O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

ネット活用について-東工大 修士課程 増沢 諒 (2015/02/12)

817 visualizações

Publicada em

政治・選挙に関するネットの活用についてのご説明です。
「最低限、これだけは!」という情報と、「成功した」「面白い」事例のご紹介です。

Publicada em: Mídias sociais
  • Seja o primeiro a comentar

ネット活用について-東工大 修士課程 増沢 諒 (2015/02/12)

  1. 1. 2015/02/12 勉強会資料 ネット活用について 東京工業大学 大学院 修士課程 増沢 諒1
  2. 2. 目次 • ネット選挙のこれだけは! • ネット活用事例のご紹介 2
  3. 3. 自己紹介 大学卒業後、IT企業を経て現在、東京工業大学 大学院修士過程。 研究テーマは、「政治家のネット利用」。 これまでもネット選挙解禁に向けたキャンペーンの企画をはじめ、 Webサービスを開発し、マニフェスト大賞などを受賞。 増沢 諒(ますざわ りょう) 専門: ネット / 選挙 / 若者 3
  4. 4. 自己紹介 2013年より実施したネット選挙解禁を目指すキャンペーン。 最終的には1万を超えるWeb署名が集まる。(108万人にリーチ) 解禁に際し、首相官邸からも言及。 4
  5. 5. 5 自己紹介
  6. 6. 自己紹介 6
  7. 7. 自己紹介 食べ物付きの月刊誌 7
  8. 8. これだけは! 8
  9. 9. これだけは! 使った方が良いのは分かるけど… ・人手が足りない ・効果が分からない ▶ 1日5分で終わる、最低限 ▶ 低コストでも可能  成功すると、ケタが変わる。 9
  10. 10. これだけは! 有権者の10人にひとりは、ネットで情報を得ている 1.情報掲載のチャネルは多い方が良い 2.積極的に情報を取りに行く人 3.勝手に人に広げてくれる 10.2% 18.2% 12.3% 3.9% 全体   20〜~30代   40〜~50代   60歳以上   出所:公益財団法人 明るい選挙推進協会 ■ 平成25年 参議院選挙 有権者のインターネット利用 10
  11. 11. これだけは! やりたいことの目的によって異なるが、 Twitter(Facebook)で十分 1.検索すれば、たどり着ける状態を作る 2.日々の更新が楽、かつ、利用者が多い 8.5% 16.6% 9.9% 2.9% 全体 20∼30歳代 40∼50歳代 60歳以上 HP・ブログ・SNSを見た メルマガを受信した 政党や候補者とネットを介して交流した 出所:公益財団法人 明るい選挙推進協会 ■ 平成25年 参議院選挙 有権者のインターネット利用 SNS 10% メルマガ 1% 対話 0% 11
  12. 12. これだけは! ※ これだけでもメモってください! ※ 0.誰のため?/何のため? 1.PCよりも、圧倒的にスマホ 2.情報発信は、8時・12時・21時 3.拡散される・転載されることを目指す 12
  13. 13. これだけは!主要SNS 13
  14. 14. 主要SNS(LINE) 利用者数 利点 大変な点 必要な時間/人 5,000万人 (国民の40%) 開封率が良い 新規ファンの獲得 メルマガを作成する 程度(1回30分) ※ メルマガと同じ 特徴 LINEの確認のついでに見る。画像、顔文字を使った親しみのある文章。 「何となく関心がある→知ってもらう」に有効。 成功例 首相官邸アカウント。340万人が登録。 出所:LINE株式会社 2014/10/9 14
  15. 15. 主要SNS(LINE) 各政党の現在の利用状況 政党名 登録者数 使い方 自民党 - 民主党 66,818 公式WebやTwitterなどへの導線。 公明党 150,961 政党のグッズがあたるキャンペーン。 政党ではなく個人を紹介。委員会での質問など多め。 維新の党 - 共産党 4,162 ゆるキャラ・クイズなどを使い、会話。 成人の日・委員会での質問・ニュースへの言及など。 次世代の党 - 社民党 - 生活の党 - 新党改革 - 目的:親しみを持ってもらい、ファンになってもらう 15
  16. 16. 主要SNS(Twitter) 利用者数 利点 大変な点 必要な時間/人 2,000万人 (国民の17%) 拡散されやすい 対話を始めると大変 更新のネタ 1人、2分 スマホで写真+文章 特徴 誰にでも公開されており、情報が広がりやすい。会話も可能。 情報収集ツールで、企業のプロモーションも多い。 成功例 意見募集(マニフェスト募集)/質問系(ASK Obama) 情報発信系(鈴木寛氏公開討論・都議会でのやじ問題) ・女子高生∼孫正義まで使っているメディア  (20代∼50代は平均して40%前後の利用) ・情報収集としてのツール=使える! 16
  17. 17. 主要SNS(Twitter) 各政党の現在の利用状況 政党名 登録者数 使い方 自民党 77,340 他のメディアへの誘導(カフェスタという動画番組) 民主党 10,951 党関連のニュースの配信。ほぼ毎回写真を添える。 公明党 37,862 党関連、所属議員の情報配信。写真+動画。 維新の党 3,789 党関連、所属議員の情報配信。写真+動画。 共産党 12,610 党関連、所属議員の情報配信。動画。 次世代の党 15,187 所属議員の発言を引用 社民党 6,363 党関連、所属議員の情報配信。 生活の党 11,713 政党、議員のHPへURLで誘導。 新党改革 2,573 党関連、所属議員の情報配信。写真+動画。 更新発信する場として活用、誘導の元 17
  18. 18. ※設定している画像で、伝えたいメッセージが分かります 18
  19. 19. 主要SNS(Facebook) 利用者数 利点 大変な点 必要な時間/人 2,200万人 (国民の18%) 信頼度が高い 深い交流ができる 短期で成長させられ ない 1人、2分 スマホで写真+文章 特徴 Twitterより、機能豊富、信頼度高いが、運営コストも高い。 成功例 スイス社会党(議論の場として)・ボランティアグループの管理 ・コーポレートサイト、HPの扱い ・ビジネスマンが多い、10代はもう使っていない ・個別のグループや、個人間での深い交流が可能 ・動画や写真など機能が豊富 19
  20. 20. 活用事例 20
  21. 21. 活用事例 公開型 参加型 寄付型対話型 拡散型 21
  22. 22. 活用事例(公開型) ネットを使い、情報を発信していく e-みらせん(日本青年会議所) 政治家tube (学生団体「選挙へGO!」) 公開討論会・インタビューをネットで公開 22
  23. 23. 活用事例(公開型) みんなの候補(みんなの党) 「過程」まで公開 23
  24. 24. 活用事例(拡散型) One Voice Campaign(増沢企画) Web署名・バナー表明などで、1万人が参加 24
  25. 25. 活用事例(拡散型) Twitterを使って、友だち同士で、投票日を呼びかけ合うWebサービス。 5,000人の参加者によって、1,000万人へ情報を届けた。 ※有権者の1/10、Twitterユーザーの半数 ※マニフェスト大賞受賞 FIRST STEP(増沢企画) 25
  26. 26. 活用事例(参加型) Twitterで、マニフェストを募集する試み。 約3万のツイートから120の政策を作成。 Twitterで、マニフェストを募集(増沢企画) 26
  27. 27. 活用事例(参加型) Webで、事前投票と議論を行う。 その後、事前投票の結果で、「割合投票」。 党員の獲得・活発な議論・決定のスピード感が懸念点か。 政策への賛否をネットで投票・議論(日本を元気にする会) 27
  28. 28. 活用事例(対話型) Twitterを使い、候補者に質問できる。 質問に応答してもらえると、回答とセットで表示。 ASK TOKYO 28
  29. 29. 活用事例(寄付型) 個人寄付サイト・応援寄付サイト(クラウドファンディング)なども Love Japan(楽天) ZIPANGO(JG Marketing) 29
  30. 30. 2015/02/12 勉強会資料 本日は、ありがとうございました。 増沢 諒 080-4001-8460 masuzawa0509@gmail.com ・低コストでも、できることはあります ・成功すると、ケタが変わります 30

×