O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

富士宮プロジェクト

484 visualizações

Publicada em

2019.7.1 @東京大学駒場第Ⅱキャンパス
アーバンデータチャレンジ 2019 キックオフ・イベント」
第1部:UDCのセカンドステージに向けて
http://urbandata-challenge.jp/news/2019-1st-symposium

講演3「生活・文化・地域アーカイブPart2:」
富士宮プロジェクト
~写真を媒介として認知症の高齢者を含む多世代の交流の場を作り出す取組み~
動画:https://vimeo.com/89067319

Publicada em: Design
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (2019 Update) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download Full doc Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Responder 
    Tem certeza que deseja  Sim  Não
    Insira sua mensagem aqui
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (2019 Update) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download Full doc Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/wkt5axm } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Responder 
    Tem certeza que deseja  Sim  Não
    Insira sua mensagem aqui
  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

富士宮プロジェクト

  1. 1. 講演3「生活・文化・地域アーカイブPart2:」 富士宮プロジェクト 写真を媒介として認知症の高齢者を含む 多世代の交流の場を作り出す取組み https://twitter.com/okadamkt https://www.facebook.com/okadamkt https://www.facebook.com/dementia.friendly.japan/ 2019.7.1 @東京大学駒場第Ⅱキャンパス アーバンデータチャレンジ 2019 キックオフ・イベント」【第1部:UDCのセカンドステージに向けて】 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI) 共同代表理事 岡田誠
  2. 2. 岡田 誠(おかだ・まこと) 富士通株式会社 フィールドイノベーション 本部 認知症フレンドリージャパン・イニシアチ ブ(DFJI) 共同代表理事 国際大学GLOCOM 客員研究員 慶應義塾大学SFC研究所上席所員 2011年に国際大学GLOCOM、認知症フレ ンドシップクラブとの3組織共同プロジェ クト「認知症プロジェクト」を立ち上げ、 2013年認知症フレンドリージャパン・イ ニシアチブ設立。 「旅のことば 認知症ともによりよく生きる ヒント」共同編著者。
  3. 3. 課題認識 地域課題の解決を目的に、主に地方自治体を中心 とする公共データを活用したデータ活用型コミュ ニティづくりが求められている 高齢社会における社会課題の創造的解決には、異 なる業種・職種というマルチ・ステークホルダー の関与が不可欠である 認知症の高齢者を含む多世代の 多様な人々が参画する 地域コミュニティ醸成モデル 仮説:写真という切り口で コミュニケーションは生まれるか?
  4. 4. 家庭のアルバムに眠る写真(1) 中央高速・談合坂サービスエリア
  5. 5. 家庭のアルバムに眠る写真(2) 中央高速・談合坂サービスエリア
  6. 6. 家庭のアルバムに眠る写真(3) 鎌倉市・材木座海岸
  7. 7. 家庭のアルバムに眠る写真(4) 鎌倉市・材木座海岸
  8. 8. 家庭のアルバムに眠る写真(5) 新潟市
  9. 9. 家庭のアルバムに眠る写真(6 ) 新潟市
  10. 10. 写真の確認作業 昭和37年・新潟市昭和橋
  11. 11. 課題認識 地域課題の解決を目的に、主に地方自治体を中心 とする公共データを活用したデータ活用型コミュ ニティづくりが求められている 高齢社会における社会課題の創造的解決には、異 なる業種・職種というマルチ・ステークホルダー の関与が不可欠である 認知症の高齢者を含む多世代の 多様な人々が参画する 地域コミュニティ醸成モデル “写真は結構盛り上がる”
  12. 12. 動画リンク http://vimeo.com/89067319 事例:富士宮プロジェクト 写真を媒介とし、認知症の高齢者を含む多世代の交流の場を 作り出す取組み (「高校生」×「商店街」)
  13. 13. 高校生側の課題 「地域寄合処を運営しているが、実は「どんな風に何を 話したらよいか」(コミュニケーション) に悩んでいた
  14. 14. 事前意識調査 全国平均よりも幸福度が高く、街の暮らしやすさや地域の絆、 友人ネットワークを感じており、地域参画をしている意識が あるが、「変化成長」は低い数値を示している 幸福度 街の暮ら し易さ 地域参画 変化成長 するエネ ルギー 地域の絆 友人ネッ トワーク 15-24歳 全国平均※ 3.32 3.05 2.15 3.27 2.43 2.90 富岳館高校 福祉系列 3.47 3.21 3.14 2.86 3.41 3.03 富岳館高校 一般系列 3.36 3.34 2.71 3.16 3.08 3.21 ※八木龍平(2011), 「QOS(Quality of Society)を評価する心理尺度の開発」 多文化関係学会第10回年次大会
  15. 15. 商店街側の期待 「高校生に「十六市に来て」と言えなかった。だからすごく 嬉しい」
  16. 16. 成果のイメージの設計 展示ではなく、同じものを 見ながら話す・引き出す 環境の変化・歴史を素材として 人と人との関係をつくる  写真を媒介に多世代で話をする  写真を媒介としたコミュニケーションの醸成  学校・商店街(十六市)・地域の関わり
  17. 17. 動画リンク http://vimeo.com/89067319 事例:富士宮プロジェクト(ヒストリーピン) 写真を媒介とし、認知症の高齢者を含む多世代の交流の場を 作り出す取組み (「高校生」×「商店街」)
  18. 18. 肩を寄せ、同じものをみる” 大切さ
  19. 19. 聞いて書き留めて貼る” 役割の大切さ
  20. 20. 「ないまぜのイベント」としての価値
  21. 21. 足りなさから生まれることがある 認知症にやさしいまちづくり ~セクターを越えたつながり~ 地域寄合処 市役所 社会福祉協議会 商店街おかみさん会 地元新聞社 写真愛好家 高校生 先生 人が中心。データを媒介に人がつながる
  22. 22. 写真による探検(1) 川崎市高津区「区制40周年記念誌」より
  23. 23. 写真による探検(2) 川崎市高津区野川
  24. 24. 写真による探検(3) 川崎市高津区野川・中原街道
  25. 25. 挑戦すべき課題 地域課題の解決を目的に、主に地方自治体を中心 とする公共データを活用したデータ活用型コミュ ニティづくりが求められている 【高齢社会における社会課題】の創造的解決には、 異なる業種・職種というマルチ・ステークホル ダーの関与が不可欠である データによるどのようなコミュニケー ションを実現するかというチャレンジ
  26. 26. Dementia Friendly Japan Initiative

×