O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
:´

[-1::i二 │::[Ⅲ

:F

, _…

lj壼 li境 鋼 ,習 出 所
張

=

´

取 語 将 滞 織 食 踊彙ツ
l

1/4べ … ツ

o鍛 舘章 1歳 去 蘭熱渕
r情
(平 成 10午 4月 1蜜

条例第1...
-11-1:│:・

: :1:ヽ .I語 1111

」ま 計
i野 張 3「

勁
二/4′ 札 …1″

駆 ヨ
B制 1爾 織 曇 闘 窯 7理

す ると認 められ る鶴の.た だ し,孜 :こ 掲げ る情報 を除 くり
し
ア 事業...
11_1_::i:ι

i iliま FIttf置 鰤所
:「

烈 著 キ
臓 日 fll百 摯 霊1暇 所 ド
鼠ク
だ鷺曖

`

3ノ 4ヽ

´ ―‐ ´
■ 1´

2

醐
翼は,前 i硬 の撫定を しときき│ま ,驚 ゃ かに当...
3-11-fi:11::ニ ヤ 謝
:顎
li場 澱土所
釜 :=

戦調幅節 Щ雷椰策?1

:::ど

11:
百 こ
:二

・
・
・
噺4ヘ ー I「

‐
ケる。

6
7

委員 iま ,再 任 され るこ とがで きる。
ALュ...
1:-11-i:│:4illltl,正 舗
i11塀 蠣 出 所
野 張 :F
rlRtt l・I雷 取

ご う 3

、
1,1:i::li:

・ リ
曇 脚彙 欄 馳 偽嶋 員

1慮

^―

ナ

0鍮 舘芋 報公 開桑例施村規 a...
1- 1-I::こ
餞番

=再

'ユ

研 張 │「
壼所

:1館 lliS甘

/2ン ヽ__ン
嫁

」
爾数 曇 闘謝悧鵬 情籠鳳

8 審査会仲輩群は,賞菩 童管諜 沐いで処理する。
ノ
S Iの 規則 に宅める もの分 ほか,著...
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

飯舘村情報公開条例

1.119 visualizações

Publicada em

村HPに例規集がなくFAXで送付してもらったものにつき印字薄め

Publicada em: Notícias e política
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

飯舘村情報公開条例

  1. 1. :´ [-1::i二 │::[Ⅲ :F , _… lj壼 li境 鋼 ,習 出 所 張 = ´ 取 語 将 滞 織 食 踊彙ツ l 1/4べ … ツ o鍛 舘章 1歳 去 蘭熱渕 r情 (平 成 10午 4月 1蜜 条例第17号 ) 的} この条例は,村 が保 有す る公 文寿 の開拳む求 心 碁1在 瀞 明 心かにす るとと 1を もに,全 文書鼻闘示に関 し必要な事項 を定 め, もつて公正で開かれた村政 の実現 … 計 と村民主体C'村 政 停推進 に寄与 まることを目的 とす る, (定 義} 第2条 ≧織条例 におい て :次 の書号に掲 メ る用聯 織慧義 は,島 譲各号韓定める と こ為による。 (1)実 施機 胆 村長 ,議 会,紋 習委員会 ,選 挙管理委員会 :監 査委 風型農姿葬 員 会及び臓定資産評価審査委員会 をい う ゃ ィ (2)公 文書 実施維関 の職員 が馳務上作成 し′ェ は取槻 ″ 寓書 ,図 画及び写 た 真 であ 囃て,決 栽 ェ は回覧 の処理手続が終了 し、実施織問が現 に管理 してい る ものをい う J (実 施機麗骨 黄務 ) 第 3条 実施織 間:i夕 村民 の公文書僧鴨本 を求 め場権利 春尊重す るとともに:個 人 ′ に腱する情報がみだ りに公に され 懸 ことのない よ うに最大瞬の趣慮 新しな↓れ ば ナ な らない。 伸f用 者 申責群〕 4桑 襲の条例 に よる公文書の開示 な受けた者は 、それによぅで得 た情糖 をこ 欝 .の の 関的 i二 岬 して迪正 :こ 莉 し=第 二者 織権利 `撃手盛を晨害するこ との ない よ ノ 条例 l用 嗜 しな!'iれ ばならない。 うに (請 求権者) , .し 番 第3条 次に掲 げ各での は,実 施機謝 ご ン 対 て脅文書の開示 を請求可 こ とがで き る.た だ し,未 成年者 にあって 1ま ,法 定イ 九曇同意 を得なまればな らない。 t瑾 す ・ 載内に住所 を (1)村 0区 有す 場者 (2)村 の区斌内に事務所ス │■ 事灘計 を硝する側 ARび 癬人モ鍛絶 o鯖 体 43)村 停 区練 内に存す る事務肝ス は事業断に勤務す るお (4: 本 鍮区域 向に存す る学校 に在学す る者 ・ り (開 示 してはならなし 晴報) ・ 第C粂 実施機潤は,次 のキ号 に掲 げ感情報 についてほ)椰 ヨ し はな らないぅ 示 ,で il)静 十員 :■ 条例 (以 下 「帖十等」 とい う.)の 肌定 に より5廊 示す るこ がで き lと な い お基れてい る情報晨び賞施機関 孵椎限に属す 暮掛又は県備事務 に関 して ヽ 主群大臣等 か ら聞示 lィ て朦な らなや 旨幸指示が ある情報 (Ei 個人 :こ 関す る情報であって,特 定の個人が識別 され ,又 は識別 され得 るも 母.た だ し,次 :こ 掲 げ場情報を除 くゥ ア 法奮等 鎌規定により,中 丁 、 人 ち蘭覧す ることがで きる情報 イ 曇 華 るこ とを 曰的 と し'暉 黛 L機 関がチ成 [′ ,ス lま 取鋼‐ 情報 薄 夕 請 ヤ じた ` ウ 織十等 の規定 による詐可′免許 ,居 出導 ま際 L′ て こ 寅地織問が作成 し=ス │ま 取得 た情報であって,開 示す ることが仏盤 上必要 であ機と認 められ るもウ 13)法 人や め他 の団体 (国 及 tド 地拠ゝ 共団体を1魚 く。以下 『誌人等」 とい う。〕 ・ に聞す る情報工は事業を営む値 、 蓄議事難 :こ 蠅す る情報 であっ で,艶 示す 碁 昨 こ とによ つ.当 該義人等又は当誼筒メ り競争 上像i也 位 モ鑢他 中正 当な利 益な書 転 (目 第 1条 │` J・ ` L′ ,メ hmpi″ 1712つ .200鸞 14申 韓 relhl爵 権 へ 心 aぶ cぬ ぅ 島BOザ A● ゼ V峰 誠 .ば か Pri虹 ゴ t庫 2o13rl■ 4書 6 ´
  2. 2. -11-1:│:・ : :1:ヽ .I語 1111 」ま 計 i野 張 3「 勁 二/4′ 札 …1″ 駆 ヨ B制 1爾 織 曇 闘 窯 7理 す ると認 められ る鶴の.た だ し,孜 :こ 掲げ る情報 を除 くり し ア 事業活動にようて盤 じ,ス は生ず 碁おそポがあろ危害か ら人 働生命 ,身 体 れ ス │ま 健康を保護す るた轟│と ,闘 示 することが必要であると認 め ら 乙購織 iま 生ず るおそれが島与支障か イ 違法 X:A不 当な事業活動 によりて生 li,又 tす i生 認 i ら,人 の財蔵 又ま 活 を保護す るために.開 尋 る ■とが選要 であ苓と 議 ・ られ る情報 ‐ ・ ウ アス 1■ イ :二 掲ぽ る情報に準寸 る情報 Tあ つて,5憂 澤ずることが奮盤上必 要 で あると認 め られ るもの (聞 示 しない ことがで きる含文書) lて ヽ ァ 第 条 実施機 関,■ ,次 仲キ号脅 tず れ かに該 当す る情報が記録 きオ し こ奮it導 は,開 示 lノ おい ■とがで きる。 ` :L.く )iЁ 1デ l出 (1)付 の機 膚μ i壻曹 は機 臓靭 五工i■ 村 輸機 潤 と圏諄 (聞 1他 。 じ 曇書朝体 いう その他 の公共団悴工 │ま これ らに横す る公共的簡作を 。以下 こ織曝 !絵 おい て 「 } 同移 .)の 機関 とめ聞 :こ おけ碁害鵡 、検討】調 整 ,場 究等 の意思浮賊欄韓 :こ オ J購 :務 tす る 蝶 で あせて,開 薄 る ことによ摯:当 議事務事業員は1導 来 の向種 の帯 事 業 に係環意思,サ 成に若 trい 支障が1に fる と認 め られ るも昴 L,契 約,試 12)付 :ス は国等 の資間がイ さ綾査 ,監 壼 :争 訟 :交 渉 `渉 外 ,入 本 >て 験 ,供 軌、人事 や備他 の事務事業 に機す る情報であ ず ,そ の1性 質 上碧示す る こ とにより,当 議事務宇難精 しくiま 1手 来 幡同種 仰事器事業 の実施 仰 轟約がぜ な われ `翼 議 これ ら伸事務事業 伸金正鱗 iJく li岬 滑な芸地 に支障 が盤`ず ると認路 らオ る もの 〕 (3)村 の機腱Xは 回等 (や 撫間 とこ賀 14お ける協議 ,依 頼等 に関す る情報 であ十 てァ艶希ず 暮 言と:こ ボ リ,国 等 との協力関係 X!∫ 信機関係 が提なわれると飾 キ 7´ i・ 1・ l」 ら る11砂 れ (4)実 施織 開 (付 責を除 く,I ttWtに 村 僣執行機関轟附轟機 閣=専 F5蓄 員及び ■ れ らに類す る もの (以 下 「合議論 関帯 1と い う。)の 会議に靭す る情報 寸r爆 奪 1機 ‐ ぐ 1機 ,当 訊 舎 議市 僻等が闊示 L´ ない 旨を定 めてい ,6も の工 謙路示す ること│二 よ 1磯 り当護舎議市 開等 の肇正若 しく:■ 円滑な議事運営が著 しく機 なわれ ると認 4 られ るもの ・ :部 轟 闘示) ニ 第3条 実:蹴間は,開 ぷ請求 ト係 る食文書 :I前 晏各号めいずれ かに該 当す る部分 ‐ ,当 藤情報 ●記録 されて い る部分 とぐれ 34外 の部分 とな碁易 壼 が島る場合 !二 おを ■ に,か つ ,聞 難請求 の雄 旨を失 わない程度 iI分 離 でお昏基驚:ま ,同 条の規定はネ かわ らず .畜 該情報 が記録 されてい 櫛部分 を峨い て当該公文書を欄示 しケ│す れ 'I な りな い屯 {5]示 譜求釣手続 , iど 第9粂 公文書 の開示を請求 しよ うとす 尋ものi■ .喬 で 定めろ神求書 キ喜施織聞 i[ 提出 しなけれ ばな らない。 ただ し,合 壺 を 軽的 と して作成 された機 玄害■事実施 機簡が一般 !こ 会表 されるJぎ であると認 路た公文書にう tiま ,こ 伸離 りでな キ ,ヽ '` lJ [定 曇請 量 に対 す る事 等 ) ♂ ノ i′ I粂 節 10条 英 施機 関 :ま ごザ 砕捕 驚書 を受理 した ときサ 受 避 ヒた Fか ら耀算 ヒて i5 黎以内 に ,聞 予す るか ど うか仰決定 を しなけれ は 1ミ らな いぃ (F書 L斌 再 172,2',鼠 00`tll,ぱ 〃 Vittw.d中 ぽ oJЛ ak口 44b/抽 ぶ 栽 lぶ 0り藻 GIPi詠 静 働 011/12/24 .
  3. 3. 11_1_::i:ι i iliま FIttf置 鰤所 :「 烈 著 キ 臓 日 fll百 摯 霊1暇 所 ド 鼠ク だ鷺曖 ` 3ノ 4ヽ ´ ―‐ ´ ■ 1´ 2 醐 翼は,前 i硬 の撫定を しときき│ま ,驚 ゃ かに当議決定的内容を書面によ り 請求者だ通節 しなければならない薔 ただ ′当該決 定 が会文書 聡壺 吉 ついて当 :だ 該講求書き壼理 した 日肥閉希すも旨骨決定であ為ときはY爾 頭 に 1騰 Ⅲ斑卸 すろ二 とができる。 3 実施機関は,端 譲請求に係 る歌寛書ゃ全部員は一部を続示 し い 旨 (飾 ぶ J]規 ,.な 猟 公文書伸一書 掛示 しない場合 を含む。 )4,鉄 定を した ときli,蔵 ↑ Ci ]を ぶ│二 よ書 項 書面にその理由を記盤 ゴ ‐ ぉければな らないゃ この場 合 :こ 脚午て′当誼■ 責書緑金 襟 ・ 部又は一部に嗜いて円撃 する■とがで きる■ととな発i撹 饉が明 t,か でみるとき │ま ,当 該期 F:を 付記す 薔も の とす為日 4 実施機関 i■ )館 之 の鍔 定をす る場合 にお いて=当 Fl決 定に係 極養 吉番にlf'単 タ 項 ト の もの に関す る情報が記録 されてい 場とき│ま .あ らか じめ,そ 備 のの ノ を ま量む聴 く亀とがで きるぅ (開 示 の実施 i 11条 実施搬 欄(■ ,前 条第 1ギ 玲規定によ り当該、 書 を輝 第 力文 本す ると詩富 じ士 .よ きは,速 や■ こ イ 請求者 に対 t,て 喜議会 文書を粥示 Lノ なけれ′ らないを ばな }覇 1 公立書ζ 攣は,傲 三 文書の開賞若 <│ま 角萌北 に公 文書の事 を費青 "│ 島 こ と │こ よ り i薄 行う ど .二 中場合 :こ おい¨,当 惑俊文書鳩 捜 Lメ 若 lメ {職 投す るおそ声 し があるとなFュ は第3飛 仰焼富 │こ ょ り ヽ ■害 の一部 を騒示す雑と幸=そ 寺他相 当 み理由がある とき│ミ ,轟 i書合文書の5海 示 に代えて,嘉 譲去文書を 機竿 した も尋 を ‐ 開 党に決す 善二きができる。 (費 ,用 負担) 第 lE桑 前暴ゅ帆常 によ り 合文書 (砂 文書 な複 j早 した も。 を音む颯 Iの 事 二 吏手 な .ф つ 受けるものitlモ 中写 しの作成氏ぴ逝持に螢する貨的な負担 しなけ1■ ばな らな Lノ 1´ L″ ,牽 J・ い っ 群 〔 服 中立での手縦 } ・ 第 1撃 糸 請求椎還 は,事 lo条 郷 i項 め規定に よ拳隻1缶 朽 調申央地に却 JF暇 が あ尋 ち むきは,行 政 lⅧ 審査捨 (館 和ユ 法律第 1撃 0争 )中 焼宙 にょ 4ぶ 職中∴ やする 宰 :て ことがで き手F 2 実施機 湖は,的 項 の不服 申立てがあった場合 │:liま ,当 識ギ緻 叫 寸が興誦 申主 =立 期間経腱後であ機な ど明 らか記事 漉海 で島 るときな除 封,運 滞 な く,蝋 舘村情岬 公 鵬審費会 に 当誤不餓 中立で:こ 対する決 定スは裁農れゥ いで諮開 しなければな ら え ヽ 1し . 郡 実施機関は,前 :槻 緻規定による諮問に対す 鶴答 申を受 けた こさ,■ ・ ,Iれ き尊甫 ヽ 二て,当 銃不雌 甲立でに対す場終富■ は識投 を し よればな らなゃ. ,お {`府 報公腸審査会) 14条 前粂鮮2頃 縛規定に よ手翼施機蘭 鍛諮間 に応 を℃ 第 サ 響蹴 を行わや ろため.1■ 砂附属糧間 と し 織 て飯舘ォ 報費 開審 査 会 (以 下 端 査 会」 とぃ ぅ )を 戯 くさ :情 。 ・ 2 審査彙‡前項 a,害 識を行 ぅほか,情 織金 sF制 度 中運 営 :こ 欄 ・ 実施 機碑 に意見 よ て を述バ るこ とができ る。 3 警壷妻 ま,姿 員5ム で組織する. ま 4 審査会 め姜員 (単 下 『委員」とい わ。 ),ま ,学 謙疑散を有すろものの中か ら11`長 が低 す 碁。 `需 さ 書員 印犠 1場 ,■ ,r年 とする,た ソ ゴ 沢 の季量 伸低麟は,献 任 じ fし .鋪 者 残儀掃間 と `l′ `l・ tフ t予 il摯 】 F12ノ 露 │ :〕 .′ Д
  4. 4. 3-11-fi:11::ニ ヤ 謝 :顎 li場 澱土所 釜 := 戦調幅節 Щ雷椰策?1 :::ど 11: 百 こ :二 ・ ・ ・ 噺4ヘ ー I「 ‐ ケる。 6 7 委員 iま ,再 任 され るこ とがで きる。 ALュ 乱 審査 妻 ;ま ァ響議 の ため必 要 がある ときは .ギ 舅 率立メ 寅地機 関 中職員そ のit ,〈 の関係ム の出席を求めてき嵐組 ′ │ま 説明 き聴 き,ヱ は必要な調査 なす る ことが ‐ 季 きるぅ ヽ ′ 軍 委員 │ま ,職 務 L知 普 得た秘密 む派 らしてはな 場なヽ4モ 絆職 を邊 いた籠 色`駐 ‐ 糠 とづ るも 讐 前各項 に富寺る も伸の :霊 か`審 査会侍組織及び運営 iこ 灘 し必要な事項 ij,11・ 撮 が規 嵐 さ J・ 鳶串辱. Crp経 令等 と縛調整〕 (臨 l阜 糸 勉 の榛帝博 鞠境富:こ よ り,全 文書 繊蘭覧昔 じtは 縦覧ス 凛全 文書 の霧準 第 Lと 抄本そ の軌鍮写 の交付を式 めるこ ができ場場合 に燿け碁基譲公文 神の澪 i二 1示 十いては,ヽ 該法十等の定 めるところに よる。 1 t″ ト (適 用除タ ) 纂i椰 条 こ口彙帝 ,村 嘩施設 :こ おい て ,村 民母覇用 に供す ることき 繁的 として菅 Jは 1. Dい 理 :ノ てい 静掛文書 に′ では,適 用 しなヽ ` 2 第5条 か ら第1,1森 ま で備岨定は,平 成 10年 3月 31曰 以前 中体文書につ いて ,ま i轟 哨 L´ ない. 穐 (任 意β示) 17条 芸施機関は,像 5桑 ,こ 掲げ る彦 ト ものか ら会ユ春の関ホ請求があ ぃた ,と tタ の 節 糸 fる き,ス は節ぶ │二 掲 お も増か ら鱗桑第2項 に読定する彙 i虻 書の31示 請求があうた ときは,当 議公文書を開示す るよう 努めるもみ とするJ 2 第12条 の規定は,遺 ヤ 織規定による公 文書 (会 文書を棋 写 trた ibの を含む.)辱 項 写 しの賓‖ :こ ついで準弾 す る。 〔 実純績帆の公表) 市 去文書 躍開示 欝 18条 オ 長 ,ま ,毎 年 l饉1,共 施機関がこP,条 例 碑艤 常囃墨Jづ き行 う の実施軟屁 を取 りまと眸,3紙 す るもわとす る。 (情 報据儘活動 的売妄 ) 民が村改11卿 す 曇 郷 19条 実施機聞:■ ,『 縁条例 :こ 定め る公文書 件酬歳 ら議か`オ オ に得 られるよ う,広 裁彗懇 ,行 敏 資事 経装等命情報塁姜舗動 的丈喪 情報を容易 }の 公 間 の総合的な推駐に籍 める もめ とす る。 を図 り,情 報 (委 鮭) 0条 この条例の旅行 に関 Lメ 必要な事項 │ま ド実施機 関が定め苺。 第営 1 1 購 蠅 こ勁桑弼 ま7平 jttlCttlむ Л l目 か わ施行す る。 ■ と零条例 の施犠'ユ 曇性最初 i二 彙命 ぶれた飯館キ 研悔脅 鞘書豊 舎 昴委員 仲吾期 に f` ・ ついては,第 14条 第5項 の規定 :こ かかわ らず ,平 成 12年 】 31麟 まで とす るも 理 httF〃 272.槻 ',2寺 毛■14軌 鷲 躙 爪 壼 tticた ぽ ,哺 鬱 訥 Ⅵ 州 b/Ъ J3纂 0訂 F、喘 桑 ゴ 酬v.Jo “ 2申 13ノ 12ノ ″ こ 1
  5. 5. 1:-11-i:│:4illltl,正 舗 i11塀 蠣 出 所 野 張 :F rlRtt l・I雷 取 ご う 3 、 1,1:i::li: ・ リ 曇 脚彙 欄 馳 偽嶋 員 1慮 ^― ナ 0鍮 舘芋 報公 開桑例施村規 all l情 (平 成 11年 4月 1嬌 網鰐 T号 ) 1第 (趣 旨] この規則は,村 長が管襲‐ 4公 文書灘 る餓舘村情報 ぶ開条例 {平 成 19年 働 i係 〔 1第 17サ 。以下 「 舘村条儀 ,る 粂倒 Jと い う。)勢 施行 に関 し,1ふ 要な事項 を定 と も の とす る. (全 文書開離 請求 書) 第 2条 条例第審 め別 に富め薔請求書は,公 文書闘示請求書 (節 t号 様式)と する。 条 輸 文書開承請求 に対す 薔決定通知) 第3条 条例第 10条 篤奮 嗅本文の規定による遅韓 :ま ζ次の各 .弓 `に 掲げら区分,こ 応 じ 当該各骨:二 定 める通知誉 によ り うもの とする。 行 (1.)会 号株 .(2)公 文書 の全 部 を鵬示す る旨の綾定 を 文書田爺決定動 :書 (第 宮 式: 文寄 0-部 を聞示 す る旨の耕定 公文書部分脚 轟寓通知割 第3骨 様式: 1示 い 富保決定 公文書非聞示決定通知讐 (第 4号様式 l (3)公 文書の全部 を開示 しな (食 文書 の開示等) 第4粂 条例第 11粂 第 1項 の規定 に よる公 文書 鋤関 二 ′十景が指定す る 壁時 ■1メ 場 │ま ・行 所 にお い で うち鍮とする。 , 2 公文書を開 覧する著`は ,当 該豊文'害 をT寧 :こ 斑│い 扱 うととちに係員 の指 示に拠 ′ ヽ わなけれ,ifな らなも. 第 1条 4‐ , J` 3 事 長は,台 文書を閲覧す る者が、当譲公文れ ,改 ざん tノ ,汚 投 し,又 は破機 t, たとき,■ │■ これ らの行為を し うとした ときは,当 競全 文書 舟規 覧 を中1ヒ き rょ せ ,又 は彙1生 す學 ことがで きる。 ■ 条例第 ll条 第2項 に規定する去文書の写 し路交付 は,所 定の複写磯 による暢色低 写によるも0と L′ ,原 則 と して請求 l件 (■ つ き1_珈 :と す る. (費 用負担タ 7条 〕 第2項 :こ おいて雄用す る場合を青tr響 )の 規定 │二 彙ζ 第5条 条例第 12条 (桑 "i筆 奎 文書 の写 し 作成に要する費用は ィ業費 とし モ 伸餌 は″ 11文 にて き 燿 つ とす =1鋼 ろ。 風 (不 昇 申立ての 手続 ) ‐ 算6条 条側鱗 1彗 柴第 1項 の規宙に よる不層 申立 てiま ,公 文書開ぶ異議 申立書 (鰐 5号 曖 1で 様式)に よる ことう きる もの とす る。 (情 報公 弾審査会 鍔粗総及び運営) 7条 条制篤 14条 第 1項 に規定嗜 ろ慨詰■情 報公開害童叙 以下 F審 査会.1と い 第 う )に 会長を盤き,委 員 の互選 1通 よ り富め春. υ 2 会 撮は ,会 務 を総 理 し、書 査会 を代表す るし 3 会長 1郵 設が あるとき,ユ li会 長が大 けた ときは,あ らか じ跡会長 のi旨 名す る 榜員 がそゆ職務 を代理 する。 4 審査会 の会議 は,会 長が打集 し,会 長 が金継 の議長 となる。 5 審査会 わ会議 は,委 員r/J過 半数 が島席 しなければ脚 くことがで きない = 6 審査会 の会議 尋議事 は,出 席委員の過半数 で費 ,可 百同数 の よき,ま 、鍛氏 伸 う 終ギ る ところ:こ よるた ・ 7 条静 13条 第 1項 に規 定す 静不服 中立・ 係 る審査会 の会議 は,非 公 開 と 二 当 l第 てに 該奢査会 骨会議録は,こ れを開示 しな や. “ ヽ 1‐ lッ h亡 師 力 172.291200.並 110駆2Cik国 }.w絲 ん RJげ 鯖 佛 諄 80■ ■ で 嘉姜J「 14町 ′ o 貯 』 鮮 01,ノ 12F働 辱 ′
  6. 6. 1- 1-I::こ 餞番 =再 'ユ 研 張 │「 壼所 :1館 lliS甘 /2ン ヽ__ン 嫁 」 爾数 曇 闘謝悧鵬 情籠鳳 8 審査会仲輩群は,賞菩 童管諜 沐いで処理する。 ノ S Iの 規則 に宅める もの分 ほか,著 査会 的運営に関 とぶ姿 奮螺 :こ 漱l会 長 が審 査 会 に藤 つて定める゛ (実 施状腱 轄む表) 1表 第8条 巣倒語 lぶ 条 の規定 │こ よる実施状況 の■ は,闘 示継求件数 15g拳 │二 関すも 中 ・ iな 事項を村広報紙 に掲毅す 甚こと│こ 、 上 可 必要 決定の状況。不難 畔立 f中 績i電 を√ 也 り行 う 。 (縮 則 ) 第0条 ,■ │に この規 則に定めるものCiliか 12、 要キ事義は,村 幾 が却 定 め孫. 計 驚 の焼員 =I「 成 10年 10月 1は 1日 か ら施行 す るc 会議係) 第 1号 縦式 (第 二 公文書聞示請求書 [別 紙参哺] 第2号 様式 (釘 3幾 問任〕 奮文書閑示決定通撤帯 [別 1氏 参鷺] ヽ 路3号 様式 (第 3条 野係 ) 全文書部分闘示批蔵鷺無書 [別 紙参照1 第4号 様式 (第 3券 関係) 公文書非糊示糾定通知書 [別 紙参照] 第5号 様式 (第 6条 関係) 公 文書開示昇継 申立書 [男 [紙 参照i Ё ι ■ ht摯 :〃 172.鰈 、00,露 14Φ ギ dktili― webあ 鼻 /鰯 tF]聰 80等 懇 ギ inジ71ギ w′ dф 減事 2013/W26

×