O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

事業承継支援研修資料301001

24 visualizações

Publicada em

中小企業経営改善計画策定支援研修の事業承継支援の資料です。

Publicada em: Negócios
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

事業承継支援研修資料301001

  1. 1. 「中小企業経営改善計画策定支援研修」 理論研修 中小企業支援の多様化・複雑化への対応 ②事業承継 2 0 1 8 年 1 0 月 1 日
  2. 2. 中小企業経営改善計画策定支援研修(理論研修) 第1回 企業の経営力把握分析 (財務分析、成長性分析、新規性) 第2回 中小企業の実態把握分析 (数値的アプローチ、戦略的アプローチ) 第3回 経営改善・事業計画策定の流れ 第4回 中小企業支援の多様化・複雑化への対応 (創業支援、事業承継、事業再生、海外展開) 総合演習 2©税理士法人田中経営会計事務所
  3. 3. 今日のゴール 3©税理士法人田中経営会計事務所 認 定 支 援 機 関 と し て 事 業 承 継 の 相 談 に の る ▶事業承継の知識を身につける(What) ▶支援者としてどうあるべきか(How) ▶事業承継支援の実際(Trial)
  4. 4. 田中 慎 〔Shin Tanaka〕 1982 大阪府東大阪市生まれ → 兵庫県三田市 2001 兵庫県立北摂三田高校卒業 2005 大阪市立大学 経済学部経済地理学専攻 卒業 2005 税理士事務所勤務 2012 税理士登録 2014 VBAエキスパート Excel Standard 取得 2015 中小企業診断士登録 2016 税理士法人田中経営会計事務所 設立 2017 京都市ソーシャルイノベーション研究所 SILK イノベーションコーディネーター〔非常勤〕 4©税理士法人田中経営会計事務所
  5. 5. 「事業承継ガイドライン」について(概要) 中小企業庁 事業承継支援が求められる社会的な背景 5
  6. 6. なぜ事業承継が重要なのか ▶明日、社長がいなくなったらどうするの? ▶後継者が育っていない、業績が上がってから・・・ ▶社長自身が重要性に気づくこと 6
  7. 7. 事業承継に関する現状と課題について 平成28年11月28日 中小企業庁 事業承継の準備はすすんでいない 7
  8. 8. いつ継がせるか ▶代表者は60歳を超えたら。 ▶後継者の年齢は? ▶ 40歳以上の承継は「もっと早い方が良かった」割合が高い。(白書2013) ▶社長としての訓練は? ▶「その時」を決めて、必要な準備をし、譲る。 ▶業績不振なのに事業承継? 8
  9. 9. 事業承継に関する現状と課題について 平成28年11月28日 中小企業庁 事業承継は企業にとって成長の機会 9
  10. 10. 「事業承継マニュアル」中小企業庁 事業承継について誰に相談しますか? 10
  11. 11. 事業承継に関する現状と課題について 平成28年11月28日 中小企業庁 相談しても解決するとは思えなかった 11
  12. 12. 事業承継に関する現状と課題について 平成28年11月28日 中小企業庁 専門知識を有していないから苦手で、、、 12
  13. 13. 「事業承継マニュアル」中小企業庁 事業承継の構成要素ってなに? 13
  14. 14. 「中小企業白書2017」 事業の引継ぎを検討するために必要な支援は? 14
  15. 15. 「中小企業白書2014」 事業承継後の取組と事業承継後の業績変化 15
  16. 16. 「中小企業白書2014」 事業承継後の新しい取組 16
  17. 17. どうして事業承継支援が必要? ▶小規模事業者の現状 ▶すすんでいない事業承継 ▶いつ継がせるか? ▶誰に相談するか? ▶事業承継支援で各専門家ができること 17
  18. 18. 事業承継に関する現状と課題について 平成28年11月28日 中小企業庁 事業承継って具体的にどう支援するの? 18
  19. 19. 「事業承継ガイドライン」について(概要) 中小企業庁 事業承継ガイドライン(平成28年12月 中小企業庁) 19
  20. 20. 「事業承継ガイドライン」について(概要) 中小企業庁 事業承継に向けた5ステップ 20
  21. 21. 「事業承継ガイドライン」について(概要) 中小企業庁 事業承継の支援体制(事業承継ニーズを掘り起こす) 21
  22. 22. 中小企業の事業承継に関する 集中実施期間について (事業承継5ヶ年計画) 平成29年7月 中小企業庁 事業承継に向けた集中的な取組に関する工程表 22
  23. 23. 平成平成29年度補正事業承継補助金 事業承継補助金 23
  24. 24. 事業承継マニュアル 中小企業庁 24
  25. 25. 事業承継税制の改正 25
  26. 26. ローカルベンチマークの活用ー経済産業省 26
  27. 27. ローカルベンチマークの活用ー経済産業省 27
  28. 28. 「中小企業白書2013」 具体的に関心のある事業承継支援は? 28
  29. 29. 誰に継がせるのか? ▶直系親族 ▶従業員による承継 ▶M&A ▶後継者に少なくとも過半数、できれば2/3以上の議決権 ▶株主の整理は誰の責任? ▶税法の株価は時価純資産価額を上限 29
  30. 30. 個人資産の引き継ぎ ▶「後継者への事業の集中」と「その他の相続人への配慮」の2つの観点 ▶何が平等な承継か? ▶個人資産の移転と会社からの報酬 30
  31. 31. 「中小企業白書2013」 後継者の選定と養成の相談先は異なる 31
  32. 32. 後継者の養成 ▶スケジュールを明確に ▶場と役割を与える ▶社長や支援者による「問いかけ」 32
  33. 33. 「中小企業白書2014」 中小企業支援機関同士の連携状況 33
  34. 34. 事業承継をどう支援する? ▶事業承継ガイドライン・事業承継マニュアルの活用 ▶5つのステップなど手順を明確に ▶誰に継がせるか? ▶後継者の養成 ▶支援機関同士の連携 34
  35. 35. 今日のゴール 35©税理士法人田中経営会計事務所 認 定 支 援 機 関 と し て 創 業 の 相 談 に の る ▶創業の知識を身につける(What) ▶支援者としてどうあるべきか(How) ▶創業支援の実際(Trial)
  36. 36. 人口減少社会は未知の世界 ©税理士法人田中経営会計事務所 36 https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/15/dl/1-00.pdf
  37. 37. グローバル・メガトレンド(SDGs) ©税理士法人田中経営会計事務所 37
  38. 38. SDGsの観点はビジネスに必須になっている ©税理士法人田中経営会計事務所 38 SDGs Compass SDGsの企業行動指針 https://sdgcompass.org/wp-content/uploads/2016/04/SDG_Compass_Japanese.pdf
  39. 39. 人生100年時代に必要な生き方 ©税理士法人田中経営会計事務所 39 「人生100年時代」を踏まえた 「社会人基礎力」の見直しについて 平成29年10月 産業人材政策室 http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sansei/jinzairyoku/jinzaizou_wg/pdf/001_02_00.pdf
  40. 40. Will・Can・Mustで考えるキャリア ©税理士法人田中経営会計事務所 40 Will MustCan やりたいこと できること 求められること
  41. 41. 知識を伝えるその前に(プロセスコンサルテーション) ©税理士法人田中経営会計事務所 41 ●コミュニケーションの根幹は「心理的安全性」 ●支援者から先に心を開くことで、より良い関係性が築ける ●「答え」ではなく、「問い」を通じて対話する ・あなたは仕事を通じて何を得たいですか? ・そのなぜ必要ですか? ・何をもっていい仕事をしたと言えますか? ・なぜ今の仕事を選んだんですか? ・去年の仕事と今年の仕事はどうつながっていますか? ・あなたの一番の強みは何ですか? ・あなたは、いまどんなサポートが必要ですか? 「世界最高のチーム」ピョートル・フェリクス・グジバチ
  42. 42. 支援者の役割は“社会に価値を提示すること” ©税理士法人田中経営会計事務所 42
  43. 43. 今日のゴール 43©税理士法人田中経営会計事務所 認 定 支 援 機 関 と し て 事 業 承 継 の 相 談 に の る ▶事業承継の知識を身につける(What) ▶支援者としてどうあるべきか(How) ▶事業承継支援の実際(Trial)
  44. 44. 会社の問題は、働き方改革なのか、事業承継なのか 44©税理士法人田中経営会計事務所 【製造業 売上高4億 社員数20名 毎年3~4人離職】 ●経営者ヒアリング 生活残業が多い。会議をしても残業食を出してほしいとかばかり。 給与引き上げてもいいので残業を減らしたい。 ●従業員ヒアリング スタートとゴールがはっきりしない。 施策が場当たり的。 会社は好きだから今のメンバーでできればやっていきたい。 ちゃんと見てくれていないと感じる。経営陣と話す機会がない。 社長と専務の言ってることが違う。
  45. 45. 会社の問題は、働き方改革なのか、事業承継なのか 45©税理士法人田中経営会計事務所 【不動産賃貸業 売上高18億 社員数80名】 ●経営者ヒアリング 社員のボトムアップで意見を出してほしい。休暇をきちんととれるようにしたい。 業務の私物化をなくしたい。お互いを助け合えるような会社風土に。 ●従業員ヒアリング 会長と社長の両方のどちらの話を聞けばいいかわからない。 人事異動のねらいが伝わらない。 ミドルマネジメントがビジョンを共有していない。 経営陣と現場が意見を交換する場がない。

×