O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

千葉大学情報検索演習2018 第01回授業スライド

147 visualizações

Publicada em

千葉大学で開講された情報検索演習2018の第01回授業スライドです

Publicada em: Educação
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

千葉大学情報検索演習2018 第01回授業スライド

  1. 1. 第01回 イントロダクション 2017/10/03(Wed) 千葉大学 情報検索演習2018 千葉大学アカデミック・リンク・センター 常川真央・池田光雪 lumely@chiba-u.jp
  2. 2. ● 教員の自己紹介(常川) ● 教員の自己紹介(池田) ● Moodleへの登録と本授業の位置づけ – 授業への期待・理解度アンケート ● 授業ガイダンス ● 第8回までで扱う内容の概要 ● 第01回授業アンケート 本日の流れ 392
  3. 3. なぜこの授業を学ぶ必要があるのか?(情報検索演習 第1回) 自己紹介:常川 真央(Tsunekawa Mao) • 千葉大学アカデミック・ リンク・センター 特任助教 • 博士(図書館情報学) • 研究活動 – 日本図書館情報学会 会員 – 情報知識学会 会員 39 3
  4. 4. 池田光雪 39 いけだこうせつ (30) 博士(情報学) 千葉大学アカデミック・リンク・センター 特任助教 国立国会図書館 非常勤調査員 図書館総合展運営委員会 運営委員 日本データベース学会 会員 (2010/10-) 情報処理学会 会員 (2011/02-) 電子情報通信学会 会員 (2013/09-) 日本図書館情報学会 会員 (2017/04-) 略歴 東京都立国立高等学校卒 筑波大学知識情報・図書館学類卒 筑波大学図書館情報メディア研究科博士後期課程修了 研究活動 4
  5. 5. Moodleへの登録と本授業の位置づけ 395
  6. 6. ● 本授業ではMoodleを全面的に使うため, まず登録を行うこと ● https://moodle2.chiba-u.jp/moodle18/ – すべてのコース=> コースを検索する=> 「情報検索演習」 ● 登録キー: 公開版では非掲載 Moodleへの登録 396
  7. 7. ● 司書となるために必要な科目のひとつ – 文部科学省が指定する「情報サービス演習」に該当 ● 千葉大学では「情報サービス演習」 「情報検索演習」の2科目で1セット ● 司書資格取得には両方履修する必要がある 本科目の位置づけ 397
  8. 8. 「情報サービス論」の講義を踏まえ、実践を通じて 情報検索の基礎理論を身に着ける。具体的には、自 然文からのデータの抽出や、索引に必要となる自然 文の分解の演習を行う。また、データベースの構造 を理解すると共にデータベースに対する検索方法を 学ぶ。さらに、各種サービスに対して情報検索の演 習を行う。 情報検索演習の概要(シラバスより) 398
  9. 9. 情報要求に対応する情報検索として、プレーンテキ ストに対する検索や関係データベースに対する検索 の仕組みや方法を理解する。また、関係データベー スを構築する上で必要となる基礎的な諸知識も併せ て取得する。それらに加え、適切な情報源を選択す ること、および効率的な情報検索を行えるようにす る。 情報検索演習の目的(シラバスより) 399
  10. 10. ● Moodleから回答してください ● 成績には影響しないため ありのまま答えてください – 回答時間は10分程度とします ● 今後の授業設計のため,用語に対する知識を問う 設問がありますが,よく知らなければWebで 調べた上で回答してください – ただし,知り合いとは相談しないでください  現時点での知識あるいは理解能力を測るため 授業への期待・理解度アンケート 3910
  11. 11. なぜ情報検索演習が必要か 11 39
  12. 12. ● 誰もが毎日のように何かしらを検索している – ウェブサーチエンジンの高度化 ● しかし,情報検索のために 特別なスキルが必要なくなったわけではない 検索は現代の必須スキル 12 39
  13. 13. ● 手元にある情報をどう検索するか? – 大量のPDF文書,膨大な件数のExcelファイル等 ● 情報検索技術が高度化した現代でも,間違った 情報に惑わされないような情報検索の能力が必要 – Welq問題  間違った医療情報を提供するウェブサイトが 医療関係のキーワード検索で常に上位に – フェイクニュース  事実とは異なるニュース情報が 世界中で流されている 現代の情報利用の問題 13 39
  14. 14. ● 信頼性に疑問のある多くのまとめサイトや まとめブログがSEOにより検索上位に出る現況 ● 適切なキーワードを選ぶ事前知識と, 得られた情報を扱う高いリテラシーが共に必要 – 「フランスの地名,アルルの風景」を画像検索で 調べたい人が使うべきキーワードは何?  アルル  arle  arles 現在の「ググり方」 14 39
  15. 15. ● 前半(担当:常川,池田) – 第01回~第08回 – いかにして手元にあるデータから 有用な情報を検索するか ● 後半(担当:竹内) – 第09回~第15回 – いかにして適切な文献を選択し, 効果的な情報検索をするか 本科目のアプローチ 15 39
  16. 16. ● 手元のデータ – 研究室内のデータや社内文書, 授業ノートといったクローズドなデータ – Googleウェブ検索の対象にはならない ● 手元のデータを検索するツールや技法, 考え方を学ぶ必要がある – 文書を扱う業務効率化 – 独自の情報サービスの構築につながる 手元のデータをどう検索するか? 16 39
  17. 17. ● プレーンテキストの検索技術(2コマ) ● 索引の作成技術(1コマ) ● 関係データベースの構築と検索(3コマ) ● それぞれにおいて,その技術等の必要性や意義を 開設した20分前後程度の動画教材を公開する – 原則として授業一週間までに公開 – 授業に臨む前に必ず動画教材を視聴してくること ● 授業中はほぼすべてを演習や その解説に割り当てる 前半で学ぶこと 17 39
  18. 18. 動画公開と授業スケジュール(予定) 18 39 #2 10/10 次回授業までに 各自で視聴 #1 10/3 #3 10/17 #4 10/24 #5 11/7 #6 11/14 #7 11/21 #8 11/28 プレーンテキスト 索引 関係データベース 小テスト1 小テスト2動画公開 次回授業までに 各自で視聴 動画公開 次回授業までに 各自で視聴 動画公開
  19. 19. 動画の視聴方法 19 39
  20. 20. 動画の視聴方法 1/2 20 39
  21. 21. 動画の視聴方法 2/2 21 39
  22. 22. ● 公開された文献の適切な選択と検索のための技術 – 図書叢書情報, 新聞情報の探索 – シソーラスを用いた検索 – 二次データベースの検索演習(1.PubMedほか) – 二次データベースの検索演習(2.特許情報) – 検索総合演習(1. 主として日本語文献の検索) – 検索総合演習(2. 主として英語文献の検索) – 検索総合演習(3. 総合)とまとめ ● 詳細は第9回以降 後半で学ぶこと(担当:竹内先生) 22 39
  23. 23. 前半で扱う内容の概要 23 39
  24. 24. プレーンテキスト 24 39
  25. 25. ● プレーンテキストとは – フォントや文字色、図などの装飾が まったくないテキストファイル – メモ帳などでも編集できるテキストファイルのこと ● 授業内容 – もっとも単純なデータ形式として プレーンテキストを選択 – プレーンテキストの中の大量の文字列を検索・置換 する技術として正規表現を演習を交えて学ぶ プレーンテキストとは 3925 事前学習教材用の動画で解説します!
  26. 26. 索引 26 39
  27. 27. ● 索引とは – ある情報源(文書、図書、雑誌、データベース)に対して 内容の手がかりとなるような用語を列挙し,それぞれの 用語が情報源のどこに掲載されているかを示したリスト – 情報検索システムを構築するのに不可欠 ● 授業内容 – 索引を含む情報検索システムの仕組みを解説 – 実際に索引を作り,使ってみることで コンピューターが情報検索をする様子を体感する 索引 3927
  28. 28. 関係データベース 28 39
  29. 29. ● コンピュータを用いるあらゆるシステムは 必ず何かしらのデータを扱っている – 図書館システム  資料,貸出記録,利用者等のデータ ● システム上で扱うデータを整合的に保持し, いつでも利用可能な状態にしておくための 仕組みがデータべース(database) 関係データベース 3929
  30. 30. ● データベースを関係(relation)の集まりとして 管理する – 関係は表(table)の形式で表現することができる  厳密には表と関係は異なるが…… 関係データベース(relational database: RDB) 30 39 教務データ 時間調査 学籍番号 授業 サークル 15A298 5 1 15B961 5 0 … … … 学籍番号 所属 評定 15A298 文学部 4 15B961 理学部 4 … … … データベース 関係名 関係
  31. 31. ● RDBMSはSQLという言語で操作を行う – 「評定」が3以上の学生の「学籍番号」と「所属」を 表「教務データ」から評定順で抜き出すSQL文  SELECT 学籍番号, 所属 FROM 教務データ WHERE 評定 >= 3 ORDER BY 評定; ● 授業内容 – 関係データベースから様々なデータを抜き出す – 関係データベースの構築に関する概念を学ぶ SQLによるデータの選択 31 39
  32. 32. 成績評価方法等 32 39
  33. 33. ● 毎回の授業において,Moodle上でアンケートを 取るが,この回答をもって出席とする – 理解度や疑問点を回答するアンケート – 全ての項目は任意回答  無記入でも構わないためとにかく回答すること ● アンケートに書かれた疑問点, 質問点などには可能な限り回答する – 例)https://github.com/lid-ocw/ir- chiba2017/blob/master/enquete/08.md 出欠およびアンケートについて 3933
  34. 34. ● 演習は基本的に,資料を参考にしながら 各自が自由なペースで行う – うまくいくかよく考えてから手を動かすより, うまくいくまで手を動かし続けることを推奨する ● 事前に動画教材を視聴することで,なぜこのよう な演習をしているのかが理解できる ● 詰まったと思ったらすぐに質問すること – 授業中であれば口頭の質問が望ましい – ALCのオフィスアワーも活用すること 演習について 3934
  35. 35. ● メールで受付 ● 宛先:alc-info@chiba-u.jp ● 件名:オフィスアワー申し込み ● 本文: – 氏名 – 学部学科または研究科と専攻 – 学年 – 学籍番号 – 質問内容 – 希望する人(竹内比呂也,常川真央,池田光雪) ALCのオフィスアワー 3935
  36. 36. ● 前半50点,後半50点 ● 前半は2回+1回の小テストで評価 – 第01回小テスト :第05回(11月7日), 25点満点 – 第02回小テスト :第08回(11月28日) , 25点満点 – 予備小テスト :第16回(2月6日) , 25点満点 ● 基本的には第01回, 第02回小テストの合計点を 評価に用いる ● 予備小テストは希望者のみで受験 – 予備小テストを受験した場合,3回の小テストの中で 点数の高いもの2つの合計点を評価に用いる 評価方法について 3936
  37. 37. ● 演習は基本的内容と応用的内容からなる ● 小テストでは応用的内容からも出題されるが, 基本的内容の部分だけでも可となる程度の 点数配分を行っている – 基本的内容はよく理解してから小テストに臨むこと 演習と小テストについて 3937
  38. 38. ● 公欠する場合,事前/事後のどちらでも 構わないが必ず公欠届を提出すること ● 小テスト実施回(11月7日, 11月28日, 2月6日)に 公欠する場合は後日再テストを受験できる – 再テストの日程は個別に調整する ● 実施された小テストについて, 友人等からその内容等を事前に聞かないこと 公欠について 3938
  39. 39. ● 10/10(水) 16:10~17:40 ● プレーンテキストに関する技術として, 正規表現の演習を行う ● 事前にMoodle経由で動画を視聴してくること 次回予告 39 39

×