O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

PMBOKで学ぶマネジメント基本のキ

  • Seja o primeiro a comentar

PMBOKで学ぶマネジメント基本のキ

  1. 1. 自己紹介• 田中 宏幸• (株)イリンクス 社長 / プログラマー – 現在Vita、PS3、フィーチャーフォンで ゲームやエンジン等作ってます。• 一応プロマネの資格持ってます – 認定スクラムマスター (CSM) – PMI認定Project Management Professional• Twitter : swiftnest
  2. 2. PMBOKって何?• 「Project Management Body of Knowledge」 – 日本語訳:プロジェクトマネジメント知識体系• 「PMI」というプロジェクトマネジメントのデッカイ組織が作成 – 米国標準協会(ANSI)で米国標準規格として承認 – 会員は全世界154カ国参考:PMP(Project Management Professional)」の資格保持者 06年末 07年末 08年末 09年末 10年7月 10年11月日本 18,009名 22,414名 25,580名 27,591名 28,952名 29,542名世界 221,144名 268,802名 318,274名 361,238名 394,389名 409,159名 事実上プロジェクトマネジメントの国際標準
  3. 3. PMBOKを読んでみる■プロジェクトって何?• 定められた期間内に今までにはない目標を達成する – 「有期性」と「独自性」があるもの■プロジェクトの成功って何?• プロジェクトに課せられた様々な「制約事項」を満たし プロジェクトの目的が達成されたどうか• 制約事項:良くあるのは「スコープ(作業範囲)、タイム、コスト」 「完成が大幅に遅れたけど、皆で頑張り、学ぶことも多かった。 つまりこのプロジェクトは成功と言える!」 PMBOK的には失敗プロジェクト
  4. 4. 立ち上げ時• プロジェクト憲章を作成 – 要はプロジェクトの概要書 • スコープ (企画) – 「FPSで16人同時ネット対戦有り。舞台は…」 • ざっくりとしたスケジュールや予算、制約事項 • 成功基準 – 国内販売5万本、ファミ通でゴールド • 主要ステークホルダー(関係者) – クライアント、自社の管理部門 双方の同意が取れたらプロジェクト開始
  5. 5. スコープとコスト• スコープ – 企画書をズラズラーっと作業単位にリスト化 • 最初は大雑把で段階的に詳細 – PMBOKでは「段階的詳細化」という – スコープの変更はスケジュールなど全体に及ぶので プロジェクトの成功率に直結する • ゲームでは変更を抑制するのは難しいですが…• コスト – 予算を月毎にグラフにする • 人月、外注費、設備費
  6. 6. スケジュール• 基本はガントチャートやマイルストーン – 段階的詳細化• プロジェクトの進行状況を確認するだけでなく 作業待ちやクリティカルパスの確認にも有効• 見積る際はPERTや三点見積りを使うと良い – 三点見積り • (4×「通常値」+「悲観値」+「楽観値」)÷6 – この仕事多分5日で終わるけど、早ければ3日、最悪9日掛かるかな → (4 x 5 + 3 + 9) ÷ 6 = 5.3日
  7. 7. 人的資源とコミュニケーション• 人的資源 – チーム活動(朝会、勉強会) – チームメンバー育成(コストや時間が掛かる!) – 役割と責任→組織図• コミュニケーション – PMの仕事の80%はコミュニケーション – 方法(メール、掲示板、チャット) – 頻度と相手(上司やメンバー) • ここはなるべく立ち上げ当初に決めておく
  8. 8. 品質とリスク• 品質 – 品質の維持 • TDD,IC(Jenkins)、コードレビュー等 – レビューと改善 • 改善は結果よりプロセス(何故こうなったのか)を重視• リスク – 起こりうるリスクを予め想定し、対策を検討しておく • 例)ハードの発売日が伸びた、メンバーが揃わなかった • 主な対策:「回避」「転嫁」「軽減」「受容」 – PMBOKではかなり重要視
  9. 9. 調達• 調達する時期と内容 – 調達内容例)外注、ミドルウェア、機材等• 内外制分析 – 内部で製作するのか、それとも外から入手するのか• 評価基準とプロポーザル
  10. 10. まとめ• 大きなプロジェクトを動かすためには それ相応の準備や期間が必要• 予め準備しておくのと、いきあたりばったりでは プロジェクトの成功率が変わる• 基本的なマネジメントは覚えておいて損は無い • ただし、PMBOKの原書は非常に 難解なのでこの本から始めるのが オススメ

×