クラウド&コンテナ活用で
DevOpsを加速させる!
大原和人
自己紹介
大原和人(やまと)
開発部技術基盤Gマネージャー
新卒入社5年目
好きな飲み物
ビールからのハイボールからのレモンサワー
好きな食べ物
ポテトサラダからの出汁巻き玉子からのハム
カツ
2
技術基盤G誕生の背景と
取り組み
3
背景
開発内製化から6~7年くらい
開発者増(約40名)
サービス(リポジトリ)増(約250)
まだまだ開発が追いつかない
人を増やす?
人を一気に増やすのは難しい
人を増やした分だけ開発量が上がらない
開発効率を上げたい
4
開発が遅くなる要因
レガシー化
バージョンが古くてモダンな開発が出来ない
密結合で気軽にバージョンアップ出来ない
手作業
手動でリリース
サーバに入ってtail&grep
5
開発が遅くなる要因
サイロ化
開発とインフラ部門が別
依頼待ちが発生する
意見が対立しやすい
6
技術基盤Gの誕生
メインタスクは開発&運用効率化
クラウド移行&DevOpsの推進
インフラGとガッチリ組んで進行
技術基盤Gは開発効率向上のための運用設計
それ以外(機械学習とか)もやっていきたい
7
クラウド&DevOpsの取り組み
クラウド(GCP)移行
運用削減&開発効率化が目的
コンテナ(Docker)移行
後ほど説明
CI (Wercker)
モニタリング基盤刷新(Google Stackdriver)
ログ調査基盤刷新(Googl...
コンテナ(Docker)移行
9
クラウド移行時の要件
インフラへの依頼をできるだけ無くしたい
開発者の責任でバージョンアップ等していく
Chefは浸透しなかった・・・
継続的にバージョンアップできる仕組みにしたい
サービス、機能単位でサーバを分ける
サーバやデプロイの管理どう...
コンテナが解決する課題
デプロイがシンプルになる
アプリケーションと動作環境のセット(コンテナ)
をただ運ぶだけ
再現性高い
開発者がDocker le書いて環境設定できる
構成がシンプルになる
1コンテナ1プロセス、軽量
疎結合になりバージョ...
コンテナが解決する課題
強力なコンテナ管理ツール(Kubernetes)
デプロイ(rolling update/blue green)
負荷分散、オートスケール
自動復旧
IP割当、名前解決
12
コンテナ運用の考え方
インフラはコンテナの外側に責任を持つ
サイジング、クラスタ作成など
オートスケール等で手がかからないよう努める
開発者はコンテナの内側に責任を持つ
アプリケーションとその動作環境まで
バージョンアップ等も開発者主導で行う
...
コンテナをベースとしたCI
WerckerでBuild&Test→Image Push→Deploy
14
苦労した点
Dockerの良さを活かすための設計
1コンテナに色々詰め込みたくなっちゃう
Chefとのお別れ
細かい運用ルール(envやイメージの管理等)
Kubernetesの実運用事例が少ない
公式ドキュメント(英語)、サポート(フォーラム...
まとめ
コンテナ移行により
デプロイ、構成がシンプルになる
運用が削減される
開発者と運用者の役割が本来的になる
レガシー化しづらくなる
16
まとめ
開発効率向上はサービスの成長のため
クラウド基盤をフル活用し、開発者が最大限価
値のある仕事に集中できるようにする
開発者と運用者で同じ方を向いて良い開発基盤
を作り上げていく
17
参考
クラウド開発徹底攻略
http://gihyo.jp/book/2016/978-4-7741-8095-3
WANTEDLY TECH BOOK
http://tatsu-zine.com/books/wantedly-tech-boo...
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

クラウド&コンテナ活用でDevOpsを加速させる!

3.146 visualizações

Publicada em

Speee Cafe Meetup #03
http://speee.connpass.com/event/43577/

Publicada em: Tecnologia
0 comentários
1 gostou
Estatísticas
Notas
  • Seja o primeiro a comentar

Sem downloads
Visualizações
Visualizações totais
3.146
No SlideShare
0
A partir de incorporações
0
Número de incorporações
2.897
Ações
Compartilhamentos
0
Downloads
0
Comentários
0
Gostaram
1
Incorporações 0
Nenhuma incorporação

Nenhuma nota no slide

クラウド&コンテナ活用でDevOpsを加速させる!

  1. 1. クラウド&コンテナ活用で DevOpsを加速させる! 大原和人
  2. 2. 自己紹介 大原和人(やまと) 開発部技術基盤Gマネージャー 新卒入社5年目 好きな飲み物 ビールからのハイボールからのレモンサワー 好きな食べ物 ポテトサラダからの出汁巻き玉子からのハム カツ 2
  3. 3. 技術基盤G誕生の背景と 取り組み 3
  4. 4. 背景 開発内製化から6~7年くらい 開発者増(約40名) サービス(リポジトリ)増(約250) まだまだ開発が追いつかない 人を増やす? 人を一気に増やすのは難しい 人を増やした分だけ開発量が上がらない 開発効率を上げたい 4
  5. 5. 開発が遅くなる要因 レガシー化 バージョンが古くてモダンな開発が出来ない 密結合で気軽にバージョンアップ出来ない 手作業 手動でリリース サーバに入ってtail&grep 5
  6. 6. 開発が遅くなる要因 サイロ化 開発とインフラ部門が別 依頼待ちが発生する 意見が対立しやすい 6
  7. 7. 技術基盤Gの誕生 メインタスクは開発&運用効率化 クラウド移行&DevOpsの推進 インフラGとガッチリ組んで進行 技術基盤Gは開発効率向上のための運用設計 それ以外(機械学習とか)もやっていきたい 7
  8. 8. クラウド&DevOpsの取り組み クラウド(GCP)移行 運用削減&開発効率化が目的 コンテナ(Docker)移行 後ほど説明 CI (Wercker) モニタリング基盤刷新(Google Stackdriver) ログ調査基盤刷新(Google Stackdriver Logging + BigQuery) など 8
  9. 9. コンテナ(Docker)移行 9
  10. 10. クラウド移行時の要件 インフラへの依頼をできるだけ無くしたい 開発者の責任でバージョンアップ等していく Chefは浸透しなかった・・・ 継続的にバージョンアップできる仕組みにしたい サービス、機能単位でサーバを分ける サーバやデプロイの管理どうする? 運用を削減したい サーバ管理、デプロイなど出来る限り自動化 10
  11. 11. コンテナが解決する課題 デプロイがシンプルになる アプリケーションと動作環境のセット(コンテナ) をただ運ぶだけ 再現性高い 開発者がDocker le書いて環境設定できる 構成がシンプルになる 1コンテナ1プロセス、軽量 疎結合になりバージョンアップ等しやすくなる 11
  12. 12. コンテナが解決する課題 強力なコンテナ管理ツール(Kubernetes) デプロイ(rolling update/blue green) 負荷分散、オートスケール 自動復旧 IP割当、名前解決 12
  13. 13. コンテナ運用の考え方 インフラはコンテナの外側に責任を持つ サイジング、クラスタ作成など オートスケール等で手がかからないよう努める 開発者はコンテナの内側に責任を持つ アプリケーションとその動作環境まで バージョンアップ等も開発者主導で行う リリースはWerckerで自動化し、開発者が責任 を持つ 13
  14. 14. コンテナをベースとしたCI WerckerでBuild&Test→Image Push→Deploy 14
  15. 15. 苦労した点 Dockerの良さを活かすための設計 1コンテナに色々詰め込みたくなっちゃう Chefとのお別れ 細かい運用ルール(envやイメージの管理等) Kubernetesの実運用事例が少ない 公式ドキュメント(英語)、サポート(フォーラム) でカバー 開発者と運用者の意見の相違 15
  16. 16. まとめ コンテナ移行により デプロイ、構成がシンプルになる 運用が削減される 開発者と運用者の役割が本来的になる レガシー化しづらくなる 16
  17. 17. まとめ 開発効率向上はサービスの成長のため クラウド基盤をフル活用し、開発者が最大限価 値のある仕事に集中できるようにする 開発者と運用者で同じ方を向いて良い開発基盤 を作り上げていく 17
  18. 18. 参考 クラウド開発徹底攻略 http://gihyo.jp/book/2016/978-4-7741-8095-3 WANTEDLY TECH BOOK http://tatsu-zine.com/books/wantedly-tech-book 18

×