O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

[DO12] ナビタイムジャパン CTO 菊池氏が語る IT リーダのための開発を加速させる DevOps の実践例

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio

Confira estes a seguir

1 de 83 Anúncio

[DO12] ナビタイムジャパン CTO 菊池氏が語る IT リーダのための開発を加速させる DevOps の実践例

Baixar para ler offline

菊池 新
株式会社ナビタイムジャパン
最高技術責任者 兼 取締役副社長

寺田 佳央
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

株式会社ナビタイムジャパンは 2000 年 3 月に設立し、徒歩/電車/車/バス/飛行機などさまざまな移動手段から最適なルートを検索できる総合ナビゲーション サービスを提供しています。本セッションは、同社 CTO の菊池 新氏からナビタイムジャパンにおける、サービス開発から提供にいたるまでのリードタイムを短縮するために実施してきた DevOps の導入化や、各種開発プロセスの改善活動、組織名変更などといった運用改善に対するさまざまな取り組みや、その効果についてご紹介します。海外企業が先行して実践する DevOps を国内で積極的に実践し、開発者が生き生きと楽しく開発できる環境を提供する企業側のメリットを、開発統括者の目線から菊池氏が熱く語ります。

受講対象: DevOps の導入を検討するリーダー、DevOps の実際の効果を把握したい方はどうぞご参加ください。

製品/テクノロジ: DevOps/Linux/OSS/Microsoft Azure/Cognitive Services/AI (人工知能)/アーキテクチャ/クラウド/コンテナー/Docker/マイクロサービス/運用/開発言語/事業継続

菊池 新
株式会社ナビタイムジャパン
最高技術責任者 兼 取締役副社長

寺田 佳央
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

株式会社ナビタイムジャパンは 2000 年 3 月に設立し、徒歩/電車/車/バス/飛行機などさまざまな移動手段から最適なルートを検索できる総合ナビゲーション サービスを提供しています。本セッションは、同社 CTO の菊池 新氏からナビタイムジャパンにおける、サービス開発から提供にいたるまでのリードタイムを短縮するために実施してきた DevOps の導入化や、各種開発プロセスの改善活動、組織名変更などといった運用改善に対するさまざまな取り組みや、その効果についてご紹介します。海外企業が先行して実践する DevOps を国内で積極的に実践し、開発者が生き生きと楽しく開発できる環境を提供する企業側のメリットを、開発統括者の目線から菊池氏が熱く語ります。

受講対象: DevOps の導入を検討するリーダー、DevOps の実際の効果を把握したい方はどうぞご参加ください。

製品/テクノロジ: DevOps/Linux/OSS/Microsoft Azure/Cognitive Services/AI (人工知能)/アーキテクチャ/クラウド/コンテナー/Docker/マイクロサービス/運用/開発言語/事業継続

Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Diapositivos para si (20)

Semelhante a [DO12] ナビタイムジャパン CTO 菊池氏が語る IT リーダのための開発を加速させる DevOps の実践例 (20)

Anúncio

Mais de de:code 2017 (20)

Mais recentes (20)

Anúncio

[DO12] ナビタイムジャパン CTO 菊池氏が語る IT リーダのための開発を加速させる DevOps の実践例

  1. 1. IT リーダのための開発を加速させる DevOps の実践例 株式会社ナビタイムジャパン 最高技術責任者 取締役副社長 菊池 新 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリズム技術統括本部 シニア Java エバンジェリスト 寺田 佳央
  2. 2. アジェンダ 1. 自己紹介およびナビタイムの会社・サービスの紹介 2. ナビタイムのチーム開発の方法の紹介と課題 1. 開発スタイル 2. 課題と取り組み 3. DevOpsにむけて 1. ナビタイムがいまDevOpsを重視する理由 2. Value Stream Mapping の実施と効果 3. HackFest を実施した成果 4. 日本と海外の開発プロセスの違いについて 4. Navitime の今後の IT 戦略 5. まとめ
  3. 3. 自己紹介および ナビタイムの会社・サービスの紹介
  4. 4. 自己紹介
  5. 5. 略歴 菊池 新 1994年 上智大学大学院理工学研究科 電気電子工学博士前期課程修了 修士論文:時刻表および平均移動時間を考慮した列車・ 航空便の最適乗継系列探索システム 1994年 (株)NTTデータ入社 1995年 (株)大西熱学入社 1996年 (株)大西熱学において社内ベンチャーとして 経路探索エンジンのライセンスビジネスを立ち上げる 2000年 株式会社ナビタイムジャパンを設立し、取締役副社長 兼 CTOに就任 2016年 やまなし大使に就任
  6. 6. 毎日新聞記事 1994年3月21日付1990年12月3日付
  7. 7. トータルナビ®の誕生
  8. 8. トータルナビ®の誕生 「トータルナビ®」 として完成
  9. 9. 会社概要
  10. 10. 事業内容 設立 2000年3月 会社名 株式会社ナビタイムジャパン 代表者 代表取締役社長 大西 啓介(工学博士) 社員数 約465名(2017年4月現在) ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発 通信カーナビゲーション事業 経路探索エンジンのライセンス事業 法人向け経路付地図配信ASP事業 ビジネスナビタイム事業 法人向けソリューション事業 Webメディア事業 テレマティクス事業 交通コンサルティング事業 海外事業
  11. 11. サービス概要 月間ユーザ数 約3500万UU (2016年9月末時点) 有料会員数 約450万UU (2016年9月末時点)
  12. 12. サービス概要
  13. 13. 企業理念 経路探索エンジンの技術で世界の産業に奉仕する 一人ひとりの限られた時間のなかで有益な時間を生みだす
  14. 14. NAVITIME の経路品質へのこだわり
  15. 15. プローブ交通情報/渋滞予測 • カーナビ利用中のユーザーから送信される GPS 測位データを基に生成。 • VICS 情報に加え、プローブ交通情報を利用することで VICS 情報が配信されていない道路の渋滞予測も可能に。
  16. 16. 経路検索の精度 NAVITIME のルート検索では、VICS とプローブ情報を利用 することで検索結果の 90% が 5分以内となる精度を実現
  17. 17. 『乗換NAVITIME』 電車混雑予測機能 ルート検索結果に混雑アイコンを表示、 空いている電車を選べる 2016年 4月 大幅リニューアル! ルート検索結果画面や時刻表画面において、各電車の停車駅ごとの混雑度を表示します。 これにより、ユーザーは空いているルートや電車を探すことができるようになります。 ※平日午前6時30分から午前10時の時間帯に、朝ラッシュ方向を走る電車が対象、全54路線対応
  18. 18. 『乗換NAVITIME』 電車混雑予測機能 ~「電車混雑シミュレーション」技術イメージ~ 本技術をもとに、アプリ内にて「電車混雑予測」として提供
  19. 19. 電車混雑回避経路 世界初!混雑回避経路を提供開始
  20. 20. ナビタイムのチーム開発の 方法の紹介と課題
  21. 21. チーム開発のスタイル
  22. 22. • 多くのプロジェクトがデイリースクラム(朝会)を採用。 • 全てのプロジェクトが成果報告会を月に一度行っており、 興味のある社員は任意で参加することが可能。 プロジェクトでの開発プロセス 開発スタイル
  23. 23. ブランチネットワークの例 git-flowをはじめ、それぞれのPJに適したフローを採用 ほぼすべてのPJでBitbucketを利用 Bitbucketの活用 開発スタイル
  24. 24. JIRA/Confluenceとの連携で効率的に開発 チャットツールはSlackを使用 Bitbucketの活用 開発スタイル
  25. 25. 課題と取り組み
  26. 26. 課題 • Webサービスを15年続けていることによって運用負担の増大 • 年数相応のレガシーコードの数
  27. 27. 課題 • Webサービスを15年続けていることによって運用負担の増大 • 年数相応のレガシーコードの数 一昨年、ようやく乗換の探索エンジンをリプレイス
  28. 28. 課題 新規開発をもっと増やしたい
  29. 29. 取り組み 組織体制の変更
  30. 30. 「組織」と「個人」がイノベーションをし続ける必要がある。 今の組織のままでは勝ち残っていけない。 階層の細分化によりマネジメントコストが増加 • 各部門に閉じた業務スタイル • 階層化によりビジョン浸透が阻害 取り組み
  31. 31. 取り組み ピラミッド型をフラットな組織体制へ
  32. 32. 市場のスピーディな変化に対応すべく フラット化で意思決定を高速化 ピラミッド型 ⇒ フラットへ 意思伝達コスト 1/4 取り組み
  33. 33. 体制変更による成果
  34. 34. FY2013 62件 FY2014 87件 FY2015 143件 FY2016 173件 (3倍) プレスリリース数 プレスリリース数 3年で3倍 合計件数は「新機能発表」および「機能拡充や対応路線追加」 成果
  35. 35. その他の取り組み
  36. 36. ジョブローテーション ビジネス開発 1~3部 デザイン部 ・・・ 開発1~18部 事 業 A 事 業 B 事 業 C A C T S 育成・評価 収益・技術・研究開発 取り組み
  37. 37. ジョブローテーション ビジネス開発 1~3部 デザイン部 ・・・ 開発1~18部 事 業 A 事 業 B 事 業 C A C T S 原則異動なし 通年で育成・ 評価を実施 ジョブローテーションを推奨 リソースを活用し成果を最大化 社内でフルスタックの業務経験が可能 取り組み
  38. 38. 3つの教育支援制度 「技術力向上の手段」として、3つの支援制度を設置 取り組み
  39. 39. 運用部署の名称を変えたはなし 暗いイメージ 希望者がいない クラウドもやっている 感が弱い 基盤運用 明るくなった・・? 異動/新卒配属 クラウド採用/移行が 円滑 クラウド インフラ 改名 クラウド移行がすすみ、DevOps がやり易く 取り組み
  40. 40. さらなる成果に向けて
  41. 41. さらなる成果に向けて 新規開発をもっと増やしたい de:code 2016 へ参加。 DevOps をやろうと決断。
  42. 42. DevOpsにむけて
  43. 43. いまDevOpsを重視する理由
  44. 44. いまDevOpsを重視する理由 ビジネス環境が落ち着いている今がチャンス 次のイノベーションが来る前に『今のうちに』
  45. 45. Value Stream Mapping の 実施と効果
  46. 46. ビジネスの見える化 さまざまな課題が明確となった VSM の実施
  47. 47. チームにもたらせた効果 見える化した課題を改善 VSM の効果
  48. 48. 地図更新コスト(1回あたり) 51% 削減 チームにもたらせた効果 新規開発に使える時間が増加 VSM の効果
  49. 49. 地図更新回数 2.7 倍 チームにもたらせた効果 データ更新頻度も増加 VSM の効果
  50. 50. 道路地図データ自動生成システムを新規開発 NAVITIME「発」、国内「初」 新規開発が増加
  51. 51. 道路地図データ自動生成システム NT-FILTER とは? ログを活用し地図データに収録されていない道路を抽出 素早く地図データに反映、すべてのユーザーが利用可能
  52. 52. その他の運用削減
  53. 53. サーバサイド開発/運用のある複数チームの合計 2940 時間(年間)削減 その他の運用削減実績 改善後 4650時間 改善前 7590時間 その他の運用削減 2940 時間
  54. 54. HackFest を実施した成果
  55. 55. HackFest を実施 12月12~14日の 3日間でハックフェストを実施
  56. 56. HackFest を実施した成果 ~ ユニットテスト ~ • 参加したことが自信となり導入を推進できた • ユニットテストの全社(全サービス)導入へ発展 • リリース頻度をあげる為にユニットテストを重視して いく方針でビジネス責任者のコンセンサスを得た • 「認証」処理などの重要な箇所からテストを導入して いることでリファクタリングに対して安心感
  57. 57. HackFest を実施した成果 ~ A/B Testing & Test In Production ~ • 正解がないものは検討に時間をかけない • 「世に出してユーザの反応を見る」という意識統一が 事業に根付いた • A/B テスト導入がすすんでいる
  58. 58. HackFest を実施した成果~ 意思決定の課題をハック ~ 検討に時間がかかる 意見がまとまらない 最終決定者が曖昧 VSM でみえた課題 目標/目的を明確にする 計測方法を決める (TestInProductionは必要か?) どのような結果が成功か? 数値を設定する 継続して計測するのか 改善の提案 TestInProduction の考えを浸透
  59. 59. HackFest を実施した成果~ 意思決定の課題をハック ~ ハックフェストのその場で即承諾。
  60. 60. HackFest を実施した成果 ~ 全体をとおして ~ • 参加者全員で Value Stream Mapping を書いたことで 課題が共通認識となった • 短期間でもやれたという手応えが、HackFest 実施以 降も自信になっている • ロールを越えて、「同じ時間/同じ場所」で取り組む ことが効果的であった
  61. 61. 日本と海外の開発プロセスの違い
  62. 62. 日本と海外の開発プロセスの違いについて マイクロソフト本社訪問に おいて感じたこと
  63. 63. 日本と海外の開発プロセスの違いについて 体制や業務範囲は同じだった • 昔はエンジニアが個室で開発 • 今はチームで部屋を共同利用 • エンジニアがサポート業務も行う
  64. 64. 日本と海外の開発プロセスの違いについて 違いを感じた点 • ユニットテストが徹底している点が 大きな違い • Bing開発チームはカバレッジが90% 以上 • ユニットテストは10分以内に完了
  65. 65. Navitime の今後の IT 戦略
  66. 66. AI 活用による「移動」スタイルの変化
  67. 67. AI活用による「移動」スタイルの変化 提案された情報から選ぶ自ら検索して情報を探す フィーチャーフォン スマートフォン スマートウォッチ スマートグラス AI活用 時代の流れに対応した情報提案型ナビゲーション 時代の流れ
  68. 68. AI活用による「移動」スタイルの変化 リラックス 海 和食 伊豆温泉はどう? AI AIを活用した情報提案型ナビゲーション
  69. 69. AI活用による「移動」スタイルの変化 AI の活用を行うことで提案型サービスを狙っていきます
  70. 70. 新サービスのご紹介
  71. 71. 東京版 NAVITIME Travel リリース
  72. 72. 鎌倉版 NAVITIME Travel
  73. 73. AIを活用した3機能 鎌倉 NAVITIME Travel 紹介 鎌倉版のご紹介
  74. 74. NAVITIME × HoloLens Route Collection
  75. 75. 再度の世界展開を見越して
  76. 76. 再度の世界展開を見越して
  77. 77. まとめ
  78. 78. 参加企業の IT リーダに対するメッセージ
  79. 79. 参加企業の IT リーダに対するメッセージ • 運用における課題の解決のため • ビジネス戦略としてやらねばならない • 今がチャンスである
  80. 80. Q&A
  81. 81. © 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

×