O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

「RAD Studio 10.1 Berlinで始めるIoTアプリケーション構築」

324 visualizações

Publicada em

高い注目を集めるIoT。しかし実際にIoTを活用したアプリケーションを構築しようとするとデバイスごとに異なるAPIに直面し躊躇してしまいがちです。RAD Studio 10.1 Berlinに新たに搭載されたThingWareを用いれば、使いやすいコンポーネントを用いたデバイスとの通信が可能になります。今回、ビーコンやいくつかのセンサーを用いて、どのようなプログラミングを行い、どのようなアプリケーションが構築できるのかを、応用のヒントとともに紹介します。

エンバカデロ・テクノロジーズ
セールスコンサルタント 井之上 和弘

Publicada em: Engenharia
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

「RAD Studio 10.1 Berlinで始めるIoTアプリケーション構築」

  1. 1. 本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 「RAD Studio 10.1 Berlinで始めるIoT アプリケーション構築」 第32回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ エンバカデロ・テクノロジーズ セールス コンサルタント 井之上 和弘
  2. 2. 2本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 アジェンダ  RAD Studio 10.1 BerlinでのIoTデバイスサポートについて  RAD STUDIO で作成したアプリでIoTデバイスのデータを取得す る  IoTコンポーネントの紹介と、測定可能な値の一覧  位置測位アプリをBeaconfenceでコード無しに作る  ビーコンの測距精度に影響を与える⼲渉源について考える
  3. 3. 本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 3 RAD STUDIO 10.1 BERLINでのIOTデ バイスサポートについて
  4. 4. 4本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 RAD Studio における IoT デバイスサポートのご紹介  2014/09 RAD Studio XE7 • Bluetooth LE サポート(TBluetoothLE)  2015/09 RAD Studio 10 Seattle • BeaconFenceリリース
  5. 5. 5本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 RAD Studio における IoT デバイスサポートのご紹介  2016/04 RAD Stuido 10.1 Berlin • 50を超えるIoTデバイス向けコンポーネント (Bluetooth LE、z-Wave対応) を提供開始  Bluetooth LE • 基本的な無線要件は Bluetooth 3.0 と同じく2.4GHz帯の周波数。 • 従来のBluetoothよりも消費電⼒が少ないため、バッテリ駆動のウェアラブルやヘルスケア、 センサーでの採用が進んでいる  z-Wave • 920MHz帯の周波数。WiFiとの⼲渉がなく透過性も強いためにBLEよりも広い範囲をカバーで きる。 • 海外ではスマートハウスやホームセキュリティ向けの普及が進んでいる • 日本では2012年に認可された周波数のため、製品やサービスの展開はまだ進んでいない。
  6. 6. 6本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 IoTコンポーネントのインストール  IoTコンポーネントはGetITパッケージマネージャーからインストールする
  7. 7. 続きは http://embt.co/osaka-slide からダウンロード

×