O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
Migraine Aura without Headache• 片頭痛の前兆のみで頭痛を認めない病態.– 視覚前兆, 感覚前兆, 運動前兆が数分∼数十分に渡り出現し,完全に改善する.– TIAや痙攣との鑑別が必要だが, 通常良性の経過をたどる....
• 高齢者の1-2%で片頭痛様の視覚症状を認めており,– その内の77%は50歳以降で初発,42%は片頭痛の既往無し,58%はその視覚症状と頭痛の関連が “一切” 認められなかった.• 前兆の種類は視覚前兆と感覚前兆が主.– 一般的な片頭痛と同...
• 視覚前兆は後頭葉由来であり, 同名の障害を来すことが多い– 片側眼障害ならば網膜症や眼球, 神経, 血管の問題を疑うべき.– 片側の眼症状を来す片頭痛を “Retinal migraine”と呼び, 稀な病態. 通常若年で片頭痛の既往がある...
• 前兆としての神経症状• 感覚症状; 痺れ, 痛み, 感覚障害が多い.– 上行, 下行性にゆっくりと進展. 多いパターンは指先から始まり,手, 上腕と移動してゆくパターン.顔面や対側に移動することもある.舌先のみの痺れは片頭痛の前兆に特異的と...
• 前兆; 失語, 構音障害– 運動性失語, 構音障害が片頭痛に伴うことがある.頭痛を伴わず, 失語のみのこともある.• 前兆; Vertigo– 実は多い前兆症状と言われている.頭痛伴わない場合は一過性の前庭神経障害を伴わないめまい症.– M...
• 前兆を伴わない片頭痛では– 視覚, 感覚症状以外に– 周期性嘔吐症再発性の腹痛冠動脈攣縮(cardiac migraine)Raynaud病との関連が示唆されている.6Transient episodicsymptoms of migrai...
• Typical aura without headacheの診断 (2004 IHS)– Typical aura; 視覚±感覚前兆で, 構音障害は含んでも含まなくてもよい. 持続時間は1時間以内で, 陽性/陰性所見が混在する. 完全に改善...
• Typical aura without headacheの特徴– 陽性視覚症状が多い; 光のちらつき等.– 視覚の異常が徐々に出現, 変動する.– 前兆の時間は15-30分が一般的– 発作は悪心, 光線過敏を伴う.– 片頭痛の家族歴がある...
• 国内におけるtypical migraine aura without headacheの頻度.– 関東地方の6箇所の眼科において, 1914名にアンケート調査を施行.1063名(55.5%)より回答あり, TAWHの頻度を調査したstud...
• 年齢, 性別の分布.• A; TAWH B; 前兆+ 片頭痛• TAWHには20-30歳台と,60歳台に2峰性のピークがある.• 片頭痛は20-40歳台にピーク.• 高齢者ではTAWH, 片頭痛が同等になる.1005101520(A)(B)...
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

Migraine aura without headache

  • Seja o primeiro a comentar

Migraine aura without headache

  1. 1. Migraine Aura without Headache• 片頭痛の前兆のみで頭痛を認めない病態.– 視覚前兆, 感覚前兆, 運動前兆が数分∼数十分に渡り出現し,完全に改善する.– TIAや痙攣との鑑別が必要だが, 通常良性の経過をたどる.– 別名, Acephalgic migraine, atypical migraine, complicated migraine,migraine equivalent or variant, late-life migraine accompaniment. • どの年齢, 片頭痛の有無にかかわらず発症する可能性がある.– 特に高齢者で多く, 高齢者で新規発症する場合 片頭痛持ちが高齢になり, 頭痛の頻度が低下し, 前兆が残る場合がある1Cleveland Clinic Journal of Medicine 2005;72:529-534
  2. 2. • 高齢者の1-2%で片頭痛様の視覚症状を認めており,– その内の77%は50歳以降で初発,42%は片頭痛の既往無し,58%はその視覚症状と頭痛の関連が “一切” 認められなかった.• 前兆の種類は視覚前兆と感覚前兆が主.– 一般的な片頭痛と同様, 視覚前兆は99%で認められ,それに感覚前兆が付随することがある.– 暗点やチラツキ, 視野のぼやけ等,徐々に出現し, 視野のなかで変動, 移動するのが前兆の特徴. この点でTIAによる一過性黒内障や神経症状と異なる.– また, 持続時間も15-30分が多く, 反対にTIAでは3-10分と短い.てんかん部分発作は更に短く5分未満.– 60分以上持続するならば網膜症, 塞栓, 凝固障害, 血管炎など考慮すべき2Cleveland Clinic Journal of Medicine 2005;72:529-534
  3. 3. • 視覚前兆は後頭葉由来であり, 同名の障害を来すことが多い– 片側眼障害ならば網膜症や眼球, 神経, 血管の問題を疑うべき.– 片側の眼症状を来す片頭痛を “Retinal migraine”と呼び, 稀な病態. 通常若年で片頭痛の既往がある患者で生じることがある.– 陽性症状は片頭痛の前兆らしいが,陰性症状のみの場合はTIAを示唆する所見.3Cleveland Clinic Journal of Medicine 2005;72:529-534Visual symptoms of migraine auravs transient ischemic attack (TIA)FEATURE MIGRAINE AURA TIADuration 15–30 minutes 3–10 minutesQuality Dynamic, bright, multicolored Static, darkForms geometric patterns Dimming of visionT A B L E 2MIGRAINE AURA KUNKEL
  4. 4. • 前兆としての神経症状• 感覚症状; 痺れ, 痛み, 感覚障害が多い.– 上行, 下行性にゆっくりと進展. 多いパターンは指先から始まり,手, 上腕と移動してゆくパターン.顔面や対側に移動することもある.舌先のみの痺れは片頭痛の前兆に特異的と言われている.• 軽度の脱力; 上肢が最も多い.– 片頭痛の前兆の場合, 最初に障害された部位が最初に改善する.虚血の場合, 最初に障害された部位は最後まで改善しない.• 前兆; 全健忘– 1-2時間持続する一過性の全健忘症. 一部ではもっと短時間のことも.片頭痛との関連があるとされる.– 典型的には一生涯で1-2回程度だが, 繰り返す人もいる.4Cleveland Clinic Journal of Medicine 2005;72:529-534
  5. 5. • 前兆; 失語, 構音障害– 運動性失語, 構音障害が片頭痛に伴うことがある.頭痛を伴わず, 失語のみのこともある.• 前兆; Vertigo– 実は多い前兆症状と言われている.頭痛伴わない場合は一過性の前庭神経障害を伴わないめまい症.– Meniere病よりも短時間の発作.– 繰り返す回転性めまいでは疑う必要がある疾患.– 小児のBPPVは実はコレでは? と言われている.• 前兆; Confusion– 小児例で多い前兆症状.– 片頭痛の既往がある患者群では, 軽度の頭部外傷後の昏迷の頻度が既往(-)群と比べて多いとの報告もあり.5Cleveland Clinic Journal of Medicine 2005;72:529-534
  6. 6. • 前兆を伴わない片頭痛では– 視覚, 感覚症状以外に– 周期性嘔吐症再発性の腹痛冠動脈攣縮(cardiac migraine)Raynaud病との関連が示唆されている.6Transient episodicsymptoms of migraine aurawithout headacheVisualPhotopsiaScotomaHemianopsiaDiplopiaBlindnessMetamorphopsiaNeurologicalParesthesiasVertigoAmnesiaConfusionAlteration of moodHemiparesisHearing lossOtherCyclic vomitingRecurrent abdominal painCoronary artery spasmRaynaud diseaseT A B L E 1Cleveland Clinic Journal of Medicine 2005;72:529-534
  7. 7. • Typical aura without headacheの診断 (2004 IHS)– Typical aura; 視覚±感覚前兆で, 構音障害は含んでも含まなくてもよい. 持続時間は1時間以内で, 陽性/陰性所見が混在する. 完全に改善する.– 診断クライテリア;7A B-Dを満たす発作が2回以上経験B 以下の1つ以上を満たす前兆 (構音障害の有無は問わない). 運動麻痺は含まない1. 完全に改善する視覚症状. 陽性症状(Flickering lights, spots, lines) and/or 陰性症状(視覚障害)2. 完全に改善する感覚障害. 陽性症状(針で刺される様な痛み) and/or 陰性症状(痺れ, 麻痺)C 以下の2つ以上を満たす1. 同名の視覚症状 and/or 片側性の感覚症状2. >5分かけて出現する前兆が1回以上 and/or 異なる前兆が続いて >5分かけて出現する3. 症状は5分以上, 60分以内続くD 前兆の間, 前兆後60分は頭痛が生じないE 他の疾患が除外される
  8. 8. • Typical aura without headacheの特徴– 陽性視覚症状が多い; 光のちらつき等.– 視覚の異常が徐々に出現, 変動する.– 前兆の時間は15-30分が一般的– 発作は悪心, 光線過敏を伴う.– 片頭痛の家族歴がある.– motion sicknessの家族歴がある.• Typical aura without headache診断のRed flags– 40歳以上の発症例.– 陰性視覚症状が主(暗点など)– 短時間の発作(数秒)– 徐々に出現ではなく, 突然発症– Static location without migration – 持続的な片側性の症状8
  9. 9. • 国内におけるtypical migraine aura without headacheの頻度.– 関東地方の6箇所の眼科において, 1914名にアンケート調査を施行.1063名(55.5%)より回答あり, TAWHの頻度を調査したstudy患者は眼科を受診した患者群.• アウトカム– ID migraine screener testで片頭痛と診断されたのは81名.TAWHの診断criteria満たしたのは35名(3.2%)であった.9Cephalalgia 2010;30(8) 962–967found that the ID migraine test was positive in 86% of patients diagnosed withepisodic migraine and 83% with chronic migraine [13]. Sensitivity and specificity,respectively, ranged between 80–88% and 74–76% among the three clinic settings,supporting the value of this simple screener in different clinical settings.Practical pointerMigraine is an intermittent, disabling, recurring headache condition associ-ated with sensitivity to stimulation (like lights, noise, and odors) and oftennausea.Box 2 ID Migraine Screener (based on Lipton et al. [12])Instruct patients to answer the following three questions about theirheadaches:1. Over the last 3 months, have you limited your activities on at least 1 daybecause of your headaches?2. Do lights bother you when you have a headache?3. Do you get sick to your stomach or nauseated with your headache?Patients answering “yes” to at least two of these questions probably havemigraine
  10. 10. • 年齢, 性別の分布.• A; TAWH B; 前兆+ 片頭痛• TAWHには20-30歳台と,60歳台に2峰性のピークがある.• 片頭痛は20-40歳台にピーク.• 高齢者ではTAWH, 片頭痛が同等になる.1005101520(A)(B)6–9(age)(n)MaleFemale05101520(age)(n)MaleFemale90–9580–8970–7960–6950–5940–4930–3920–2910–196–9 90–9580–8970–7960–6950–5940–4930–3920–2910–19966Cephalalgia 2010;30(8) 962–967

×