O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Próximos SlideShares
Azure Service Fabric概要
Azure Service Fabric概要
Carregando em…3
×

Confira estes a seguir

1 de 35 Anúncio

NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -

Baixar para ler offline

Docker ベースのAzure Container Service。そして Microsoft Cloud Native の Azure Service Fabric。.NET開発者の視点から、この2つのPlatformを見ていきます

Docker ベースのAzure Container Service。そして Microsoft Cloud Native の Azure Service Fabric。.NET開発者の視点から、この2つのPlatformを見ていきます

Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Diapositivos para si (17)

Quem viu também gostou (13)

Anúncio

Semelhante a NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? - (20)

Mais de Daiyu Hatakeyama (20)

Anúncio

Mais recentes (20)

NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -

  1. 1. #azurejp https://www.facebook.com/dahatake/ https://twitter.com/dahatake/ https://github.com/dahatake/ https://daiyuhatakeyama.wordpress.com/
  2. 2. RyuJIT, SIMD Runtime Compilers .NET Compiler Platform (“Roslyn”) C#/F#/VB Languages .NET Core 1.0 Libraries .NET Framework 4.6 Libraries Libraries .NET Framework 4.6 .NET Core 1.0 Fully-featured and integrated .NET libraries and runtime for Windows Modular and optimized .NET libraries and runtimes
  3. 3. #azurejp
  4. 4.  仮想マシンリソースの確保  仮想ネットワークの構成  可用性セット/スケールセット の構成  ロードバランサの構成  Mesos/Swarm 環境の構築
  5. 5. #azurejp
  6. 6. Azure Consistent Private Cloud Azure Public Cloud VMs and VM Scale Sets VM Extensions Mesosphere/Swarm Marathon/Chronos/Swarm Cluster Management Federation and Reliability: • Failover manager • Cluster manager • Naming • Image store service • Leader Election Container/Service scheduling Hosting • Container activation and Monitoring Balancing and Scheduling • Resource Balancing & Placement ZooKeaper Application Programming Models • Stateful/Stateless services • Reliable Actors • Reliable Services • Health Monitoring Communication Subsystem • Service/Service Communication • Sessions/Streams •Healthmanagementanddiagnostics •Testabilityframework
  7. 7. Guest Executables (ゲスト実行可能ファイ ル) • 任意の EXE を持ち込む • 任意の言語/ プログラミング モデ ル • アプリとしてパッケー ジング • バージョニング/更新/ 正常性監視などの 機能を追加 Reliable Services (サービス) • ステートレス/ステート フル • 同時実行性 • Reliable Collection に よる状態管理 • 完全なプラットフォー ム統合 Reliable Actors (アクター) • ステートレス/ステー トフルな アクター オブジェクト • 簡素化された プログラミング モデル • 単一スレッド モデル • コンピューティングと 状態の スケール アウトに最適 Platform の一部機能は使えない: ステートフル
  8. 8. <ServiceManifest Name="QueueService" Version="1.0"> <ServiceTypes> <StatefulServiceType ServiceTypeName=“QueueServiceType” HasPersistedState="true" /> </ServiceTypes> <CodePackage Name="Code" Version="1.0"> <EntryPoint> <ExeHost> <Program>ServiceHost.exe</Program> </ExeHost> </EntryPoint> </CodePackage> <ConfigPackage Name="Config" Version="1.0" /> <DataPackage Name="Data" Version="1.0" /> </ServiceManifest>
  9. 9. アプリケーション型: sfAuction サービス型: Website ゲスト実行可能ファイル (ステートレス) (Node.js) サービス型: Auction サービス (ステートフル) (C#/.NET) サービス型: APIGateway サービス (ステートレス) (C#/.NET)
  10. 10. サービス型: Website ゲスト実行可能ファ イル (ステートレス) (Node.js)
  11. 11. <ServiceManifest Name="Pkg-Svc.Website" Version="1.0.0" …> <ServiceTypes> <StatelessServiceType ServiceTypeName="Svc.WebsiteType" UseImplicitHost="true"/> </ServiceTypes> <CodePackage Name="Code" Version="1.0.0"> <EntryPoint> <ExeHost> <Program>node.exe</Program> <Arguments>Server.js</Arguments> </ExeHost> </EntryPoint> </CodePackage> </ServiceManifest> <ContainerHost> <ImageName>myNodeImage:latest</ImageName> <Commands></Commands> </ContainerHost>
  12. 12. サービス型: Website ゲスト実行可能ファ イル (ステートレス) (Node.js) サービス型: APIGateway サービス (ステートレ ス) (C#/.NET)
  13. 13. サービス型: Website ゲスト実行可能ファ イル (ステートレス) (Node.js) サービス型: Auction サービス (ステートフ ル) (C#/.NET) サービス型: APIGateway サービス (ステートレ ス) (C#/.NET)
  14. 14. IReliableDictionary<K,V> IReliableQueue<T>
  15. 15. Service Fabric クラスター ロード バラン サー VMSS #1 (ステートレス 層) NodeType=“FrontEnd” ノード #1 Website ApiGateway ノード #2 Website ApiGateway VMSS #2 (ステートフル 層) NodeType=“BackEnd” ノード #3 Auction ノード #4 Auction
  16. 16. Auction (パーティション #1) Users Dictionary Email UserInfo U1 ItemId[] U2 ItemId[] Active Items List ItemId U1/“A” U2/“X” U1’s Items Dictionary ItemId ItemInfo U1/“A” 2016-2-1, Bid[] U1/“B” 2016-2-5, Bid[] U2’s Items Dictionary ItemId ItemInfo U2/“X” 2016-3-3, Bid[] U2/”Y” 2016-4-9, Bid[] APIGatewayCreateUserAsync
  17. 17. Stateful Middle-tier Compute Front End (Stateless Web) データ処理と最終保存のための、データストア • アプリケーションの状 態をCompute 層でも 保持 • 低遅延での読み書き • スケールアウトのため の パーティション • トランザクション制御 は 組み込み • 移動を最小化 Load Balancer Store Store
  18. 18. Hundreds of partitions Hundreds of gateway services • サービスファブリック アプリ == クラスター内で、1プロセスとして稼働。仮想マシンなどは意識しない • それぞれのステートフルサービスは、自分の管理すべき一部のデータを保持する Partition 1 Partition 2 Partition ‘n’
  19. 19. #azurejp
  20. 20. さあ、始めま しょう!azure.com
  21. 21. インフラエンジニア、アーキテクト、IT 戦略立案に関わる皆様を対象に クラウドを活用したビジネスのデジタルトランスフォーメーションに必要な マイクロソフトの最新技術情報と実践的ノウハウをご紹介します 2016 年 11 月 1 日 (火) – 11 月 2 日 (水) ヒルトン東京お台場 http://microsoft-events.jp/mstechsummit/
  22. 22. YouMicrosoft © 2015 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries. The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×