O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
株式会社イーラーニング
松崎 剛
• 株式会社イーラーニング
– 東京都港区芝5-29-20 クロスオフィス三田 2F
– Moodleパートナー
• Moodle構築、ホスティング、テーマ作成、プラグイン開発 トレーニング、
コンサルティング、コンテンツ作成
– IT エンジ...
• 2016年5月にリリース予定
• LTS(Long Term Support)
– 通常の1年半サポート期間に対して3年間のサポート期間
• Moodle派生LMSの機能を統合
– Totara, ELIS, IOMAD, ESCM
– 派...
現在公式にサポートされ
ているのは、2.7以降
Moodle 1.9は
2007年10月で
サポート終了
Moodle 3.1はMoodle 2.7以来のLTSとなります。
Moodleのバージョン
Moodleのサ
ポートは
1年半
LTSは...
• コンピテンシーとは、組織の置かれた
環境と職務上の要請を埋め合わせる
行動に結びつく個人特性としてのキャ
パシティ、あるいは、強く要請された結
果をもたらすものである
– (Boyatiz,1982)
• コンピテンシーとは、職務や役割にお...
コンピテンシー
フレームワークA
コンピテンシーA
コンピテンシーB
コンピテンシーC
ラーニングプランA
コンピテンシー
フレームワークB
コンピテンシー
フレームワーク
コンピテンシー
フレームワークはサイト or カテゴリーに作成可能
コンピテンシーの設定可能項目
リンクコース
関連コンピーテンシー
ルール:下位階層の条件など
• サイト or コースカテゴリーに作成
コンピテンシー
にマッピング
ユーザ、コー
ホートにマッピ
ング
ダッシュボード
> プロファイル
コースA
コースB
コースC
ユーザA
ユーザB
コーホートA
リソース/活動
ユーザC
コースA
コースB
コースC
ユーザA
ユーザB
コーホートA
コンピテンシー
フレームワークA
コンピテンシーA
コンピテンシーB
コンピテンシ
ーC
ラーニングプランA
コンピテンシー
フレームワークB
ユーザ、コースの紐付けが
従来のもの...
Course administration > Reports > Competency•
コンピーテンシー– からの成績を見ることができる
先生– は評価することができる
A Evidence of prior learning,• 予習の証...
2015• /12/3正式リリース
PHP• 5.6に比べて2倍以上のパフォーマンス向上
メモリ• 使用量削減
Moodle• では3.0.1より正式サポート(広まるはMoodle 3.1から
か?)
Moodle• 構築、ホスティング
運用• 、テーマ作成
カスタマイズ• 、プラグイン開発
トレーニング•
サポート• 、コンサルティング
コンテンツ• 作成
Moodleパートナーとして、
Moodleに関することは何でも提供させていただきま...
• 株式会社イーラーニング
• info@e-learning.co.jp
• https://www.facebook.com/matsuzakit
人と人を繋ぐeラーニング
Moodle3.1の概要
Moodle3.1の概要
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

Moodle3.1の概要

Moodle Moot 2016での発表資料です。

  • Entre para ver os comentários

Moodle3.1の概要

  1. 1. 株式会社イーラーニング 松崎 剛
  2. 2. • 株式会社イーラーニング – 東京都港区芝5-29-20 クロスオフィス三田 2F – Moodleパートナー • Moodle構築、ホスティング、テーマ作成、プラグイン開発 トレーニング、 コンサルティング、コンテンツ作成 – IT エンジニア向けコンテンツ • CCNA, iOSプログラミング, LPIC • 松崎剛 – 株式会社イーラーニングCEO – 日本ムードル協会ビジネス部会長 – モバイルラーニングコンソーシアム理事 – LPI Japan 発起人、構成員 – 日本人で唯一の? MCCC(Moodle Course Creater Certificate)
  3. 3. • 2016年5月にリリース予定 • LTS(Long Term Support) – 通常の1年半サポート期間に対して3年間のサポート期間 • Moodle派生LMSの機能を統合 – Totara, ELIS, IOMAD, ESCM – 派生LMSの機能を取り込んでMoodle標準を作る – コンピテンシー • PHP 7対応 • フォーラム – テンプレートとJSサポート • 評定の新インターフェイス • LTI 準拠 • ダッシュボード – 何をしたのか、次に何をするか
  4. 4. 現在公式にサポートされ ているのは、2.7以降 Moodle 1.9は 2007年10月で サポート終了 Moodle 3.1はMoodle 2.7以来のLTSとなります。 Moodleのバージョン Moodleのサ ポートは 1年半 LTSは3年
  5. 5. • コンピテンシーとは、組織の置かれた 環境と職務上の要請を埋め合わせる 行動に結びつく個人特性としてのキャ パシティ、あるいは、強く要請された結 果をもたらすものである – (Boyatiz,1982) • コンピテンシーとは、職務や役割にお ける効果的ないしは優れた行動に結 果的に結びつく個人特性である – Evarts (1987) • Competencies - a unit of learning – Moodle HQ
  6. 6. コンピテンシー フレームワークA コンピテンシーA コンピテンシーB コンピテンシーC ラーニングプランA コンピテンシー フレームワークB
  7. 7. コンピテンシー フレームワーク コンピテンシー フレームワークはサイト or カテゴリーに作成可能 コンピテンシーの設定可能項目 リンクコース 関連コンピーテンシー ルール:下位階層の条件など
  8. 8. • サイト or コースカテゴリーに作成 コンピテンシー にマッピング ユーザ、コー ホートにマッピ ング
  9. 9. ダッシュボード > プロファイル
  10. 10. コースA コースB コースC ユーザA ユーザB コーホートA リソース/活動 ユーザC
  11. 11. コースA コースB コースC ユーザA ユーザB コーホートA コンピテンシー フレームワークA コンピテンシーA コンピテンシーB コンピテンシ ーC ラーニングプランA コンピテンシー フレームワークB ユーザ、コースの紐付けが 従来のものとコンピテンシー 経由の2つになっている? リソース/活動
  12. 12. Course administration > Reports > Competency• コンピーテンシー– からの成績を見ることができる 先生– は評価することができる A Evidence of prior learning,• 予習の証拠 – 前もって生徒がどの程度熟達しているのかを提出できる your– own learning plans page from your profile and click on the "Evidence of prior learning" link completion• activity competencies コンピテンシーは– 個々のアクティビティにも紐づけることができる Courses /– ▶︎ ESL / ▶︎ Course competencies
  13. 13. 2015• /12/3正式リリース PHP• 5.6に比べて2倍以上のパフォーマンス向上 メモリ• 使用量削減 Moodle• では3.0.1より正式サポート(広まるはMoodle 3.1から か?)
  14. 14. Moodle• 構築、ホスティング 運用• 、テーマ作成 カスタマイズ• 、プラグイン開発 トレーニング• サポート• 、コンサルティング コンテンツ• 作成 Moodleパートナーとして、 Moodleに関することは何でも提供させていただきます。
  15. 15. • 株式会社イーラーニング • info@e-learning.co.jp • https://www.facebook.com/matsuzakit 人と人を繋ぐeラーニング

×