O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

エンジニアを見極める4つの要素と方程式

239 visualizações

Publicada em

2020/08/27【オンラインイベント】Sansan・LIFULLが語る 非エンジニアでもできる技術の見極め

株式会社LIFULL 人事本部 キャリア採用グループ
木村 修平

Publicada em: Recrutamento e RH
  • Seja o primeiro a comentar

エンジニアを見極める4つの要素と方程式

  1. 1. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . エンジニアを見極める 4つの要素と方程式 2 0 2 0 . 0 8 . 2 7 S h u h e i k i m u r a C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 1
  2. 2. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . エンジニアを見極める 4つの要素と方程式 2
  3. 3. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . エ ン ジ ニ ア 採 用 の 難 し さ 、 と は ピ ー ク 時 か ら は 下 降 傾 向 。 全 体 が 1 . 6 6 倍 な の で 比 較 す れ ば ま だ ま だ 高 い 。 求 人 数 も コ ロ ナ 前 と 比 較 し て 微 減 傾 向 の よ う で 、 全 体 的 に 見 れ ば 企 業 側 も ま だ 採 用 状 況 が 戻 っ た と は 言 い 切 れ な い 状 況 の 様 子 。 エンジニア転職求人倍率 11.36倍(12月) ⇨ 7.05倍(7月) 3 ※2020/07 doda転職求人倍率レポートより: https://www.saiyo-doda.jp/report/7449
  4. 4. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . エ ン ジ ニ ア 採 用 の 難 し さ 、 と は ①採用母集団形成の難しさ 採用チャネル、採用現場(エンジニア)との協力体制 ご 参 考 に ) h t t p s : / / w w w . s l i d e s h a r e . n e t / n e x t _ d e v e l o p e r / s s - 2 3 0 4 3 0 6 9 0 ②選考における見極めの難しさ 技術の進歩と複雑・多様化、採用基準の高レベル化 例)単純だったモノリシック アプリケーション の時代(マークアップ) →Aj ax 台頭でのリッチコンテンツ化( JavaScript ) →マイクロサービスや BFF アーキテクチャ等での 専門性の変化(境界の曖昧化) エンジニア採用が難しい理由 4
  5. 5. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . エ ン ジ ニ ア 採 用 の 難 し さ 、 と は 5 エンジニアの見極めの本質とは 「優秀なエンジニアかどうか」を見極めるのではなく、 「優秀なビジネスパーソンかどうか」を見極める。 ここを外さないことが大事。
  6. 6. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 目次 4.まとめ 3.見極めるためのコミュニケーション 2.選考フェーズごとの見極め 1.スキルマッチの要素と方程式 6
  7. 7. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 見極めの要素と方程式 7
  8. 8. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 見 極 め の 要 素 と 方 程 式  ス キ ル 有 無 特定のスキルを基礎以上会得しているかどうか  ス キ ル レ ベ ル 会得しているスキルはどの程度の理解と経験や成果があるか  ポ テ ン シ ャ ル 将来像とそれに対する学習習慣や技術への好意度で推測する成長の天井高  発 揮 力 スキルを十分に発揮し高い実績を出せるためのビジネスに必要な能力(ポータブルスキル、コミュニケーションスキル等) 見極めの4つの要素 現 時 点 で の ス キ ル 有 無 と ス キ ル レ ベ ル だ け を 測 れ ば い い わ け で は あ り ま せ ん 。 ポ テ ン シ ャ ル と 「 ス キ ル を 発 揮 す る 」 ス キ ル ( 発 揮 力 ) の 見 極 め が 大 事 で す 。 ス キ ル レ ベ ル は 要 件 外 の ス キ ル で も 高 低 を 見 極 め ま す 。 選考では4つの要素を全て見極める必要がある 8
  9. 9. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 見 極 め の 要 素 と 方 程 式 見極め要素の重要度 見 極 め の 4 つ の 要 素 に 汎 用 的 な 重 要 度 を 付 け る と し た ら 上 記 の イ メ ー ジ で す 。 ど ん な に ハ イ ス キ ル で も そ れ を 仕 事 で 発 揮 で き る 能 力 が な い と 宝 の 持 ち 腐 れ で す 。 そ う 判 断 し た 場 合 は 採 用 す る べ き で は な い と 言 え ま す 。 採 用 活 動 途 中 で 妥 協 す る べ き で は あ り ま せ ん が 、 ハ イ ス キ ル 人 材 を 1 年 か け て 採 用 す る よ り 、 発 揮 力 と ポ テ ン シ ャ ル の 高 い ジ ュ ニ ア ~ ミ ド ル ス キ ル 人 材 を 半 年 で 採 用 し て 成 長 を 促 す 、 と い う 選 択 肢 の 方 が ト ー タ ル コ ス ト は 低 く な る 可 能 性 は あ る か も し れ ま せ ん 。 スキル有無 < スキルレベル ≦ ポテンシャル < 発揮力 9
  10. 10. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 見 極 め の 要 素 と 方 程 式 ス キ ル 有 無 は 0 o r 1 以 上 。 そ れ 以 外 は 組 織 別 に オ リ ジ ナ ル に 数 字 ( 1 ~ ) で 段 階 付 け 。 現 時 点 で の ス キ ル 有 無 と ポ テ ン シ ャ ル の 高 低 を ベ ー ス に 、 持 っ て い る 技 術 の ス キ ル レ ベ ル と 発 揮 力 で 掛 け 算 し 総 合 的 な 見 極 め が で き ま す 。 発 揮 力 が 最 後 に あ る の は 、 仕 事 に お い て は 総 合 的 な 技 術 ス キ ル と 発 揮 力 が 掛 け 合 わ さ る こ と で 価 値 創 造 に 影 響 す る と 考 え る た め で す 。 = ( ( (スキル有無 + ポテンシャル) × スキルレベル ) × 発揮力 ) 10 価値を生み出す人材を見極める方程式 例 ) ス キ ル 要 件 は 満 た し ポ テ ン シ ャ ル や ス キ ル レ ベ ル は 普 通 評 価 、 発 揮 力 は 低 め の 評 価 ( 1 + 2 ) × 2 × 1 = 6 ス キ ル 要 件 は 満 た し て い な い が 要 件 外 の ス キ ル は 高 く ポ テ ン シ ャ ル も 発 揮 力 高 い 評 価 ( 0 + 2 ) × 2 × 3 = 1 2
  11. 11. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 選考フェーズごとの見極め 11
  12. 12. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 選 考 フ ェ ー ズ ご と の 見 極 め 選考フェーズと見極め要素の関係性 12 書類選考 カジュアル面談 技術課題 面接 スキル有無 ◎ △ ◎ ◯ スキルレベル △ △ ◎ ◯ ポテンシャル △ △ △ ◎ 発揮力 ◯ ◯ △ ◎ 一 般 的 な 書 類 選 考 資 料 で あ る 職 務 経 歴 書 で は 見 極 め に は 当 然 限 界 が あ り ま す 。 G i t h u b や ブ ロ グ な ど ア ウ ト プ ッ ト 成 果 を 確 認 可 能 が あ れ ば △ は ◯ 以 上 に な る か も し れ ま せ ん 。 カ ジ ュ ア ル 面 談 で は 見 極 め が 難 し い と い う よ り 見 極 め を す る べ き 場 面 で は な い と い う の が 正 し い で す 。 面 接 は や り よ う に よ っ て △ に も ◎ に も 振 れ る の で 当 然 な が ら 面 接 の 質 は 超 重 要 。 技 術 課 題 に つ い て は 後 述 し ま す 。
  13. 13. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 選 考 フ ェ ー ズ ご と の 見 極 め 技 術 課 題 ( テ ス ト ) は 具 体 的 な 技 術 ス キ ル の レ ベ ル を 測 る の に 最 適 な 方 法 と 言 え ま す 。 可 能 で あ れ ば 積 極 的 に 導 入 を 検 討 し て も 良 い と 思 い ま す が 、 導 入 す る 手 法 や 運 用 の メ リ デ メ を 把 握 し 、 慎 重 に 実 施 す べ き で す 。 n o t e に ま と め ま し た の で 良 け れ ば 参 考 に し て く だ さ い 。 h t t p s : / / n o t e . c o m / k i m k i m i n y a n s / n / n 2 6 a e a 1 3 a 1 6 e 5 [補足]技術課題を知る 13
  14. 14. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 見極めるためのコミュニケーショ ン 14
  15. 15. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 見 極 め る た め の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ” や っ た ” や ” 知 っ て い る ” な ど で 判 断 を 下 す の は 早 計 で す 。 例 え ば 設 問 に 対 す る 最 初 の 回 答 が ” 知 っ て い る ” で あ れ ば 、 「 何 を 」 「 ど の よ う に 」 ” 知 っ て い る ” か 掘 り 下 げ て 確 認 し て い き ま す 。 Y ES or NO で判断しない 15 ① スキル有無 私 は R u b y が 書 け ま す 。 R u b y で 実 装 す る 際 フ レ ー ム ワ ー ク は 利 用 し ま し た か ? そ れ は ど う い う 理 由 で 採 用 し ま し た か ? チ ュ ー ト リ ア ル を や っ た ぐ ら い で 利 用 し て い ま せ ん 。 フ レ ー ム ワ ー ク は R a i l s は 知 っ て い ま す 。 も し 知 っ て い れ ば R a i l s の メ イ ン バ ー ジ ョ ン 4 ~ 6 系 の 主 な 違 い を 説 明 し て い た だ け ま す か ? ・ ・ ・
  16. 16. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . ・ ・ ・ 見 極 め る た め の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン モ ノ サ シ を 構 造 化 し て お く ( J D や ス キ ル マ ッ プ 等 ) こ と で 見 極 め が よ り 正 確 に な り ま す 。 モ ノ サ シ が な い と 様 々 な 理 由 で バ イ ア ス が か か り 「 な ん と な く 」 で き そ う ・ で き な さ そ う と な っ て し ま い が ち で す 。 ま た レ ベ ル を 見 極 め る の に 「 な ぜ 」 を 確 認 し て い く こ と で 知 識 と 思 考 の レ ベ ル が 伺 え る は ず で す 。 技術カテゴリごとに基準を明確に し言語化する 16 ② スキルレベル こ の P J の 技 術 選 定 を 担 当 し 、 P H P 5 . 6 を 採 用 し ま し た 。 な ぜ P H P と そ の バ ー ジ ョ ン を 採 用 し た ん で し ょ う か ? シ ス テ ム が 求 め る パ フ ォ ー マ ン ス レ ベ ル は P H P で ク リ ア で き る こ と と 、 7 . x 系 の ノ ウ ハ ウ が ま だ 社 内 に 多 く な い 中 で 将 来 移 行 を 見 越 し て 5 . 6 を 採 用 し ま し た 。 5 . 6 で 実 装 し 7 . x 系 の 移 行 を 見 越 し て 工 夫 し た 点 を 教 え て 下 さ い 。
  17. 17. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . ・ ・ ・ 見 極 め る た め の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 将 来 自 身 が エ ン ジ ニ ア と し て ど う 在 り た い か 、 そ の 為 に ど う 成 長 が 必 要 か 理 解 し て い る こ と や 、 そ れ を 実 現 す る た め に 実 行 し て い る 学 習 習 慣 や 技 術 へ の 好 意 度 を 知 る こ と が 肝 要 で す 。 ア ス リ ー ト と は 違 い 肉 体 や 運 動 能 力 で ポ テ ン シ ャ ル を 推 測 す る こ と が 難 し い 故 、 過 去 か ら の 実 行 動 ( 現 実 ) と そ れ か ら 類 推 で き る 期 待 値 ( 仮 説 ) で ポ テ ン シ ャ ル を 見 極 め る 必 要 が あ り ま す 。 将来のキャリアデザインと実現可能性で測る 17 ③ ポテンシャル 5 年 後 、 ど う い っ た こ と が で き る エ ン ジ ニ ア に な り た い と 考 え て い ま す か ? 全 て 一 人 で 開 発 で き る よ う な フ ル ス タ ッ ク な エ ン ジ ニ ア に な り た い で す 。 実 現 を 目 指 し て こ の 半 年 の 間 で 新 た に 学 習 し た 技 術 を 教 え て 下 さ い 。 就 活 で 忙 し く 特 に 何 も で き て い ま せ ん 。 ど う や っ て W e b プ ロ グ ラ ミ ン グ を 勉 強 し た ら 良 い で し ょ う か ?
  18. 18. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . ・ ・ ・ 見 極 め る た め の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 高 い 技 術 ス キ ル が あ っ て も そ れ を 仕 事 や 組 織 の 中 で 遺 憾 な く 発 揮 で き る 能 力 が な い と 高 い 実 績 を 残 す こ と は 叶 い ま せ ん 。 ビ ジ ネ ス 志 向 ( 対 課 題 力 ) 、 リ ー デ ィ ン グ 能 力 ( 対 人 力 ) 、 行 動 力 ( 対 自 分 力 ) な ど を 、 過 去 の エ ピ ソ ー ド か ら フ ァ ク ト ベ ー ス で 測 る こ と が 重 要 で す 。 ポータブルスキルやコミュニケーションスキルを見極める 18 ④ 発揮力 な ぜ 将 来 フ ル タ ッ ク エ ン ジ ニ ア を 目 指 す の で す か ? 具 体 的 に イ メ ー ジ で き る 人 は い ま す か ? こ れ ま で の 仕 事 で リ ー ダ ー と し て の 一 番 の 成 果 を 教 え て 下 さ い 。 ご 自 身 で は 機 動 力 が 高 い と 分 析 さ れ て い ま し た が そ れ が 成 果 に 結 び つ い た 一 番 の エ ピ ソ ー ド を 教 え て 下 さ い 。 人 の 為 に な る 仕 事 が し た い と の こ と で す が 、 既 存 の 事 業 や サ ー ビ ス で ど の よ う な も の が 思 い 浮 か び ま す か ?
  19. 19. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . まとめ 19
  20. 20. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . ま と め • エンジニアの採用だが本質は優秀なビジネスパーソンの採用 • 見 極 め に は 「 ス キ ル 有 無」 「 スキ ル レベ ル 」「 ポ テン シ ャル 」 「発 揮 力」 の4 つの要素がある • 4 つの要素の重要度;スキル有無 < スキルレベル ≦ ポテンシャル < 発揮力 • 価 値 を 生 み 出 す 人 材 = ( ( ( スキル有無 + ポ テ ン シ ャ ル) × スキルレベル ) × 発揮力 ) • 選 考 フ ェ ー ズ ご と に 適 した 見 極め 要 素が あ る • 面 接 で の 見 極 め 要 素 ご とのポイント • スキル有無 :YES or NOで判断しない • スキルレベル:技術カテゴリごとに基準を明確にし言語化する • ポテンシャル:将来のキャリアデザインと実現可能性で測る • 発揮力 :ポータブルスキルやコミュニケーションスキルを見極める 20
  21. 21. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 21 EOF

×