O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio

Confira estes a seguir

1 de 86 Anúncio

OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション

Baixar para ler offline

10月26日に実施したWEB セミナーの内容です。
タイトル: 【ウェブ セミナー】 OSS on Azure で構築する ウェブ アプリケーション 所要時間: 1 時間, 4 分
<内容>
Microsoft Azure は App Service、Azure Storage、各種データベースなど、ウェブ アプリケーション開発のための機能が沢山あります。本セッションではウェブ アプリケーション開発に特化して Microsoft Azure の機能を一挙にご紹介し、クラウドならではのシステム デザインや実装例をご説明いたします。
【アジェンダ】
(1) シンプルな 2Tier サーバー構成
(2) NoSQL の活用
(3) クラウドファースト設計
(4) まとめ
受講対象: ウェブ アプリケーション開発をされているすべての皆様。PHP、Ruby、Node.js などの Microsoft テクノロジではないオープンソース ソフトウェア技術でアプリケーション開発をされている方もぜひご参加ください。
https://event.on24.com/eventRegistration/EventLobbyServlet?target=reg20.jsp&referrer=https%3A%2F%2Fl.facebook.com%2F&eventid=1515465&sessionid=1&key=D51EE23EDFE75A224671A05205159145&regTag=&sourcepage=register

10月26日に実施したWEB セミナーの内容です。
タイトル: 【ウェブ セミナー】 OSS on Azure で構築する ウェブ アプリケーション 所要時間: 1 時間, 4 分
<内容>
Microsoft Azure は App Service、Azure Storage、各種データベースなど、ウェブ アプリケーション開発のための機能が沢山あります。本セッションではウェブ アプリケーション開発に特化して Microsoft Azure の機能を一挙にご紹介し、クラウドならではのシステム デザインや実装例をご説明いたします。
【アジェンダ】
(1) シンプルな 2Tier サーバー構成
(2) NoSQL の活用
(3) クラウドファースト設計
(4) まとめ
受講対象: ウェブ アプリケーション開発をされているすべての皆様。PHP、Ruby、Node.js などの Microsoft テクノロジではないオープンソース ソフトウェア技術でアプリケーション開発をされている方もぜひご参加ください。
https://event.on24.com/eventRegistration/EventLobbyServlet?target=reg20.jsp&referrer=https%3A%2F%2Fl.facebook.com%2F&eventid=1515465&sessionid=1&key=D51EE23EDFE75A224671A05205159145&regTag=&sourcepage=register

Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Diapositivos para si (20)

Semelhante a OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション (20)

Anúncio

Mais de Daisuke Masubuchi (20)

Mais recentes (20)

Anúncio

OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション

  1. 1. HTML/アプリ Web サーバー ゲスト OS 物理 仮想化 IaaS HTML/アプリ PaaS Auto Scale アプリ以外の運用不要 世界中のDCへLB PaaS Azure管理 利用者が管理
  2. 2.  仮想マシン(VM)本体  インスタンスサイズを選んで利用  GPU、Premium Storage などインスタンス タイプにより強み・特徴が異なる  管理ディスク  仮想マシンは複数ディスクを接続  スナップショット  Standard Storage と Premium Storage  リソースマネージャ  テンプレート(JSON)  リソースグループ  監査ログ  Azure内の仮想ネットワーク  インスタンスに付けるNIC  IP アドレス  クラウドに接続するときのVPNトンネル
  3. 3. LRSのみ
  4. 4. Frontend framework HTML5/CSS TypeScript jQuery UI Bootstrap React SPA Backend framework Python + Django PHP .NET C# Node.jp + Express Ruby + Rails Java & Spring Tools GIT or Bitbucket Jenkins or Circle CI JMeter Redmine Slack Infrastructure HTTP Server Messaging CDN RDB/NoSQL Windows/Linux Docker Server CI IaaS / PaaS > > >
  5. 5. 販売計画 実績 せっかく開発したサービス が アクセス増に耐えきれず 停止
  6. 6. アプリ サービス RDB 文書型 /NoSQL ストレージ キャッシュ
  7. 7. アプリ サービス • Enterprise グレードの SLA • セキュリティとコンプライアンス • ロールベースアクセスコントロール • バックアップスケジュール • カスタムドメイン、SSL証明書 • Azure Active Directory 統合 • オンプレミス統合 VNET統合/ハイブリッド接続 • App Service Environment • など
  8. 8. アプリ サービス • NET, PHP, Python, Node, Java, • Framework インストラー • リモートデバッグ • DevOps • ステージングデプロイのための サイトスロット • サイトエクステンションギャラリー • ブラウザーベースのエディタ • Kudu • など • スケールアップ、スケール アウト • オートスケール • WW のデーターセンター • OS と Framework • ロードバランサー • モニタリング&アラート • Web ジョブ (WebJobs) • など
  9. 9. アプリ サービス
  10. 10. アプリ サービス Web アプリ
  11. 11. ‘Write-once, Run-anywhere’ マイクロサービス アーキテクチャ対応 Dev/Test の効率化 確実な Production 環境の配置 Developer Community の成長 アプリケーションのポータビリティ 開発, QA, 運用環境の標準化 OS やインフラ環境の抽象化 リソース配分の最適化 高速起動、スケーラビリティの確保 Developers Operations
  12. 12. Linux ベースのアプリ実行基盤として最適化された PaaS プラットフォーム
  13. 13. Docker コンテナーの実行基盤として最適化された PaaS プラットフォーム
  14. 14. すべての種類の Azure デプロイに対 してコンテナー イメージを保存、管理
  15. 15. Azure 開発環境 git push pull, clone docker push CD (Webhook) docker push
  16. 16. アプリ サービス RDB 文書型 /NoSQL ストレージ キャッシュ
  17. 17. クラウドネイティブな database as a service 高可用性、耐障害性 世界中に簡単にスケール インメモリー カラムストア SQL Server 互換 透過的データ暗号化 (TDE) フルテキスト サーチ Elastic Database Pool SQL DB SQL DB
  18. 18. データベース RDBMS OS Azure が管理 利用者が管理 VM上の RDBMS ホスト OS 仮想化 フルコントロール データベース RDBMS OS 仮想化 ホスト OS 容易な管理 Azure Database
  19. 19. 論理データベース Write Write Ack Ack Read value write Ack 特徴 無停止フェールオーバー 無停止スケールアップ(プラン変更) 自動パフォーマンスチューニング スループット指定によるプロビジョニング
  20. 20. データベース トランザクション ユニット (DTU) とエラスティック データベース トランザクション ユニット (eDTU) の説明 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-what-is-a-dtu
  21. 21. Azure SQL Database Query Performance Insight https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-query-performance Query Store is turned on by default for Azure SQL Database https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/query-store-on-is-the-new-default-for-azure-sql-database/
  22. 22. SQL Database の脅威の検出 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-threat-detection
  23. 23. 複数のデータベースで eDTU を共有 Customer 1 Customer 3Customer 2 プールに設定された eDTU の範囲で 自動的に Scale する ストレージも プール単位で管理可能 プールに割り当てる eDTU で コストをコントロール可能 個々のデータベースを 管理する必要なし
  24. 24. Azure SQL Database Azure SQL Data Warehouse Azure SQL (v12) Data Security & Compliance Management ServiceBackup & Restore Portal Geo-DRSQL 16 Engines Replication DQ & DTX Services High Availability Hyper-Scale High Density Rolling Upgrades Stateful services Low Latency Cluster messaging Fast startup & shutdown Container Orchestration & lifecycle management Failure Detection & FailoverLoad balancing Self-healing Automated Rollback Health Monitoring Placement Services Service Fabric Location Services & Routing Resizing Service
  25. 25. Azure Web Apps の管理画面から、 データベースプロバイダーの選択ができる Pre-configured Web Apps – CLI を利用したカスタムテンプレート 「ARM deployment template」を利用して Web Apps の データベース接続をサポート + +
  26. 26. アプリ サービス RDB 文書型 /NoSQL ストレージ キャッシュ
  27. 27. IoT Hub Event Hubs Data Warehouse Data Factory App Insights Log Analytics Monitor CDN Search Power BI Blob Storage Pillars Open & Interoperable Manageable & Cost Efficient Scalable & Performant Secure & Compliant Durable & Available Machine Learning Stream Analytics Batch Functions Data Lake Analytics Azure HDInsight Big Data Use Cases Ingest & ETL Streaming Analytics & Machine Learning Data Aggregation Presentation
  28. 28. Queues Reliable queues at scale for cloud services ファイルを保存する際には この3つの選択肢があります
  29. 29. https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/storage-decide-blobs-files-disks
  30. 30. URL 記述 http://<storage account>.table.core.windows.net/<table>
  31. 31. アプリ サービス RDB 文書型 /NoSQL ストレージ キャッシュ
  32. 32. グローバル分散 マルチ モデル/API ミリ秒 レイテンシの保証 伸縮性のある スケールアウト 明確に定義された 整合性 包括的な SLA Azure Cosmos DB
  33. 33. Cosmos DB はマルチモデル型データベース 従来のMySQL PostgreSQL (LAMP) ドキュメント指向DB 型 (MongoDB互換) グラフ型 (Gremlin互換) SQL ドキュメント指向DB 型 Column Family(Document DB) キーバリューストア (Azure Table) Azure Storage: Standard Table API
  34. 34. 高速で安定したパフォーマンス 構成可能な整合性レベル エラスティックなスケーリング セカンダリ インデックスなしで JSONをクエリ ネイティブ JavaScript トランザクション処理 SQL ベースのクエリ言語 REST、JSON、JavaScript 簡単、フル マネージド エンタープライズ対応の Azure
  35. 35. JSON と JavaScript と相性の良い NoSQL 文書型データベース シンプルな RESTful HTTP CRUD、クエリ、JavaScript 処理によって データベースにアクセス可能 内部のリソースは JSON ドキュメント としてモデル化されて保存される リソースはアイテム (メタデータを含んだ JSON ドキュメント) およびフィード (アイテム コレクション) として管理される
  36. 36. Document DB or
  37. 37. グローバル分散 マルチ モデル/API ミリ秒 レイテンシの保証 伸縮性のある スケールアウト 明確に定義された 整合性 包括的な SLA Azure Cosmos DB
  38. 38. ターン キー方式の グローバル分散
  39. 39. ストレージとスループットを 水平スケール アウトし あらゆるニーズに対応 数百万トラン ザクション/秒 PB 級のデータ 数百トラン ザクション/秒 GB 級のデータ Cosmos DB
  40. 40. Read < 2 ms Writes < 6 ms Read < 10 ms Writes < 15 ms 99%50%
  41. 41. Strong Bounded-stateless Session Consistent prefix Eventual
  42. 42. 99パーセン タイルの レイテンシ SLA スループット SLA 整合性 SLA 可用性 SLA 2 4 3 1 業界最高の包括的な 99.99% SLA
  43. 43. アプリ サービス
  44. 44. iOS アプリ サービス
  45. 45. アプリ サービス
  46. 46. アプリ サービス
  47. 47. アプリ サービス
  48. 48. Functions ランタイム Functions Programming Interface Azure App Service (従量課金 / App Service ホスティングプラン) 入力バインド 出力バインド トリガー
  49. 49. 種類 サービス トリガー 入力 出力 スケジュール Azure Functions ✔ HTTP (REST / Webhook) Azure Functions ✔ ✔ Blob Storage Azure Storage (Azure Storage) ✔ ✔ ✔ イベント Azure Event Hubs ✔ ✔ キュー Azure Storage (Azure Storage) ✔ ✔ キューとトピック Azure Service Bus ✔ ✔ テーブル Azure Storage (Azure Storage) ✔ ✔ テーブル Azure Mobile Apps ✔ ✔ NoSQL DB Azure DocumentDB ✔ ✔ プッシュ通知 Azure 通知ハブ ✔ Twilio SMS テキスト Twilio ✔
  50. 50. #r "Microsoft.WindowsAzure.Storage" using System.Net; using Microsoft.WindowsAzure.Storage.Table; public static async Task<HttpResponseMessage> Run(HttpRequestMessage req, ICollector<Person> outTable, TraceWriter log) { log.Info($“Function processed!"); dynamic data = await req.Content.ReadAsAsync<object>(); string name = data?.name; outTable.Add(new Person() { PartitionKey = "Functions", RowKey = Guid.NewGuid().ToString(), Name = name }); return req.CreateResponse(HttpStatusCode.Created); }
  51. 51. /orderprocessing O365 App Insights /index.html Azure Functions Proxies /couponprocessing
  52. 52. • ワークフローデザイン • Functions と APIをつなぐ Coding Lessで開発する Logic Apps
  53. 53. Logic Apps Cloud APIs and platform • Supports over 125 built-in connectors • Scales to meet your needs • Enables rapid development • Extends with custom APIs and Functions API connections • Authenticate once and reuse
  54. 54. Modernization Maturity Model
  55. 55. NEW ビデオインデクサー NEW ラボ NEW NEW NEW カスタム カスタム カスタムカスタム カスタム
  56. 56. A GOAL WITHOUT A PLAN IS JUST A WISH Analyze image OCR Category People; 1 face found Adult False Black & White? No Dominant colors Accent color Detection Result
  57. 57. "faceId": "48cdf8c8-841c-4d33-b875-1710a3fc6542", "faceRectangle": { “width”: 228,“height”: 228, "left": 460,"top": 125 }, "faceAttributes": { "age": 23.5,"gender": "female", "headPose": {"roll": -16.5,"yaw": 22.1,"pitch": 0}, "smile": 0.998, "facialHair": {"moustache": 0,"beard": 0,"sideburns": 0}, "glasses": "ReadingGlasses" } Detection Result Grouping Identity
  58. 58. 8
  59. 59. アプリ サービス RDB 文書型 /NoSQL ストレージ キャッシュ
  60. 60. デバイス Machine Learning Stream Analytics SQL Database Azure Storage HDInsight (Hadoop) Event Hubs BIツール (Power BI など) 機器 制御装置 Stream Analytics Data Factory Data Lake Store SQL Data Warehouse 業務システム Machine Learning API IoT Hub Document DB Data Lake Analytics service Revolution R Enterprise Recommendations , customer churn, forecasting, etc.Face, vision Speech, text Cognitive Services
  61. 61. さあ、始めましょう! azure.com
  62. 62. YouMicrosoft © 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries. The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×