O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

20131128 情報化社会へのイノベーション

情報化社会に向けてのイノベーションの役割と、情報が現実と交叉する空間、インタースペースを定義し、産業化社会で、情報処理やITCを活用する視点ではなく、情報が中心で社会が形成される可能性を視野にいれた研究室の取り組みなどを、まとめてみました。過去の資料とかぶるところも多いのですが、少し変化しています。^^

  • Seja o primeiro a comentar

20131128 情報化社会へのイノベーション

  1. 1. 情報化社会へのイノベーション 情報空間と現実空間の融合空間 インタースペース Version:1.0 Date:20131128 By:Keiji Mitsubuchi ■ デジタルハリウッド大学院 ■
  2. 2. No.2 ■ 三淵啓自 Keiji Mitsubuchi 三淵 啓自 ・NASAの研究の一環として、宇宙飛行士の宇宙線の照射量を、 プラスチックの構造崩壊を、計測するための画像認識プロジェクト にて、チーフエンジニアを務める。 ・サンタクララの研究所で、画像認識、紙幣認識、人工知能、ファ ジー制御などの研究、特許等取得 ・サイバーポリスに開発、猥褻画像認識における。人工知能を活 用した、感性を取り入れた画像処理システムの研究開発。 ・経産省、次世代高精細CG合成の研究開発 主任研究員 ・総務省 サイバー特区における著作権UGCの管理 主任研究員 3次元仮想世界における、クリエイターインキュベーション ・デジタルハリウッド大学院にて、 情報空間と実空間における、人間と機械の交叉空間、インター スペースの研究を行っている。
  3. 3. No.3 ■ まずはじめに イノベーションとは … ?
  4. 4. No.4 ■ The Third Wave 『第三の波』アルビン・トフラー 1980年 (30年以上前) 社会で起きる、技術革新や、思想や生活様式の改革、変遷を、 波にたとえ、いままで人類の大きな革新的変遷(パラダイム シフト)が2回来ており。いままさに、新しいパラダイムシフトが 起き始めていると、予見し、それを「第三の波」と定義した。
  5. 5. No.5 ■ まずはじめに “The nature of society (relationships between people, economic structures, politics etc.) can be significantly altered by the impact of new innovation.” イノベーション 社会構造 価値観 政治・経済 人の関係 文化・産業 生活様式
  6. 6. No.6 ■ イノベーションのとは イノベーション 社会的意義のある 新たな価値を創造 イノベーション(innovation)とは、物事の「新しい機軸」「新し い思想」「新しい視点」「新しい活用法」を創造する行為のこ と。今までの、モノや仕組みなどに対して全く新しい技術や 考え方で、社会的意義のある新たな価値を創造し社会的に 大きな変化を起こすこと。 (単なる技術革新だけではない)
  7. 7. No.7 ■ 農業革命 第一の波 農業革命 農業革命
  8. 8. No.8 ■ 農業革命 約15000年ほど前の新石器時代に農耕を開始したことにより、 それ以前の狩猟採集社会の文化を置換した。 ・ 数千年かけて、人類の生活様式を変化させた。 ・ 土地を基準とした経済や集落社会を確立 ・ 農耕をベースにした、文化、生活様式 ・ 土地の所有権など、17世紀までつづく
  9. 9. No.9 ■ 農業革命のイノベーションとは 農業革命 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 土地の概念 資産・貨幣 封建制度 など 農耕により安定した食糧供給 土地の所有権などの新しい価値 集落、土地国家などの封建制度 交易による、貨幣の発達 農耕の暦、土地管理から、天文学、数学など 祭事、神事など宗教・哲学の発達
  10. 10. No.10 ■ 産業革命 第二の波 産業革命 産業革命
  11. 11. No.11 ■ 産業革命 18世紀から19世紀にかけて起こった。工業化により、それま での農耕社会から産業社会へと移り変わる。 ・核家族、工場型の教育システム、企業 ・大量生産、大量流通、大量教育、マスメディア、 ・大量のレクリエーション、大衆娯楽、大量破壊兵器 ・中央集権、集中化、官僚制
  12. 12. No.12 ■ 産業革命のイノベーションとは 産業革命 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 工場、企業 マスメディア 核家族化 工場化による大量生産、大量消費 自動車、飛行機、大量移動、大量流通 都市化、人口の集中vs過疎 核家族化、工場型の教育システム雇用の確保 マスメディア、大量のレクリエーション、大衆娯楽 科学推進、論理的、効率的、評価基準、思考 中央集権、集中化、官僚制、大量破壊兵器
  13. 13. No.13 ■ 第三の波 第三の波 ??革命 ??革命
  14. 14. No.14 ■ 情報革命 第三の波は情報化社会と、脱産業社会(脱工業化社 会)であり、1950年代から始まり、多くの国が第二の波 から第三の波に乗り換えつつある。 情報革命 エネルギー 宇宙開発 バイオ革命
  15. 15. No.15 ■ The Third Wave 第三の波における継続可能社会システムの必要性 (トフラー氏による予測) ◆産業化社会(第二の波)は、継続可能社会ではない ・ 化石燃料・資源の枯渇、 ・ 地球の資源は、増加する人口を維持できない。 ・ 社会システム(家族、交通、流通など) 内部の崩壊圧力 ◆新しい社会を支える革新技術 1. コンピューター、情報技術, 2. コミュニケーション、メディア技術 3. 宇宙産業、海洋資源産業 4. 再生可能エネルギー産業、バイオ産業
  16. 16. No.16 ■ 第三の波 情報革命が、社会を 大きく変化させる 情報革命
  17. 17. No.17 ■ 情報革命の4大イノベーション 情報革命の四大イノベーション デジタル革命 インターネット 革命 ソーシャル革 命 バーチャル革 命 • デジタル革命 • インターネット革命 • ソーシャル革命 • バーチャル革命
  18. 18. No.18 ■ 情報革命 第1フェーズ デジタル革命 データ、写真、本、映像などを、デジタル化して、情報空 間で活用できるようにする。 ・ コンピュータ、PC、キーボード、マウス ・ デジタルカメラ、デジタルビデオ、デジタル録音 ・ メディア CD-ROM、DVD, BR ・ Database, File System, Micro-computer 物 物 デジタル化 情報空間
  19. 19. No.19 ■ 情報革命 第2フェーズ インターネット革命 物流通や制御を、ネットワークで行い、情報や処理を、ど こでも使えるようにする。 コミュニケーションのデジタル化 ・ ネットワーク、モバイル、電子メール、Web、携帯電話 ・ ダウンロード コンテンツ、Eーコマース、Youtube, ・ ユビキタス、Web1.0、 クラウド 流 放送・通信 流通 情報化 情報空間
  20. 20. No.20 ■ 情報革命 第3フェーズ ソーシャル革命 人の行動や、動き、活動を情報化する。 ・ ミクシー、フェイスブック、ツイッター等 ・ 掲示板、UCG、Web 2.0、noSQL ・ スマートフォン、アンドロイド、iPhone, Android. ・ GPS、各種センサー、顔認識等 人 社会 情報化 人 情報空間
  21. 21. No.21 ■ 情報革命 第4フェーズ バーチャル革命 環境や、状況、人の経験等を共有、再現できるようにする 感性、感覚的情報化できるようになる。 ・ セカンドライフ、MMORPG, ゲームエンジン、アバター ・ 3Dシミュレーション、VR,AR,VR,プロジェクションマップ ・ 情報空間と実空間の融合、インタースペース ・ 仮想商品、仮想価値、微少決済、仮想経済 世 情報空間 情報化 人 社会 Avatar V world
  22. 22. No.22 ■ 成長産業と情報革命 デジタル革命 • コンピューター、ソフト開発 IBM,NEC,MS etc • コンテンツ CD、DVD、パッケージゲーム インターネッ ト革命 • ネットサービス業 Yahoo、Google、Amazon • コンテンツ提供、Docomo, Apple ソーシャル革 命 • SNサービス業 Facebook、Twitter、 • ソーシャルゲーム Ginga、Gree、DeNA バーチャル革 命 • 仮想世界、経済圏 セカンドライフ • まだ事例が少なく、これからの市場
  23. 23. No.23 ■ 情報革命 「ものづくり」 • コンテンツの概念 • 変更、コピー デジタル革命 • ツールの進化 • コミュニケーション • コンテツ流通 インターネット • エコシステム 革命 • コミュニティー • 情報共有 ソーシャル革 • オープン化概念 命 • 体験・感覚共有 • アバター、自己同一性 バーチャル革 • 新しい価値観 命 オープン プロダクト ジェネレーション
  24. 24. No.24 ■ 情報革命 次のフェーズは? 技術 デジタル 革命 インターネッ ト革命 ソーシャル 革命 バーチャル 革命 実社会 デジタルカメラ DC,DVD デジタルビデオ デジタルTV デジタル放送 光回線 WiFi E-コマース ネット決済 電子マネー 携帯・スマホ タブレット オフ会 イベント O2O モーション キャプチャー AR拡張現実 仮想世界 テレエグジス タンス 物質化革命? 実体化・物質化 魔法の具現化 自分の分身 感覚の拡張
  25. 25. No.25 ■ 情報革命 「コンテンツ」 第5の革命 物質化革命? 実体化・物質化 魔法の具現化 自分の分身 感覚の拡張 イノベーション 3Dインタースペース 五感デバイス 物質化技術 仮想から現実体験へ ロボティックス
  26. 26. No.26 ■ 真の情報化社会 情報革命は 物(形態)、流(変化)、人(社会)、世(空間)を、情報とし て処理でききるようにデジタル化して、それをシミュレー ションし、可視化するだけではなく、情報が、3Dプリンター や、ロボット技術などを通して、現実社会にフィードバック されるようになって、初めて、人々の認識や価値観が変 化し、イノベーションが起こせるのである。 今までの、IT産業は、垣間見えた情報処理やシミュレー ションなどの技術を、産業化社会のシステム内で、何とか 活用しようとしていたため、リスクも大きく、不安定なシス テム故に、ハイパーピーク的な現象などが起きていた。 真の情報化社会においては、技術や、コンテンツなどの 評価も、社会的な活動も、的確に評価、可視化、認知、感 知できる社会になっていくと考えている。
  27. 27. No.27 ■ 情報革命 「コンテンツ」 1.農業革命の価値 土地、穀物 ⇒ 文化、伝統芸能 2.産業革命の価値 物、金、大量生産 ⇒ 科学、ビジネス、金融 3.情報革命の価値 情報、コンテンツ、知財 ⇒ 体験感覚共有 大きな3大パラダイムシフトから未来の戦略をね り、その意識を持った、人材や社会的インフラを、 考察していきたいです。
  28. 28. No.28 ■ デジタルハリウッド大学院 三淵研究室 三淵研究室・・・・ 情報化社会における、情報空間と、現実空間のインター アクションや、ユーザーインターフェイスや、情報と現実の 交叉空間をインタースペースと定義し、その活用などを、 研究しています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ メタバースの教育利用 メタバースやWebにおける、放送・通信の情報連動 DCT(デジタルコンテンツトレーサビリティー) 微少決済、仮想市場経済、仮想商品 3Dインターアクティブ表現、マシニマ、仮想放送局 アバターコミュニケーション その他デジタルコンテンツ流通+仮想世界
  29. 29. No.29 ■ 研究ドメイン 情報空間(デジタル) 現実空間(アナログ) 3D仮想世界 セカンドライフ Online Game Web仮想世界 ソーシャルメディア Twitter, FaceBook Ustream MixReality AR、VR 3DTV Game 現実世界 エンタメ 教育・医療 コミュニケーション
  30. 30. No.30 ■ コンテンツ流通インフラ (PHANTOMフレームワーク層) プライベート・ドメイン C. コンテンツ 音楽、映像 パブリック・ドメイン V. 仮想世界 SNS、FaceBook 情報空間(デジタル) コンテンツ・アプリ流通層 ライセンス管理層 決済、経済層 ソーシャル層 携 帯 家 電 現実空間(アナログ) 自 動 車 ネットインフラ ・ クラウド 交 通 網 仕 事 都 市
  31. 31. No.31 ■ 情報空間(デジタル)と現実空間(アナログ)の融合 情報空間(デジタル) コンテンツ シュミレーション 現実空間(アナログ) 1.インター フェイス・VR キャラクター 仮想世界 拡張仮想 A.Virtality アバター パーソナル 空間 自己意識 2.コンテンツ 流通システム 現実世界 3.複合現実 Mixed Reality 拡張現実 A.Reality 4.ソーシャル VS 価値 社会性
  32. 32. No.32 ■ AR+Physical Interfave 1.Google Glass 2. Augumented City 3.Leap motion/Kinnect
  33. 33. No.33 ■ Leap Motion 1. http://www.leapmotion.com/ 2. http://www.youtube.com/watch?v=_d6KuiuteIA&feature=pla yer_embedded
  34. 34. No.34 ■ Inter Space 空間 情報空間(デジタル) 現実空間(アナログ) Inter Space 空間
  35. 35. No.35 ■ ショッピングモールの劇場化 情報空間(デジタル) 1. 現実空間(アナログ) Inter Space
  36. 36. No.36 ■ デジタル アナログ 融合実験 2011年10月 1.表参道にある、実店舗(Cambro)を仮想世界内に再現し その仮想店舗を、実店舗内でプロジェクターで、投影し その受ける印象や、インターアクティブにカメラを動かして その関係を来店客に体験してもらった。
  37. 37. No.37 ■ デジタル アナログ 実験 1.店舗内
  38. 38. No.38 ■ デジタル アナログ 実験 1.赤外線LEDを埋め込んだ 杖を使い、ユーザーの操作を、 Wii リモコン の赤外線カメラ により受信し、アバターのコン トロールする。
  39. 39. No.39 ■ デジタル アナログ 実験 1.仮想世界に再現し た店舗の投影 拡張現実による商品 の展示、回転してみる ことができる
  40. 40. No.40 ■ ARG (代替現実ゲーム) “ちょこ探” プロジェクト 2012.02.14 秋葉原にて、実施 秋葉原の街を、8ビットゲームの様 な、マップとGPSでリンクさせ、RPG のストーリーを進めて、目的地まで 向かう
  41. 41. No.41 ■ ページ 4 1.
  42. 42. No.42 ■ バーチャルミラー 最先端IT推進コンソーシアムにて発表 (2012.8.29) キネクトと半透明プロジェクタースクリーンを 使って再現、リアルタイムでカメラの映像を映 し、手の操作で、移動、拡大縮小できる。
  43. 43. No.43 ■ ショッピング モールでの活用 Online 2 Offlineを繋ぎ、お互いにコミュニケーションできる 現実空間と仮想空間を繋いだ、新しい空間演出が可能 家、会社から モバイル モール
  44. 44. No.44 ■ 総務省 「サイバー特区事業」 2009.10 デジタルコンテンツの管理流通 ルール整備促進事業 <映像・放送番組・映画 ライセンサー:> ・株式会社 エクスプレス ・株式会社 バンダイチャンネル ・Virtual World BroadCast (VWBC) ・デジタルハリウッド大学院 ・株式会社ショウゲート <音楽、原盤権及び、隣接権等> ・社会法人 日本音楽著作権協会(JASRAC) ・株式会社 イーライセンス ・Morph Tokyo <配信プラットフォーム> ・セカンドライフ ・Splume ・Meet me ・Open SIM ・モヴィエ、 ・Stickam ・Ai-Space: ニコニコ動画
  45. 45. ■ 総務省 「サイバー特区事業」ビジネスモデル 2009.10 ライセンサー(著作元、版権元様) TV 番組、 ケーブルTV番組等の ライセンス その他 その他コンテンツの ライセンス マーケットデータ 解析機関 特区プラットフォーム ネットワーク (必要に応じ)解析データ提 供 Web情報収集 Open SIMSecond Life Splume インターネット放送 放送媒体 SNS情報網など 会員のみ Ai_sp@ce ライブ映像、ストリーミング配信、 デジタル・コンテンツ販売 ・アンケート調査 ・SNSのユーザー関係 ・書き込み等の情報収集 映像、音楽、キャラクター等 のライセンス No.45 口コミ情報などの インターネット放送、衛星放送、 流通 VOD(ストリーミング配信) 一部、許諾が OKのもは、イ ンターネット へ公開 メタバース情報収集 ・イベントなどの行動解析 ・放送に関するチャットなどの無意識反応 ・販売流通の調査 ・アンケート調査 権利フィー ライセンス 権利フィー還元 流通・販売 コンテンツのQCは ライセンサーもしくは ライセンス管理委託 を受けて行う。 特区クリエイティブ スペース ライセンスプール (一元管理機関) ライセンス使用認可 メタバース特区登録会員 プラットフォーム事業者 放送事業者 二次創作 今回の実験にて 検証 製造制作、番組制作 メタバースイベント、Webイベント
  46. 46. No.46 ■ 神田外語学院 2010 1.2010年4月 より、必修科目として仮想世界を使った授業を開始。 2.1,2年生で、1600以上の生徒が毎年受講 3.仮想世界内で、ネイティブスピーカーと会話をする。 4.時間リミットがあり、時間内に、生徒は、4つのタスクを、行う。 5.空港、ホテル、病院などがあり、海外でのいろいろな状況 にて、問題を解決することで、会話能力の向上を図る。
  47. 47. No.47 ■ 神田外語学院
  48. 48. ■ 空間設計 (地域振興) 2008.3 - 2009.10 過去と未来を繋ぐ 未来 上空に浮かぶ未来都市は、中央のロボットを基幹に、 それぞれのプレートどうしがリンクしあうかのように シナプス状に広がっている SIMの中心には、工業・工場をイメージした 巨大なロボットがそびえ立ち ランドマーク的な役割を担う 過去 昭和の街並みを再現した、ジオラマ(ミニチュア)が、 SIMの地表の四方に展開 上空の未来都市より、過去を俯瞰・一望できる
  49. 49. No.49 ■ 町設計 イベント (地域活性化) 2008.3 - 2009.10 1. Metal-Heart 音楽とメタルの融合
  50. 50. No.50 ■ キャラクターの二次創作、流通実験 (カプコン) 2009.9 戦国バサラ in Second Life 2009.9-2010.12 1.仮想世界内での二次創作の許諾をもらい 1. 2.クリエイターに解放、アバター等の制作、販売許可 3.イベント等に活用 4.コミュニティー運用
  51. 51. No.51 ■ 眼球 教育 3D空間コンテンツ 2008.07 1.参加者が、ライドとして、見学できる 2.眼球内に入って、目の構造を見ることができる 3.光を半透明の3Dオブジェクトとして可視化し 近眼、遠視などの仕組みを説明するコンテンツ 4.眼球の構造毎に、WIKIへリンクが張ってあり、 解剖学的な名称や、構想を学べる
  52. 52. No.52 ■ アバター研究 1.アバターアレンジメント 2.アバター制作(髪の毛、スキン、服等) 3.実在の人のアバター制作 (写真撮影、3Dデジタル化) 4.アバター写真・映像制作
  53. 53. No.53 ■ 写真アバターの違い モデルを三淵が撮影 生徒アバターを生徒が撮影
  54. 54. No.54 ■ 拡張仮想 Augmented Virtuality 2011.4 1.拡張現実 (AR) は、現実空間に、情報をマッピングする技 術であり。拡張仮想は、その逆の、情報空間に、現実情報を マッピングする技術である。 2.関東から東北まで、1024分の1の3D地図を再現、被災地の 現状、放射能の拡散図等、可視化しアバターを通して、多くの ユーザーに体化してもった。
  55. 55. No.55 ■ G-Lens 1.仮想世界に地図上に、持って 行くと、Googleの衛星写真や地図 が表示され、リアルを覗くレンズ のごとく機能する。
  56. 56. No.56 ■ Digital Academeia 2007.6 - present 仮想世界学校 デジタル アカデメイア 2007-2013 1.仮想世界内の学校コミュニティー実験 2.450名の学生が受講 3.先生も、生徒も無料 4.学校メタファーによるコミュニティー
  57. 57. 他の教育環境との違いについて リアルラーニング メタバースラーニング WEB型e-ラーニング 臨場感 いつでも 共有感 アーカイブ どこでも(地理的制約) 組み合わせることによって お互いの特徴を生かすこと ができ、欠点を補完できる 従来のWEB系eラーニングを一歩進めた 「多人数同時参加によるインタラクティブ型授業」が可能
  58. 58. VWBC(Virtual World Broad Casting) 【 活動 】 ・コミュニティー支援型放送局 ・セカンドライフ内のニュース及びイベント、 その他さまざまな映像を撮影、 アーカイブとして保管し、又それを提供する ・中継、録画、その他の映像を セカンドライフ内に映像を配信する ・映像製作・マシニマ
  59. 59. No.11 C特区放送流通実験の実施 VWBCでは、総務省の「メタバースにおけるデジタルコンテンツ流通のルール整備事業」 (通称サイバー特区)において放送流通実験を実施し、仮想世界における放送とコンテンツの 調査を行いました。 スカパーとVWBCにて コンテンツの相互放送を実施 バンダイチャンネルの コンテンツをVWBCで放送 ・プリンセスナイン ・シックス・エンジェルズ ぜんタネ チアアップ★インディーズ MUSIC CROSS ROAD まつたけちゃん C特区プロジェクト説明会の中継 VWBC (Virtual World Broadcast) 〒112-0015 東京都文京区目白台3-26-7 Tel:03-5978-7301 Fax:03-3941-6564
  60. 60. No.60 ■ ページ 3 インタースペースのデザインによっ て、世の中のユーザー体験に、イノ ベーションを起こしたい イノベーション UXを通して 新たな価値を創造 そのために、研究しています^^
  61. 61. No.61 ■ イノベーションに対する問題点 1.企業内のイノベーション 「組織内部からのイノベーションは難しい」 2.集合知 暗黙知 センサーの高精度化 マニュアル化はできない 人工知能 3.ビッグデータ vs 時間軸 多様化し、動的に変化する情報の扱い 暗黙知は、昔ながらの一子相伝 ・言葉化できない情報 ・概念化できない情報 ・体験の共有にいる情報
  62. 62. No.62 ■ 三淵啓自 Keiji Mitaubuchi 三淵 啓自 FaceBook http://www.facebook.com/mitsubuchi Linked in http://www.linkedin.com/in/mitsubuchi Mail: keiji@nwco.com スライド SlideShare http://www.slideshare.net/mitsubuchi」 ご清聴ありがとうございました ^^ノノ

    Seja o primeiro a comentar

    Entre para ver os comentários

  • yoichi

    Nov. 27, 2013
  • dsuket

    Nov. 27, 2013
  • ssuserb66684

    Jul. 2, 2015

情報化社会に向けてのイノベーションの役割と、情報が現実と交叉する空間、インタースペースを定義し、産業化社会で、情報処理やITCを活用する視点ではなく、情報が中心で社会が形成される可能性を視野にいれた研究室の取り組みなどを、まとめてみました。過去の資料とかぶるところも多いのですが、少し変化しています。^^

Vistos

Vistos totais

2.417

No Slideshare

0

De incorporações

0

Número de incorporações

30

Ações

Baixados

31

Compartilhados

0

Comentários

0

Curtir

3

×