O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

建設会社からの災害情報の発信(32回 日本道路会議)

680 visualizações

Publicada em

災害時に建設会社が、現場の状況をツイッターに投稿することで、多くの人に役立つ情報源になる、といった事例

Publicada em: Governo e ONGs
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

建設会社からの災害情報の発信(32回 日本道路会議)

  1. 1. 第32回 ⽇本道路会議 建設会社からの 災害情報の発信 2017年11月1⽇ 稲野 茂 (元 国総研、元 高崎河川国道事務所) 1
  2. 2. 【課題の認識】 災害の発生直後 現地の状況がわからない 被災者・被災地に家族がいる者は、 一刻も早く、現地の状況を知りたいが… • テレビは、目⽴つ場所の情報ばかり • ⾏政発表は、遅いし不⼗分(気象庁を除く) 2
  3. 3. 【解決策の提案】 災害現場の状況を 建設会社がツイッターに投稿 迅速な状況把握に役⽴つ 33
  4. 4. 4 群馬県建設業協会(群建協)は 災害現場の状況を ツイッターに投稿しています 2014年より実施中 ツイッター投稿の全てに • 写真を添付 • ジオタグ(緯度経度の位置情報)を付与 • ハッシュタグ(#◯◯市災害)を付与
  5. 5. 「ぐんケンくん」➔ 群馬県建設業協会の マスコットキャラクター (「ぐんケン⾒張るくん」のパンフレットより引用) 5
  6. 6. (「ぐんケン⾒張るくん」のパンフレットより引用) 6
  7. 7. 【事例1】 みなかみ町の国道291号で 土砂崩れ(2015年7月20⽇) 7
  8. 8. 群建協のツイッター投稿(1) 8
  9. 9. 群建協のツイッター投稿(2) 9
  10. 10. 10 2015年8月16日 上毛新聞
  11. 11. 新聞記事によると 災害現場の状況をリアルタイムに共有する ことに一役買っている 国総研(私)のコメント • 報道機関が伝えきれない細かい災害情報に対応 • 全国に広がれば、有効性がさらに高まる 11
  12. 12. 群建協の投稿は、ジオタグ付き これを活用することにより ① ピンポイントで投稿箇所を把握 ② どこが、どんな状況か、容易に把握 (ただしジオタグを活用した表示は、投稿後約1週間まで) 12 ジオタグの活用 (ジオタグとは、ツイッター投稿に付与された緯度経度の位置情報)
  13. 13. ジオタグで投稿箇所を把握 下図は「ちずツイ」※を用いて、みなかみ町に発生した災害関連の投稿を表示したもの ※「ちずツイ」は、㈱NAPZAKによる無料のwebサイト(http://chizutwi.jp) 13
  14. 14. ジオタグで俯瞰的に状況把握 下図は「ちずツイ」による表示例(群建協の投稿ではありません) 14
  15. 15. AndroidアプリTwitmapの表⽰例 15
  16. 16. 【事例2】 北関東豪⾬(2015年9月) 16 • 茨城県常総市で、⻤怒川決壊などの被害 • 群建協は、群馬県内をパトロールし、 被災状況等をツイッターに投稿
  17. 17. 2015年9月 桐生市内の災害現場 17 #桐生市災害でツイッター検索すると、 誰でも、上記を閲覧可能
  18. 18. ハッシュタグの活用 (ハッシュタグとは、ハッシュマーク”#”に続く⽂字列) ① 群建協のツイッター投稿には、 地域別のハッシュタグが付与されている (例:#桐生市災害、#みなかみ町災害 など) ② #◯◯市災害でツイッター検索 ➔ 当該地域の災害情報を抽出 18
  19. 19. 投稿の全てに#◯◯市災害 19
  20. 20. 【事例3】台風21号(10月22~23日) 20
  21. 21. 台風21号関連の投稿箇所 (「ちずツイ」のスクリーンショット) 21
  22. 22. 群建協の投稿は 誰でも閲覧できます ◆閲覧方法 ① ツイッター検索(下記が検索ワード) • @gunken000(群建協の投稿全て) • #◯◯市災害(地域別の災害情報) ② 過去1週間の投稿は、下記でも閲覧可 ヤフーリアルタイム検索 ちずツイで検索(PC推奨) 22
  23. 23. 群建協のツイッター活用経緯 ① 従来から、災害時に国や県と情報共有を⾏い、 協会ホームページに災害情報を掲載 ② 近年のSNS利用者増などの社会変化を踏まえ、 自発的に災害情報のツイッター投稿を実施 • 協会本部に現場情報を集約し、ツイッター投稿するシステムを開発 • 2014年より運用開始 ③ 多数のインプレッションやリツイートに加え、 少数ながら感謝・激励のメッセージ等の反響 (ツイッターのインプレッションとは、投稿の表示回数) 23
  24. 24. 全国展開が望ましい • 地域の建設会社は、地元⾏政機関と 災害協定を締結しているケースが多い • 協定に基づき、災害時にはパトロールを⾏い、 被災箇所を発⾒した際は、応急復旧など • 災害現場の状況を建設会社がツイッター投稿 ➔ 群建協の事例から迅速な状況把握に役⽴つ ➔ 全国展開が望ましい 24
  25. 25. 25 大分県建設業協会が 群馬県建設業協会の 取り組みを視察 「群馬では大反響」 「大分でもやりたい」 とのこと 2017年8月28⽇ 建設通信新聞
  26. 26. 災害情報の発信 建設会社ではなく ⾏政(国・県・市町村)が⾏うべき とお考えの方もいると思います 26
  27. 27. 【参考】 水害時における市町村の実態 出典「市町村のための水害対応の手引」(平成29年6月 内閣府防災担当) • 受電設備や非常用発電設備等の浸水で停電 • 停電、基地局の浸水で固定・携帯電話は不通 • 職員が参集できず、 計画どおりに体制充実を図れず • 防災担当職員に災害対応業務が集中し、 マンパワーが不⾜ • 住⺠・報道機関等から問合わせが殺到し、 災害対応できず 27
  28. 28. 多くの市町村は災害時 迅速・的確に情報発信できない ・災害時に市町村が機能停⽌した実例あり (庁舎被災、職員参集困難など) ・多くの市町村は、⼈員不⾜・経験不⾜などにより 迅速・的確に災害情報を発信できない 28 建設会社が災害情報をツイッター投稿 • 広く、迅速に、詳細な災害情報が伝わる (市町村 ➔ 県 ➔ 国 の伝言ゲームのロスを解消) • 市町村が機能停⽌しても、災害情報が伝わる
  29. 29. 災害情報の発信 ツイッターではなく 独自システムを開発すべき とお考えの方もいると思います 29
  30. 30. 災害情報 独自システム vs ツイッター 独自システムのデメリット • 開発コスト、運営コストが必要 • 使える(使われる)システムになるか未知数 • 過去の事例から災害専用システムは災害時に使われず、 日常システムを災害時に活用すべき、と言われている ツイッターのメリット • 基本的にコストゼロで今から実施可能(群馬は実施済み) • システムの信頼性・耐久性は世界トップクラス(バルスで実証済み) • ジオタグなど便利な機能あり • 国内4500万⼈のユーザーが利用しており、 多くの⼈に迅速に情報が伝わる 30
  31. 31. 主要SNSの中で、 なぜツイッター? ツイッターはオープン(投稿の多くは公開) • 多くの者からの情報が得られる • 多くの者へ情報が伝わる • ジオタグの活用や強⼒な検索機能あり 主要SNSの多くはクローズド (LINE、Facebookは、友達等限定の利用が多い) • 友達以外からの情報が得られない • 友達以外へ情報が伝わらない 災害情報を広く共有するならツイッター 31
  32. 32. 情報伝達の今昔 ◆昔(テレビが無い頃) 対話、手紙、掲⽰板、サイレン、電話など ◆近代社会(テレビなどマスメディアの登場) 多くの⼈に同じ情報が伝えられる時代 ◆現代社会(SNSなどソーシャルメディアの登場) 誰でも簡単に情報を発信できる時代 必要な情報を検索で取得できる時代 32
  33. 33. 建設会社の災害情報発信 2つのメリット メリット1 • 詳細な災害情報が、広く、迅速に伝わり、 多くの⼈に役⽴つ情報源になる メリット2 • マスコミが伝えない活動状況が住⺠に届き、 業界のイメージアップにつながる 33
  34. 34. 面白そう!やってみたい! とお考えの方は お気軽に連絡下さい Twitter @rugeshino ご清聴ありがとうございました 34

×