O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

Application insights で行ってみよう

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Próximos SlideShares
Fiddler Scriptデモ
Fiddler Scriptデモ
Carregando em…3
×

Confira estes a seguir

1 de 42 Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Diapositivos para si (20)

Semelhante a Application insights で行ってみよう (20)

Anúncio

Mais de Kazushi Kamegawa (20)

Mais recentes (20)

Anúncio

Application insights で行ってみよう

  1. 1. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Application Insightsでいってみよう かめがわ かずし(kkamegawa) 2014/9/27
  2. 2. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 自己紹介 • かめがわ かずし(kamekawa ではなく kamegawa)。 Microsoft MVP for Visual Studio ALM(2012/7-) • だいたいどこでもkkamegawa hatena/twitter/Facebook/MSDN Forum/GitHub(ほぼGistの み) http://kkamegawa.hatenablog.jp/ • @ITさんでちょこちょこ書かせてもらっています。 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1408/11/news119.ht ml (連載:いまどきのソース・コード管理) • 2014/4に関西に引っ越してきた新米関西人 • もちろんわんくま大阪ははじめてです(おてやわらかに)
  3. 3. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 運用監視、してますか?
  4. 4. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 トラブル時あるある • ユーザから「なんか遅いんだけど」といわれる • その時になってタスクマネージャ見る • しかしすでに問題は終わっている…(もしくはタスクマネージャ だけじゃわからない) • ユーザから処理していた時間、処理内容、操作方法を聞く • 結局わからない…再現待ち
  5. 5. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 こんなことにならないようにするために • ベースライン(運用上問題がない状態)を取得して、みんなの 認識を合わせておく • 問題が一時的か、数分続いているか自動的に採取する
  6. 6. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 異常と騒ぐ前に • 問題が一時的であっても処理によっては仕方ないものもある (大量に更新するバッチとか) • 操作上、想定していない状態となってしまうものもある – オンラインで大量にデータを選択してしまった – 意図していないタイミングでバッチが多く実行された
  7. 7. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 ユーザービリティ向上のために • だれが、いつ、どんな操作をして、どんな状態になったか可視 化できるとうれしい →操作した / しないといった水掛け論の防止 • どんな操作が多く行われているか可視化して、今後の改良に 役立てる – ユーザーから「この機能改良したい」といわれたとき「使われていな いですよ」といえる(かも) – 開始から終了までのユーザー操作に時間がかかっている処理を改 善してもっと使ってもらう
  8. 8. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 いろいろな運用監視ソフトウェア • Microsoft System Center Operations Manager(Microsoft) http://www.microsoft.com/ja- jp/systemcenter/opsmgr/products/overview.aspx • JP1(日立) http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/jp1/ • Systemwalker Service Quality Coordinator(富士通) http://systemwalker.fujitsu.com/jp/sqc/ • WebSAM SystemManager(NEC) http://jpn.nec.com/websam/systemmanager/ • ZABBIX(オープンソース/Zabbix SIA) http://www.zabbix.com/jp/ • Hinemos(オープンソース/NTT Data) http://www.hinemos.info/ ほかにもいっぱいあります(載らないので省略)
  9. 9. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 何を監視する? • Windowsの場合OS標準機能でも結構できる • というより、OSで持っている性能情報をいかに可視化するか という機能を提供する、という方が正しい (独自に追加することも可能) • この辺は@ITさんでも書かせていただきました http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/chushin/vsperf_01/vsperf _01_01.html アプリケーションのギアを上げよう 第一回 OS機能によるアプリのパフォーマンス測定
  10. 10. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 運用監視ソフトの仕組み • モニタしたい端末/サーバにエージェントをインストールする • 運用監視ソフトウェアをインストールしたサーバにモニタリング したい情報を定期的に送信 • 通常複数のソフトウェア用のエージェントを同時に入れること もできる
  11. 11. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 運用監視ソフトウェアの課題 • サービスを提供するサーバ以外にもサーバが必要 • ソフトウェア初期投資 – 買い切りによる初期投資 – 管理サーバ自身の性能 • 1~2台でも必要 • 100台になっても一台? – 情報を蓄積するためのデータベースのライセンスは? – オープンソースのものにする? – エージェントの対応状況は? • SaaSでの提供が脚光を浴びてきた
  12. 12. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 SaaS版の登場 • New Relic http://newrelic.com/ – 草分け的存在 • Application Insights(プレビュー) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn481095.aspx • 安価、手軽、APIが特徴
  13. 13. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 APPLICATION INSIGHTS
  14. 14. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Application Insightsとは • Microsoft System Center Operations Manager(通称 SCOM)のSaaSサービス版 • 性能監視/死活監視を提供 • Visual Studio 2013 Update 3からVisual Studioに統合 (Update2までは拡張機能) • 現在はプレビュー版ということもあり、無料
  15. 15. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 必要なもの • Visual Studio 2013 Update3 Visual Studio 2013 Update2までは拡張機能 http://visualstudiogallery.msdn.microsoft.com/82367b81- 3f97-4de1-bbf1-eaf52ddc635a • Azureアカウント(Update3以降の場合)か Visual Studio Onlineアカウント(拡張機能の場合) http://blogs.msdn.com/b/visualstudioalm/archive/2014/09/ 17/application-insights-tools-in-visual-studio-2013- summer-update.aspx • 拡張機能を使っていた場合は、アンインストールしてから (私はそのままやった)
  16. 16. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Application Insightsの使用方法 • Webアプリケーションの可用性 – 死活監視 – 応答時間の記録と警告 • アプリケーションのパフォーマンスと例外監視 – オンプレミスサーバ, Azureサービス, Javaアプリケーションのパ フォーマンスカウンタ • 使用方法の分析 – カナリアテスト – A/Bテスト – 画面遷移の記録
  17. 17. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Application Inisghtsでサポートされる環境 • Webアプリケーションの可用性 – Webアプリケーション • アプリケーションのパフォーマンスと例外監視 – Java Webアプリ(Tomcat/JBoss) – Azure クラウドサービス / Azure Web Sites • 使用方法の分析 – Windowsストアアプリケーション – Windows Phone 8.1アプリケーション – Webサービス – JavaScriptアプリケーション
  18. 18. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 WEBアプリケーションの可用性と応答性
  19. 19. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 使い方 • ポータルからURLを指定して 監視 • 5-15分程度で出力 • 世界各地域からのアクセス状 況を確認可能 • 一定期間応答なければメール 通知設定も可能
  20. 20. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 モニタリング状況
  21. 21. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 確認したい地域をチェック
  22. 22. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 エラー状況確認
  23. 23. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Visual Studioで開くこともできる
  24. 24. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 パフォーマンスと例外監視
  25. 25. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 使い方 • Application Insightsをプロジェ クトに追加 • エージェントをインストールして、 PowerShellコマンドレット操作に より記録 • IntelliTrace情報を記録する場 合、高速なディスクに記録して、 可能な限り設定を絞る • Javaアプリケーションも対応 (Tomcat/JBoss)
  26. 26. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Visual Studioから • 新規作成はプロジェクトに追加 • 既存アプリケーションは右クリックから「テレメトリの追加」
  27. 27. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 テレメトリ情報の送信先 • 現在はプレビューということもあ り、US固定 • 変更できるように見えるが、 Azureプレビューポータルでは 変更不可
  28. 28. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Azure Portal(現行)
  29. 29. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 新ポータルCPU Usage
  30. 30. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 新ポータルDisk性能
  31. 31. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 新ポータルネットワークモニタ
  32. 32. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 コマンドレット一覧 コマンドレット オプション 説明 Set-DefaultMonitoringCredentials -AccoundId -InstrumentationKey Application Insights用の認証情報を設定する Start-WebApplicationMonitoring -CollectionPlan -Cloud | -Local -OutputPath -Name -SkipIISReset 指定したアプリケーションモニタリングを開始する。 -LocalでローカルにIntelliTrace相当の情報を保 存。-CloudでApplication Insightsに保存。 -SkipIISResetはIISの再起動を抑止する Get- WebApplicationMonitoringStatus 現在モニタしているアプリケーションを列挙する Checkpoint- WebApplicationMonitoring -All -Name 現時点の情報を強制的に取得する Stop-WebApplicationMonitoring -All -Cloud | -Local -Name -SkipIISReset アプリケーションのモニタを停止する。
  33. 33. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 負荷をかける • Visual Studio OnlineのLoad Test(※ただしUltimate)を使っ てクラウド負荷テスト • 全世界のAzureインスタンスから負荷がかけられる • 組織内からだと回線が負荷の上限になるため、組織外のイン スタンスからかけると便利
  34. 34. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 VS Online Load Test
  35. 35. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 使用方法の分析
  36. 36. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 テレメトリによる使用方法の分析 • 現時点(2014/9/27)では0.10のプレリリース版 • ASP.NET Webアプリケーションの使用状況の分析 – Azureもオンプレミスも • JavaScriptコードを入れてクライアントのトラッキング • Windows Phone&ストアアプリケーションの使用状況分析 – 現在プレビューのため使用できない(0.8くらいまではOKだった) • ログフレームワークのサポート – System.Diagnostics.Trace – Nlog – Log4Net – Application Insights Tracing API
  37. 37. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 ストアアプリでの使用方法 • NuGetパッケージを追加 Install-Package Microsoft.ApplicationInsights.WindowsStore -Pre • Application Insightsコードを追加 • ログに個人が特定できるような情報を記録しない
  38. 38. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Webページ使用状況追跡 • Visual Studio 2013 Update3 ではAzure新ポータルから追加 • サイトごとに専用のトラッキングコードを含むJavaScriptを追 加 • ASP.NET Webformではsite.masterに追加すればOK • トラッキングしていることはちゃんとプライバシー情報の取り扱 いとして告知しておきましょう
  39. 39. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Azure新ポータルの設定
  40. 40. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 Application Insightsでのアクセス状況の確認
  41. 41. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 まとめ • New RelicだけじゃなくてApplication Insightsも。 • Webサイトの死活監視はお手軽&Visual Studioのクラウド ロードテストと併用すると便利。 • 特にWindows ストアアプリケーションもしくはWindows Phoneアプリケーションの利用状況モニタは…今後に期待
  42. 42. わんくま同盟 大阪勉強会 #60 参考リソース • Application Insights for Visual Studio Online http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn481095.aspx • Application Insights for Visual Studio による使用法の分析 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn518124.aspx (ただし記述が古い) • Web アプリケーションの可用性と応答性の監視 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn481101.aspx • Application Insights を使用したパフォーマンスと例外の監視 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn495324.aspx

×