O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

Yammerの使い方(基本編)

Próximos SlideShares
Itca yammer提案110615
Itca yammer提案110615
Carregando em…3
×

Confira estes a seguir

1 de 10
1 de 10

Mais Conteúdo rRelacionado

Audiolivros relacionados

Gratuito durante 30 dias do Scribd

Ver tudo

Yammerの使い方(基本編)

  1. 1. Yammerの使い方 基本編 Ver1.0
  2. 2. Yammerとは • 「エンタープライズ向けFacebook」 • アメリカで2008年9月にローンチ • 2011年5月時点で150万人、10万の企業・団体で 利用 • クラウドサービス • ビジネスモデルはフリーミアム(通常の機能は全 て無料で利用可能。高度な機能のみ有償版アカ ウントに登録が必要。) • 原則として同一ドメイン同士で利用
  3. 3. 導入メリット① • 組織の集合知化 • 組織のフラット化 • 業務の効率化、コミュニケーションの円滑化、コラボレー ションの生成 • 社員のエンゲージメントの向上 • 遠隔、グローバルなやりとりが容易 • 在宅勤務などの多様な働き方の推進 • 組織横断型プロジェクトでの連絡手段 • 社外勉強会やサークルなどの連絡手段 • 隣の人が何をしているか/何を考えているかがわかる
  4. 4. 導入メリット② • (特に大企業における)組織的分断、地理的分断の解消 • プロジェクトの進捗把握 • メールと電話の削減 • わからないことに誰かが答えてくれる場所 • 過去の議論や経過を検索をすることで知る • 新入社員の速やかなキャッチアップ • アイデアの創発 • 情報のサイロ化を解消し情報流通を促す • メールと違って取り消しが可能。また、誤送信もない。ス パムも飛んでこない。 • メーリングリストの管理が不要
  5. 5. 何の代わりになるか? • メール、メーリングリスト • ミーティング • 内線連絡 • ホワイトボード(外出の周知など) • Facebookのグループ機能 • 社内報 などなど
  6. 6. 始め方 • https://www.yammer.com/ にアクセス • 会社のメールアドレスを入力すると確認のメールが来る ので、リンクを辿れば登録完了 • 画面下部で言語を日本語に変更 • プロフィールを入力 • 適宜必要な社員を招待 ※現在日本語対応の最中であり、メールなどの登録時の 文言では英語が使われている
  7. 7. 主な機能 • マイクロブログ:Twitterのようにつぶやく機能 • トピック:Twitterでのハッシュタグ • フォロー:ユーザーは特定のトピックを自分のフィードに 表示可能 • いいね!:ユーザの発言等に対していいね!と反応 • グループ:公開、非公開が選択可能 • コミュニティ:外部のユーザと共同利用する場 • SSL暗号化対応:やりとりは全て暗号化 • その他の機能:ダイレクトメッセージ、リーダーボード、 ファイル添付、質問、アンケート、イベント、組織図、検索 機能など
  8. 8. 利用環境 • 各種ブラウザ • スマートフォンアプリ(iPhone,iPad,Androidなど) • 公式デスクトップクライアント https://www.yammer.com/company/desktop • ブラウザ拡張機能(Yamahなど) • デスクトップクライアント(Crowy、Seesmic Desktopなど)
  9. 9. 有償版 • 毎月1名5ドルで有償版アカウントを作成可能 • 複数ドメインでの利用が可能 • アカウントの削除等が容易 • Sharepointサーバと統合が可能 • 利用ガイドラインの設定が可能 • セキュリティの詳細設定が可能 • 不適切なキーワードの摘出 • アクティブディレクトリとの統合 • 分析ツールの利用 • ユーザー全員が確認する通知を出すことが可能
  10. 10. 注意点 • SaaSのフリーミアムのためカスタマイズ性に乏し い • ガラケーからの利用ができない • まだまだサービスとして発展途上 • 日本語化がまだ途中のため、ところどころ英語

×