O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
ストレスレスな環境の育て方
~エンジニア9割のハートビーツの場合~
ハートビーツ 前川和也
自己紹介
前川和也(マエカワカズヤ)
福岡県北九州市出身
ハートビーツ立ち上げメンバーのひとり
管理部門他もろもろ全般担当
特に人事担当要素が強いです
twitter:ka_maekawa
FB:kamaekawa
ハートビーツのご紹介
サーバー・システム運用を24/365でやってます
起業して10年目です
エンジニアが9割、残りが1割が管理部門
営業専任部署がありません
起業時:メンバー5名→10年で60名
社内
ほぼエンジニア(90%)
このような組織を
どのように作っていったのか
・ストレス とは
善玉ストレスと悪玉ストレス
・エンジニアって何が好きで嫌い?
非エンジニアがそれを把握するには
・簡単な事例紹介
ストレスとは
ストレス
ストレス(英:Stress)とは、生活上のプレッ
シャーおよび、それを感じたときの感覚
ストレッサー
ストレスの原因
ストレスの種類
善玉ストレス
成長の源泉にもなる適度なストレス
適度な競争や締切、期待など
悪玉ストレス
上記以外のストレス
心身に影響を与えかねないもの
善玉ストレスが悪玉になることがある
ストレスレスな環境の育て方
ストレスレスな環境
=悪玉ストレス が少ない環境
エンジニアって何が好きで嫌い?
非エンジニアには分かりづらい。。。
(管理部門や営業部門とエンジニアが
うまくいかなかったりする理由のひとつ)
(1)なんとなくの肌感を身につける
(2)自分で学ぶ
(3)エンジニアに感触を確かめる
(1)なんとなくの肌感を身につける
・Twitterでエンジニアをフォローして各種
ニュースへのリアクションを見る
・社内でのトライ&エラー
(2)自分で学ぶ
・エンジニアのための時間管理術
・各種エンジニア向け記事を閲覧
(3)エンジニアに感触を確かめる
・CTO馬場 (@netmarkjp)や社内エンジニアに
以下、事例紹介
ストレスレスな環境の育て方
1.ハード面(設計、各種施策)
2.ソフト面(運用)
(1)ストレッサーの適切な提供
(2)悪玉ストレスへの対応
1.ハード面
・職場環境に”選べる自由”
・カラダへの影響がなるべく少ない環境
・ルーチン業務はとにかく面倒くさくなく
・作業集中を中断されにくい仕組み
選べる自由 椅子:選べる2種類
座っている時間が長いので椅子はちゃんとしたのを
→…実際に導入できたのは起業4年目くらい
選べる自由 パソコン
持ち運べて、使っててテンションが上がる (or 落ちない)マシン
スペック控えめで申請してくる、控えめな方が多い
→フルフルスペックに変更
Mac人気
カラダの影響少なく
休憩室、仮眠室でお昼寝OK
カラダの影響少なく
病院、役所とか行ってからの出社OK
→退勤時間は後ろに延ばすかんじで
ルーチン作業を面倒くさくなく
勤怠はカードタッチで終了
稟議はチャットで上司にメンション飛ばす
(もしくはSNSでつぶやいたら拾われる)
作業集中を妨げない仕組み
チャットでのコミュニケーション
→作業集中者の集中が切れず、
作業の切れが良いタイミングで回答できる
2.ソフト面
(1)ストレッサーの適切な提供
(2)悪玉ストレスへの対応
・正常系を知る
・異常系に気づく
・対応を決める
・対応(スピード命)
(1)ストレッサーの適切な提供
・該当メンバーが”背伸びしたらできないことは
ない、程度の課題提供
・ストレスは短期間、終わるタイミングにも留意
・組織を変化できることができる体験の提供
・失敗することができる環境の提供
(2)悪玉ストレスへの対応
正常系を知る
異常系に気づくために正常系を知る
各メンバー、チームが通常はどのような状況に
あるのかを知っておく
・日頃の声掛け ・チャットの流れ
・業務報告 ・各種SNS ・おやつ配り ・etc
異常系に気づく
異常系に気づくのは様々なところから
気づいたらすぐに対応を決める必要があるた
め、必要なメンバーに情報共有する精度・速度
が重要
・勤怠状況 ・日頃の声掛け チャットの流れ
・業務報告 ・各種SNS ・おやつ配り ・etc
対応を決める
”異常系”を知って対応を決める
・症状
・症状発生メカニズム
・真因
A:対応不要
B:要Watch
C:要対応
・対応(スピード命)
防御/退避 → 応急処置 →再発防止
まとめ
・相手(エンジニア)に興味を持って制度設計
・制度が想定通りに効果が出ているか、想定外
のストレス要素は出ていないかのWatch
・ストレス要素が看過できないものであれば即
対応
・応急処置実施
・再発防止
最後に
ハートビーツのご紹介
サーバ、システム運用にお困りでしたら
ぜひお気軽にご相談を!
ステキエンジニアが
あなたのシステムをステキ運用!
こんな会社で一緒にやってみたいと思ってくだ
さった方もお気軽にご連絡を!
info@heartbeats.jp
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

ストレスレスな環境の育て方~エンジニア9割のハートビーツの場合~

7.330 visualizações

Publicada em

2015/10/17 第33回Creators MeetUp 発表資料

Publicada em: Saúde
  • Seja o primeiro a comentar

ストレスレスな環境の育て方~エンジニア9割のハートビーツの場合~

  1. 1. ストレスレスな環境の育て方 ~エンジニア9割のハートビーツの場合~ ハートビーツ 前川和也
  2. 2. 自己紹介 前川和也(マエカワカズヤ) 福岡県北九州市出身 ハートビーツ立ち上げメンバーのひとり 管理部門他もろもろ全般担当 特に人事担当要素が強いです twitter:ka_maekawa FB:kamaekawa
  3. 3. ハートビーツのご紹介 サーバー・システム運用を24/365でやってます 起業して10年目です エンジニアが9割、残りが1割が管理部門 営業専任部署がありません 起業時:メンバー5名→10年で60名
  4. 4. 社内
  5. 5. ほぼエンジニア(90%)
  6. 6. このような組織を
  7. 7. どのように作っていったのか
  8. 8. ・ストレス とは 善玉ストレスと悪玉ストレス ・エンジニアって何が好きで嫌い? 非エンジニアがそれを把握するには ・簡単な事例紹介
  9. 9. ストレスとは
  10. 10. ストレス ストレス(英:Stress)とは、生活上のプレッ シャーおよび、それを感じたときの感覚 ストレッサー ストレスの原因
  11. 11. ストレスの種類 善玉ストレス 成長の源泉にもなる適度なストレス 適度な競争や締切、期待など 悪玉ストレス 上記以外のストレス 心身に影響を与えかねないもの 善玉ストレスが悪玉になることがある
  12. 12. ストレスレスな環境の育て方 ストレスレスな環境 =悪玉ストレス が少ない環境
  13. 13. エンジニアって何が好きで嫌い?
  14. 14. 非エンジニアには分かりづらい。。。 (管理部門や営業部門とエンジニアが うまくいかなかったりする理由のひとつ)
  15. 15. (1)なんとなくの肌感を身につける (2)自分で学ぶ (3)エンジニアに感触を確かめる
  16. 16. (1)なんとなくの肌感を身につける ・Twitterでエンジニアをフォローして各種 ニュースへのリアクションを見る ・社内でのトライ&エラー
  17. 17. (2)自分で学ぶ ・エンジニアのための時間管理術 ・各種エンジニア向け記事を閲覧
  18. 18. (3)エンジニアに感触を確かめる ・CTO馬場 (@netmarkjp)や社内エンジニアに
  19. 19. 以下、事例紹介
  20. 20. ストレスレスな環境の育て方 1.ハード面(設計、各種施策) 2.ソフト面(運用) (1)ストレッサーの適切な提供 (2)悪玉ストレスへの対応
  21. 21. 1.ハード面 ・職場環境に”選べる自由” ・カラダへの影響がなるべく少ない環境 ・ルーチン業務はとにかく面倒くさくなく ・作業集中を中断されにくい仕組み
  22. 22. 選べる自由 椅子:選べる2種類 座っている時間が長いので椅子はちゃんとしたのを →…実際に導入できたのは起業4年目くらい
  23. 23. 選べる自由 パソコン 持ち運べて、使っててテンションが上がる (or 落ちない)マシン スペック控えめで申請してくる、控えめな方が多い →フルフルスペックに変更 Mac人気
  24. 24. カラダの影響少なく 休憩室、仮眠室でお昼寝OK
  25. 25. カラダの影響少なく 病院、役所とか行ってからの出社OK →退勤時間は後ろに延ばすかんじで
  26. 26. ルーチン作業を面倒くさくなく 勤怠はカードタッチで終了 稟議はチャットで上司にメンション飛ばす (もしくはSNSでつぶやいたら拾われる)
  27. 27. 作業集中を妨げない仕組み チャットでのコミュニケーション →作業集中者の集中が切れず、 作業の切れが良いタイミングで回答できる
  28. 28. 2.ソフト面 (1)ストレッサーの適切な提供 (2)悪玉ストレスへの対応 ・正常系を知る ・異常系に気づく ・対応を決める ・対応(スピード命)
  29. 29. (1)ストレッサーの適切な提供 ・該当メンバーが”背伸びしたらできないことは ない、程度の課題提供 ・ストレスは短期間、終わるタイミングにも留意 ・組織を変化できることができる体験の提供 ・失敗することができる環境の提供
  30. 30. (2)悪玉ストレスへの対応
  31. 31. 正常系を知る 異常系に気づくために正常系を知る 各メンバー、チームが通常はどのような状況に あるのかを知っておく ・日頃の声掛け ・チャットの流れ ・業務報告 ・各種SNS ・おやつ配り ・etc
  32. 32. 異常系に気づく 異常系に気づくのは様々なところから 気づいたらすぐに対応を決める必要があるた め、必要なメンバーに情報共有する精度・速度 が重要 ・勤怠状況 ・日頃の声掛け チャットの流れ ・業務報告 ・各種SNS ・おやつ配り ・etc
  33. 33. 対応を決める ”異常系”を知って対応を決める ・症状 ・症状発生メカニズム ・真因 A:対応不要 B:要Watch C:要対応
  34. 34. ・対応(スピード命) 防御/退避 → 応急処置 →再発防止
  35. 35. まとめ ・相手(エンジニア)に興味を持って制度設計 ・制度が想定通りに効果が出ているか、想定外 のストレス要素は出ていないかのWatch ・ストレス要素が看過できないものであれば即 対応 ・応急処置実施 ・再発防止
  36. 36. 最後に
  37. 37. ハートビーツのご紹介 サーバ、システム運用にお困りでしたら ぜひお気軽にご相談を! ステキエンジニアが あなたのシステムをステキ運用! こんな会社で一緒にやってみたいと思ってくだ さった方もお気軽にご連絡を! info@heartbeats.jp

×