O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

スタートアップ・ファイナンス勉強会特別篇 「資金調達のアウトラインとファーストステップ」

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio

Confira estes a seguir

1 de 28 Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Diapositivos para si (20)

Quem viu também gostou (20)

Anúncio

Semelhante a スタートアップ・ファイナンス勉強会特別篇 「資金調達のアウトラインとファーストステップ」 (20)

Mais de schoowebcampus (20)

Anúncio

Mais recentes (20)

スタートアップ・ファイナンス勉強会特別篇 「資金調達のアウトラインとファーストステップ」

  1. 1. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. スタートアップ・ファイナンス勉強会スタートアップ・ファイナンス勉強会スタートアップ・ファイナンス勉強会スタートアップ・ファイナンス勉強会 特別編特別編特別編特別編 資金調達のアウトラインとファーストステップ資金調達のアウトラインとファーストステップ資金調達のアウトラインとファーストステップ資金調達のアウトラインとファーストステップ 2014年8月18日 ブレイクポイント株式会社 代表取締役 若山泰親
  2. 2. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 2 ブレイクポイントの紹介(1) ミッション イノベーションに挑むベンチャー企業の価値創造と 成長を支援することにより、より良い社会を実現する ビジョン 卓越したイノベーション支援能力を有する、 世界的にもユニークなインキュベーター
  3. 3. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 3 ブレイクポイントの紹介(2) 提供価値 場所 経験 知見 励まし ネットワーク (資金、販路等) 起業の成功確率を高めるサービス ベンチャーの成長速度を高めるサービス 詳細:http://www.incubation-center.com/
  4. 4. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 4 ブレイクポイントの紹介(3) アウトライン 都内4箇所運営・関与するセンター 約110社現在のスタートアップ顧客 約310社スタートアップ顧客累計 4社IPO、大きめのM&A 毎年300件くらい見ているビジネスプラン 約35~60社現時点で成功と言える企業 40社以上廃業・経営破綻 50億円以上資金調達支援累計 20社以上投資導入(VC・事業会社) 40社以上融資導入 70社以上設立
  5. 5. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 5 1.資金調達活動の進め方 ライフプラン ビジネスプラン 利益計画、資金計画 資金調達戦略の立案 (PLAN) 金額(いくら)、タイミング(いつ)の決定 調達スキーム・制度(誰から、どのように)の検討 資金調達戦略の実行 (DO) 必要資料(インフォメーションパッケージ)の整備 投資家、金融機関へのコンタクト 資金調達後の財務管理 (CHECK) ホッとしてはいけない!! 月次で損益・資金管理して次へつなげる
  6. 6. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 6 2.資金調達手段の俯瞰 エクイティファイナンス(投資) ・自己資金 ・株式:普通株式、種類株式 ・メザニン(コンバーティブルノート等) アセットファイナンス ・資産担保:不動産、動産、知財 ・手形 ・L/C ・リース 営業キャッシュフロー ・利益等 デットファイナンス(融資) ・金融機関借入: 保証つき、プロパー ・社債 ・劣後債(資本性ローン) アライアンス ・ロイヤルティ、権利金、レベニュー シェアなど 手段は多様化、しかし活用には戦略と技術が必要
  7. 7. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 7 3.資金調達手段 1.自己資金 自己資金無しでの起業は非現実的 資金調達出来るまで事業活動に打ち込めるお金は自分で準備する Ex.: 3ヶ月?6ヶ月? 退職して起業する場合、お金もしっかり準備する 自己資金を貯める努力、親族などからの支援を獲得する段階 からスタートアップは始まっている 自己資金についての資金の出し手の視点 融資の場合:お金を返す力があるのか? の指標 投資の場合:お金を増やす力があるのか? の指標
  8. 8. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 8 3.資金調達手段 2.エクイティファイナンス 起業時に検討できるスキームとリターン 親族、友人からの出資(自己資金と合わせて、いわゆる「3Fs」資金): 将来の買い取り、配当 取引先からの出資: 事業上のメリット、将来の買い取り、配当、IPO いわゆるエンジェル投資家からの出資: 事業支援への思い入れはあるか?リターンをどう決めるか? VC: 数年でIPO(または売却)できるモデルか?IPOさせる力はあるか? ポイント 投資家へのリターン(EXIT)をデザインすることが必要 資本政策は逆戻りできない 起業時のオーナーシェアはとにかく高めにしておく
  9. 9. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 9 3.資金調達手段 2-1.エンジェル エンジェルから投資を受ける可能性 日本にもエンジェルはたくさん存在している 但し、いわゆるエンジェル活動団体の活動が低迷し、探すのは大変 エンジェルの探し方 起業家が自分で探すのが基本 クローズドコミュニテイの中にあったりする 例:メンター三田会 エンジェル制度 http://www.mentor-mitakai.net/angel.html Web、SNSで探すのはアリだが、人づてで探した方が良い結果につながることが多い ビジネスで頑張ってくると現れることもある 諸条件は明確化しておく 投資契約書は交わす 出口:IPO、配当、買取条件、その他 レポーティング:株主総会、定期的な経営状況報告 経歴、レピュテーションに注意する 出典:VEC「2008年ベンチャービジネスの回顧と展望」
  10. 10. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 10 3.資金調達手段 2-2.シードアクセラレーター 米国 Y Combinatorなどの活動を参考に国内でも活動が活発化 投資スタイル:2-5百万円で5-10%を開発着手~サービスイン前後で出資。 VCのシリーズA、またはVC EXIT(M&A、IPO)時に売却するビジネスモデル プレイヤー サムライインキュベート、Open Network Lab、MOVIDA、など多数 投資家とスタートアップ、双方が経験値蓄積中 活用のポイント:何をアクセラレートしてくれるのか? シードマネーとしては貴重、だが金額は小さい シリーズA投資をするVCとの関係 エンジニアリソース? マーケティングサポート? 人間的な相性、出会いの可能性 投資条件 投資契約書をよく読み、理解してから合意する(リテラシーの非対称性に注意) 投資形態については、本質を理解する:種類株式、Convertible Noteなど
  11. 11. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 11 3.資金調達手段 2-3.VC 投資してもらえるタイミング スケーラビリティが説得力を持ち、EXITが視野に入る段階 目安として、時価総額で最低1億円、調達額で30百万円、あたりを越えたところ からお互いにとって良い関係を作れる可能性が出てくる 投資のタイミングよりも前から継続的にコミュニケーションを取りながら実績を積 み重ねて行くことは有効 ポイント VCの数は多いがシリーズAのリード投資家は少ない。 まずは適切なリード投資家を探し、コンタクトする。 リードのキャピタリストを味方につけて、良い評価をしてもらう。 説明資料(インフォメーションパッケージ)はしっかり準備する。 資本政策はEXITまで作っておく。
  12. 12. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 12 3.資金調達手段 2-4.事業会社(1)アライアンス 事業シナジーの類型 ビジョナリー型 囲い込み、競合対策型 新規事業オプション獲得、経営資源補完型 アウトソース型 お付き合い型、あいまい型、人脈型 ポイント お互いの「利用価値」をきちんと整理する 対等な関係:お互いのリスクとリターンがつりあっている状態を作る ベクトルをどこかであわせておく その他 創業時からIPO後まで、あらゆるステージで活用できる 先方が好む出資比率を確認しておく エクイティにこだわらず、借入や取引条件、事業提携などいろいろなスタイルで資金計画 に組み込むことができる 事業会社のリソースを使うことができる レポーティングの基準を確認しておく
  13. 13. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 13 3.資金調達手段 2-4.事業会社(2)社内ベンチャーの場合 稟議書とプレゼンテーションはとても重要 企業や組織の目標、リスク選好、評価基準は複雑 予算確保、円滑な事業推進の必要条件、キーパーソンを確認 ライン、審査部、財務部、管掌役員、経営者へ出来るだけ根回し Sunk Costの活用 自分の人件費 バックオフィスの人件費 既に確保されている予算(広告・販促活動予算、研究開発予算など) その他、社員であれば無料で使えるリソース 稟議書はリスクヘッジにもなる 責任の所在 適切な決裁プロセスの記録
  14. 14. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 14 3.資金調達手段 3.トレードクレジット(取引条件による資金調達) 取引条件を交渉して資金繰りを改善することが出来る! 営業キャッシュフローが黒字なら運転資金は調達不要 いわゆる「黒字倒産」をしなくて済む 売上からの入金によって仕入・外注先に支払うのが理想 大企業とはきちんと交渉しよう 大企業に金融してあげる余裕は無い 入金条件、支払条件の交渉は起業当初が唯一のタイミング 見積段階、価格提示段階で入金条件は必ずセットで交渉する 取引開始後の条件変更依頼は信用低下につながる 売上、仕入れ以外の取引条件もきちんと考える 人件費その他諸経費の支払い条件も同様 リース・割賦購入も有力な資金調達方法
  15. 15. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 15 3.資金調達手段 4-1.融資 起業前後で検討可能な融資制度は2つ 信用保証協会 自治体の制度融資と組み合わせて活用すると有利 責任共有制度(金融機関が20%弁済リスク負担)により、金融機関の確保 が重要になった ※創業等関連保険に係る保証等の保証制度は適用除外 日本政策金融公庫(国民生活事業) 返済できるか?が最大のポイント まずは資金確保、次に諸条件の確認 担保、第三者保証人の要・不要 利子補給、信用保証料補助の有無 金利
  16. 16. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 16 3.資金調達手段 4-2.(1)制度融資(東京都の場合) 制度の概要 東京信用保証協会の信用保証つきの融資制度です 区・市町によって、利子補給、信用保証料補助などの優遇があります 上限1,000万円~2,500万円(融資対象によって異なる。)までの 信用保証を受けられます 資金調達までの一般的な流れ 区などの産業振興課への相談、斡旋を受けます(斡旋なしでも可能) 窓口金融機関を決めます 信用保証協会と金融機関による審査を受けます 融資が実行されるまでは約1.5 ~ 2ヶ月かかります 資金調達活動のポイント 本店所在地などについて注意が必要です 東京信用保証協会の創業アシストプラザへの事前相談が可能です
  17. 17. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 17 3.資金調達手段 4-2.(2)制度融資の流れ 制度融資の流れ ※港区Webサイトなどを参考に講師作成 「創業関連保証」は責任共有制度の対象外 です。 会社 区など 信用 保証協会 1.相談、斡旋申込 3.斡旋書 交付 2.面談、事前審査 4.融資と信用保証申込 指定 金融機関 5.面談、審査 6.信用保証の可否と金額の決定 7.融資実行 8.利子補給、信用保証料補助
  18. 18. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 18 3.資金調達手段 4-3.日本政策金融公庫 新創業融資制度 制度の概要 無担保・無保証人で利用できます 日本政策金融公庫単独での審査・融資制度です 自己資金の9倍まで、上限3,000万円までの融資を受けられます 返済期間、据え置き期間も利用しやすい制度です 資金調達までの流れ 申込相談からスタートします 担当者のアドバイスを得て融資審査を通過する材料を揃えていきます 面談(2-3回程度)は大変重要です 融資実行まで約1-2ヶ月の期間が必要です 資金調達活動のポイント 担当者からもらった宿題にきちんと対応することがポイントです
  19. 19. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 19 3.資金調達手段 4-4.日本政策金融公庫 資本性ローン 特徴 マネタイズに時間がかかるビジネスモデルに向いている 金融検査上自己資本とみなすことができる。 法的倒産手続きの開始決定が裁判所によってなされた場合、全ての債務(償 還順位が同等以下とされているものを除く)に劣後する。 期限一括返済(7年以上15年以内 )。 直近決算の業績に応じて、3区分の利率が適用。 無担保、無保証人でOK 融資限度額:3,000万円(※国民生活事業の場合) 期限一括返済 過去の類似スキームと比較すると実績が増えつつある
  20. 20. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 20 3.資金調達手段 4-5.一般金融機関 信用金庫、地銀など かなり活用価値は大きい 決算書があったほうがよい 営業キャッシュフローが見込めること 信用保証協会付き融資などで実績を作っておくのは有効 都市銀行 原則2期間の決算経過後 決算書格付けからスタート 信用保証協会付きなどで実績を作っておくのは有効
  21. 21. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 21 3.資金調達手段 6-1.助成金など 類型 研究開発支援型: JST、NEDO、環境省、各都道府県の中小企業振興公社(センター)、 独立系の財団法人など→研究助成、開発支援、実証など委託事業 雇用・労務管理支援型: 厚生労働省、ハローワーク→雇用創出・確保、人材育成・教育 地域振興型: 自治体、公社→地域の産業振興、雇用確保 その他の投資・費用助成型 特許庁、公社→特許関連の費用助成など ビジネスプランコンテスト 活用のポイント 細分化されているので自分にあった助成金を見つけるのは大変 手続の煩雑さ、資格要件をクリアする労力は大きい あくまで必要資金のほんの一部としての位置づけ (研究開発型ベンチャーを除く)
  22. 22. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 22 3.資金調達手段 7.クラウドファンディング 類型 寄付型 購入型 投資型 融資型 活用のポイント ビジネスモデルによって、向き不向きがある それほど大きな金額は調達できないがマーケティング的な活用意義がある? ビジネスモデル、製品、コンテンツが良く、資金提供者が十分な金銭的OR非金 銭的リターンを得られないと継続しない 調達コストは高い 今後エクイティ型が開始される?
  23. 23. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 23 4.資金調達手段の選択基準 自社のニーズ(いつ、いくら必要?)にあっていること キャッシュフローの振れ幅(リスク)と返済やリターンの方法の相性 資金繰りの持続性 投資家へのリターン設計に無理が無いこと: 金利、投資家の期待リターン、非金銭的リターン、事業上の旨味 調達の難易度、期間、手間、レポーティングのコスト(特に助成金) 付帯条件
  24. 24. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 24 5.資金調達の実践 1-1.資金調達のイメージ(1) 自己資金 700万円 うち 純粋な自己資金 300万円 家族からの支援 200万円 経営メンバー出資 200万円 融資 500万円 設備資金 900万円 トレードクレジット 200万円 リース 100万円 運転資金 600万円 うち 当初6ヶ月赤字分 300万円 純粋な運転資金 300万円 調達使途 ボトムアップアプローチによる資金調達(例) 純粋な自己資金が少なくてもある程度の積み上げは可能だが・・・。
  25. 25. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 25 5.資金調達の実践 1-2.資金調達のイメージ(2) VC事業会社エンジェル 創業融資・ リースなど 自己資金 10 20 40 60 100 (百万円) 融資、エクイティファイナンスと組み合わせると?
  26. 26. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 26 今日のまとめ 資金調達活動 いつ、いくら必要かを最初に考える いくつかの資金調達手段を組み合わせて必要な金額を調 達する 自己資金はとても重要 スタートアップにおいて、資金調達はCEOの仕事 資金調達の技術をある程度知っておく必要はある (最初はCFOは雇えない) 調達能力は重要、ビジネスで実績を出すことは一層重要 調達したお金で成果を出せば次のステージへ行ける
  27. 27. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 27 少し宣伝 当社のインキュベーションセンターについて http://www.incubation-center.com/ スタートアップ・ファイナンス勉強会(毎月開催中) http://www.incubation-center.com/news/1804/ Facebookページ 会社:https://www.facebook.com/breakpoint.co.jp 個人:https://ja-jp.facebook.com/yasuchika.wakayama
  28. 28. Copyright 2014 Breakpoint Co. Ltd. All rights reserved. 28 ご清聴ありがとうございました。 皆さまが起業される際には、是非ご連絡ください。 ブレイクポイント株式会社 一同

×