O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.
漢方・超入門講座 「漢方ったー」
                                                                                                         ...
Próximos SlideShares
Carregando em…5
×

漢方・超入門講座 漢方ったー20100504

  • Entre para ver os comentários

漢方・超入門講座 漢方ったー20100504

  1. 1. 漢方・超入門講座 「漢方ったー」 2010.05.04 版/ by @anglophile81 ①こんなときに使ってみよう ばくもんど う と う と う き し ぎ ゃ く か ご し ゅ ゆ しょうきょう と う *西洋薬の補助として (例:感染後咳嗽に麦門冬湯) *西洋医学に該当病名がない (例:冷えに当帰四逆加呉茱萸 生姜 湯) しゃくやくかん ぞ う と う ごれいさん *西洋薬が副作用で使いにくい (例:疼痛に芍薬甘草湯) *西洋薬の効き目がいまいち (例:水様性下痢に五苓散) ②漢方的な病態のとらえかた 実証⇔虚証 き けつ すい 気・血・水 文献A き 「気」の異常 き きょ *気虚 き う つ *気鬱 き ぎゃく *気逆 文献B けつ 「血」の異常 けっき ょ *血虚 お けつ *瘀血 文献B ③こんなクスリです *基本は合剤 (≒ PL 顆粒Ⓡ、プレミネントⓇ、フルカリックⓇ) しょう すい *「証(≒体質+症状+所見)」で類似薬を使いわける 「水」の異常 すいたい *シンプルな処方はシャープに効く *水滞 しゃくやくかん ぞ う と う (芍薬甘草湯=芍薬+甘草、大建中 湯=乾 姜 +人参+山椒) だいけんちゅう と う かんきょう 葛根湯グループの例→ 文献B 文献C ③おすすめ処方(私見) しゃくやくかん ぞ う と う だいけんちゅう と う 芍薬甘草湯 骨格筋・横紋筋の痛みに即効性あり 大建中湯 下部消化管運動障害に、術後サブイレウスに ごれいさん と う き し ぎ ゃ く か ご し ゅ ゆ しょうきょう と う 五苓散 むくみ、水様性下痢に 当帰四逆加呉茱萸 生 姜 湯 冷えを強力にあたためる ばくもんど う と う は ん げこうぼくとう 麦門冬湯 しつこく続く乾性咳嗽に 半夏厚朴湯 器質的異常のない咽頭違和感・のどのつかえ感 しょうせいりゅう と う か み し ょうよ うさ ん 小青竜湯 水様性鼻汁に(抗ヒスタミンで眠くなる人に) 加味逍遥散 更年期のホットフラッシュ+手足の冷え りっ く ん し とう しん ぶ と う 六君子湯 上部消化管運動障害、虚証 真武湯 虚弱高齢者の元気づけ ぶ し ④注意すべき副作用:「黄×3、甘草、附子」 じ おう は ち み じ おうがん と う き い ん し ご し ゃ じ ん き がん *地黄: “胃にさわる”=食思丌振、嘔気、胃もたれ 例: 八味地黄丸、当帰飲子、牛車腎気丸 ま お う ぶ し さ い しんと う *麻黄: “胃にさわる”=食思丌振、嘔気、胃もたれ。エフェドリン類似物質=「ドーピング」になる 例: 葛根湯、麻黄湯、麻黄附子細辛湯 おうごん さ い こ けい し と う は ん げ し ゃしんと う ぼ う ふ う つ う しょうさん さ いれ い と う *黄岑: アレルギー 例: 小柴胡湯、柴胡桂枝湯、半夏瀉心湯、防風通聖散、柴苓湯 しょうせいりゅう と う しゃくやくかん ぞ う と う だいおうかん ぞ う と う は ん げ し ゃしんと う *甘草: 偽アルドステロン症 例(甘草1日量 2.5g以上):小青竜湯、人参湯、芍薬甘草湯、大黄甘草湯、半夏瀉心湯 ぶ し は ち み じ おうがん しん ぶ と う ご し ゃ じ ん き がん ま お う ぶ し さ い しんと う *附子: トリカブト中毒=口・舌のしびれ、動悸、のぼせ 例: 八味地黄丸、真武湯、牛車腎気丸、麻黄附子細辛湯 ⑤おすすめ文献 A) ファーストチョイスの漢方薬、稲木一元・松田邦夫、南山堂、2006、5,250 B) 治療、91(6)、「漢方診療のイロハ」、南山堂、2009.6、2,415 C)漢方治療 44 の鉄則、坂東正造、メディカルユーコン、2006、3,150 D) 漢方医学入門、後山尚久、診断と治療社、2007、2,940

×