O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

CIが分からない PE(SETエンジニア)の1年生がWebAPIの負荷テストを 背伸びしてCI運用した

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio

Confira estes a seguir

1 de 52 Anúncio

CIが分からない PE(SETエンジニア)の1年生がWebAPIの負荷テストを 背伸びしてCI運用した

Baixar para ler offline

ソフトウェアテスト自動化カンファレンス2022 | 2022.12.03

STAC2022

https://testautomationresearch.connpass.com/event/262132/

なぜ、CIにWebAPIの負荷テストを組み込もうと思ったのか?
そして、どのような戦略を立てたのか?さらに、戦略を実現するためのツール(Gatling)をどう選んだのか?をお話しします。
※ツールの機能はお話ししません。

ソフトウェアテスト自動化カンファレンス2022 | 2022.12.03

STAC2022

https://testautomationresearch.connpass.com/event/262132/

なぜ、CIにWebAPIの負荷テストを組み込もうと思ったのか?
そして、どのような戦略を立てたのか?さらに、戦略を実現するためのツール(Gatling)をどう選んだのか?をお話しします。
※ツールの機能はお話ししません。

Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Mais recentes (20)

Anúncio

CIが分からない PE(SETエンジニア)の1年生がWebAPIの負荷テストを 背伸びしてCI運用した

  1. 1. STAC2022 りふ 2022.12.03 CIが分からない PE(SETエンジニア)の1年生が WebAPIの負荷テストを 背伸びしてCI運用した
  2. 2. 自己紹介 2 n 会社 ・ウイングアーク1st n 経験 ・PE:1年目(1年生) ・QA:5年目 n 社外活動 ・JaSST Niigata 21年度:実行委員と登壇:QAとしての事例発表 22年度:実行委員長:テーマは可観測性・Observability @reflex4qa りふ
  3. 3. ご注意 3 n お話しすること ・導入の一歩前まで ・どんなツールを使ったのか?まで n お話ししないこと ・導入の後 ・運用事例 ・ツールの機能 ・New Relic 🙇
  4. 4. 今回お伝えしたいこと 2. いっぱいあるやるべきことを把握 3. 手をつけるべき基準を設定 4. 基準 をもとに手 をつけるべきことを 決定 5. 自分ができていることを把握 6. ちょっとの 背伸びでできることを 実行 1. ものごとを進めるきっかけ 4
  5. 5. 今回お伝えしたいこと 2. いっぱいあるやるべきことを把握 いっぱいある負荷テストのやるべきことを知る 3. 手をつけるべき基準を設定 自動テストの目的と合っているかどうか 4. 基準 をもとに 手 をつけるべきことを 決定 負荷 テスト から 自動 テスト の 目的 と 合 っていることを 見 つける 5. 自分ができていることを把握 PE 1年生のわたしのできていること( Ka ra t e、 Jen k in s ) 6. ちょっとの 背伸 びでできることを 実行 PE 1年生 のちょっと 背伸 びでできること(Gat lin g ) 1. ものごとを進めるきっかけ 負荷テストを進めるきっかけ わたしの 経験 5
  6. 6. 1. 負荷テストを進めるきっかけ 2. いっぱいあるやるべきことを把握 いっぱいある負荷テストのやるべきことを知る 3. 手 をつけるべき 基準を 設定 自動テスト の 目的と 合 っているかどうか 4. 基準をもとに手をつけるべきことを決定 負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 5. 自分 ができていることを 把握 PE 1年生 のわたしのできていること( Ka rate、 Jen k in s ) 6. ちょっとの背伸びでできることを実行 PE 1年生のちょっと背伸びでできること( Ga t lin g ) 1. ものごとを進めるきっかけ 負荷テストを進めるきっかけ わたしの 経験 6
  7. 7. 1. 負荷テストを進めるきっかけ 7 き っ か け 対 応 テ ス ト P O の 要 望 ① W e b A P I が 負 荷 が 大 き く ロ グ イ ン し づ ら い 現 象 が 発 生 ② 暫 定 対 応 サ ー バ ー の 台 数 を 増 や し て 負 荷 を 分 散 ④ 負 荷 が 小 さ く な っ て い る か テ ス ト ⑧ サ ー バ ー の 台 数 を 減 ら し て コ ス ト を 削 減 ③ 恒 久 対 応 原 因 を 調 査 し て 対 応 ⑦ 負 荷 が 減 っ た こ と を 確 認 ⑤ 継 続 で 対 応 し て テ ス ト ⑥ 自 動 テ ス ト が 得 意
  8. 8. 1. 負荷テストを進めるきっかけ 8 き っ か け 対 応 テ ス ト P O の 要 望 ① W e b A P I が 負 荷 が 大 き く ロ グ イ ン し づ ら い 現 象 が 発 生 ② 暫 定 対 応 サ ー バ ー の 台 数 を 増 や し て 負 荷 を 分 散 ④ 負 荷 が 小 さ く な っ て い る か テ ス ト ⑧ サ ー バ ー の 台 数 を 減 ら し て コ ス ト を 削 減 ③ 恒 久 対 応 原 因 を 調 査 し て 対 応 ⑦ 負 荷 が 減 っ た こ と を 確 認 ⑤ 継 続 で 対 応 し て テ ス ト ⑥ 自 動 テ ス ト が 得 意
  9. 9. 1. 負荷テストを進めるきっかけ 9 き っ か け 対 応 テ ス ト P O の 要 望 ① W e b A P I が 負 荷 が 大 き く ロ グ イ ン し づ ら い 現 象 が 発 生 ② 暫 定 対 応 サ ー バ ー の 台 数 を 増 や し て 負 荷 を 分 散 ④ 負 荷 が 小 さ く な っ て い る か テ ス ト ⑧ サ ー バ ー の 台 数 を 減 ら し て コ ス ト を 削 減 ③ 恒 久 対 応 原 因 を 調 査 し て 対 応 ⑦ 負 荷 が 減 っ た こ と を 確 認 ⑤ 継 続 で 対 応 し て テ ス ト ⑥ 自 動 テ ス ト が 得 意
  10. 10. 1. 負荷テストを進めるきっかけ 10 き っ か け 対 応 テ ス ト P O の 要 望 ① W e b A P I が 負 荷 が 大 き く ロ グ イ ン し づ ら い 現 象 が 発 生 ② 暫 定 対 応 サ ー バ ー の 台 数 を 増 や し て 負 荷 を 分 散 ④ 負 荷 が 小 さ く な っ て い る か テ ス ト ⑧ サ ー バ ー の 台 数 を 減 ら し て コ ス ト を 削 減 ③ 恒 久 対 応 原 因 を 調 査 し て 対 応 ⑦ 負 荷 が 減 っ た こ と を 確 認 ⑤ 継 続 で 対 応 し て テ ス ト ⑥ 自 動 テ ス ト が 得 意
  11. 11. 1. 負荷テストを進めるきっかけ 11 き っ か け 対 応 テ ス ト P O の 要 望 ① W e b A P I が 負 荷 が 大 き く ロ グ イ ン し づ ら い 現 象 が 発 生 ② 暫 定 対 応 サ ー バ ー の 台 数 を 増 や し て 負 荷 を 分 散 ④ 負 荷 が 小 さ く な っ て い る か テ ス ト ⑧ サ ー バ ー の 台 数 を 減 ら し て コ ス ト を 削 減 ③ 恒 久 対 応 原 因 を 調 査 し て 対 応 ⑦ 負 荷 が 減 っ た こ と を 確 認 ⑤ 継 続 で 対 応 し て テ ス ト ⑥ 自 動 テ ス ト が 得 意
  12. 12. 2.いっぱいある負荷テストのやるべきことを知る 2. いっぱいあるやるべきことを把握 いっぱいある負荷テストのやるべきことを知る 3. 手をつけるべき基準を設定 自動テストの目的と合っているかどうか 4. 基準 をもとに 手 をつけるべきことを 決定 負荷 テスト から 自動 テスト の 目的 と 合 っていることを 見 つける 5. 自分ができていることを把握 PE 1年生のわたしのできていること( Ka ra t e、 Jen k in s ) 6. ちょっとの 背伸 びでできることを 実行 PE 1年生 のちょっと 背伸 びでできること(Gat lin g ) 1. ものごとを進めるきっかけ 負荷テストを進めるきっかけ わたしの 経験 12
  13. 13. 2.いっぱいある負荷テストのやるべきことを知る 13 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 品 質 副 特 性 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る ※ 多 い の で 一 部 を 略 https://jstqb.jp/dl/JSTQB-SyllabusFoundation-PTSpecialist_Version2018.J01.pdf . . .
  14. 14. 3.自動テストの目的と合っているかどうか 2. いっぱいあるやるべきことを把握 いっぱいある負荷テストのやるべきことを知る 3. 手 をつけるべき 基準を 設定 自動テスト の 目的と 合 っているかどうか 4. 基準をもとに手をつけるべきことを決定 負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 5. 自分 ができていることを 把握 PE 1年生 のわたしのできていること( Ka rate、 Jen k in s ) 6. ちょっとの背伸びでできることを実行 PE 1年生のちょっと背伸びでできること( Ga t lin g ) 1. ものごとを進めるきっかけ 負荷テストを進めるきっかけ わたしの 経験 14
  15. 15. 3.自動テストの目的と合っているかどうか 15 欠陥を発見して、 開発者へ早いフィードバック 時間 変 更 欠 陥 原因はこれ !
  16. 16. 3.自動テストの目的と合っているかどうか 16 欠陥を発見して、 開発者へ早いフィードバック 時間 変 更 欠 陥 原因はこれ ! 欠陥を発見して、 開発者へ遅いフィードバック 時間 変 更 変 更 変 更 変 更 欠 陥 原因はどれ?
  17. 17. 3.自動テストの目的と合っているかどうか 17 欠陥を発見して、 開発者へ早いフィードバック 時間 変 更 欠 陥 原因はこれ ! 欠陥を発見して、 開発者へ遅いフィードバック 時間 変 更 変 更 変 更 変 更 欠 陥 原因はどれ? ✔ 手をつけるべきことの基準
  18. 18. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 2. いっぱいあるやるべきことを把握 いっぱいある負荷テストのやるべきことを知る 3. 手をつけるべき基準を設定 自動テストの目的と合っているかどうか 4. 基準 をもとに 手 をつけるべきことを 決定 負荷 テスト から 自動 テスト の 目的 と 合 っていることを 見 つける 5. 自分ができていることを把握 PE 1年生のわたしのできていること( Ka ra t e、 Jen k in s ) 6. ちょっとの 背伸 びでできることを 実行 PE 1年生 のちょっと 背伸 びでできること(Gat lin g ) 1. ものごとを進めるきっかけ 負荷テストを進めるきっかけ わたしの 経験 18
  19. 19. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 19 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る 着目 する 観点 はどれが 早 い フィードバック ができ るのか?
  20. 20. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 20 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る
  21. 21. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 21 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 ツ ー ル で 完 結 サーバーに問い合わせ 高 性 能 マ シ ン 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る
  22. 22. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 22 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る
  23. 23. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 23 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る ✔ 手をつけるべきこと
  24. 24. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 24 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る 負 荷 テ ス ト と い う 言 葉 だ と 含 ま れ る
  25. 25. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 25 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 負 荷 テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト 時 間 効 率 性 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ レ ス ポ ン ス タ イ ム C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る ✔ 性能劣化を時間観点で検知
  26. 26. 4.負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 26 テ ス ト タ イ プ 着 目 す る 観 点 測 定 す る 値 計 測 に 必 要 な 時 間 自 動 テ ス ト 目 的 ◯ ◯ テ ス ト 拡 張 性 テ ス ト ス ト レ ス テ ス ト X X X 性 Y Y Y 性 キ ャ パ シ テ ィ Z Z Z C P U 使 用 量 同 時 ユ ー ザ ー 数 早 い 遅 い 遅 い 早 い フ ィ ー ド バ ッ ク が で き る そ の 観 点 も テ ス ト す る の か
  27. 27. 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 2. いっぱいあるやるべきことを 把握 いっぱいある 負荷 テスト のやるべきことを 知 る 3. 手 をつけるべき 基準を 設定 自動テスト の 目的と 合 っているかどうか 4. 基準をもとに手をつけるべきことを決定 負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 5. 自分ができていることを把握 PE 1年生のわたしのできていること( Ka ra t e、 Jen k in s ) 6. ちょっとの 背伸 びでできることを 実行 PE 1年生 のちょっと 背伸 びでできること(Gat lin g ) 1. ものごとを進めるきっかけ 負荷テストを進めるきっかけ わたしの 経験 27
  28. 28. 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 28 K a r a t e に よ る テ ス ト コ ー ド 実 装 P R を 作 成 P R を レ ビ ュ ー m a i n に m e r g e P E ( わ た し ) D ev G i t H u b の P u l l R e q u e s t を 使 用 し た 開 発 プ ロ セ ス 開発プロセス
  29. 29. 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 29 Ka rat e に よ る テ ス ト コ ー ド 実 装 P R を 作 成 P R を レ ビ ュ ー m a i n に m e rg e P E ( わ た し ) D ev G i t H u b の P u l l R e q u e s t を 使 用 し た 開 発 プ ロ セ ス 開発プロセス https://github.com/karatelabs/karate
  30. 30. 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 30 Ka rat e に よ る テ ス ト コ ー ド 実 装 P R を 作 成 P R を レ ビ ュ ー m a i n に m e r g e P E ( わ た し ) D ev P o s t m a n に よ る テ ス ト コ ー ド 実 装 G i t H u b の P u l l R e q u e s t を 使 用 し た 開 発 プ ロ セ ス 過 去 開発プロセス
  31. 31. 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 31 Bad Good
  32. 32. J e n k i n s 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 32 プ ロ ダ ク ト コ ー ド を 実 装 M a i n に m e rg e 開 発 環 境 に デ プ ロ イ す る J o b が 実 行 K a r a t e の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト 結 果 が 格 納 テ ス ト 結 果 が チ ャ ッ ト に 通 知 CIプロセス
  33. 33. 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 2. いっぱいあるやるべきことを 把握 いっぱいある 負荷 テスト のやるべきことを 知 る 3. 手 をつけるべき 基準を 設定 自動テスト の 目的と 合 っているかどうか 4. 基準をもとに手をつけるべきことを決定 負荷テストから自動テストの目的と合っていることを見つける 5. 自分ができていることを把握 PE 1年生のわたしのできていること( Ka ra t e、 Jen k in s ) 6. ちょっとの 背伸 びでできることを 実行 PE 1年生 のちょっと 背伸 びでできること(Gat lin g ) 1. ものごとを進めるきっかけ 負荷テストを進めるきっかけ わたしの 経験 33
  34. 34. 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 34 わたしの入社する前の資産 n 負荷テストのツールは、Jmeter n 負荷テストの実行は、Jenkins
  35. 35. 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 35 n 負荷テストのツールは、Jmeter n 負荷テストの実行は、Jenkins わたしの入社する前の資産 わたしのできていることの 背 伸 び で で き な い
  36. 36. 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 36 Jm eter が 辛 いので xm l で レビューしずら いので 背 伸 び で で き な い 背 伸 び で で き な い
  37. 37. J e n k i n s J e n k i n s 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 37 プ ロ ダ ク ト コ ー ド を 実 装 M a i n に m e r g e 開 発 環 境 に デ プ ロ イ す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト 結 果 が 格 納 テ ス ト 結 果 が チ ャ ッ ト に 通 知 J M e t e r の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 J M e t e r の テ ス ト 結 果 が 格 納 J m e t e r 用 の J e n k i n s が 追 加 CIプロセス
  38. 38. J e n k i n s J e n k i n s 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 38 プ ロ ダ ク ト コ ー ド を 実 装 M a i n に m e r g e 開 発 環 境 に デ プ ロ イ す る J o b が 実 行 K a r a t e の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト 結 果 が 格 納 テ ス ト 結 果 が チ ャ ッ ト に 通 知 J M e t e r の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 J M e t e r の テ ス ト 結 果 が 格 納 J m e t e r 用 の J e n k i n s が 追 加 見る場所は1ヶ所にしたいがやり方が 分からないので CIプロセス 背 伸 び で で き な い
  39. 39. J e n k i n s J e n k i n s 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 39 プ ロ ダ ク ト コ ー ド を 実 装 M a i n に m e r g e 開 発 環 境 に デ プ ロ イ す る J o b が 実 行 K a r a t e の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト 結 果 が 格 納 テ ス ト 結 果 が チ ャ ッ ト に 通 知 J M e t e r の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 J M e t e r の テ ス ト 結 果 が 格 納 J m e t e r 用 の J e n k i n s が 追 加 見る場所は1ヶ所にしたいがやり方が 分からないので 別の Jen k in s との 連携 が分 からないので CIプロセス 背 伸 び で で き な い 背 伸 び で で き な い
  40. 40. 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 40 n 負荷テストのツールは、Jmeter n 負荷テストの実行は、Jenkins わたしの入社する前の資産 ✔ わたしのできていることの ことは を使用すること 背 伸 び で で き る Gat lin g https://github.com/karatelabs/karate/tree/master/karate-gatling
  41. 41. G at li n g 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 41 K a r a t e に よ る テ ス ト コ ー ド 実 装 P R を 作 成 P R を レ ビ ュ ー m a i n に m e rg e P E ( わ た し ) G i t H u b の P u l l R e q u e s t を 使 用 し た 開 発 プ ロ セ ス • コード ベース で レビュ ー しやす い 開発プロセス 背 伸 び で で き る ので
  42. 42. G a t l i n g 6.PE1年生のちょっと背伸びでできること(Gatling) 42 Ka rat e に よ る テ ス ト コ ー ド 実 装 P R を 作 成 P R を レ ビ ュ ー m a i n に m e r g e P E ( わ た し ) G i t H u b の P u l l R e q u e s t を 使 用 し た 開 発 プ ロ セ ス • コード ベース で レビュ ー しやす い • Ka rateに パッケ ージング • Gat lin g から Ka rateを 呼 べる • サンプ ルコード も 多 い 開発プロセス 背 伸 び で で き る ので
  43. 43. J e n k i n s G a t l i n g 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 43 G at li n g 開 発 環 境 に デ プ ロ イ す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト 結 果 が 格 納 • 実行が同じようなコマンド(m vn )でで きる • 同じ Jobで実行できる CIプロセス 背 伸 び で で き る ので
  44. 44. J e n k i n s G at li n g 5.PE1年生のわたしのできていること(Karate、Jenkins) 44 G a t l i n g 開 発 環 境 に デ プ ロ イ す る J o b が 実 行 Ka rat e の テ ス ト が 実 行 す る J o b が 実 行 K a r a t e の テ ス ト 結 果 が 格 納 • 実行 が 同 じような コマン ド(mvn ) ででき る • 同 じ Jobで 実行 できる • Jen k in s にGat lin g プラグイン がある • 結果も 同じ1 ヶ所 に格納 できる CIプロセス 背 伸 び で で き る 背 伸 び で で き る ので ので https://plugins.jenkins.io/gatling/
  45. 45. 今回お伝えしたいこと(再掲) 2. いっぱいあるやるべきことを 把握 3. 手 をつけるべき 基準 を 設定 4. 基準 をもとに手 をつけるべきことを 決定 5. 自分ができていることを把握 6. ちょっとの背伸びでできることを実行 1. ものごとを 進めるきっかけ 45
  46. 46. 全体像を把握 2. いっぱいあるやるべきことを 把握 3. 手 をつけるべき 基準 を 設定 4. 基準 をもとに手 をつけるべきことを 決定 5. 自分ができていることを把握 6. ちょっとの背伸びでできることを実行 1. ものごとを 進めるきっかけ 46 全体像を把握
  47. 47. “やるべきこと”を決定 2. いっぱいあるやるべきことを 把握 3. 手 をつけるべき 基準 を 設定 4. 基準をもとに手をつけるべきことを決定 5. 自分ができていることを把握 6. ちょっとの 背伸びでできることを 実行 1. ものごとを進めるきっかけ 47 全体像を把握 やるべきこと
  48. 48. “やらないこと”も決定 2. いっぱいあるやるべきことを把握 3. 手をつけるべき基準を設定 4. 基準 をもとに手 をつけるべきことを 決定 5. 自分ができていることを把握 6. ちょっとの 背伸びでできることを 実行 1. ものごとを 進めるきっかけ 48 全体像を把握 やらないこと やるべきこと
  49. 49. “やらないこと”を決めるのが ものごとを進める戦略 2. いっぱいあるやるべきことを把握 3. 手 をつけるべき 基準 を 設定 4. 基準 をもとに手 をつけるべきことを 決定 5. 自分 ができていることを 把握 6. ちょっとの 背伸びでできることを 実行 1. ものごとを進めるきっかけ 49 全体像を把握 やらないこと ↓ 戦うべきないところを決める ↓ 戦いを略する ↓ 戦略 やるべきこと
  50. 50. ものごとを進めるには、”やるべきこと”から考えがち 2. いっぱいあるやるべきことを 把握 3. 手 をつけるべき 基準 を 設定 4. 基準をもとに手をつけるべきことを決定 5. 自分ができていることを把握 6. ちょっとの 背伸びでできることを 実行 1. ものごとを進めるきっかけ 50 やるべきこと
  51. 51. 全体像を把握してからやらないことを決めるとスムーズ 2. いっぱいあるやるべきことを 把握 3. 手をつけるべき基準を設定 4. 基準をもとに手をつけるべきことを決定 5. 自分 ができていることを 把握 6. ちょっとの背伸びでできることを実行 1. ものごとを 進めるきっかけ 51 全体像を把握 やらないこと ↓ 戦略 やるべきこと テ ス ト 計 画 非 テ ス ト 対 象 の テ ス ト ア イ テ ム テ ス ト 計 画 テ ス ト 対 象 の テ ス ト ア イ テ ム 資 源 効 率 性 キ ャ パ シ テ ィ J M e t e r 性 能 劣 化 を 時 間 観 点 で 検 知 G a t l i n g
  52. 52. STAC2022 りふ 2022.12.03 以上です

×