O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

CODE for IKOMA 2018年9月定例会(一部改訂)

919 visualizações

Publicada em

コードフォー生駒の9月15日定例会にて説明したスライドの一部改訂版です。
平時の防災訓練で、住民がツイッターで被災状況等を投稿する訓練を実施しておくと、災害時の迅速な情報共有に役立ち、ひいては共助活動のきっかけとなる。共助活動が活発になることで地域防災力が向上する。

Publicada em: Governo e ONGs
  • Seja o primeiro a comentar

CODE for IKOMA 2018年9月定例会(一部改訂)

  1. 1. 2018年9月15日 CODE for IKOMA定例会(一部改訂) ツイッターで 地域防災力を強化 元 国土交通省国土技術政策総合研究所 稲野 茂 1
  2. 2. 自己紹介と注意事項 いなの しげる 稲野 茂 Twitter:@rugeshino • 北海道出身 • 建設省(当時)に入省後、本省や出先機関、自治体出向 など全国各地で勤務し、2018年7月より阪神高速㈱ • 国土交通省国土技術政策総合研究所には通算10年勤務 • このスライドは、元研究所の研究者として、客観的事実 に基づき、個人的な見解を整理したもの。国交省及び現 所属組織とは無関係 2
  3. 3. 災害の発生直後 被災関係者が知りたいのは 今、どんな状況なのか? 被災関係者➔被災者や被災地に家族がいる者 • 自分の周囲は? • 家族の安否と自宅の周囲は? • 帰宅経路は? 3
  4. 4. 既存の情報源 • テレビのニュースは、目立つ現場が中心 • 行政情報(気象庁を除く)は、遅い、不十分 • 市町村から、避難情報は早めに出るように なったが、被災状況等の情報は不十分 • 既存情報源では迅速な状況把握は困難 4
  5. 5. 市町村から情報が来ない • 防災科学技術研究所主催シンポジウム 「災害初動期に都道府県が情報システムに求 める機能とは?」(2018年4月19日) • 熊本県庁と福岡県庁の登壇者からの指摘 「災害時、市町村から情報が来ない。」 「市町村がシステムへ情報入力しない。」 5
  6. 6. 【参考】 水害時における市町村の実態 出典「市町村のための水害対応の手引」(平成29年6月 内閣府防災担当) • 受電設備や非常用発電設備等の浸水で停電 • 停電、基地局の浸水で固定電話は不通 • 職員が参集できず、計画どおりに 体制充実を図れず • 防災担当職員に災害対応業務が集中し、 マンパワーが不足 • 住民・報道機関等から問合わせが殺到し、 災害対応できず 6
  7. 7. 被災関係者は情報不足 • 被災関係者(被災者、被災地に家族等がいる者) は、災害直後、現地状況の詳細を知りたい • しかし既存の情報源(テレビやネット)では、 対処できていない • 国や都道府県等の災害情報システムは、 ① 中枢部に情報を集約することを重視 ② 住民等へ迅速に詳細情報を提供することは軽視 7
  8. 8. そこで、 ツイッター活用 8
  9. 9. 9 ハッシュタグ検索で抽出 多くの人が実践すれば 迅速に現地の状況を把握できる 現地状況のツイートを呼びかけ 共通のハッシュタグをつけ、場所がわかるように
  10. 10. パッシブソナーとアクティブソナー ◆パッシブソナー(目標物の発する音を分析) • よくあるツイート分析(聞き耳をたてるだけ) • ノイズが多く、必要な情報抽出が難しい • 特殊な分析ソフト、企業向け有償サービスあり (NICT開発のDISAANA、㈱Specteeのサービスなど) ◆アクティブソナー(探針音を出し、反射音を分析) • ハッシュタグを付けたツイートを呼びかけ、 呼応したツイートを、ハッシュタグ検索で抽出 • ノイズが少なく、必要な情報抽出が簡単 • 特殊なソフト、有償サービスは不要 10
  11. 11. 自治体の取組み事例 11
  12. 12. 埼玉県和光市の事例 ① ツイッター活用の防災訓練を実施 (2014年6月1日) • 現地状況の投稿を住民に呼びかけ • ハッシュタグは「#和光市災害」 • 訓練投稿の大多数が的確な投稿 ② 後日、豪雨の際、状況把握に役立った • 6月25日、ゲリラ豪雨で市内各所が冠水 • 住民が自発的に、市内の状況を投稿 12
  13. 13. 和光市の防災訓練 ツイッター投稿の呼びかけ 13
  14. 14. 和光市 防災訓練の投稿例 14
  15. 15. 防災訓練の投稿 大多数は訓練に沿った投稿 71.7% 6.8% 3.7% 5.8% 12.0% 訓練に沿った投稿 訓練に沿わない投稿 タグだけの投稿 事務局からの連絡 その他(感想等) 15 全投稿191件のうち、 訓練に沿った投稿は137件(72%)
  16. 16. イタズラ投稿は、13件(7%) ニュースで紹介された時間帯に集中 0 5 10 15 20 25 30 35 感想等 事務局からの連絡 タグだけの投稿 訓練に沿わない投稿 訓練に沿った投稿 16
  17. 17. 訓練は成功 • 多数(137件)の的確な投稿 • イタズラ投稿は、少数(13件)かつ一過性 ➔ 気にする必要なし • 日本初のツイッター+ハッシュタグを活用した 防災訓練は成功 …と思っていたところ、 6月25日にゲリラ豪雨が発生 17
  18. 18. ゲリラ豪雨、当日の投稿例 18
  19. 19. 19
  20. 20. 新聞記事によると これは使える! • 和光市は、大雨への対応検討において ツイッター情報を参考にした、とのこと • 和光市の松本市⾧のコメント 「ビジュアル面も含め、瞬時に被害の把握が できたことは大きい。」 20
  21. 21. 7月20日の大雨時にも 市内の状況が投稿 • 2014年7月20日夕刻  和光市内で大雨  和光市内の各所で冠水 • 当日、約10件の #和光市災害 付き投稿。 • 全てが写真添付で市内各所の状況を報告 • 4件のジオタグ付き投稿(和光市内) • イタズラ投稿はゼロ 21
  22. 22. 茨城県龍ケ崎市の事例 • 2016年6月5日、茨城県龍ケ崎市は、 災害時ツイッター活用訓練を実施 • ハッシュタグは「#龍ケ崎市災害」 • 訓練により、市内の状況を伝える多くの ツイッター投稿が得られた • イタズラ投稿は少数 22
  23. 23. 龍ケ崎市 訓練の お知らせ 23
  24. 24. 龍ケ崎市 訓練の投稿例 24
  25. 25. 自治体等から住民へ ツイッター投稿を呼びかける訓練 • 2018年8月26日 #中央市災害 • 2017年 9月 3日 #韮崎市災害 • 2017年 9月 1日 #那覇市災害 • 2017年 8月22日 #東村山市災害 • 2016年10月30日 #富山市災害 • 2016年 9月 4日 #かすみがうら市災害 • 2015年 5月31日 #福岡市災害 その他の訓練事例 25
  26. 26. 那覇市の訓練(平成29年9月1日) 26
  27. 27. 東村山市の訓練の投稿例(平成29年8月22日) 27
  28. 28. ① 訓練投稿の大多数は、マジメな投稿 ➔ 災害時に役立つ情報源になる ➔ 少数のイタズラ投稿は、気にする必要なし ② 和光市で豪雨の際、市内の状況を伝える投稿あり ➔ 状況把握に役立った ➔ 豪雨時はイタズラ投稿はゼロ 事例を総括すると ・ツイッター活用訓練は災害時に役立つ ・根本的な課題点は、ゼロ 28
  29. 29. ① ハッシュタグをつける ② 位置の情報をつける ③ 状況説明(投稿文と写真) 投稿のポイントは3つ 29
  30. 30. • #(ハッシュマーク)に続く任意の文字列 例 #和光市災害 • 投稿文の一部として記載 例 市民センター前の道路が冠水 #和光市災害 (空白で区切れば、文頭、文末、文中、どこでもok ) • 自由に決めて、自由に使える (⾧いと覚えられず、入力も大変。短いと他者と重複) ハッシュタグとは? 30
  31. 31. • 別名 災害時地域ハッシュタグ • 目的 住民相互の災害情報の共有 (関係機関も状況把握に活用) • 活用実績 和光市、龍ケ崎市、富山市、福岡市、北本市、 かすみがうら市、那覇市、韮崎市 など • #+自治体名+災害 で共通化 ➔ 覚えやすい #◯◯市災害 とは? #和光市災害 など 31
  32. 32. 災害情報のハッシュタグ 地域別にすべき 被災関係者にとって、重要な情報は ➔ 自分や家族等がいる地域の情報 それ以外の地域の情報の重要度は低い 地域別のハッシュタグとすることで ➔ 検索で簡単に地域別の災害情報を抽出 情報過多で重要情報の埋没を回避 訓練事例を踏まえると市区町村毎が妥当 (役場で使いやすい、都道府県は広すぎ) 32
  33. 33. 1.ランドマーク、番地名などを記載 ・○○小学校前の道路が冠水 #◯◯市災害 ・◯町◯丁目◯番地の道路が陥没 #◯◯市災害 2.ジオタグを付与 ・ほとんどのスマホは、現在位置の緯度経度を把握可能 ・ツイッター投稿時に、緯度経度の付与を選択可能 ・投稿に付与された緯度経度をジオタグと呼ぶ (ほとんどのツイッター投稿にはジオタグはついていない。) 位置の情報のつけ方 33
  34. 34. ジオタグを活用することにより • ピンポイントで投稿位置を把握可能 • 特定のアプリやwebサイトを活用することにより 地図上に複数の投稿を自動的に表示可能 ➔ どこが、どうなっているか を容易に把握 (ジオタグ検索はツイッターの仕様により、投稿後約1週間までです。 これにより古い投稿が表示されることが回避されます。) ジオタグの効果① 俯瞰的な状況把握 34
  35. 35. ジオタグ活用で地図上に表示可能 NAPZAKによる無料webサイト「ちずツイ」による表示例 35
  36. 36. AndroidアプリTwitmapの表示例 36
  37. 37. 韮崎市の訓練(平成29年9月3日) 訓練投稿の全体137件の中で、9件がジオタグ付き投稿 (下記は、ちずツイによる表示例) 37
  38. 38. ジオタグで被災地からの投稿に絞り込む ➔ デマ投稿を排除 • 被災地から自分の居場所を明らかにして、悪質なデマ を投稿することは、一般的に考えにくい ➔ ノイズ投稿を排除 • ノイズ投稿は、主にリツイート拡散で発生するが、 ジオタグ検索でリツイートは排除される • 現地にいる人からの投稿に、容易に絞り込める ジオタグの効果② デマやノイズを排除 38
  39. 39. 九州北部豪雨の事例分析 (出典:「救助」ツイートの現状と分析 東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔、今村文彦) 39
  40. 40. #◯◯市災害の課題 • 移動中で、自分のいる市区町村が不明の時、 ➔ 付けるべきハッシュタグがわからない ジオタグの課題 • ジオタグを付与するための操作が面倒くさい • スマホとアプリの2段階の設定が必要 • 公式アプリは、投稿する度に設定がリセット 投稿方法の課題 面倒くさい、間違えやすい 40
  41. 41. DITS(Disaster Information Tweeting System) • 東海大学内田研究室が開発したアプリ • ハッシュタグとジオタグが自動的に付与化され、 災害情報の投稿が簡単にできます 使用方法 • インターネット saigai.main.jp にアクセス • Webアプリなので、インストールは不要 • 事前にツイッターのアカウント取得が必要 DITSで簡単に投稿できます 41
  42. 42. 42 DITSで簡単に投稿できます
  43. 43. ツイッター投稿は、自由 役立つ投稿するのも、自由 ◆ツイッターの投稿内容は投稿者の自由 • ただし、プライバシー侵害などはダメ • 全く役に立たない投稿するのも自由 • 大いに役立つ投稿するのも自由 ◆ひと手間かけると…役立つ情報に • 災害時の現地情報を投稿する際、 #◯◯市災害+位置情報+写真 ➔ 投稿が大いに役立つ情報に 43
  44. 44. ツイッター社のブログでも紹介 • 状況報告のツイートをしてみましょう。 ハッシュタグや写真等を用いて、周囲の被災状況についての報 告を想定し、ツイートをしてみましょう。皆さんのツイートが 同じ地域に住むユーザーや行政の災害対応に役立つかもしれま せん。「(場所)は、被害なし。 #◯◯市災害 」「XX橋は流さ れてしまっています。 #◯◯市災害」などのように、現在地の 状況を発信します。余裕があれば、情報発信の時に次のような 情報も添付するとより役立つかもしれません。避難訓練で使う 場合は訓練であることがわかるようにツイートくださいね。 1. ハッシュタグ #◯◯市災害 をつける 2. 場所が特定できるような写真を添付する 3. 携帯端末とTwitterアプリの位置情報を有効にする 44
  45. 45. • 避難等が必要な危険な状況下では、 ツイッターよりも安全確保を最優先に • 誰もいない場所や通信途絶エリアの情報は 得られない • 個別投稿の信頼性は保証されない • それでも、メリット絶大! 注意事項! 万能ではない 45
  46. 46. ① コストゼロで実施可能(個人のスマホ+無料アプリを活用) ② アクティブユーザーが多く、ハッシュタグを使った投稿方法の周知に より、多くの投稿が期待され、多くの人に情報が届く ③ 災害専用システムは災害時に使われず、日常利用のシステムを災害時 に活用すべきと言われており、この考えに適合 ④ 災害時に電話(通話)がつながらない状況でも、インターネット通信 (ツイッター等)は利用できるケースがある ⑤ 市町村が被災により機能停止しても機能する ⑥ 添付写真で現地の状況把握が容易 ⑦ ジオタグ活用で、地図上に自動展開でき、俯瞰的な状況把握が容易 ⑧ バルス祭りでシステムの信頼性・耐久性が世界最強クラスと実証済 ⑨ 誰でも利用できるオープンなシステムであり、民間のアプリ開発や 投稿データを別システムで取得・活用可能であるなど、発展性大 ⑩ 投稿者のプロフィールや過去投稿が、信頼性評価に活用できる ツイッター活用のメリット 46
  47. 47. よくある質問1 ツイッター使えない人は? • 被災地でツイッターを使えない人が、情報不足 で困っている ➔ ご近所で助けあう • 例えば、ツイッター情報に基づき自主避難する 際は、ご近所にも声かけて 47
  48. 48. よくある質問2 自治体として迅速対応が困難 • 被災情報など多くの投稿があった場合、 その全てに自治体として迅速対応できない • 災害時のツイッター活用の主目的は、 ◯ 住民相互の情報共有 ✕ 自治体へ迅速対応を求める通報ではない • 自治体は、投稿等に基づき全容を把握した上で、 緊急性・優先順位を考慮して対応すべし 48
  49. 49. よくある質問3 ツイッターのデマ対策は? • ツイッターのデマは、高速拡散される • 熊本地震でも、デマが投稿され一部に混乱 • その対策は デマの否定・注意情報を投稿 49
  50. 50. 悪質なデマ投稿 投稿者は、後日逮捕 50
  51. 51. • ツイッターに限らず、昔から災害時にはデマ (関東大震災でも、江戸時代の災害でも) • 災害時のデマ対策  デマを無くす ➔ 無理  デマの否定・注意情報を周知➔ 現実的 • デマの否定・注意情報を#◯◯市災害を付け投稿 ➔ ツイッターの拡散力による効果的なデマ対策 51 災害時のデマ対策
  52. 52. 災害時の自助、共助、公助 自助:自分の身は自分で守る (自宅の耐震化、家具の転倒防止、水食料の備蓄等) 共助:ご近所で助け合う 公助:公的な救助活動(消防、警察、自衛隊等) 大規模災害では、迅速な公助が困難 ➔ 自助と共助が重要 52
  53. 53. ツイッター活用は 被災地での情報不足の共助 公的情報(行政発表、マスコミ)だけでは 現地状況の詳細がわからない 住民がツイッターに現地状況を投稿 ➔ #◯◯市災害 で情報共有 ➔ 被災地での情報不足を共に助け合う 53
  54. 54. ツイッターのメリット 誰でも参加できる 【事例1】 和光市の2018年6月の防災訓練では、 消防団の分団ごと実名アカウントで 現地状況のツイートを実施 54
  55. 55. 和光市の訓練の投稿例(2018年6月10日) 消防団の各分団が市内の状況をツイート 55
  56. 56. ツイッターのメリット 誰でも参加できる 【事例2】 群馬県建設業協会では、自発的に • 災害パトロールの状況 • 復旧工事の状況 • 除雪状況 などのツイートを実施 56
  57. 57. 北関東豪雨時の投稿 (桐生市内の県道の災害現場) 57
  58. 58. 「ちずツイ」による表示 58
  59. 59. その他の投稿例 59
  60. 60. 60
  61. 61. 61 除雪状況の投稿例
  62. 62. ツイッターのメリット 誰でも参加できる 【考察】 住民に加えて消防団、地元建設会社など 災害対応にあたる者が現地状況をツイート 情報源としての有効性が一層高まる。 62
  63. 63. 災害情報の理想 • 住民に加えて、消防団、地元建設会社、 さらに国や自治体、関係企業の職員、 皆が現地の状況をツイートすれば • 組織の枠を超えた迅速な情報共有が実現 • 情報の集計・整理等は、被災地の外で、 誰かが実施 63
  64. 64. 近年のICT環境 64
  65. 65. 近年、ICT環境は激変 • スマホの普及と高性能化 • ツイッターなどSNSの利用者増 • 多くの人が、スマホとSNSで、 情報を受信・発信している現代社会 • これを災害時の情報共有に活用すべき 65
  66. 66. スマホ所有率、若年層は9割以上 (出典 総務省情報通信白書) 66
  67. 67. ツイッターの国内利用者 1カ月間にログインしたユーザー数 3500万 (2015年12月) 67 4500万 (2017年10月)
  68. 68. 情報伝達の今昔 ◆昔(ラジオやテレビの発明前) 対話、狼煙、半鐘、手紙、電話など ◆近代社会(マスメディアの登場) ラジオやテレビの普及 多くの人に同じ情報が届けられるように ◆現代社会(ソーシャルメディアの登場) 個人がSNSで気軽に情報を発信 自分に必要な情報を選別(検索)して取得 68
  69. 69. 自治体のSNS利用実態 99%が情報発信のみ 出典:「災害対応におけるSNS活用ガイドブック」 平成29年3月 内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 • SNSを利用する市区町村は1,029(59%) • そのうち934団体が災害対応にSNSを活用 情報発信と受信の内訳は、  927団体➔情報発信のみ  7団体➔情報発信+収集 69 99.3% 0.7% 情報発信のみ 情報発信+収集
  70. 70. 発想の転換が必要 • 行政の従来発想は、住民は情報の受信者 • 行政が災害情報を集約、整理した上で、 住民へ情報を伝える • 時代の変化 → 発想を転換すべき • 住民等の現地からの情報発信を促し、 その情報を広く共有・活用すべき 70
  71. 71. 匿名情報は使えない? • 匿名の誰かがネットに投稿した情報は、 信頼性が無い • そのような情報を行政が活用することは 前例がない 上司の理解が得られない 上司を説得するのが面倒くさい と、役人的発想で思考停止 71
  72. 72. 今や、クチコミ全盛時代 • 食べログ(飲食店) • 価格コム掲示板(各種製品等) • ジョルダンライブ!(電車トラブル) • クチコミ情報は既存情報源を圧倒 72
  73. 73. 食べログ • 個人的に最も愛用しているアプリの一つ • 不慣れな場所でも、ランチ、晩飯、二次会 の店選びに重宝 • クチコミ情報が充実し、場所検索も可能 • 「●●ウォーカー」などの雑誌に対して、 情報の量と迅速性で圧倒 73
  74. 74. ジョルダンライブ! • 一般の利用者が、電車のトラブル情報を 投稿し、閲覧できるサービス • 都市部では、電車トラブル発生時に詳細 情報が多数・迅速に投稿される • 都市部では、情報の量と迅速性で、 電鉄会社の公式ツイッター情報を圧倒 (ただし復旧の見込み等の予定情報は電鉄会社 の情報に依存) 74
  75. 75. 食べログ 否定意見 • 「飲食店側のヤラセ投稿が入っていた」 とのニュースあり • ヤラセ投稿が入っている情報源はアカン 75
  76. 76. 総合評価すべき • 食べログ等をどう評価するか。 1. ヤラセ投稿の可能性がある時点でダメ =使えない情報源 2. ヤラセ投稿の恐れはあるものの、 総合的には十分に使える情報 • 私は、後者2と評価します。 • ツイッター情報も総合評価すべき 76
  77. 77. 情報の信頼性 vs 量・迅速性 ① ツイッターを災害情報の収集等に活用する提案 に対しては、個別情報の信頼性が確保されない 課題点が常に指摘される ② しかし、信頼できる情報だけ集める方式では、 情報の量と迅速性が大きく低下する ③ 匿名OK、とにかく迅速に多くの情報を集め、 各自で適宜、信頼性を評価しながら活用する、 といった発想で進めるべき 77
  78. 78. 地域防災力 78
  79. 79. ツイッター情報で救助 有名な事例:気仙沼の救出劇 • 東日本大震災、気仙沼の母が自らの危機的状況を ロンドンの息子宛に「火の海、ダメかも…」とメール • 息子が下記内容をツイッターに投稿 障害児童施設の園⾧である私の母が、その子供たち10数人と一緒に、 避難先の宮城県気仙沼市中央公民館の3階にまだ取り残されています。 下階や外は津波で浸水し、地上からは近寄れない模様。もし空からの救助 が可能であれば、子供達だけでも助けてあげられませんでしょうか。 • この情報が、東京都の猪瀬副知事(当時)に届く • 東京都のヘリが気仙沼に飛び、無事に全員救助 79
  80. 80. ツイッター社によると 救助要請には #救助 のタグを
  81. 81. 消防庁の見解 災害時、現場は手いっぱい 総務省消防庁の角田秀夫・応急対策室⾧によると、 災害では119番の救助要請にもすぐに応えることができな いほど現場は手いっぱい。緊急性の高い要請を自動検出す る仕組みもない。報道はチェックしているが、ツイッター 投稿を漏らさず確認する余裕はないという。 出典:毎日新聞webサイト(2017年8月8日)
  82. 82. 「公助の限界」 H26版防災白書より 倒壊した建物に閉じ込められた人の救出は、一刻を争 うが、一方で、大規模広域災害時には、全ての倒壊現場 に行政の救助隊が速やかに到着することが難しい。 (中略) 東日本大震災においては、地震や津波によって、市町 村⾧が亡くなったり、多くの市町村職員が被災する等本 来被災者を支援すべき行政自体が被災してしまい、行政 機能が麻痺した。 このように大規模広域災害時における「公助の限界」 が明らかに… 82
  83. 83. 阪神・淡路大震災では 共助が大活躍 • 77%が、近隣住民等による共助 • 生き埋め等の救助主体のほとんどは自助と共助 推計:河田惠昭(1997)「大規模地震災害による人的被害の予測」 ただし、割合は内閣府追記 出典:(社)日本火災学会(1996) 「兵庫県南部地震における火災に関する調査報告書」 生き埋め等の救助主体救助の主体
  84. 84. 整理すると • ツイッター社 救助要請には #救助 のタグを • 消防庁 大規模災害時には、現場は手いっぱい ツイートの確認は困難 • 阪神・淡路大震災 多くが共助による救助
  85. 85. 災害時の救助は、自助、共助、公助の3種類 自助:自分の身は自分で守る 共助:ご近所で助け合う 公助:消防などの公的な救助 大規模災害では、迅速な公助が困難 【提案】 ツイッターの救助要請は共助を前提に
  86. 86. 共助のために重要なのは 救助要請が近隣住民に届くこと #◯◯市災害+位置情報+平時の訓練 救助要請が近隣住民に届く #救助 のハッシュタグでは ノイズに埋没して近隣住民に届かない
  87. 87. ① 大規模地震で自宅が倒壊、ガレキの下から脱出できない ② 被災者自身がツイッターで救助要請 投稿には#救助を付与 ③ 遠方のフォロワーが投稿を見て、119番に通報 しかし、現地の消防は手いっぱい(公助の限界) ④ #救助付与のノイズ投稿に埋没して、 近隣住民に救助要請の情報が届かない… 87 ツイッターで救助要請 失敗シナリオ
  88. 88. 九州北部豪雨の事例分析 (出典:「救助」ツイートの現状と分析 東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔、今村文彦) 88
  89. 89. 救助成功シナリオ(イメージ) • 大規模地震発生 • Aさんの自宅は被害なし • Aさんは、毎年の防災訓練どおり、 #◯◯市災害 で検索 • 近隣で救助を求める投稿を発見 • 119番に電話するも、すぐには対 応困難とのこと • 現場へ駆けつけ、周囲の人と協力 して救助成功 • 救助要請の投稿を忘れずに削除 89 ガレキに埋まって脱出できません。 誰か助けて #◯◯市災害 上の図はTwitmapの スクリーンショット
  90. 90. ツイッターで救助要請 成功シナリオ ① その地域では、 • ツイッター活用の防災訓練を継続的に実施 • #◯◯市災害の活用(投稿・閲覧)が住民に浸透 ② 大規模地震で自宅が倒壊、ガレキの下から脱出できない • 被災者自身が、ツイッターで救助を要請 • 投稿には#◯◯市災害+位置情報を付与 ③ 近隣住民が救助要請の投稿を容易に発見 • 速やかに現場に駆けつけ、皆で協力して救助 • 救助後には救助要請の投稿を削除 90
  91. 91. 平時の訓練が大切 平時からツイッター活用訓練を継続的に実施することで 災害時のツイッター活用方法が住民に周知・浸透し、 災害時に、多くの住民が、 • #◯◯市災害 を付与して市内の状況を投稿 • #◯◯市災害 で検索して市内の状況を把握 上記の状況が実現すれば、 • 住民が救助要請の投稿をすぐに発見 • 住民による救助活動が速やかに展開…と期待 91
  92. 92. 救助要請の投稿には まずは、共助で対応 近隣からの救助要請の投稿を見つけたら… ① 投稿内容の信憑性を確認 ② とりあえず119番(消防)に連絡 ③ 自分が無事で安全なら、救助に向かう ④ 周囲の人と協力して救助に着手 ⑤ 住民による救助が困難な場合には、 消防に状況を説明し、救助を要請
  93. 93. 共助と公助の連携 具体的には、 • 共助で対応可能な状況 ➔ 共助で対応 • 共助で対応困難な状況 ➔ 公助が対応 こうすることで公助のリソースが有効活用 ※ここでのリソースとは、消防等の人員や機材 93
  94. 94. 地域防災力 一般的には、 地域における災害の被害を軽減するチカラ 地域防災力(ソフト面)が高い地域とは、 (例えば) 多くの住民に避難方法などが周知されている 多くの家庭で災害備蓄や家具固定などが実施済 共助が活発に展開されると期待される地域 (共助の潜在能力が高い地域) 94
  95. 95. 地域防災力の低下 ◆近年、地域防災力が低下傾向と言われている その背景としては、 • 消防団員の減少(自営業者の減) • 都市化の進展(通勤サラリーマンの増) • 地方部の高齢化・人口減 • 地域コミュニティ活動の衰退(住民関係の希薄化)  今後の大災害で、阪神・淡路大震災のような 共助活動が展開されるか疑問(不安) 95
  96. 96. 地域防災力の強化 ツイッター活用の防災訓練を継続的に実施 災害時に#●●市災害 の活用が住民に定着 従来の地域イベントやワークショップに参加 しない層の参加も期待される #●●市災害は、災害情報共有に加え、 住民による救助活動のきっかけになると期待 ➔ 共助の潜在能力の強化 96
  97. 97. 地域防災力の強化(補足) ① 地域防災力の強化は、 そんな簡単には進まない、 と考える人も多いと思います ② しかし、ツイッター防災訓練は、従来の訓練や地域 イベントに一切参加しない(できない)住民に対して、 なんらかのきっかけになると思います ③ ツイッター訓練に参加する住民が増えることが、 ひいては地域防災力の強化につながると思います ④ 現代社会は、多くの人が日常的にスマホ+SNSを利 用しています。そのサービスを災害対応に役立てる発 想が必要と思います 97
  98. 98. 災害時、頼りになるのは… 遠くの親戚より、近くの他人 遠くのフォロワーより 近くで#◯◯市災害を使う人 98
  99. 99. ツイッター防災訓練 #◯◯市災害 活用の定着 地域防災力の強化 • 迅速な情報共有 • 迅速な共助活動 99
  100. 100. 本日のお話のポイント 1. 情報メディアの主役は、 従来のマスメディアから ソーシャルメディアへの移行の過渡期 2. 時代の変革に応じて、 災害情報共有にツイッターを活用すべき 3. 従来の地域活動の不参加層が参加し、 ひいては地域防災力の向上が期待される 100
  101. 101. 災害情報の伝達には、 最新の情報サービスを使うべき 小江戸川越ブログ より 101
  102. 102. やらなわからしまへんで 102 サントリー創業者 鳥井信治郎 の言葉 小理屈を並べても、物事は運ばない とにかく実行して、そこから学びながら、 次のアクションを考えたらええ

×