O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

山岳保険について101130p

1.752 visualizações

Publicada em

Publicada em: Esportes
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

山岳保険について101130p

  1. 1. 山岳保険について 2010 年 12 月
  2. 2. アジェンダ  山岳保険って何?  登山中の事故  事故を起こしたらどのくらい費用がかかるの?  山岳保険に対する誤解  山岳保険の種類  遭難救助費用のみ補償するタイプ  登山中の事故・病気の多くを補償するタイプ  選び方のポイント  推奨する保険  用語  参考情報
  3. 3. 山岳保険って何?  登山中のトラブルによる損害を補う保険  損害保険 ( 傷害保険 ) の一種  色々な特約を付加して登山のトラブルに対応できるよう にした保険商品  遭難救助費用が補償される  その他の補償内容は商品によってまちまち  それぞれの違いと補償内容を理解して加入しよう!
  4. 4. 登山中の事故  平成 21 年度山岳事故の統計  事故総数 = 1676 件 ( 前年度比 +45 件 )  遭難者数 = 2085 人 ( 前年度比 +152 人 )  うち死者・行方不明者 = 317 人 ( 前年度比 +36 人 )  昭和 36 年以降過去最高 1 日あたり 6 人 遭難 1 日 1 人 山で死亡 他人事じゃありません!
  5. 5. 事故を起こしたらどのくらいかかるの?  ヘリの他、救助支援者への手当・食事・交通費 etc.  例、冬山で大学山岳部 14 人が遭難 ( 全員無事 )  民間救助隊の代金 200 万円  行政による救助活動分は含まれない  例、夏の槍ヶ岳北鎌尾根 単独行で遭難 ( 死亡 )  発見まで 2 カ月  ヘリ 140 万、人件費 50 万などで合計 220 万円  インターネットでの告知で募金活動 場合によってはもっとかかること も!
  6. 6. 山岳保険に関する誤解  民間のヘリじゃなきゃタダなんでしょ?  行政のヘリが飛ぶとは限りません  救助支援者への手当などは別です  お金がないので一番安いのに入っておけばいい?  内容を確認しないと、補償範囲外だったら払われません  お金がないのに遭難した時どうやって払うの?  持病が悪化してヘリで運ばれる時も補償される?  補償されない保険がほとんど  クレジットカードの保険で補償される?  多くのカードは「旅行代金をカードで払った場合のみ」補償  あくまで一般の傷害保険でしかありません ( 後述 )  保険に入ってれば救助費用は出るから貯金 0 でも OK ?  保険金が出るのは後から。一旦は自己負担する必要があります
  7. 7. 山岳保険の種類  対象とする登山形態による種類  いわゆるハイキング ( ハイキング保険 )  カード付帯の傷害保険とほぼ同等  登はん ( 狭義の山岳保険 )  補償の対象範囲による種類  登山中の事故・病気の多くをカバーするもの  遭難時の救助費用のみカバーするもの  通院費用や死亡補償なし  保険引受の形態による種類  個人傷害保険  団体傷害保険
  8. 8. 遭難時の救助費用のみをカバーするタイプ  日本山岳救助機構 (jRO)  捜索・救助費用全般に対して上限 330 万円を支給  ほとんどの登山形態をカバー ( 海外登山除く )  1 年目 : 入会金 2000 円 + 年会費 2000 円  2 年目以降 : 年会費 2000 円 + 負担金  前年度の見舞金を加入者全員で事後負担金として分担  1000 円前後が多い  東京都山岳連盟 ( 都岳連 ) でも採用  都岳連の講習会などにも参加できるらしい  捜索・救助費用だけでいいならベスト
  9. 9. 遭難時の救助費用のみをカバーするタイプ  日本費用補償少額短期保険 レスキュー費用保険  捜索・救助費用全般に対して上限 300 万円を支給  ほとんどの登山形態をカバー  年会費 5000 円  申し込みの翌日から保険期間開始
  10. 10. 登山中の事故・病気の多くをカバーするタイプ  日本山岳協会 山岳共済会 団体傷害保険  捜索救助、死亡・後遺障害、賠償などをカバー  共済会年会費 1000 円 + 保険料 2000 円~  保険料によって対象・保険金額が変わる  ハイキングのみ、それ以外の登はんなども込みの 2 種類  損保会社などのプランよりも安い ( 団体保険のため )  山小屋の割引などの特典あり ( 山岳共済会の特典 )  よく分からないならこれを選ぶべし
  11. 11. 登山中の事故・病気の多くをカバーするタイプ  登山用品店など保険代理店による個人傷害保険  捜索救助、死亡・後遺障害、賠償などをカバー  傷害保険に登山に関係する特約を付加した商品  会社によって若干保険料・対象・保険金額に若干の違い  販売している会社が独自に組み合わせている  ほとんどの商品は富士火災が引受会社  ハイキングのみ、それ以外の登はんなども込みの 2 種類  お店のポイントがついたりする ( モンベルなど )  保険料は高め
  12. 12. 選び方のポイント 日帰りで軽い山にしか 行かない 季節や場所を問わず ガンガン登りたい 他の傷害保険に入ってる 救助費用だけでいい 自分で何とかする 貯金がウン千万ある ・山岳共済会の  ハイキングタイプ ・個人傷害保険の  ハイキング保険タイプ ・ jRO よく分からない ちゃんと補償を受けたい サポート重視 ・個人傷害保険の  ハイキングタイプ ・山岳共済会の  登はんタイプ ・個人傷害保険の  登はんタイプ
  13. 13. 推奨する保険  山岳共済会の団体傷害保険 C または 1C 以上  冬山など道具を使う登山もカバー  遭難捜索 200 万円、死亡・後遺障害 235 万円  個人賠償 1 億円  1C は入院・通院に対する支給あり  保険料年額 C 7000 円 1C 10440 円
  14. 14. 用語  登はん  山岳保険では、道具を使っての登山  ロープ、アイゼン ( 軽も含む ) 、ピッケル、スキーなど  救援者費用  遭難捜索費用  個人賠償  落石などで他人にケガなど損害を与えた時の補償
  15. 15. 参考情報  保険会社など  日本山岳救助機構合同会社 (jRO)  http://www.sangakujro.com/  日本費用補償少額短期保険  http://www.nihiho.co.jp/  日本山岳協会 山岳共済会  http://www.jma-sangaku.org/kyosai/insurance/  モンベル  http://hoken.montbell.jp/  セブンエー  山岳保険では割と有名な保険代理店 ( 富士火災 )  http://www.e7a.jp/hoken/  木村総合保険事務所  同じく割と有名な保険代理店 ( 富士火災 )  http://kshj.co.jp/mountain/
  16. 16. 参考情報  統計  警察庁 統計ページ  「生活安全の確保に関する統計等」に毎年山岳遭難の統計が出 る  http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm  日本山岳協会 山岳事故状況ページ  http://www.jma-sangaku.org/kyosai/cat133/
  17. 17. 参考情報  その他  山岳保険 集成  個人の方が作られた資料だが参考になる  http://yamatabi.que.ne.jp/daydream/hoken/index.html  山岳遭難、そのコストは?  遭難時の費用について書いた記事  http://www.news.janjan.jp/area/0403/0403071797/1.php  槍ヶ岳・北鎌尾根で行方不明となった友人を探していま す  遭難した方を探すために友人によって立ちあげられたページ  経緯や捜索費用などの情報があり、生々しく、一度読んでおく とよい  http://yir-n.com/we_find_masa/

×