O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

The Things Networkの概要と国内ユースケース

143 visualizações

Publicada em

The Things Networkの概要と国内ユースケース

Publicada em: Tecnologia
  • Seja o primeiro a comentar

The Things Networkの概要と国内ユースケース

  1. 1. https://www.youtube.com/watch?v=lr57fwVFgyk https://vimeo.com/manage/366399705/general ※Youtubeリンク The Things Network PR動画 ※Vimeoリンク
  2. 2. LoRa変調技術の発明者 Nicolas Sornin ※2019年2月The Things Conferenceにて
  3. 3. Our mission is to build a DECENTRALIZED,OPEN and CROWDSOURCED Internet of Things data network owned and operated by its USERS ユーザによって所有および運営されている分散型のオープンなクラウド ベースのIoTデータネットワークを構築する The Things Network創業者の二人、 Johan Stokking (左:Tech Lead/CTO) Wienke Giezeman(右: CEO) TTNのミッション
  4. 4. 2015年6月、仲間とアイデアを出し合い、6ヶ月間で オランダ・アムステルダム市全域をカバーする世界初 のLoRaWANネットワークを構築! バックグランド
  5. 5. タイムライン
  6. 6. 「The Next Webとして、私たちは このような取り組みを受け入れてい ます。IoTのためのオープンで無料 のネットワークを構築し、誰もがそ れを使うことは、私たちの信念と一 致しています。」 - Boris、CEO The Next Web 「TTNについて私が本当に興味深い のは、アムステルダム市政府とはまっ たく関わっていないということです。 これは、アムステルダムの住民によっ て完全に開始され、資金提供され構築 されたものです。」 - アムステルダムCTO、Ger Baron スポンサー
  7. 7. Tweetonig 専用ゲートウェイ開発チーム 専用ゲートウェイ
  8. 8. 30万ユーロ調達! クラウドファンディング
  9. 9. 世界展開 ※2020年6月現在
  10. 10. 名称 機能 設置者 LoRaノード (DEVICE) LoRaWAN対応IoTデバイス ゲートウェイとLoRa無線伝送を行う エンドユーザ or ベンダー ゲートウェイ (GATEWAY) LoRa無線伝送をバックエンドに転送 エンドユーザ or プライベート ルーター (ROUTER) ゲートウェイプロトコル変更、ステータス&メタデータ付与 ダウンリンク設定、デバイスアドレス抽出 TTN or プライベート ブローカー (BROKER) 重複トラフィック排除、アプリケーション検索、 メタデータ集約・付替、フレームカウンタチェック TTN or プライベート ハンドラー (HANDLER) メッセージ複合化、ペイロード変換、アプリケーションI/F変換 ペイロード変換、メッセージ暗号化 TTN or プライベート アプリケーション (APPLICATION) 外部サーバ上で動作し、エンドユーザ用タスクを実行 エンドユーザ or ベンダー 出所:https://www.thethingsnetwork.org/article/the-things-network-architecture-1 TTNネットワークサーバー
  11. 11. 出所: https://www.thethingsnetwork.org/article/the-things-network-architecture-1 アプリケーション管理API データアクセスAPI ユーザ アプリケーション ネットワークアーキテクチャー
  12. 12. 見える化 Webサービス連携データストレージ 無 料 無 料 アプリケーション連携
  13. 13. TTNパブリック TTNパブリック プライベート TTNパブリック ハイブリッド① ③ プライベート② 出所:https://www.thethingsnetwork.org/wiki/Backend/Home Github https://github.com/TheThingsNetwork/ttn スケーラビリティ
  14. 14. NwkSKeyのMIC機能 AppSkeyによるジョイン、暗号化、複合化 デュアルバンドによる非対称暗号化処理 セキュリティ
  15. 15. MACヘッダー フレーム ヘッダー/ カウンター ペイロード MIC AppSkey暗号化 NwkSKeyでMIC(Message Integrity Check)機能 ・全てのLoRaWANトラフィックは、2つのセッションキーAppSkeyと NwkSkeyを使用して保護されています ・各ペイロードは; -AES-CTRによる暗号化とパケット重複を回避するフレームカウンタ -AES-CMACによるパケット改ざんを回避するMIC機能 データ構造
  16. 16. NwkKey AppKey AES CMAC AES ECB AES ECB AES ECB DevEUI Join Nounce + Joine EUI + Dev Nounce JSEncKey JSintKey FNwrkSInt Key SNwrkSInt Key NwrkSEnc Key AppSKey AES ECB AES CMAC AES CMAC AES CMAC AES CCM AES CCM 0 Join Request MIC Confidentiallity of Join Accept triggered by Join Request MIC Confidentiallity of Join Accept triggered by Religion Request type 0,1 & 2 Religion Request type 1 MIC & Join Accept MIC Data up partial MIC Confidentiallity of Data up & Data down on Fport =0 and In the Fport field Data up partial MIC & Data down MIC & Religion Request type 0 & 2 MIC Confidentiallity of Data up & Data down on Fport >0 LoRaWAN 1.1
  17. 17. TTNパグリッククラスター ※2019年8月世界8台クラスターサーバー構成
  18. 18. 有料版TTI 採用先企業群 ※2019年1月現在
  19. 19. TTI と The Things Stack v3 * The Things Stack v3 - GITHUB https://github.com/TheThingsNetwork/lorawan-stack *The Things Stack v3インストラクション https://thethingsstack.io/v3.8.5/
  20. 20. ・世界各都市ごとに非営利で LoRaWANコミュニティを創設 ・最低条件として8名の参加メンバー ・基本機能とコミュニティ運営ツール ・API連携対応可だが基本自己責任 ・現在国内41都市で自主運営中 ・2018年からサービス開始 ・顧客オンプレミス環境に有償対応 ・基本機能+カスタマイズ有償対応 ・チューニングや既存システム連携可 ・欧州キャリアや欧州大手企業実績有 ・国内ではこれから拡販開始予定 オランダ・アムステルダム本社TTI BV PEERING ※ 国内28カ所 国内 41カ所TTNコミュニティ https://www.thethingsnetwork.o rg/country/japan/
  21. 21. TTN Japan各地コミュニティ-活動開始 ※2017年10月6日 JASIPA協議フェア2017EASTに出展
  22. 22. 1章 シェアリング・ネットワーク 1-1.「IoT」の普及とネットワークの課題 1-2.「IoT」と「サブGHz帯」の関係 1-3. ネットワークを「シェア」するという考え方 1-4. 広域な「ネットワーク・シェア」 第2章 The Things Networkの基本機能 2-1. LoRaとLoRaWANプロトコル 2-2. The Things Networkアーキテクチャー 2-3. セキュリティ 2-4. デバイス 2-5. ゲートウェイ 2-6. ネットワークサーバー 2-7. アプリケーションサーバー 第3章 The Things Networkを体験してみよう! 3-1. The Things Network の準備 3-2. The Things Networkアカウント作成 3-3. The Things Networkコンソール設定 3-4. ゲートウェイを登録 3-5. アプリケーションの登録 3-6. LoRaWANの識別子 3-7. LoRaWANゲートウェイの設定 3-8. センサノードの設定 第4章 The Things Networkとアプリケーション連携 4-1. The Things NetworkとCayenneの連携 4-2. DataStorageとの連携 4-3. IFTTT Makerとの連携 第5章 The Things Network Kagoshimaユースケース 5-1.農業IoTサービス提供、背景と経緯 5-2.The Things Networkが選ばれた理由 5-3.The Things Networkのプラットフォーム連携 5-4. The Things Network導入効果および今後の展望 The Things Network 「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う TTN公式ガイドブック上梓 2018年2月
  23. 23. TTN公式ガイドブックを持つTTN創業者の二人
  24. 24. TTN Japanコミュニティ ※2020年6月現在 ※The Things Network Japanコミュニティサイト https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/
  25. 25. 国内 TTN ユースケース 1 - TTN Komatsu
  26. 26. 国内 TTN ユースケース国内 TTN ユースケース 1 - TTN Komatsu ピンポイントの降雪状況を把握できる!
  27. 27. 国内ユースケース国内 TTN ユースケース 2 - TTN Wakayama 河川水位センサ 氾濫危険地域察知
  28. 28. 国内ユースケース国内 TTN ユースケース 2 - TTN Wakayama 温度、湿度、気圧 超音波センサで 河川上流から下流 まで水位状況を把 握できる!
  29. 29. 国内ユースケース国内 TTN ユースケース 3 - TTN Niigata 灯油残量センサ 灯油配送トラック 独居老人 トラッカー GPS
  30. 30. 国内 TTN ユースケース国内 TTN ユースケース 3 - TTN Niigata 灯油業者とユーザーの利便性追求!
  31. 31. 国内 TTN ユースケース国内 TTN ユースケース 4 - TTN Yokohama 環境センサ 田畑の温度湿度 水位土壌を把握
  32. 32. 国内 TTN ユースケース国内 TTN ユースケース 4 - TTN Yokohama IBM,欧米プロが 多用する NODERed,Infl uxDB,Grafana でIoT構築!
  33. 33. THE THINGS CONFERENCE 2020 ※Youtubeリンク https://www.youtube.com/watch?v=jcWrJ2_7KlA
  34. 34. どうもありがとうございました The Things Network Ambassador Japan 吉田 秀利 hide@thethingsnetwork.org https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/ 2020.6.10

×