O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

201906 のの会@関数Talk 13th

76 visualizações

Publicada em

Notes/Dominoの@関数を取り上げながら、調べたこと、経験したことを雑談してゆきます。
第13回は SELECTキーワードと@Platform (と、ついでにLotusScriptのLet)について

Publicada em: Software
  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

201906 のの会@関数Talk 13th

  1. 1. @ @ -notes knows community- 2019/06/13 ネオアクシス株式会社 阿部覚 (tw:) @abesat @関数Talk 第13回 公開版
  2. 2. @ @ 以前も触れたことがありますが、 SELECT, REMなどの “キーワード“は 「@」はついていないけど、 ヘルプで @関数の一覧に含まれています。 当方は使ったことがなかった こちらのキーワードのお話から。 
  3. 3. @ @ DEFAULTの 謎
  4. 4. @ @ 例によっておたずねしますが そもそも、お使いになったことのある方 おられますか? 阿部の予想: 居たとしてもIBMChampionのみ
  5. 5. @ @ 気を取り直して… ヘルプを確認しましょう IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ
  6. 6. @ @ IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ デフォルト値は フィールドのDefault Valueで こと足りるのでは…? と思いつつ、 いくつか試してみました
  7. 7. @ @ 検証用のフォームにて Titleフィールドを設定 Default Value (デフォルトの値、初期値)は ない状態
  8. 8. @ @ 文書を作成するアクションの式で DEFAULT を使ってみる
  9. 9. @ @ フォームのQueryopenイベントや PostopenイベントでDEFAULT を使ってみる 初期設定はLotusScriptですが、 Formula(式)に切り替えられます
  10. 10. @ @ さらには、 フォーム上のボタンに仕組んでみたり DEFAULTの代わりに FIELDキーワードを使えばよさそうなもので そもそも余り意味ない…😅
  11. 11. @ @Titleはセットされませんでした しかし、どの方法を用いて 文書を開いても アクションボタンを押しても…
  12. 12. @ @ IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ そんな次第で この二つの機能については 私には謎のままです… (知ってたら、  あとで教えてください)
  13. 13. @ @ IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ 残る一つ こちらについては
  14. 14. @ @ IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ ヘルプの例も参考に
  15. 15. @ @ こんなことは やってみることができました ウィンドウタイトルの式で
  16. 16. @ @ 文書作成時のウィンドウタイトル 文書保存後のウィンドウタイトル
  17. 17. @ @ ウィンドウタイトルの式といえば 通常はこんな感じですので DEFAULTのほうが わかりやすいかは、 この場合は微妙
  18. 18. @ @ 他に 条件でサブフォームが切り替わる文書や 共有フィールドなどで使えるのでは DEFAULTのメリット…とまでは、 掘り下げられませんでしたので 他によい事例があれば 教わったり紹介したりできればと…
  19. 19. @ @ ところで、DEFAULTのヘルプには こんなクロスリファレンスが 載っています LotusScriptですが、 ちょっと覗いてみました… IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ
  20. 20. @ @ 対象がフィールドではなく変数なので DEFAULTのクロスリファレンス先としては? ですが ともかく IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ LotusScriptで変数への代入って「=」だけと 思っていませんでしたか?私は思っていました
  21. 21. @ @ こんなコードも
  22. 22. @ @ こうしても、 そのまま動くのでした というわけで
  23. 23. @ @ LotusScript Letの 雑談 でした 場外篇
  24. 24. @ @ 次に、 この関数の昨今の変化が気になり
  25. 25. @ @ @Platformの 雑談
  26. 26. @ @ 技術系に慣れた方でなければ  「プラットフォーム」と言われても… 要はOSのことです。 厳密には「プラットフォーム」はより広い概念で 「OS」はその一つとか…でもまあ ≒OSだ、と捉えてもそう不便はないでしょう いっそ「@OS」だとわかりやすいのだけど ではなく
  27. 27. @ @ ヘルプを見ると IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ 引数はあっても なくてもよい
  28. 28. @ @ 戻り値 引数がない場合 IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ
  29. 29. @ @ 例によって計算結果フィールドに 式を入れて確認しました まずは引数なしバージョン
  30. 30. @ @ 結果は 64bitのWindows10を使ってるのですが このDBはクライアント上(Local)にあり クライアント(Notes 10)が32bitなので この表示になるのでは 公開版での補足 サーバー上のDBであってもクライアントのUI上で計算されるので、表示は変わりませんでした ただし、Web版の場合:ブラウザでこの文書を表示した場合はサーバーのOSで表示されます
  31. 31. @ @ 引数がある場合は詳細が出るそう IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ
  32. 32. @ @ 同様に試してみると 詳細なプラットフォーム 6.2というのは Windows 8を意味するらしいのだけど… こんな結果でした
  33. 33. @ @ さて気を取り直して IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプIBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ ここでは 引数なしの時にしぼり 戻り値について今一度 このヘルプは Domino Designer 9.0.1の ものですが
  34. 34. @ @ ヘルプサイトの表示を最新に切り替え IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプIBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ Domino Designer 10.0.0の ヘルプ(現行は英語)でも リストは同じ なんか足りなくない?
  35. 35. @ @ こちらは海外の記事より https://www.teamstudio.com/blog/ibm-domino-mobile-apps-idma-questions-answered 会場で、iPadに IBM Domino Mobile Apps (IDMA)を 入れてる誰かの実演を期待♥
  36. 36. @ @ 今のヘルプにはないものの iPadからも@Platformで判断できそうです しかし、今後はどうするのかな?
  37. 37. @ @ 気になること その1 Notes/Domino 11で iPhone対応したとき @Platformの戻りが"iOS”だけでは iPadとiPhoneの区別がつかないよ? 気になること その2
  38. 38. @ @ まとめると ● iPhone – iOS ● iPad – iOS(現在) ● iPad – iPadOS(今後) この3つを @Platformないし 式言語内で識別できるか、 様子見したいと思います
  39. 39. @ @ 今回も ご清聴ありがとう ございました!

×