼高めるために、全員で議論論する
  11. 11. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. スクラムと異なるところ n 全体的なふりかえり l  タイムボックス:45分/1週間スプリント l  参加者:各チームごとに1名+スクラムマスター l  次のスプリントの最初の早い時期に開催 l  プロダクトや組織全体のための改善策の特定と改 善計画を⾏行行う。
  12. 12. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. LeSS Studyの紹介 n  毎⽉月1回開催予定 l  (開催⽇日時についてはイベントページ参照) n  翻訳したいところを翻訳して発表する⽅方式 l  全⽂文翻訳してもってくる必要はないが、あると嬉しい n  発表者は、2~3名(ボリュームによる) n  発表者の発表後、ディスカッションや翻訳の修正を⾏行行う形式 n  最終的に、LeSSのwebサイトの⽇日本語版が出来たらいいなぁ^^ •  イベントページ:Doorkeeper   •  https://less-‐‑‒study.doorkeeper.jp/ •  ディスカッショングループ:Facebook   •  https://www.facebook.com/groups/less.study/ •  タスク管理理:GitHub   •  https://github.com/LeSSStudy ※Doorkeeperに登録していただければ、イベント申し込み開始時に案内が届きます
  13. 13. ©2015 Kanataku,LLC Takao Kimura. Thanks n LeSS Webサイト l  http://less.works/ n Basとの橋渡し役をお願いした榎本さん

×