O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

OSS License Meetup vol.2 ディスカッションパート資料

786 visualizações

Publicada em

2019.2.21 サイオス株式会社 ラウンジにて開催された、OSSライセンスMeetup vol.2のディスカッションパートの資料です。
ディスカッションの種というものなので、資料そのものにはあまり情報はないですが、一応公開しておきます。

実はスライドの順番が(議論の順番と)入れ違っており、本スライドの8枚目が議論としては最後にしたものになります。お詫びして訂正します。(slideshareはスライドの上げ直しできなくなっちゃったんですよねえ)

Publicada em: Direito
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

OSS License Meetup vol.2 ディスカッションパート資料

  1. 1. OSS ライセンス Meetup vol.2 ディスカッションパート 2019.2.21 #sios_tech
  2. 2. 2 Who am I ● 小笠原 徳彦( Naruhiko Ogasawara) ● (元)某事務機器ベンダーにて開発・技術企画 ● OSS 向け印刷技術標準化団体の日本支部 OpenPrinting Japan メンバー – 宮田さんとはそのときからの知り合いです ● 今はソフトウェアの自動テスト技術者 ● メインで活動している OSS は LibreOffice
  3. 3. 3 Disclaimer ● 前回( vol.1 )のようなカンペキな仕切りは無理です ● 過去・現在問わず所属組織とは(略) ● 過去の非開示情報については(略)
  4. 4. 4 質問その 1. みなさん自身について ● ソフトウェアの開発者 ● ハードウェアの開発者 ● インフラエンジニア ● プロダクト・プロジェクトマネージャー ● 法務・知財 ● 学生 ● その他
  5. 5. 5 質問その 2. 所属組織の業種について ● Web サービス ● 自社パッケージ ● ハードウェア(組み込み) ● システムインテグレーター ● その他
  6. 6. 6 それを受けまして ● 隣の席の人と自己紹介して – 自分と OSS の関わり、とか…… ● さきほどの宮田さんのお話を受けて – 気になったこと – 質問してみたいな?と思ったこと – などなど…… ● 話し合ってみてください( 10 分)
  7. 7. 7 ではお待ちかねの ● 会場からの質問タイム ● おれにも一言言わせろというコメントも welcome ● (あまり生々しくない話でお願いします ;)
  8. 8. 8 事前にいただいたご質問からいくつか抜粋 トラブルがあるたび、管理を強化するという話になりが ち。適切な管理と OSS への貢献を両立させるにはどうし たら良いか? ● ここはぜひ皆さんに聞いてみたい!
  9. 9. 9 事前にいただいたご質問からいくつか抜粋 JavaScript の minify や concat 時における GPLv3 の扱い。
  10. 10. 10 事前にいただいたご質問からいくつか抜粋 JavaScript の minify や concat 時における GPLv3 の扱い。 ● 参考: GNU オペレーティングシステム 「 JavaScript の罠」 ● https://www.gnu.org/philosophy/javascript-trap.ja.html Appendix A: 自由な JavaScript プログラムをリリースする慣習 対応するソースコードのリファレンスとして、わたしたちは、下記を推 奨します。(略)
  11. 11. 11 事前にいただいたご質問からいくつか抜粋 JavaScript の minify や concat 時における GPLv3 の扱い。 ● 参考: GNU オペレーティングシステム 「 JavaScript の罠」 ● https://www.gnu.org/philosophy/javascript-trap.ja.html Appendix A: 自由な JavaScript プログラムをリリースする慣習 対応するソースコードのリファレンスとして、わたしたちは、下記を推 奨します。(略) 補足:↑の翻訳の原文のサイトは、今は更新されて二つに分割されています。 https://www.gnu.org/philosophy/javascript-trap.html.en https://www.gnu.org/software/librejs/free-your-javascript.html 後者のほうが以前の Appendix A の内容を含んで拡充されたもので、 こちらの翻訳をするとよいのでは……というご意見がありました by @taku_eof さん 補足:↑の翻訳の原文のサイトは、今は更新されて二つに分割されています。 https://www.gnu.org/philosophy/javascript-trap.html.en https://www.gnu.org/software/librejs/free-your-javascript.html 後者のほうが以前の Appendix A の内容を含んで拡充されたもので、 こちらの翻訳をするとよいのでは……というご意見がありました by @taku_eof さん
  12. 12. 12 事前にいただいたご質問からいくつか抜粋 FSF 等の慎重なプロジェクトではパッチ提供時に権利の放棄を求 められるのに対し、プルリクエストベースで変更を取り込む場面で はそのようなやりとりがなされにくく、権利の所在が分散したまま になりがちで、将来的にライセンスを変更しにくくなるなどのリス クがあるように思われる。企業が公開するプロダクトに外部からの 貢献を受け入れる際に、カジュアルに貢献を受け入れつつそういっ た問題が起こらないようにする良い方法は無いものか。
  13. 13. 13 事前にいただいたご質問からいくつか抜粋 FSF 等の慎重なプロジェクトではパッチ提供時に権利の放棄を求 められるのに対し、プルリクエストベースで変更を取り込む場面で はそのようなやりとりがなされにくく、権利の所在が分散したまま になりがちで、将来的にライセンスを変更しにくくなるなどのリス クがあるように思われる。企業が公開するプロダクトに外部からの 貢献を受け入れる際に、カジュアルに貢献を受け入れつつそういっ た問題が起こらないようにする良い方法は無いものか。 ● 古典的には Contributors License Agreement だが、カジュアルさとは相反する……かも?
  14. 14. 14 事前にいただいたご質問からいくつか抜粋 FSF 等の慎重なプロジェクトではパッチ提供時に権利の放棄を求 められるのに対し、プルリクエストベースで変更を取り込む場面で はそのようなやりとりがなされにくく、権利の所在が分散したまま になりがちで、将来的にライセンスを変更しにくくなるなどのリス クがあるように思われる。企業が公開するプロダクトに外部からの 貢献を受け入れる際に、カジュアルに貢献を受け入れつつそういっ た問題が起こらないようにする良い方法は無いものか。 ● 古典的には Contributors License Agreement だが、カジュアルさとは相反する……かも? 補足:権利の所在……ということに引っ張られて、 CLA 的な「権利を譲渡する」話を 切り出してしまいましたが、ちょっとミスリードでした。すみません。 ライセンスの議論としては、コントリビューションについてのライセンス同意を README などで記載しておく、ライセンスのバージョンアップについては or later な どとして予め考慮しておく、といった意見が出ました。 補足:権利の所在……ということに引っ張られて、 CLA 的な「権利を譲渡する」話を 切り出してしまいましたが、ちょっとミスリードでした。すみません。 ライセンスの議論としては、コントリビューションについてのライセンス同意を README などで記載しておく、ライセンスのバージョンアップについては or later な どとして予め考慮しておく、といった意見が出ました。
  15. 15. 15 活発な意見交換 ありがとう ございました!

×