O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

ぼくと人間中心設計の七年間戦争

4.697 visualizações

Publicada em

2015年2月28日(土)に開催された、産業技術大学院大学 履修証明プログラム「人間中心デザイン」の「HCD導入設計論」でプレゼンした内容です。http://aiit.ac.jp/certification_program/hcd/

Publicada em: Design
  • Seja o primeiro a comentar

ぼくと人間中心設計の七年間戦争

  1. 1. はじめに
  2. 2. luke: i don’t believe it… 信じられない…。 yoda: that is why you fail.
 それが失敗する理由だ。 ❞ featured image credit: wallpaperswide
  3. 3. https://schoo.jp/class/1682 http://sprmario.hatenablog.jp/entry/schooxconcent_hcd
  4. 4. 利用と状況の
 把握と明示 ユーザーと組織の
 要求事項の明示 設計による
 解決策の作成 要求事項に対する
 設計の評価 HUMANCENTEREDDESIGN 1 2 34
  5. 5. 人間中心設計の必要性の特定 利用と状況の
 把握と明示 ユーザーと組織の
 要求事項の明示 設計による
 解決策の作成 要求事項に対する
 設計の評価 システムが特定のユーザー及び
 組織の要求事項を満足 HUMANCENTEREDDESIGN 1 2 34
  6. 6. 人間中心設計の必要性の特定HUMANCENTEREDDESIGN 本来の思考開始ポイント/問題意識 必要とされている状態とは? 必要性を見極めるポイントとは? 1 2
  7. 7. システムが特定のユーザー及び
 組織の要求事項を満足 HUMANCENTEREDDESIGN 本来の思考着地ポイント/目的意識 組織における要求事項とは? 組織における満足とは? 1 2
  8. 8. ❞ - prof. asano 人間中心設計のプロセスで最も大切なのは、
 人間中心設計の必要性を特定することである。 
 必要性が特定できなければ、導入する意味や目的が 不明瞭のまま、なぜ人間中心設計なのか?と
 突き詰められて終わってしまう。
  9. 9. HCDWARS EPiSoDE 1-2 一から二年目:ビジュアルデザインに過剰な期待をしてしまうジレンマからの脱却
  10. 10. 全社横断で開発系案件を担当 国内EC, 国外EC, 金融, マッチング, ネットスーパー, 人材, ポータル, BtoB, CtoC 他のサイトリニューアルや新規事業の 立ち上げを経験。
 
 一から二年目は独学で学び、制作ディレクションや設計を担当。 featured image credit: istockphoto
  11. 11. 情報設計やビジュアルデザインを 魔法と勘違いさせない。
 過剰な期待が、投資効率に見合わない結果を生み出し、
 全体最適の重要性を軽視したサービスを生み出してしまう。 featured image credit: istockphoto
  12. 12. 産業技術大学院大学 「人間中心デザイン」受講 HCD-Net 認定 人間中心設計専門家取得 2011年
  13. 13. HCDWARS EPiSoDE 3-5 三から五年目:未熟だからこそ誰とでも対等に議論できる共通ロジックを考える
  14. 14. 人間中心設計的思考の全社推進 定性・定量調査やユーザーテストなどの評価活動を軸に、
 ペルソナ設計やシナリオ設計でエビデンスを可視化。 後に共感を得ることができ、サイト全体のコンテンツ機能
 要件定義を担当。 featured image credit: istockphoto
  15. 15. PLANNING for Human Centered Design • リブランディングによる悪影響の原因を特定し、
 当時一緒に事業支援をしていたアクセス解析担当と
 改善プランを事業責任者に提案。
 • SEO経由の流入改善のみならず、以降のユーザーの
 シナリオをも想定したコンバージョンの改善までの
 フルリニューアルを機能開発から実施。
 • リニューアル後も自走してユーザーやシナリオの
 評価を主体的に実施するような文化が生まれた。 発見 解決
  16. 16. 正しく進めようとすると失敗する。
 正しいことをしようと心掛ける。
 エゴによって、他の負担など関係ないという
 無意識の心理が継続してしまう恐れがある。 正しいことを、相手の理解できる言葉で伝える必要がある。 featured image credit: istockphoto
  17. 17. HCDWARS EPiSoDE 6-7 六から七年目:ユーザー駆動のサービスデザインの可能性の追求
  18. 18. 新規構築における人間中心設計 ユーザーの需要を理解し、サービスのそもそもの目的を
 事業戦略ドメインの延長線上で考える。 ビジネスモデルの設計からカスタマージャーニーマップを 駆使したオペレーション設計、サイトコンセプトの定義を担当。 featured image credit: istockphoto
  19. 19. 構想 実現 • 事業責任者のサービス構想を可視化/翻訳することで
 上流よりユーザー視点を意識した構想を実現。
 • 早期よりユーザーを意識したサービス構想を
 進めることで、その後も一環したコンセプトを軸に
 ノンストップで実現にまで繋げることができた。
 • 行く行くは全社に横展開可能な汎用的な発想・取り組み
 として振る舞う。 PLANNING for service Design
  20. 20. それはデザインとは無関係である
 …という心理的距離を離さない。
 ユーザーとの接点を担うからこそ「主体者」として、
 デザインを導く立場として振る舞うことで
 人間中心設計の可能性を狭めないように心掛ける。 featured image credit: istockphoto
  21. 21. HCDWARS EPiSoDE 7-X 七年目以降:特定の会社に限定せず、エージェントの立場から社会の底上げを目指す
  22. 22. 人間中心設計の継続運転 サービスデザインにおける2つの側面の内、組織内の
 オペレーションや仕組みの改善を担当。 ウェブサイトやプロダクトの運営方針を定め、
 組織が自走できる共通言語としてユーザー視点を取り入れる。 featured image credit: concent
  23. 23. SERVICE DESIGN1 2 ACTIVITY DESIGN 3 INTERACTION DESIGN サービス・事業戦略の策定 • サービスの価値定義 • ユーザー価値、 • ビジネス価値双方から検討 • エスノグラフィ調査に
 基づき方針策定 顧客体験のプランニング • サービス実現のための
 シナリオ定義 • 利用文脈調査に基づき、
 メンタルモデルやシナリオ を検討 • 情報設計に反映 個別タッチポイントのデザイン • 具体的なタッチポイントの
 デザインをプロトタイプに
 基づき検討 • 利用シナリオの基づき、複数 のプロトタイプを用意し検討 CONCENT’S HUMAN CENTERED DESIGN APPROACH featured image credit: concent
  24. 24. WEBSITE OPERATION WORKFLOW featured image credit: concent
  25. 25. ユーザー「だけ」を対象としない。
 人間中心設計に込められている「人間」の本来の意味を
 理解し、優れたユーザー体験を実現するための手段として
 もうひとりのユーザーの体験を設計する。 featured image credit: istockphoto
  26. 26. まとめ
  27. 27. 人間中心設計の必要性の特定HUMANCENTEREDDESIGN 必要とされている状態とは? 必要性を見極めるポイントとは? 1 2 本来の思考開始ポイント/問題意識
  28. 28. システムが特定のユーザー及び
 組織の要求事項を満足 HUMANCENTEREDDESIGN 組織における要求事項とは? 組織における満足とは? 1 2 本来の思考着地ポイント/目的意識
  29. 29. ! ! ! ! ! HUMANCENTEREDDESIGN 人間中心設計がもたらす価値をまずは理解する。1 その価値が最大限に発揮される状態を理解する。 自分自身の役割を理解する。 対象組織の成熟度を理解する。 組織ないしはものづくりのあり方を理解する。 2 3 4 5
  30. 30. 人間中心設計は      である。言語 言葉は交わすために存在する。 但し、それぞれが異なる言語を交わしていては伝わらない。 伝わるためには「公用語」が必要。 人間中心設計は公用語として機能する。
 公用語は手段でしかなく、導入による効用は導入する目的を 軸に考えなければならない。
  31. 31. 認知されていない
 UXや人間中心設計は不要と考えている。 興味がある
 UXや人間中心設計の重要性は理解しているが、多少の投資が求められている。 投資はしている
 UXや人間中心設計への投資に対する優先度が高く、
 形式化をはじめている。 関与している
 UXや人間中心設計はクリティカルな課題として認識し、 マネジメントクラスも関与している。 導入している
 UXや人間中心設計が組織上の戦略において
 重要な役割を果たしている。 組み込まれている
 UXや人間中心設計が組織の
 中心で議論されている。 1 2 3 4 5 6 UXMATURITY MODEL (c) Johnny holland
  32. 32. to answer the power with power, the jedi way is this is not. in this war, a danger there is of losing who we are. ❞ - yoda 力に力で応えようとするな。 この戦いで最も危険なのは、己が誰であるかを
 見失うことである。
  33. 33. 正しくモノをつくろうと強制するのではなく、 正しいモノをつくるように働きかけよう。
  34. 34. http://www.slideshare.net/kazumichisakata/2-43421944
  35. 35. featured image credit: wallpaperswide MAY the force be with you. Kazumichi sakata | @mariosakata ありがとうございました。 http://www.slideshare.net/kazumichisakata/ http://sprmario.hatenablog.jp/

×