O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

20161023 srws第五回補足新しいrob評価 紹介

607 visualizações

Publicada em

Risk of Bias tool 2.0の紹介です。亀田の系統的レビューワークショップではこちらでプロトコルを作成する予定です。

Publicada em: Saúde e medicina
  • Seja o primeiro a comentar

20161023 srws第五回補足新しいrob評価 紹介

  1. 1. 系統的レビュー研究計画書作成ワークショップ 第五回補足 RoB 2.0 toolの紹介 尼崎総合医療センター Hospital Care Research Unit 辻本啓 片岡裕貴 京都大学大学院 辻本康 滋賀医科大学 岡見雪子 平大樹 山本晴香 精治寮病院 阪野正大 亀田総合病院 総合内科 佐田竜一
  2. 2. このコースの目標 • 各参加者が興味を持つ臨床疑問を洗練した 上で、実施に足るレベルの系統的レビュー の研究提案書を完成させる 2
  3. 3. 今日の目標 • 新しいRisk of Bias toolの使い方が説明出 来る 3
  4. 4. 変更の背景 用語の整理 (以前は同じ名前で違うバイアスを示すような 混乱があった e.g. selection bias) 研究デザイン (cluster-randomized trials ) によってドメインを追加する必要性があった GRADEに合わせて(一部は)アウトカムごとに はRoB評価する必要性が出てきた 4
  5. 5. 改善点への感想 より評価がclearに文面化されるようになった! 迷わなくなったかもしれない! しかし大変! 5
  6. 6. 変更点:目的ごとにツールを分けた 2種類 • “Intention to treatの効果”を見たい場合 the effect of assignment to the interventions at baseline (regardless of whether the interventions are received during follow-up) • “Per-protocolの効果”を見たい場合 the effect of starting and adhering to the interventions as specified in the trial protocol. 6
  7. 7. 変更点:研究デザインごとにツールを分けた 3種類 • Individually randomized, parallel group trials • Cluster randomized, parallel group trials • Individually randomized, cross-over trials 7
  8. 8. 変更点:研究の結果を意識して評価するようになった RoBツールに以下を記述するようになった • どのアウトカムを評価するのか • そのアウトカムの効果推定値 8 全部のアウトカムに対して個別に評価するのか?というの はまだ決まっていない!
  9. 9. ドメインが7個から、5個に減って、総合評価をする! 1. ランダム化プロセスでのBias (arising from the randomization process) 2. 介入効果に影響するBias (due to deviations from intended interventions) 3. 欠測アウトカムによるBias (due to missing outcome data) 4. アウトカム測定に関するBias (in measurement of the outcome) 5. アウトカム報告に関するBias (in selection of the reported result) >>総合評価! 9
  10. 10. 参考) 今までの7つのドメイン 1. ランダム割り付け手順の評価 (random sequence generation) 2. 割り付け隠蔽の評価 (selection bias) 3. 患者と医療者の盲検方法の評価 (performance bias) 4. アウトカム評価者の盲検の評価(detection bias) 5. 欠測アウトカムの評価(attrition bias) 6. 報告バイアスの評価(reporting bias) 7. その他のバイアス評価 10
  11. 11. 今までの7つのドメインから減ったところ 1. ランダム割り付け手順の評価 (random sequence generation) 2. 割り付け隠蔽の評価 (selection bias) >>まとめて1のランダム化プロセスでのBiasへ 7. その他のバイアス評価 >>なくなった 11
  12. 12. 評価は各ドメインごとに3種類 (Unclearがなくなった) 1. High Risk of Bias 2. Low Risk of Bias 3. Some concerns バイアスの影響も評価する (分かれば) Favors experimental / Favors comparator / Towards null /Away from null / Unpredictable 12
  13. 13. 評価は各ドメインごとに3種類 ドメインごとにSignaling questionが付い ており、ドメインごとの評価の再現性、透 明性が向上している 13
  14. 14. 1. ランダム化プロセスでのBias (arising from the randomization process) 1.1 ランダム割り付けの作成の評価 (Random sequence generation) 1.2 割り付けが隠蔽されているか (Allocation concealment) 14
  15. 15. 2. 介入効果に影響するBias (due to deviations from intended interventions) 2.1 患者が割りつけを知っているか (performance bias) 2.2 医療者が割りつけを知っているか (performance bias) 2.3-2.5は 2.1-2.2でY/PY/NI だった際の影響の詳細 な評価 15 Y: yes/ PY: probably yes/ NI: no information
  16. 16. 欠測アウトカムによるBias (due to missing outcome data) 3.1 ランダム割り付けされた患者のデータは すべて/ ほとんど利用可能か? 3.2-3.3 3.1でN/PN/NIだった際にその影響の評価 16 N: no/ PN: probably no/ NI: no information
  17. 17. アウトカム測定に関するBias (in measurement of the outcome) 4.1 アウトカム評価者に介入割り付けが知ら されているか 4.2 4.1でY/PY/NIだった際にその影響の評価 17 Y: yes/ PY: probably yes/ NI: no information
  18. 18. アウトカム報告に関するBias (in selection of the reported result) • 報告されたアウトカムは以下のなかから 結果によって選択されていそうか? • 5.1 multiple measurement から • 5.2 multiple analysis から 18
  19. 19. 総合評価 Low risk of bias すべてのドメインでLow risk of biasの場合は これ! Some concerns Some concernsが少しある場合はこれ! High risk of bias 一つでもHigh risk of biasの場合/ Some concernsが多く結果に影響しそうならこれ! 19
  20. 20. 今日の目標 • 新しいRisk of Bias toolの使い方が説明出 来る 20
  21. 21. 参考文献 Cochrane handbook for Systematic Reviews of Interventions [internet] available from http://community.cochrane.org/handbook RoB 2.0 tool https://sites.google.com/site/riskofbiastoo l/welcome/rob-2-0-tool Revised Cochrane risk of bias tool for randomized trials (RoB 2.0)

×