O slideshow foi denunciado.

ホラクラシー型組織~実際に8年経営してわかったこと~(ホラクラシーのメカニズム)

56

Compartilhar

14 de 33
14 de 33

ホラクラシー型組織~実際に8年経営してわかったこと~(ホラクラシーのメカニズム)

56

Compartilhar

Baixar para ler offline

2008年からホラクラシー型組織を実際に経営しているダイヤモンドメディア株式会社。
その経験の中から見えてきた、ホラクラシーのメカニズムを、分かりやすくまとめました。

ホラクラシーの導入に際して、ホラクラシーとは単なる組織論ではないので、組織思想から考える必要があります。

ホラクラシー型企業を目指す方々の参考になれば幸いです。

2008年からホラクラシー型組織を実際に経営しているダイヤモンドメディア株式会社。
その経験の中から見えてきた、ホラクラシーのメカニズムを、分かりやすくまとめました。

ホラクラシーの導入に際して、ホラクラシーとは単なる組織論ではないので、組織思想から考える必要があります。

ホラクラシー型企業を目指す方々の参考になれば幸いです。

Mais Conteúdo rRelacionado

Audiolivros relacionados

Gratuito durante 14 dias do Scribd

Ver tudo

ホラクラシー型組織~実際に8年経営してわかったこと~(ホラクラシーのメカニズム)

  1. 1. Copyright All Reserved. DiamondMedia Co., Ltd. ホラクラシー型組織 ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役 武井浩三 ~ 実際に8年経営して分かったこと ~ 企業HP:http://www.diamondmedia.co.jp 個人ブログ:http://kozotakei.tumblr.com
  2. 2. 目次 ダイヤモンドメディアの仕事 武井浩三(たけいこうぞう)の自己紹介 ホラクラシーって何? どんなホラクラシー企業がある? なぜ今、ホラクラシー? DMがやってきたコト これからの企業の考え方 導入するために必要なモノ・コト
  3. 3. はじめに 写真撮影 Facebook・Twitterへのシェア 大歓迎!
  4. 4. ダイヤモンドメディアの仕事 ダイヤモンドメディア株式会社 2007年9月設立のテクノロジーエージェンシー テクノロジーソリューション 不動産ソリューション サービス開発ソリューション データマネジメント ソリューション デジタルマーケティング 不動産マーケティング システム (ダイヤモンドテール) 不動産プラットフォーム (Centrl)
  5. 5. ダイヤモンドメディアの仕事 テクノロジーソリューション
  6. 6. ダイヤモンドメディアの仕事 ダイヤモンドテール http://www.diamondtail.jp
  7. 7. ダイヤモンドメディアの仕事 Centrl http://centrl.cc
  8. 8. ダイヤモンドメディアの仕事
  9. 9. ダイヤモンドメディアの仕事
  10. 10. 武井浩三(たけいこうぞう)の自己紹介 1983年 横浜生まれ。 小学生の頃から将来の夢はミュージシャン。 高校時代はバンド活動に打ち込む。 バンド大会などにも出場。いくつか賞を取る。 19歳でロサンゼルスに留学。 21歳で日本に帰国。 22歳の時、会社を設立。ファンション系CGM メディアを運営。1年で倒産。 翌年、ダイヤモンドメディア株式会社を設立。 23歳、ユニバーサルシグマからCDをリリース。
  11. 11. 武井浩三(たけいこうぞう)の自己紹介 好きな本 自由 内発的動機 右脳 禅 共生 協働 自律 理念 一貫性
  12. 12. 武井浩三(たけいこうぞう)の自己紹介 好きな言葉 「経営なき経営」 by ゲイリー・ハメル 「お金の匂いを消す」 by ダニエル・ピンク 「従業員を一人の自立した大人として扱う」 by リカルド・セムラー 「良い悪いを判断しない」 by 天外伺朗 「働かない働きアリに意義がある」 by 長谷川 英祐 「運は管理できる」 by 松永 修岳 「ビジネスモデルがすべて」 by 大坂 靖彦 「経営には順序がある」 by 原田 泳幸 「筋肉質な経営」 by 稲盛 和夫
  13. 13. ホラクラシーって何? ヒエラルキーとホラクラシー ヒエラルキー型組織 ホラクラシー型組織
  14. 14. ホラクラシーって何? ヒエラルキーとホラクラシー ヒエラルキー ホラクラシー リーダーシップ 権力・ポジション 人望・サーバント 意思決定 トップ 分散 関係 上下 対等 情報 統制 オープン 役割 限定的 必要に応じ柔軟 マネジメント 命令・規則 自律 報酬 金銭・名誉 やりがい・充実
  15. 15. どんなホラクラシー企業がある? まだまだ少ないホラクラシー型企業(米国でも300事例程) ザッポス(アメリカ) Evernote(アメリカ) Buffer(アメリカ) W.L.ゴア&アソシエイツ(アメリカ) モーニングスター(アメリカ) ホールフーズ・マーケット(アメリカ) パタゴニア(アメリカ) ラックスペース・ホスティング(アメリカ) セムコ(ブラジル)
  16. 16. どんなホラクラシー企業がある? 日本のホラクラシー的企業 ミスミ(東京) http://www.misumi.co.jp ネッツトヨタ南国(高知) http://www.vistanet.co.jp 伊那食品工業(長野) http://www.kantenpp.co.jp メガネ21(広島) http://www.two-one.co.jp 名南製作所(愛知) http://www.meinan.co.jp 未来工業(岐阜) http://www.mirai.co.jp ヒューマンフォーラム(京都) http://www.humanforum.co.jp ココシス(福岡) http://www.cocosys.co.jp ダイヤモンドメディア(港区) http://www.diamondmedia.co.jp
  17. 17. DMがやってきたコト ダイヤモンドメディアの制度 社長は選挙と合議制 (1年ごと) 給料は自分で決める 財務、個人の給与・経費、全部オープン アメーバ経営 肩書きは自由、上下関係なし 働く時間、曜日、休みは自由 (年間休日は年125日ほど) 働く場所も自由 明文化された理念が無い
  18. 18. DMがやってきたコト ダイヤモンドメディアの制度 労使関係の放棄 社内外ボーダーレス 起業・副業を推奨 入社時に、ご両親へ手紙と花を贈る 父の日、母の日にはプレゼントを贈る 毎月、給与明細に手紙を添える クレド・夢プレ・Good&News 毎月、自分の人生の目標を設定 etc.
  19. 19. DMがやってきたコト ダイヤモンドメディアの考え方 所有 経営 労働 所有・経営・労働の一体化 (厳密には、可能な限り近づけるということ) ー 現在の会社法による会社の定義 ー
  20. 20. DMがやってきたコト ダイヤモンドメディアの姿勢 1. 「心」と「経済」の融合 2. 具体的な経営システムの確立 3. 事業の成功を以って体現 「人間性経営」
  21. 21. Return On Company なぜ今、ホラクラシー? 世の中の流れの変化 会社 地球 顧客 仕入先 株主 社員 地域 社会 公益資本主義推進協議会 人的側面 経済的側面社会的側面 ピーター・ドラッカー 「ネクスト・ソサエティ」
  22. 22. なぜ今、ホラクラシー? 今、企業に求められているもの ・素早い意思決定、迅速なPDCA ・個人のポテンシャルの最大活用 ・バラエティ豊かな才能のマネジメント ・収益性と社会性 ・サステナビリティ、長期的目線 ホラクラシーによる柔軟でスピーディな組織構築
  23. 23. これからの企業の考え方 人間性経営とは? 資本主義に基づいた「合理主義経営」 共生主義に基づいた「人間性経営」 元ソニー上席常務 天外伺朗氏の作った造語 「人間は働かせられるのではなく、自分の意思で働きたいと思って 働いている状況下において、最も生産性と創造性が高まる。」
  24. 24. これからの企業の考え方 企業の在り方の変化 合理主義経営 人間性経営 判断基準 損得 使命 問題 対処的 解決的 傾向 分析的 創造的・統合的 価値 満足 幸福 事業計画 予測可能的 予測不可能的 雇用 正規雇用 多様 就業時間 タイムカード管理 自由・多様
  25. 25. 導入するのに必要なモノ・コト ホラクラシー型組織への移行 モノ コト(心構え) サーバントリーダー バランス感覚 柔軟な雇用・就労形態 人を管理しない 価値観を評価する人事考課システム 徳を積む 実力主義 NO インセンティブ 定量的マネジメント 権力・特権の完全放棄 コミュニケーションインフラ 相互リスペクト 情報共有インフラ 志 利益 ビジネスモデルとの一貫性
  26. 26. 導入するのに必要なモノ・コト キャリア・マトリクス(価値観の評価軸) 価値観の理解 (V1) 価値観の体現 (V2) 価値観の仕組み化 (V3) 価値観の事業化 (V4) シニア アソシエイト 付加価値の高い 知識やスキル 応用・協働・共創 自由と責任の両立 リーダーシップ マネジメント能力 オペレーション オペレーションの 設計・改良 事業設計・戦略 在り方とやり方を つなぐ アソシエイト 時間経過により 誰もが得る知識 やスキル 自律、自立 社会人の基礎力 ルーキー 新人
  27. 27. 導入するのに必要なモノ・コト 重要事項の決定プロセス 検討 トップダウン 検討 ボトムアップ トップダウン(リーダーシップ) ボトムアップ(参加型経営) の両方が必要。 意思の交換(コミュニケーション) が最も重要。 最低でも2回転必要。
  28. 28. 導入するのに必要なモノ・コト 「会社・事業・個人」の価値観の一貫性 価値観とは、 「思想」「理想」「行動」 であり、 言行一致(知行合一)により 体現される。 実行 計画 目標 事業ビジョン 理念・使命
  29. 29. 導入するのに必要なモノ・コト 人間の感情をマネジメント 成果管理 プロセス管理 モチベーション管理 どれか1つ欠けても、 ホラクラシーの実現は難しい。 成果 プロセス モチベーション
  30. 30. 導入するのに必要なモノ・コト モチベーションマネジメントシステム 企業側ができることは、 思考習慣、行動習慣の健全な 育成機会を提供することだけ。 (人を育てることは出来ない) 日次 週次 月次 四半期 半期 1年 進捗確認 終礼 Good&News クレド 夢プレ 掃除 納会 目標設定 中掃除 (断捨離) 給与査定 (自己査定) 全体合宿 大掃除 納会 選挙
  31. 31. おまけ ダイヤモンドメディアの失敗談 ベスト3 1. 人件費バブル 場に委ね過ぎて、2回バブル崩壊しました。 2. 合理主義経営と人間性経営の乱立 定量的マネジメントと定性的マネジメントがバラバラに運用されて、 運用コストが膨大になり、マネジメントが崩壊しました。 3. 下手クソ採用 みんな良い人だと思って採用していました。(厳密にはマッチングの問題)
  32. 32. まとめ ホラクラシーは一過性の流行では無い 1. ホラクラシーは組織運営の方法論にすぎない 2. 根底にある組織思想から刷新が必要 3. リーダーに「手放す勇気」が必要 キーワードは 「経営なき経営」「管理しないマネジメント」「組織なきチーム」 みんなで良い社会を作っていきましょう!
  33. 33. ご清聴ありがとう ございました。

×