O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

[DO17] セゾン情報システムズの CTO 小野氏による、伝統的 Sier におけるモダン開発への挑戦

外資系、シリコンバレー、そしてベンチャーで仕事をしてきた私は、現在では40年の歴史を持つセゾン情報システムズのCTOとして、「SIerでモダン開発は実現できるか?」というテーマに取り組んでいます。理想論をかざすことは簡単です。しかし、現実にこれらを進めていく上では様々な悩みや乗り越えるべき課題がありました。このセッションを通じて、日本のSIerにモダン開発の良さ、楽しさが少しでも広がればと思っています。

受講対象: SIerにおけるモダン開発に関心のある方、SIerの未来について考えている方

製品/テクノロジ: DevOps/開発言語/OSS

小野 和俊
株式会社セゾン情報システムズ
常務取締役 CTO テクノべーションセンター長

  • Entre para ver os comentários

[DO17] セゾン情報システムズの CTO 小野氏による、伝統的 Sier におけるモダン開発への挑戦

  1. 1. 1976年生まれ 小学3年生から趣味でプログラミングを開始 1995-1999年 慶應義塾大学 SFC 環境情報学部 NRI にてナレッジマネジメントシステムを企画・開発 1999-2000年 サン・マイクロシステムズ シリコンバレーの米国本社にて Java + XML を用いたサイジングアプリケーションを 開発、カリフォルニア州立大学サクラメント校大学院での Java + XML の授業を担当 2000年 アプレッソ起業 「日本にエンジニアの楽園のような場所をつくりたい!」 起業と同時に DataSpider の企画・開発を開始。半年で Ver. 1.0 をリリース。
  2. 2. 未踏ソフトウェア創造事業 ・PICSY (伝播貨幣) シミュレータークライアント (2002年) ・Galapagos ( XM 会議ツール) 共同開発者 (2004年) 日経ソフトウェア ・関東連載「小野和俊のプログラマ独立独歩」 (2007-2010年) 九州大学 工学部大学院 ・「高度 ICT リーダーシップ特論」非常勤講師 (2008-2011年)
  3. 3. 技術力と PM 力の問題
  4. 4. 行き当たりばっ たりなソフトウェアアーキテクチャ 余裕のないソフ トウェア開発 開発の中で先送りされるのは、文書化、テストコードの 記述、ソースコード中の積み残し ( TODO ) 項目の解決や コンパイラの警告、静的コード解析ツールの解析結果へ の対応など 組織で共有されない知識 複雑すぎて変更が難しい コード
  5. 5. 最初のコードを出荷することは、借金をしに行くのと同 じである。 品質の良くないコードを使 い続けることは、借金の利息としてとらえることができ る
  6. 6. まず第一に「プログラムを書く」という仕事は簡単な仕 事ではない。 基礎がしっかりと出来ていないとろくなソフトウェアは 作れない。 「どんな に優秀なエンジニアでも、決してプログラムを自分自身 で書かずに良い詳細仕様を作ることは出来ない」
  7. 7. 「自分でプログラムを書かない上流のエン ジニアが詳細設計書を作り、下流のエンジニアがコー ディングをする」という工程そのものが、根本的に間 違っている
  8. 8. ・ソフトウェアの要件や構造がごくシンプル ・業務さえ分かっていれば設計ができる ・実装についても設計書通り書けば誰でも作れる ・システムごとに顧客は一社のみ ・納品後の修正は原則として発生しない ・大きなトラブルなく事業としても利益が出ている ・社員のモチベーションも高く事業の将来も明るい → しかし今の時代、上記スタンスでは「うちはどこよりも安いです」という薄利モ デル以外の立ち位置は残されていないものと思われる。
  9. 9. ・BP さんと協力して仕事をしていくにせよ、自社で内製化し、技術的負債を背負わ ずにソフトウェア開発する力がなければプロジェクトは失敗する。
  10. 10. → モダン開発推進チーム発足
  11. 11. そしてこうしたツールを有効活用することはプロジェクトの成功確率向上に 大きく寄与する • こうしたツールや開発プロセス、設計や実装の技術によって得られる効果や感動 を、モダン開発推進チームが現場に寄り添い、プロジェクトに一緒に参加してプ ロジェクトメンバーにそのすばらしさを体感してもらう ファンになった人がインフルエンサーとしてそのやり方を社内に普及させ ていくことで、モダンな開発手法をねずみ算式に浸透させていく
  12. 12. 個人で抱え込まずにチーム全体で共有するこ とができる 問題の早期発見につながる 「自信のなさ」や「恥ずかしさ」
  13. 13. コミット単位での脆弱性診断が可能 段階的且つ確実な品質の作り 込みが可能となった
  14. 14. 実装箇所の優先順位にもとづき、機械的に実行可能な単体テストコードを実装
  15. 15. 課題発生時に 有識者を交えて議論し、短時間でのトラブルシューティングにつなげることができた 出社時にチャンネル を確認するだけで、前日のテスト状況の把握と必要に応じて修正を素早く行うことが できた
  16. 16. 総じて「問題の早期発見」が行いやすくなる これまでの定例会議では発見できなかったような問 題が自然に見つかる 「一人ではなくチームで開発」
  17. 17. 実践力重視で招集さ れた「 PM ジェダイ」 要注意プロジェ クトに対して PM ジェダイを派遣し、課題の整理と解決に当たる
  18. 18. 文化の問題
  19. 19. - モード1 モード2 タイミング 事後的 事前的 性向 安定性重視 速度重視 開発手法 ウォーターフォール アジャイル アプリ例 ERP 、 SCM CRM 、 MA 管理部門 IT 部門が集中管理 ユーザー部門が分散管理 対象業務 予測可能業務 探索型業務 例えるなら 武士:領地や報酬を死守 忍者: 何が有効なのかを探る 誰のためのもの 運用者 (オペレーター) 革新者 (イノベーター) 重視すること 効率性、ROI 新規性、大きなリターン 車の運転で言うと リスクを抑えて安全運転 スピード重視で運転 経営 トップダウン ボトムアップ 規模 大規模 小規模 強み 統率力、実行力 機動力、柔軟性 一部、ZDNet「経済のデジタル化がもたらす企業ITの“バイモーダル”が目指すもの」から引用
  20. 20. モード1 モード2
  21. 21. 流通×IoT 1)ウフル社主催IoTパートナーコミュニティへの参画 2)HULFT IoTリリース 3)流通PoCの実施 Computer-to-Computer Device-to-Cloud <IoTパートナーコミュニティへの参画> <店舗でのPoCイメージ> ※来店者人数・属性/実購買者の情報/店内温度の データ取得による見える化
  22. 22. © 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

×