O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

意思決定科学から見る認知的インタラクション-本田秀仁

447 visualizações

Publicada em

•1:話者はどのように情報を伝達するのか?
不確実性事象の結果の伝達を例にした研究の紹介
(Honda & Matsuka, 2014, Mem. & Cogn.)
•2:話者の用いた言語表現に影響を受ける意思決定はバイアスか?
言語的確率表現のコミュニケーションを例とした研究の紹介
(Honda et al., submitted; Honda et al., 2016, Proc. CogSci)

Publicada em: Ciências
  • DOWNLOAD FULL BOOKS, INTO AVAILABLE FORMAT ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Responder 
    Tem certeza que deseja  Sim  Não
    Insira sua mensagem aqui
  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

意思決定科学から見る認知的インタラクション-本田秀仁

  1. 1. 意思決定科学から見る 認知的インタラクション 安田女子大学心理学部 本田秀仁
  2. 2. 意思決定科学 • 意思決定に関する研究分野 • 経済学、心理学、認知科学、行動科学、政治科学 マーケティングサイエンス等、様々な分野が関わる • トピックも様々存在する • The Wiley Blackwell Handbook of Judgment and Decision Making(2016) • 2巻で、合計35章からなる 2
  3. 3. インタラクション • ふたつ以上の存在が互いに影響を及ぼしあうこと • 「相互作用」「交互作用」などと訳される (ウィキペディアより) • 人と人、人と動物、人と人工物の間のコミュニケーションの 中で生じる行為や認知・心理プロセスに関して分析を行う 3
  4. 4. 4 旅行相談場面のインタラクションに関する研究 Honda, et al., (2016)
  5. 5. 5 旅行相談場面のインタラクションに関する研究 Honda, et al., (2016)
  6. 6. 6 お客さんの非言語行動と 心的状態の関係の分析 Honda, et al., (2016)
  7. 7. 7 強 弱 強 弱 強 弱 顎に手*前かがみ 前かがみ*うなづき 前かがみ Honda, et al., (2016)
  8. 8. 判断・意思決定におけるバイアス • 確率・論理からの逸脱 • conjunction fallacy • base-rate neglect • Incoherentな意思決定(→非合理的な意思決定) • violation of transitivity • preference reversal • framing effect 8 Arkes, Gigerenzer, & Hertwig (2015), Decision Kahneman, Slovic, & Tversky (1982)
  9. 9. 意思決定科学における研究のアプローチ(1) • listener-based approach (Keren, 2011) 9 情報の聞き手(意思決定・判断者) 情報の提示 判断・決定バイアス
  10. 10. 意思決定科学における研究のアプローチ(2) • Conversational-approach (Keren, 2011) 10 情報発信者情報の聞き手 (意思決定者) 情報発信者の認知プロセス、またその認知プロセスと 情報の聞き手の認知プロセスの間に見られる適合性の分析
  11. 11. 本日の内容 • 1:話者はどのように情報を伝達するのか? 不確実性事象の結果の伝達を例にした研究の紹介 (Honda & Matsuka, 2014, Mem. & Cogn.) • 2:話者の用いた言語表現に影響を受ける 意思決定はバイアスか? 言語的確率表現のコミュニケーションを例とした研究の紹介 (Honda et al., submitted; Honda et al., 2016, Proc. CogSci) 11
  12. 12. 話者はどのように 情報を伝達するのか? 不確実性事象の結果の伝達
  13. 13. コミュニケーション時の表現選択 13 半分一杯 半分空 ほとんどの 学生が出席 一部の学生が 欠席
  14. 14. 不確実な事象の記述 14 5回表 5回裏 10回中5回表が出た 10回中5回裏が出た
  15. 15. 15 コミュニケーションにおける 情報の有益性 “Make your contribution as informative as required. Do not be either over informative or under informative” “Do not make your contribution more informative than is required” the maxim of “Quantity” Grice (1975), cooperative principle
  16. 16. 16 どのような情報に情報量は多いのか? • めったに起こらない(起こらないと信じられている)ことを聞 くと、驚きが大きい 沖縄で雪 沖縄で雨
  17. 17. 17 情報理論を視点とする 不確実性事象が持つ情報量 • 自己情報量 • e; 不確実性事象 • p(e); 不確実性事象eが生じる確率 • I(e); 不確実性事象eが持つ自己情報量 Shannon (1948), Bell Syst. Tech. J.
  18. 18. 18 希少な事象は情報量が多い
  19. 19. 19 不確実性事象の記述 希少性情報が与える影響 A君:非常にまじめで講義を いつも一生懸命に聞いている 10回出席 5回欠席 B君:講義に対して不真面目で アルバイトばかりしている 10回出席 5回欠席 15回中5回欠席した 15回中10回出席した Honda & Matsuka (2014), Mem. Cogn.
  20. 20. 20 • サイコロの結果の記述 「6回中、黒がn回出た」 vs. 「6回中、白がn回でた」 0 25 50 75 100 黒1回白5回 黒3回白3回 黒5回白1回 黒フレーム選択率(%) サイコロの結果 黒希少(黒1面、白5面) 白希少(白1面、黒5面) Honda & Matsuka (2014), Mem. Cogn.
  21. 21. 21 • 手術の結果の記述 「10回中、n回成功した」「10回中、n回失敗した」 Honda & Matsuka (2014), Mem. Cogn. 0 25 50 75 100 成功3回失敗7回 成功5回失敗5回 成功7回失敗3回 成功フレーム選択率(%) 難病 盲腸
  22. 22. まとめ • 不確実な事象の結果を記述する際のフレーム選択 • 希少な事象に焦点をあてて伝えようとする • 情報理論を視点とすると、希少な事象は情報量が多い 22 フレーム選択に見られる選好は 情報量を高めようとしている行動
  23. 23. 話者の用いた言語表現に影響を 受ける意思決定はバイアスか? 言語的確率表現のコミュニケーションと意思決定
  24. 24. 24 確率情報の表現法 40% 数値 “ほぼ確実” “あまり見込みはない” 言語表現 意思決定研究で 通常用いられる表現法 日常的にしばしば用いられる 専門家も使用する →伝達者ー聞き手間の解釈の違い Budescu et al., (2014), Nat. Clim. Chang.
  25. 25. 25 言語的確率表現の方向性 わずかな見込みがある ほぼ確実だ 十分に考えられる あまり見込みはない 確実ではない やや疑わしい Teigen & Brun (1995), Acta Psychol.
  26. 26. 方向性が意思決定に与える影響 26 Some possibility Quite uncertain 治療法が 有効である確率 有効である確率は 何%(数的解釈) 31.7% 31.3% 友人に勧めるか ?(意思決定) 90.6% 32.4% Teigen & Brun (1999), Organ. Behav. Hum. Decis. Process
  27. 27. 27 フレーミング効果:非合理的? 非一貫した判断を生み出す要因 →認知バイアス 発話内容の“行間”を読んだ上での意思決定 →Conversational approach →意思決定者は発話内容から“行間”を読み意思決定を行っている e.g., Keren (2011); Sher & McKenzie, (2006), Cognition 情報発信者情報の聞き手 (意思決定者)
  28. 28. 28 表現法は情報に富む half full or half empty? half full half empty McKenzie & Nelson (2003), Psychon. Bull. Rev. Sher & McKenzie (2006), Cognition
  29. 29. 29 聞き手は行間を読む half full half empty McKenzie & Nelson (2003), Psychon. Bull. Rev.
  30. 30. 30 言語的確率表現における 方向性選択と参照点仮説 参照点 50%を 伝達 Positive語 Negative語 Honda & Yamagishi (2016), Q. J. Exp. Psychol.
  31. 31. 31 0 25 50 75 100 20% 50% 80% positive語選択率(%) 伝達する確率 低参照点 高参照点 Honda & Yamagishi (2016), Q. J. Exp. Psychol.
  32. 32. 32 参照点推論 赤ボール:50個 白ボール:50個 (確率50%) 考えられる やや疑わしい 話者は赤いボールは 何個入っていると思っていたか? Honda & Yamagishi (2017), Q. J. Exp. Psychol. 話者
  33. 33. 33 結果:参照点推論 Honda & Yamagishi (2017), Q. J. Exp. Psychol.
  34. 34. 34 参照点 話者 Positive語 Negative語 聞き手 参照点推論 言語表現の方向性から 話者の参照点を推論している Honda & Yamagishi (2017), Q. J. Exp. Psychol.
  35. 35. 35 コミュニケーションから見る 意思決定プロセス 話者 わずかな 見込みがある 聞き手(意思決定者) 言語的な手がかりから得られる情報を 考慮に入れて意思決定を行なっている
  36. 36. 36 方向性が判断・意思決定に与える影響 参照点仮説に基づく解釈 Positive語 Negative語 同じ数的解釈≠類似状況 方向性の影響は、参照点を 考慮した判断・意思決定 ≠認知バイアス 参照点に比べ高い 参照点に比べ低い Honda & Yamagishi (2016), Q. J. Exp. Psychol.
  37. 37. 37 モデルベースの 意思決定プロセスの探求 • モデルに基づき、意思決定者の認知プロセスを探る 参照している事象 観察データ モデルフィッティング
  38. 38. 38 意思決定プロセスのモデル化 Decision by Sampling (DbS) target 比較対象 Stewart, Chater, & Brown (2006), Cogn. Psychol Stewart (2009), Q. J. Exp. Psychol.
  39. 39. 39 Decision by Sampling (DbS) • 比較する対象(decision sample)との1対1比較の比較を行 う中で,ターゲットへの主観的評価を決める • ターゲットの主観的価値:比較する対象の中での 相対的ランクによって定義される Stewart, Chater, & Brown (2006), Cogn. Psychol Stewart (2009), Q. J. Exp. Psychol.
  40. 40. 40 確率値に対する評価は、絶対的に決まるわけではなく、 decision sampleと評価対象の関係性で決まる 打率:3割 相対的に高い 盲腸の手術の成功率:3 割 相対的に低い 信念の強さ
  41. 41. 41 Decision by Belief Sampling (DbBS) • 意思決定者は不確実性事象に対して信念を持つ →β分布で表現する • decision sampleは信念から形成され、ターゲットは 比較対象の中での相対ランクで決定される (→β分布の累積分布関数で表現される) Honda, Matsuka & Ueda (2017), CogSci17 Honda, Matsuka, & Ueda (under review)
  42. 42. 42
  43. 43. 43 行動実験 • 意思決定課題 • 病気の治療法が有効である確率に関して、 言語的な確率表現、あるいは数値的確率表現が 提示された際に、それを友人に勧めたいと思うか Honda, Matsuka & Ueda (2017), CogSci17 Honda, Matsuka, & Ueda (under review)
  44. 44. 44 行動実験 • 言語表現への数値解釈課題 • 病気の治療法が有効である確率に関して、 言語的な確率表現が何%を示していると思うかを問う Honda, Matsuka & Ueda (2017), CogSci17 Honda, Matsuka, & Ueda (under review)
  45. 45. 45 Positive terms Negative terms Honda, Matsuka & Ueda (2017), CogSci17 Honda, Matsuka, & Ueda (under review)
  46. 46. 推定された信念サンプル 46 Honda, Matsuka & Ueda (2017), CogSci17 Honda, Matsuka, & Ueda (under review)
  47. 47. まとめ • 確率表現が生み出す意思決定バイアス • 話者の言語的規則から得られる情報を考慮に 入れた意思決定とみなすことができる →決定「バイアス」ではない 47
  48. 48. 本日の結論
  49. 49. 認知的インタラクションから見る 意思決定科学 • 話者はどのように情報を伝達するのか? • 情報量が高いと考えられる表現法を好んで用いる (→情報理論の視点と整合的) • 話者の用いた言語表現に影響を受ける意思決定は 決定バイアスか? • 話者の言語的規則から得られる情報を考慮に入れた 意思決定とみなすことができる 49
  50. 50. 意思決定プロセスを考える上で 「インタラクション」の視点の重要性 • 意思決定は提示された情報に基づいてなされる • 単に意思決定者の認知プロセスを分析するのみでは表面的に “バイアス"のように見える現象が生じる原因について理解が 難しい • 情報発信者がどのような行為を行なっているのかも同時に 分析することで“バイアス”が生じる原因が理解できる 50 情報発信者情報の聞き手 (意思決定者)

×